あお’SROOM

生きていくって大変だよね。日常の中から色んなことに気づいてちょっとずつ成長できたらいいな。
061234567891011121314151617181920212223242526272829303107

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

原点は?

厳しい冬がやってきたね。
北海道は、秋を通り越していきなり真冬に突入だよ^^;
今朝は、玄関のガラス戸にカーテンが凍り付いておりましたw
会社での朝の玄関掃除も厳しい季節です(>_<)

でも・・・。

冬の厳しさがあるから春の暖かさが嬉しくなる^^
一斉に芽吹く命が眩しく感じられる。

もし、一年中春だったとしたら、春が好き♪という人はいない。
厳しい冬があるからこそなんだよね。


住まいしている家の玄関チャイムがどうも不調ですw
接触不良なのか、鳴ったり鳴らなかったり。。。
そんな具合なので、郵便や宅配便が来ても気づかない時が
あったりします。

あらかじめ来る日がわかっている時は、玄関に鍵を
掛けずにいるのだけれど、戸を開けることはせず、
チャイムのみで留守と決め、立ち去る人もいるんだよね。

私が小さかった頃は、玄関チャイムがついている家なんて
あまりなくて、普通は戸を開けて大きな声で

「ごめんくださ~い!!」

と叫ぶのが常だったような気がする。

そんな話を会社でしていたら、鍵を掛けて置かないと
勝手に戸を開けられるんだよね(ーー;) なんて声を聞いた。

ん???
それって普通じゃないの???

寝る前の戸締りという観念が段々となくなり、
帰宅と同時に戸締りをしてしまうようになったのは
いつ頃からなのだろう。
そんなに、そこまで世の中は物騒なのだろうか。

カメラ越しに、相手を確認しなくてはドアを開けることも、
家の中にいることも知らせない。
何故、こんなに自分以外の人を信用できなくなって
しまったのだろう。

何かフト、農業をやっていた頃の農薬と害虫と呼ばれる
ものたちとの関係を思い出した。

強い農薬を作る。
それに対抗する虫が出てくる。
更に強い農薬を作る。
更に抵抗力を持った虫が出てくる。

その結果、人が食べるのにもはばかられてしまうような
野菜が出来上がる羽目に陥っている。

何かが違うんじゃない?

防ぐということも策の1つだとは思うけれど、
過ぎたるは及ばざるが如し。

結局はいたちごっこで、留まることを知らない道に
突入してしまうだけなのではないのだろうか。
防犯対策も然りで、その技術が高まる分だけ
それに対抗する(破る)技術もまた高まるだけ。。。

”ほこ×たて” っていう番組があるけれど、まさにソレ。
互いが互いに高まるという面では良いのかも知れない。

だけど、今一度原点に立ち返って感じてみたい。
何を望んでいたのか。
どうなることが一番望ましいのか。
今の道はそれに沿っているものなのか。
進む先に、望む世界があるのか。。。

原点はどこ・・・?

ただただ情報に振り回されてはいないか?
自分の心の声に耳を傾けてみよう。
スポンサーサイト
【 2012/11/24 (Sat) 】 問いかけ | TB(0) | CM(2)

自分とは

 110427_0735~0001

約一年前に前の会社から持ち帰ってきたスパティフィラム。
昨年株分けして以来、初めて花をつけてくれました♪
相変わらず可憐で素敵だわぁ☆

残念ながら今冬は、二年越しのカーネーションと
三年越しのセントポーリアがダメになってしまいました(>_<)
その代わり、義姉からもらってきたベンケイカズラが
スクスクと育ってきております♪
ローズマリーは徒長してしまっているし、ローズゼラニウムも
かなり哀しい姿になっているので、早く外に出してあげたい!
もうちょっとの我慢だからね^^


普段から、自分はとか自分のことだからとか自分のものとか、
良く言ったりすると思いますが、さて”自分”とは一体
何だと思いますか?

鏡に映ったのが自分ですか?

私達は、毎晩のようにお風呂に入り、身体を洗います。
暫く入ってないと、垢がたまってしまうよねw
それは、外からの汚れもあるけれど、古い細胞が
剥がれ落ちているのももちろんあります。

人の身体というものは、常に再生を繰り返しています。
分子レベルでは、大体半年から一年の間に
全てが入れ替わっているそうです。
ということは、一年前にあったのものは何一つないということ。

その身体を入れ替える大元となっているのは食。
口から体内に入れた植物や動物、水・・・。
そんなものが私達の血となり肉となってゆきます。

もう一度聞いてみましょうか^^

”自分”とは何ですか?

自分と、そうじゃないものを分け隔てているものって
何でしょうね・・・^^

【 2011/04/27 (Wed) 】 問いかけ | TB(0) | CM(0)

何を知っている?

日曜が当番で出勤日なので、明日は代休取りました♪
どうしてこう、お休みの前の日はこんなに心が軽いかなぁ・・・w
あ、そうそう。
今日は年に4回ある献血の日だったので、いつものごとく血を
抜いてきたんだけど、そのせいもあって軽いのか?w

献血は今回で22回目☆
今日は何となく血圧が低いだろうなぁって思っていたんだけど、
案の定、上が99で下が55という数値だった。
でも確か献血って上が90以上あれば出来るのよね。
もう何年も前に献血に行った時も、血圧が低くて90ちょいしかなかった。
だけど係の人が、

「この4月から90以上あれば献血できるようになったんですよ^^」

と、にこやかに言ってたんだよねw
その時は、一瞬(゜∇゜ ;)エッ!?・・・と思い不安ながらも献血をして
その日は何ともなかったんだけど、翌日真っ直ぐ歩けなくなり・・・汗。
病院に行って点滴をしてきたという経験が・・・^^;
今回は大丈夫だろうなぁ・・・ボソ。

献血の針は結構太い。
ゲッ!Σ(・ω・;|||・・・って思うほど太いw
鉛筆の芯くらいの太さがあるんじゃないだろうか?
でも、風邪をひいたときにされるような皮下注射より痛くない。
もとい、痛くない時のほうが多い。
と言うのも、今日は痛かったからだ^^;

同じ場所に座って献血した同僚が、やっぱり今日は痛かったと言っていた。
で、二人して今日の人は下手だったんじゃないか?と話をしていた。
でもさ、これって本当にそうなのかな?
いつもは痛くない。でも今日は痛かった。
だから今日の人は下手なんだ。
これってどういう判断基準なんだろうね。

比べているのは、過去の経験から得た情報だけ。
太い針を刺すのだから、痛くて当たり前。
でも、あれ?痛くないやって思いを何度かしているから
それがいつの間にか自分の中では当たり前になってしまっている。

まぁ、今日当たった担当の人が本当に下手だったかどうかは
置いといて・・・w

こういう判断基準って、色んなところで色んな風に自分の中に
誰しもが持っているのではないだろうか?
その狭く少ない経験の中で得たことが、確たる事実としてしまって
いることはないだろうか?
それゆえに、本当のことが見えなくなってしまっていることは
ないだろうか?
それはあくまでも自分の中だけでの判断基準であって
それがどこでも通ずるものではないという自覚があるだろうか?

献血をする度に毎回痛い思いをしている人と、痛くない思いを
している人と、一度も献血をしたことのない人と・・・。
それぞれに見えるものは違っていて、経験から得ること、
経験がない故に知ることが出来ないということ。
そんな”違い”があるということを、知っているだろうか。

そこここにあるこんな”違い”を知り、自覚をもって何かを見る人と
そうじゃない人に見えてくる世界はかなり違ったものとなるだろうね^^
それは、色んな苦しみから自分を救ってくれるものにもなる。

何かが出来る出来ないということ以前に、
”知る”ということの大切さを想います。
まだまだ多くのことを知り、その自覚を以って色んなものを
色眼鏡をかけずに見ることの出来る自分になりたいものです。

↓ポチっとしていただけると嬉しいです♪
【 2008/08/01 (Fri) 】 問いかけ | TB(0) | CM(18)

成りゆく存在として

本当にこれでいいのか?と自問自答することが良くあります。
今ひとつ自信が持てない、これでいいんだと言い切ることができない。
でも私は、そう思えること自体が幸いなのだと思っています。

何故ならわかっていると思い込んでしまったら終わりだからです。
自分にはまだまだわからないことが沢山ある。
この自覚が更なる深みに自分をもっていくことのできるものとなるのだから。

知らないということを知るのは大切なことです。
そして、知らないことは恥ずかしいことではありません。
これから知っていけばいいからです。

私達は『成りゆく存在』です。
今の自分が完璧である必要はありません。
今までも長い長い時をかけて歩んできたのです。
これからも長い長い時をかけて歩んでゆくのです。
そのためにここに生まれてきたのです。
そのために今ここに『在る』のです。

良く、「生きる望みを失った」なんていう言葉を耳にします。
『生きる望み』とは何でしょう?
何のために生まれてきたのでしょう?
お金を儲けるためですか?
名誉や地位を勝ち取るためですか?
知識を貪るためですか?
それらのものは、自分に何をもたらし何を残すのですか?

人は生まれた時からいつかは死ぬことも決まっています。
極端に言えば、生まれるということは死ぬということです。
今、日本人の平均寿命は80歳くらいでしょうか。
与えられたその人生をどう生きたいと願いますか?

この世を去るときに失わないものが1つだけあります。
それは自分の『心』です。
今のままの人生を送って行った先に自分が持っている心は
どんなものでしょう?
それは自分が満足できるものですか?
納得できるものですか?
悔いは残りませんか・・・?

地位も名誉もお金も肉体も何もない。
あるのは自分の心=想いだけ。

この人生を終える時、どんな心でありたいと願いますか?
成りゆく存在として、どんな生き方を望みますか?

↓ポチっとしていただけたら幸いです♪

【 2007/08/27 (Mon) 】 問いかけ | TB(0) | CM(16)

目指すのはどこ?

会社で、「現代人って無力だねぇ。」なんて話をしていました。
色んなものが発達して、とても便利になったけど、
その分、人間は何も出来なくなってしまったような気がする。

今もし、電気が使えなくなったら・・・。
対処できないだろうな( ;´Д`)
パソコンが使えないと仕事ができない。
冷蔵庫の中のものは、どうしたらいいんだろう?
ストーブも使えないし・・・、凍死しちゃうじゃんw
ご飯も炊けないわ。

これらのものがなくても、人は生きていけるはず。
じゃあ、何のためにこれらは生まれてきたのだろう?
何を目的としてるのだろう?
時間を作るため?その割には時間に追われてる人多くない?
何のための時間だろう?
楽するための時間?心を豊かにするための時間?
昔と比べて心は豊かになっているのだろうか・・・。

電気もガスも水道もなかった時代。
人は山から木を伐採し、それを割り薪にした。
水を得るために、遠くまで汲みに行ったり井戸を掘ったりした。
それはとても重労働で多くの時間を必要としたんだろうな。
自らの手でかまどを作り、そこでご飯を炊く。
『はじめちょろちょろなかぱっぱ』
今はセンサーで機械が自動的に火加減をしてくれるけど、
昔の人は美味しくお米をいただくために、色んな工夫をして
その火加減を身につけてきたのだろう。
今その技術は、小さなチップの中に受け継がれてはいるけど・・・。

『頭』で知っていることは多くても、『身体』でそれを知っている人は
私を含めてあまりいないんだろうな。
井戸が涸れれば更に掘る。昔の人達は自分の生活を
自分たちの手でちゃんと造り上げていた。
現代人はどうだろう?何一つ出来やしないんじゃないだろうか。

鉛筆削りが出来てから、鉛筆をナイフで削れる人がいなくなった。
この頃の子供は『でんぐり返し』が出来ないらしい。
『まりつき』も5人中4人は出来ないのだとか。
頭脳は発達したかも知れない。
でも、その代わり身体能力が衰えてきてない?

知識は豊富。でも、智慧がない。
知識は机の上で増やせるものだけど、智慧は経験を伴わないと
増えてゆかないものだと思う。
『智慧が乏しい=心が貧しい』ということに繋がると思うのは、
私だけだろうか。

発達していくことが悪いものだと言うつもりは更々ないけれど、
人間はどこを目指して発展していってるのだろうね。
今のままだと、どこに辿りつくのだろうね・・・。
どこへ行きたいと思っているのだろうね。
そこへ行くために、今自分が出来ることは何だろうね。
それを見つめた時に湧き上がる想いを大切にして、
それを言動としていける自分でありたいね^^

↓ポチっとヨロシク♪

【 2007/05/22 (Tue) 】 問いかけ | TB(0) | CM(22)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。