あお’SROOM

生きていくって大変だよね。日常の中から色んなことに気づいてちょっとずつ成長できたらいいな。
111234567891011121314151617181920212223242526272829303101

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

一年を振り返って

いよいよ今日は大晦日。
今年もあと少しで終わろうとしています。
そして、新しい年がすぐ目の前に来ています♪

月日の流れは遅いようであり、早いようであり・・・。
不思議なものですよね。
意識しようとしまいと、時は刻一刻と過ぎてゆく。
そして、今のこの時間の積み重ねが自分を創っていく。

今年の始まりは、決していいとは言えない状態だったなぁ・・・。
というか、前半は本当に自分を見失っていたと思います。
自分が何をどうしたいのかが、まったく見えなくなってしまっていた。
仕事に関しても、自分の人生のことに関しても。

自分を見失っている時、闇の中にいた私は何かを見つけようと
必死でもがいていました。
歩き出すきっかけが欲しいと切に願っていました。
今の職場を去り、新しい環境で一からやり直そうか?
今、住んでいる街を出ようかとも考えていました。
そんな中で出会いがあり、別れがありました。

何も見えなくなっていたその時、私はその出会いの中に
自分の人生を見出そうとしていました。
そして別れ。
完全に自分を見失ってしまっていた私は、その出会いにおぶさろうと
していたのだと思います。
自分で歩くということをやめてしまっていました。
別れがなかったら、きっと今でも自分で歩こうとはしていなかっただろうな。

この別れは私にとって、とても意味のあるものだったと思います。
それが、私が自分の足できちんと歩き出すきっかけとなったから。
10月くらいだったかな、mixiからバトンが回ってきて
それに対する回答をここのブログでも書いたんだけど。その中で、
「別れを一言で表現、説明すると」
という質問があり、それに対して
「出会いと同じく、自分にとって意味のあること。」
と書いたのですが、その時の私はもう歩き出していて、
別れの意味を心底噛み締めていたのです。

もうひとつ、歩き出すきっかけとなったのがこのブログです。
もう一度きちんと自分と向き合い、自分が何を求めているのか
何をどうしたいのかを自分の中から探すことが目的でした。

自分の心の内を文字にするということは、とても難しいことだと
痛感しました・・・^^;
そして、難しいながらもこうして文章にするということの
効果?も、とても感じることになりました。
自分や人に嘘をつくことが出来ない私は、
嫌でも、自分と向き合わないと書くことが出来ないから。

そして、それ以上に思わぬ効果をこのブログはもたらしてくれました。
それは、ここで出会った人達です。
ここでの出会いは、私に多くのものを与えてくれました。
とても大切なことに気づかせてくれました。
ここに書いていただいたコメントは、その言葉が短いものでも
長いものでも、同じく私の心に響きました。

『孤独』の中で生きてきたと思っていた自分。
誰かと一緒にいても、いつも私は独りでした。
でも、私は独りじゃなかったんです。
自ら独りとなっていたのだということに、気づかされました。

人と人との出会い、繋がり・・・。
そこに生かされている自分。
それゆえに自らも人を生かしていくことの大切さを知り、
それが実生活にも生きてきて、人間関係に於いては
とても変化が表れた年でもありました。
決して短いとは言えない自分の人生の中で、
こんなにも『繋がり』を実感したのは、初めてのことです。
そしてそれは、生きる上でとても大切なことだと知りました。

この一年の間にあった出会いと別れ。
このことに私は心の底から感謝をしています。

『本当にありがとうございました。』

来年も拙いながら、健康である限り心の想いを書き綴って
行きたいと思っています。
まだまだ未熟者の私ですが、今後ともよろしくお願い致します。

あと、十数時間後には新しい年が明けます。
ゆっくりと疲れを取って、良い年をお迎えください^^

今年最後のぽち♪_○/|_ お願いします☆

スポンサーサイト
【 2006/12/31 (Sun) 】 心のままに | TB(0) | CM(20)

>┼○ バタッ

ふぃーーーっ(>_<)
ようやく大掃除が終わりましたぁーーーっ!
やったやった、疲れた疲れたw

もう疲れきったので、今日の夕食はラーメンの出前です☆
その後姪っ子を迎えに行って、コンビニ寄って
うちに連れて来ます♪

明日は買い物だぁ。
何を食べようかなぁ・・・・?
買い物に行って決めようw

明日の夜は、のんびり出来ると思うので
いつもお世話になっている方々への訪問は、
明日ゆっくりしますね^^

つーか、眠いわぁ・・・^^;

今年もあと一日。
怪我なく、病気なく、元気に年越しできますように♪


【 2006/12/30 (Sat) 】 日記 | TB(0) | CM(16)

年の瀬ですねっ

ヽ(´ー`)ノ ふぅ~・・・。
ようやく、仕事納め&大片付けも終えてほっと一息です。
が・・・、半端なく疲れています( ;´Д`)

夕べ疲れ切ってそのまま帰ってきたんだけど、
記事を書いてUPし、さーてブログサーフィンしますかぁと
思っていたところに、携帯が鳴って・・・。
「出ておいでっ!出てこないと殺すからねーーーっ!w」
ゲッ!Σ(・ω・;|||・・・。

まぁ、お誘いされるうちが花と思いw 出かけてきたのですが。
結局まったくアルコールも飲まないまま、ウーロン茶を
一杯だけ飲んで、カラオケを2曲歌って2000円を支払い・・・w
乗り切れるだけの人を乗せて送って行き、帰ってきたのは1時近く^^;
もうね、今朝はやっとの思いで起きました(>_<)

まだ年賀状も書き終わってない・・・汗。
これからやらなくちゃああああああああ!!!
明日は家の大掃除もしなくては・・・(ーー;)
元旦になったらゆっくり出来るかな?
でも、二日は8時から仕事なんだよねー。

思ってた以上にバタバタと忙しい年末になってしまった。
慎重な癖に無計画なこの性格ゆえだな・・・(苦笑)
今年一年を振り返ることも、来年に向けてどう考えるかも
ちょっと今日は無理っぽw

さて、頑張って年賀状書きまっす☆

ポチよろしくね^^

【 2006/12/29 (Fri) 】 日記 | TB(0) | CM(18)

下戸ですw

はにゃあ・・・疲れた(´・ω・`)

今日は、会社の忘年会だったんだよね。
ん?忘年会終わったんじゃないの?って思った人いる?w
前回のは事務所ので、今回のは現場の人もみんな揃った
全体忘年会なのです。
最初はよかったんだけどねーw
まぁいつもそうなんだけど、まったく飲めない私は、
どんどん周りが盛り上がり、テンションが上がってくると
ついていけなくなってしまいます^^;

でもね、私ってすっごく飲めるように見えるらしいんだよね・・・。
一体何人の人がお酌に来てくれたのだろう。
みなさんもれなく、「(゜∇゜ ;)エッ!?飲めないんですか?まさかーw」
と言ってくれます・・・(;´д`)ノオィオィw
たまには誰か、「そうなんですかぁ。」と納得してくれないかな?(苦笑)

みんなは、そのテンションのまま二次会へ行ったもようw
私は、そーーーーっと帰ってきました☆
多分明日、「なんで帰ったのーーーーっ!」と
朝一で言われるんだろうな・・・汗w
若い時なら、飲まなくても結構最後まで付き合えたんだけどねー^^;

明日は仕事納め。
今年は大掃除というか、大片づけになるらしい。
なんかここに来てどっと疲れが出てきたのかなぁ。
それとも、今週体調が悪くてあまり眠れなかったせいなのか。
今日は、朝から眠くて眠くて仕方ない(>_<)

あ、そうだ。
昨日の記事ですが、決して年齢いった人を悪く言ったのでは
ないのです。
その点、もしそう受け取って気分を害した方がいらっしゃいましたら
(*_ _))人 ゴメンナサイ。

私はここで、どんな人だと想像されているのかはわかりませんがw
他ならぬ私自身が、「今時の若いもん・・・。」と言ってしまう
年齢でありますことを申し添えておきます♪

さて、あと一日気合入れて頑張ろう・・・・・?w
疲れきってるあおに、ポチオネガイッ(人・・)♪

【 2006/12/28 (Thu) 】 日記 | TB(0) | CM(14)

カンタービレ

はぁーーーーっ!
今年の仕事も残すところあと二日!!!
明日一日で片付けられる部分は片付けて・・・。
明後日は大掃除です。会社のです・・・。
自宅は・・・まだやっていません・・・汗w

昨日は、『のだめカンタービレ』の最終回でした♪
前々からこの漫画は好きで読んでいたのですが、
ドラマも役どころも合ってると思ったし、面白かったです^^

中学・高校時代、私はずっと吹奏楽をやっていました。
楽器はクラリネット。
「ドとレとミとファとソとラとシの音が~でな~い♪」
って・・・全部やん・・・w のクラリネットですw
コンクールとかも何度か出場したんだよ♪

千秋君にとって最後となる、オーケストラの公演。
TVを観ながら、自然と体が反応してしまう自分w
あぁ・・・私はまだ、ちゃんと音楽を身体で覚えているんだなぁ・・・。
そう思いました。
多分もう指とかは全然動かなくなってしまっているだろうし、
綺麗な音も出せなくなってしまってるだろうけど。

以前に『書』についての時も書いたけど、
楽器もやはり、同じ楽譜を見て同じ楽器で演奏しても
人によって、音色も奏でる音楽の印象も全然違います。
そんなそれぞれの個性と音色が1つになるのが合奏。

高校の時の定期演奏会で、不思議な体験をしたことがあります。
私は一年生だったんだけど、その時の三年生は
技術的にも人間としても、素敵な人が多かったんだよね。
そして、その定期演奏会は三年生の最後の舞台でした。

そんな中、楽譜にはない先輩が作ったオリジナルの
パフォーマンスの演奏があったり!
これは、指揮を取ってる先生も知らなかったことで、
私たちも演奏しながら、ものすごくびっくり。
それがまた、かっこいい!!

なんてすごい先輩たちなんだろう・・・と思いながらも、
どんどん演奏会は進んで行き、最後の曲に。
(この曲で最後になるんだなぁ・・・。)なんてしみじみ思っていたんだけど、
多分みんなの心にもそういう想いがあったのだと思います。
そして、そんな想いの中みんなの心と音が1つになったんです。

体験した人じゃないとわからないと思うし、言葉では
伝えることが出来ないけど、すっごい感動でした・・・。
そんなみんなの想いがこもった音楽は会場の人にも
伝わったらしく、最後の曲を演奏し終わった時には
拍手とアンコールの嵐となっていました。

アンコール曲は、指の動きがとても速く、難しいものでした。
が!感極まる中、何度練習をしてもうまくこなせなかった曲を
いとも簡単に演奏することが出来るのです。
そして、それは全員がそうだったのです。
何か不思議な力が働いたとしか思えませんでした。

それぞれの個性と音色・・・それに心が加わった演奏は、
とても素晴らしいものになりました。
楽器の演奏は、ソロはソロでまた素敵なものです。
でも、みんなの個性が1つになった合奏には、
ソロには成しえることの出来ない音楽が生まれます。

人と人の関わり、繋がりもこれと同じかも知れないね^^

『カンタービレ』音楽用語で、『歌うように』という意味です。
自分の人生も、人との出会いや繋がりを大切にして
みんなでカンタービレで合奏できたらいいな♪


【 2006/12/27 (Wed) 】 心のままに | TB(0) | CM(17)

言葉や態度の裏にあるもの

よく、『今時の若いもんは・・・。』って言葉を耳にしますが、
実際、色んなお客様の応対をしていて思うのは、
若い子はきちんとしてる人が圧倒的に多いです!
確かに言葉遣いや態度や、そういったものは未熟かも知れません。
でも、それ以前の部分では、ちゃんとわかっているんだなぁと
思うことが多いです。

例えば、『ありがとう』
態度的には、手を振って「ありがとっ!」みたいな軽い感じだけど、
ちゃんとお礼を言う心が感じられます。
それに比べて、ある一定以上の年齢の方は、
『教えてくれて当然』みたいな態度がとても多く感じられます。

言葉や態度も、もちろん大切な部分だとは思います。
でも、本当に大切なのは、それを使う心がどう在るか?
ではないのかなぁと思います。
きちんとした、言葉や態度をしていれば、
それに伴う心がなくてもいいのでしょうか?

動物とは違って人間は、『心とは裏腹』な言葉や態度を
使ったりとったりすることが出来ます。
それは、時には必要なこともあるのかも知れません。
誰かのためを想うが故に、そういう手段を用いる場合もあります。
相手を想うが故に、厳しい態度を取ることもあると思います。
だけど、その場限り、心はそう思ってないのに、口先だけ
表面だけを取り繕うためにする言葉や態度には疑問を感じます。

表面だけを取り繕うための言葉や態度は、一見相手のことを
思っているように見せかけて、実は自分のことしか考えていません。
相手を騙すことは出来ても、自分の心は騙すことが出来ません。
そして、そういう行為は他ならぬ自分自身の心を
傷つけてしまっているのではないでしょうか。

今の世の中は何であれ、目に見える『形』『形式』に
こだわりすぎているように思います。
そして、肝心の中身がおざなりにされているのではないのかな?

言葉は拙くてもいいのだと思います。
心の想いを一生懸命伝えようとする気持ち。
それが大事なのではないでしょうか?
それを受ける側としても、表面的なものだけに捉われず
その言葉や態度がどんな心からでてるものなのかを
見極める目を持ちたいものですね^^

よかったらクリックご協力_○/|_ お願いします☆

【 2006/12/26 (Tue) 】 心のままに | TB(0) | CM(16)

MerryChristmas!

今日はクリスマスです♪
ケーキなんぞ焼いてみました☆
061225_2041~001.jpg

ちょっと雑だけど・・・汗ww
クリスマスの意味を知っている人はどのくらいいるのかな?
『キリスト(Christ)のミサ(mass)』
ということで、イエス・キリストのお誕生日を祝う日です。
とは言っても、本当にこの日にキリストが生まれたかどうかは
わかってはいないのですが^^;

2世紀ごろに、12月25日を太陽神の誕生日と定めており、
イエス・キリストは「正義の太陽」、「世の光」と呼ばれていることから、
3世紀当時の教会はこの祭日を利用して、
イエス・キリストの誕生を祝う日と定めたということのようです。

どうして、クリスマスにはサンタクロースがプレゼントを配るのか?
4世紀にニコラスという司教が実在していました。
ニコラスは、貧しい人や子供達を助けたことで多くの人に慕われ、
後に聖人とされて聖ニコラスと呼ばれるようになった人です。
このニコラス司教は、人に知られずに困った人へ贈り物をした人だったのです。
そして、この人がサンタクロースの元の人なわけです。
クリスマスのお祝いと結び付けられるようになったのは、
カトリック教会によって成されたことのようです。

『ローマ教皇による商業主義への懸念』
現在のローマ教皇であるベネディクト16世は、
『現代の消費社会の中で、この時期が商業主義にいわば
「汚染」されているのは、残念なこと。』という声明を発表している。
降誕祭の精神は、「精神の集中」と「落ち着き」と「喜び」であり、
この喜びとは、内面的なもので、外面的なものではないとしている。
                ~Wikipediaより~

クリスマスを一種のイベントとして盛り上がることを否定しませんし、
非難もするつもりはありません♪
それはそれで一家の行事となっていたり、
プラスの面もあったりすると思うしね☆

それでも、イベントとしてのクリスマスとは別に、
本来の意味を心のどこかに留めておいて欲しいなぁと思います^^

さて、ケーキ食うぞーっ!w ぽちヨロシク☆

【 2006/12/25 (Mon) 】 心のままに | TB(0) | CM(22)

人の振り見て・・・

私は普段は基本的に事務職なので、お客様との接点は
ほとんどが電話となります。
行楽シーズンである夏場は、直接現場において
応対することも多くあります。
本当に様々な方がいらっしゃいます。

サービス業というのは、お客様を怒らせてしまったら終わり。
もう、利用していただけなくなる可能性が大きくなります。
そして、そういう不満というものは第三者の誰かにこぼすことが多く、
直接関わりのなかった人達まで、遠ざけてしまうことにもなり兼ねません。
なので言葉遣いには細心の注意を払うのですが・・・。

ほんとわけわからんことを言ってくる人っていうのが、
結構多いんですよーーーー(>_<)w
しかも、そういうことを言ってくるのは年配の方が多いですw
そんな方を怒らせることなく、きちんと理解していただくというのは
本当に至難の業です・・・汗w

旅行に関する仕事をしているので、問い合わせに答えることも多いです。
実に色々な人がいますw
「その行程じゃ無理ですので、もうちょっと余裕を持たせたほうが
いいと思います^^」
同じ言葉を返しても、それに対して返って来る反応は本当に様々です。

「なるほどーーっ!事前に聞いてよかったです^^」
と答えてくれる人。
「はぁ?じゃあどうすればいいわけ?」
と逆切れする人。
「もう飛行機のチケット取ったのに、どうしてくれるの?」
と怒る人・・・私が悪いんですか?w

というか、それ以前にうちの会社は旅行代理店でもないし、
観光案内所でもありませんw
もともと問い合わせするところが違ってますよ・・・と言いたいのですが、
それでもわかる範囲で答え、わからないところについては、
これ以上については、わかりませんので、
○○に問い合わせしていただけますか?と
本来問い合わせるべき電話番号を伝えることにしています。

そこでも色んな反応が・・・汗w
お忙しいところ色々とありがとうございました。」と言ってくれる人。
「なんでわかんないの?」って切れる人・・・。
挙句の果てには、「あんたんところサービス悪いよね。」と・・・。
あのー・・・、セブンイレブンに行ってローソンパスがなんで
使えないの?と文句言ってると同じようなものなのですが?w

問い合わせは然るべきところにしましょう☆
そして、こういったことに限らず、自分の『思い込み』で
相手を非難するということは、よく目にする光景でもあります。
わが身を振り返ることのできる出来事と思い、
自分自身の反省へと繋いで行く事を忘れずにいたいと思います♪

いよいよ年末に向けてラストウィークですね☆
最後の締めくくり、しっかりと頑張りましょう^^

今日は一人なので、我が家のクリスマスは明日です。
みんなケーキ食べたかな?^^
楽しい気分のところでポチもお願いします♪

【 2006/12/24 (Sun) 】 心のままに | TB(0) | CM(16)

対話のある場所

夕べ、ここを訪れ読んでくれてコメントも残してくれている人と、
長時間に渡り色んな話をしていました。
まぁ、その人とは結構長いお付き合いなのですが、
忙しい人なので中々ゆっくり話をする機会もありません。
が、いったん話し始めると話題が尽きないんだな、コレがw

何を大切に想うか、どこを基本としているかが近い人なので、
話をしていてとても楽ですし、私にとって有意義な時間を
持つことの出来る相手でもあります。
心の中にある想いを、言葉にすることによって
改めて自分の心に刻むことも出来る。

このブログに書いているようなことについても語っていたのですが、
「ここは、記事よりもコメントを読んだほうが書いてあることが
わかりやすいと思う。」というようなことを言われました。
全く以ってその通りだと思いますww
私もそれについては、以前から感じていました。

拙い記事をコメントに於いて補足しようと思ってるというようなことも
以前に書いていますが、実際そうなっているんですよね。
そして、コメントをいただく中で補足をしてくださっているということも
多々あります。本当に感謝感謝です^^

コメント欄は、『対話のある場所』です。
この対話が生むものは、とても大きいと思います。
人との繋がり、心と心のやりとり、
そういったものが、いかに大切かということを感じます。
自分ひとりでは広げることの出来ない世界を感じます。

そして、こうしてコメントを入れてくれることがなければ
それを感じることも出来ません。
いつも本当にありがとうございます(*_ _)ペコリ。

ここのブログは記事本文よりもコメント欄のほうが
長いことが多いです。
全部読むのは大変かも知れません・・・汗w
でも、出来ればそこを一緒に読んで頂ければと思います。
記事本文に書かれていることがよりわかるということもあるし、
対話の中において広がりがあるのだということが、
感じていただけると思います^^

今日はこれから忘年会d(゚□゚*)ダッ!!!
よかったらポチしといてくださいw
【 2006/12/23 (Sat) 】 日記 | TB(0) | CM(12)

自然からの恩恵に想う

今日は冬至ですね^^
我が家では、かぼちゃで団子を作り、お汁粉にして
食べました♪
かぼちゃは、カロチンが豊富で身体を温める作用もあります。
昔の人の知恵ってほんとすごいと思います☆

今は旬のものっていうのがあまりなくなってしまったよね。
なんか悲しいなぁと思う。
旬のものって、ちゃんとその時期に摂る意味があるんだよね。
その時の私たちの身体に必要なものが実る。
旬のものを摂り入れることは、季節の移り変わりによる
体調の変化や不調を予防・対策してくれて、私たちを健康にしてくれる。

夏は、身体を冷やすもの・・・水分が多く含むものが旬となり、
冬は、身体を温めるもの・・・根菜類が旬となる。
自然はそのままで、ちゃんと私たちに大切なものを
与えてくれているのに、その有り難味を感じずに、
自分の都合のいい様に変えてしまう・・・。

季節を感じることが少なくなってしまったスーパーの陳列棚。
いつでも好きな時に好きなものが食べれるのは、
一見良いことと思えるのかも知れない。
でも、本当にそうなのかなぁ?

自然は偉大です。
ちっぽけな人間なんかが、はかり知ることの出来ない
大きな大きな存在です。
自然は私たちを生かしてくれています。
自然の摂理は、すごいです。
そのままの姿で、私たちに一番いい時に一番いい物を
与えてくれています。

『私たちは生かされています』

そのことに気づかず、自分の都合や目の前のことに捉われて
自然をないがしろにする心は哀しいと思います。
自然が織り成す調和は、人間がどんなに頑張っても
対抗できるようなものではないと思います。
何故私たちは自然に生かされているのでしょうか?
何故私たちを生かしてくれているのでしょうか?

そこにとても大切なことが見えると思います^^
よかったら、ポチしてね☆

【 2006/12/22 (Fri) 】 心のままに | TB(0) | CM(20)

人生に感謝♪

(´ヘ`;)ハァ・・・ようやくあと一日。
今週はめっちゃ忙しかったーーーっ(>_<)
明日からちょっとゆっくり出来るかなと思ったけど、
けが人が出たので、労災の書類を作らなくちゃあ!!

昨日の遅刻の件で、今日もまだ余波の中w
なにかと、かまわれていた私です・・・汗w
でもね、そういうコミュニケーションっていうのかな?
嬉しいものです^^
心配してもらえるって本当に有難い。

そういうのを、『うざい』って思う人もいるかも知れないね。
でも、私にはとっても嬉しいことなんだよね。
昨日のコメント返しの中にも書いたけど、
私は学生の頃、遅刻常習犯でしたw
小学校まで1分、中学校まで5分、高校まで10分という
距離だったのにも拘らず・・・・( ;´Д`)w

朝が弱くてねー^^; 低血圧だし。
でも、うちには起こしてくれる人もいなかったし、
というか、学校を休んでいても誰も知らないような状態。
私が学校へ行こうが、休もうが、遅刻しようが
関係ないって感じだったんだよね。
だから、そういう心配してくれるのって本当に嬉しい。

もうっ!ちゃんとしなさいっ!とか、目が離せないんだからっ!とか
苦笑しながら言ってくれるそういう言葉。
私は愛されてるなぁ・・・って思います。

そういう言葉が私にとっては、『当たり前』ではなかったから、
その大切さや温かさが身にしみるのだと思います。
その他にも、色々と他の人と『当たり前』の感覚が違うところが
多くあったんだよね。
だからこそ、その大切さがよくわかるようになることが
出来たのだと思います。

他の人にとって『当たり前』のことが、『当たり前』じゃなかった
自分の人生に感謝です♪

よかったらぽちしてね☆

【 2006/12/21 (Thu) 】 心のままに | TB(0) | CM(20)

Σ(´□`;)ハゥ・・・

またやってもうた・・・( ;´Д`)
何をって?

・・・・・・・・・・・・・遅刻です・・・・・・・・・・・・・・・汗。

前回の遅刻において、心から反省したはずなのですが・・・。
その記事はこちら⇒ 『┐(´∀`)┌ヤレヤレ』

今朝、目が覚めて、ふと時計を見ると・・・10時。
ゲッ!Σ(・ω・;|||・・・寝坊した・・・。
しかも10時・・・。
正直、これだけ遅くなってしまうと、焦りというものが出てこないw
なんで起きれなかったんだろう・・・?

いつも、会社から帰ると真っ先に制服のポケットから
携帯を取り出して、ベッドの上に放り投げる。
夕べは、遅い時間から用事があって出かけたんだよね。
再び携帯を手に取り、バッグに入れたんだった。
すっかり出すのを忘れていたよ・・・( ;´Д`)

それを思い出して、バッグから携帯を取り出してみると、
会社からの着信履歴が12件・・・!!
.....∑ヾ(;゚□゚)ノギャアアーー!!!!!!!!

やべー・・・でも、行きたくない。
だけど今日はお給料の最終締め日。
おまけに年末調整もやってる最中。
休めない・・・。

逃げ出したくなる気持ちに鞭打って急いで身支度をし、
階下へ駆け下りていくと、なんとそこには会社の人がっ!
携帯にも家の電話にも何度もかけたのに出ないからと
様子を見に来たらしい・・・(>_<)
社内では、一酸化中毒にでもなって倒れているんじゃないか?
なんて心配をされていたそうです・・・。
本当に申し訳ありませんっ!!!<m(__)m>

会社に着き、まずは社長に謝まりに行きました。
「ちょっとたるんでるようだねw」
まったく以ってその通りです、申し訳ありませんと平謝り。
気持ちを引き締めなくちゃなぁと思いながら、次は専務のところへ。
「どうした?大丈夫か?」との問いに、
ただの寝坊です。申し訳ありません^^;と答えたら、
「そかそか、よかったよかった。それならいいんだいいんだ^^
何かあったのかと心配したんだぞ。」

安堵の表情でそう私に言ってくれたこの言葉は、心底堪えました。
心の奥底に響きました。
いただいた温かい心を無にしないよう、気を引き締めたいと思います。

お騒がせ者め!w と言われまくったあおに^^;
ポチ_○/|_ お願いします☆
【 2006/12/20 (Wed) 】 日記 | TB(0) | CM(24)

共に歩む

プロフィールの中にも書いているのですが、
私は1つの大切なことを基本として、ここを書いています。
そして、日々それをあちこちから切り取って記事としています。
いや・・・時々どうでもいいようなことも書いてますけど・・・汗ww
まぁ、息抜きってことで許して♪

ここを、繰り返し読んでくれている人は、
自分に立ち向かう勇気を持っている人たちだと思います。
そして、「何か」を探している人達なのかも知れません。
自分と向き合うことを怖がり、避けている人は
ここを訪れなくなると思います。

記事は、なるべく易しい言葉で書くように心がけていますが、
実際易しいことを書いているつもりはありません。
だから、「難しくてわからない。」と言われてしまうのだと思う^^;
でも、そう思えるということは、私の書きたいことが
本質的にわかっていることだとも思います。
そして、理想論を書いているつもりもありません。

1つの記事だけを読んでも、全体は見えないと思います。
そしてそれは、自分や自分以外の人や世の中を見る場合にも
同じことが言えるのだと思います。
一部分だけを見て、全体がこうだと決め付けてしまうと、
大切なことを見失ってしまうことになるのではないでしょうか。

最初は自分自身と向き合うために立ち上げたこのブログ。
多くの人と知り合い、響き合える人達と出会い、
私は、共に歩んで行くことのできる仲間が欲しいと
願うようになりました。
人は人との繋がりに於いて、心を広げていくことが
出来るのだとわかったからです。

ここでいう仲間とは、「仲良しごっこ」ではありませんw
「馴れ合い」でもありません。
共に歩み、誰かが石に躓いて転んだら心からのエールを送り、
再び立ち上がって歩き出したら、共に心から喜ぶことの出来る
仲間です。


星降る冬の夜空は
揺れる光に
永き時を託して語りかける

今は今だけで存在するのではないと

地上に明滅する星々は
透明な静けさに
広がりを託して語りかける

人は一人だけで存在するのではないと

 by 高橋佳子

共に歩いて行きましょう♪
ぽちも_○/|_ お願いします☆

【 2006/12/19 (Tue) 】 心のままに | TB(0) | CM(20)

伝えるということ

一昨日の忘年会の中でも感じたことなのですが・・・。

同じ事を伝えようとしていても、人によって
物の言い方に違いがあると感じることが多いです。
同じ注意をするのにも、相手がそれをどう感じるか。
それを考えることのない人もいるよね。

考えていたとしても、「自分はこうだから。」と
その想いで正しいと思ってる人もいるよね。
自分はそう言われてそう捉えるからと言って、
相手もそうとは限らない。

私は色んな職場で働いた経験があるのですが、
どこにいても、それは感じていました。
自分が相手に対して言ってることが正しいことであっても、
伝え方を間違ってしまったら、何にもならないと思います。

同じ言葉で伝えても、人によって受け取り方は様々。
どういう風に言えば、わかってくれるだろう?
伝えたことが生きていくためにはどう言えばいいだろう?

その為には、相手を知らなくちゃならないよね。
花を育てるのもそうだよね。
お水が沢山必要な植物もあるし、必要としない植物もある。
自分の想いだけを押し付けては枯らすことになってしまう。
人もそうなんじゃないかなぁ。

正しいと思うことを伝えるのって、何のためにするもの?
自己満足のため?
自分の物差しを相手に押し付けるため?
そうじゃないよね。

いくら正しい考えを持っていても、何のためにそれを
伝えようとしているのかを間違えてしまったら、
そこからは何も生まれないと思う。
それどころか、マイナスを生んでしまうこともあるかも知れない。

私は、口が悪くついつい辛辣になってしまいがちなんですが^^;
相手に劣等感や反発だけを感じさせるような言葉ではなく、
相手の心に響くような言葉を使えるような人になりたいな☆

ぽち♪していただけたら嬉しいです^^

【 2006/12/18 (Mon) 】 心のままに | TB(0) | CM(19)

かんちゃんに捧ぐ

私は以前、農業を営んでいたことがあります。
その経験から伝えたいことも沢山あるのだけど、
それはまぁ、そのうちにw

一ヶ月に自分が自由になるお金が1万円だったため、
農作業の合間に、ごぼうの撰果場にアルバイトに行ってました。
文字通り、ごぼうを撰別するところです。
例年、収穫時期となる9月~11月になると、お呼びがかかって
行ってました。

そこは女性ばかりが50人ほどいて、まぁ・・・推して図るべしww
そんな中で、仲良くなった人も沢山いたのですが、
私が本当にこの人はすごい!と思える人がいました。
名前は「かんちゃん」とでもしておこうかな。

かんちゃんは小柄な人で、早口で、そそっかしい人でした^^;
要領があまり良いほうではなく、流れ作業となる撰果場に於いては
辛いものがあったと思います。
でも、かんちゃんは誰よりも一生懸命でした。
誰よりも玉の汗を流して働いていました。

そんなかんちゃんは、いじめられていました。
素直で謙虚な心を持つかんちゃんは、いいように使われていました。
最初のうち、かんちゃんとは持ち場が離れていたために
気づかなかったんだよね。
でも、割と頻繁にかんちゃんをゴミ捨てに引っ張って
外へ行くKさんの行動に???と思ったんです。

それは、辛くて泣くかんちゃんを外に連れ出して
言葉をかけ、元気付けるための行動でした。
たまたま自分もゴミ捨てに行ってて、気づいたんだよね。
Kさんの行動に感銘を受けた私は、持ち場がかんちゃんの近くになり、
Kさんが離れた持ち場になった時、その役目をすることにしました。

でも、自分も農作業の合間に行ってるわけで、
いつでもそれが出来る状況ではありませんでした。
最初かんちゃんは、手際の悪さでみんなから
バカにされていたようなところがありました。
でも、私はかんちゃんはすごい!と言いまくっていました。
私はかんちゃんを見習う!と。
心の底からそう思っていたからです。

そんな私に賛同してくれる人達が出てきて、
私は安心して撰果場を休むことが出来るようになりました。
みんなでかんちゃんを手伝い、助けるようになりました。
そんな輪が広がり、3年目にはかんちゃんをいじめていた人は
撰果場に来なくなりました。

人の倍仕事が出来ることだけがエライわけじゃない。
私は手先が器用で、その職場の仕事に於いては苦労していません。
でも、一人の人間として、かんちゃんの足元にも
及ばないと痛感していました。

みんなに手伝ってもらって、一人一人に頭を下げて
ありがとうございますと言って歩くかんちゃん。
昼間アルバイトをして、夜はお寿司屋さんで働き
その合間にヤクルトレディをしていたかんちゃん。
家では酒乱の旦那さんに殴られ、家計と子供の教育費のために
日夜働いていたかんちゃん。
なのに、いつも明るく感謝の心を持ち続けたかんちゃん。
かんちゃんの口から愚痴を聞いたことは一度もありませんでした。

そんなかんちゃんが亡くなったとの知らせを聞きました。
とても悲しかったけど・・・。

かんちゃん、ようやく楽になれたね。
いっぱいいっぱい頑張ったからゆっくり休んでね^^
その身を以って、大切なことをいっぱい教えてくれてありがとう。
あなたとの出会いに感謝し、それを無駄にすることのないよう
生きて行きたいと思います。

この言葉を贈り、かんちゃんのご冥福を心から祈っています。

【 2006/12/17 (Sun) 】 心のままに | TB(0) | CM(24)

北海道♪

私は生粋の道産子であります♪

日本地図は知っていると思うのですが、
北海道と本州の間の海の部分に、\_  みたいな区切りが
あるのを見たことがあるんじゃないかなと思います。

何のためにその区切りがあるか?
それを知ってる人って意外と少ないかも知れませんw

これね、本州と北海道の縮小率が違うってことなんだよね。
本当は北海道ってもっと大きいんですw
前にこんな話をしていたら、友人の一人が実際の日本地図を
PCで作ってみたらしいw
友人曰く、
「頭でっかちでみっともねーーーっw」(爆)

北海道って九州と四国と山口県を足したよりも、
もうちょい大きい。
東京・大阪がすっぽり入っちゃうくらいの大きさなんだよね。

私は北海道でも端っこのほうに住んでいるのですが、
同じ道内でも、わからないことだらけです。
北海道は各支庁に分かれているんだけど、
その支庁が本州の県と同じような感覚かも知れないなぁ。

だから、本州の人と感覚が違うと思うことが多い。
札幌のこととか聞かれても、遠すぎてわかりませんw
長崎の人に愛媛のことを聞いてるようなもん(苦笑)

もし、北海道に旅行に来ようと思ってる人がいたら、欲張らずにw
各支庁に一日割り当てでもきつい行程となると思うので、
ゆったり計画を立てることを、お勧めします^^
じゃないと、『ひたすら移動』となること間違いなし!に
なってしまうと思うから(爆)

あ、あとこれ大事w
コンビニとガソリンスタンドは、「この次でいいや。」と通過しちゃうと
とてつもなく後悔することになると思いますw
お気をつけあれ☆

北海道大好き!ぽちもヨロシク♪

【 2006/12/16 (Sat) 】 1(。・ω・) へぇ~ | TB(0) | CM(16)

記事について

本当に言葉とは難しいものです・・・^^;
昨日記事の中で『雑草』という言葉を使いましたが、
その言葉は比喩として用いたもので、実際に生えている
雑草のことを書いたつもりはありませんでした。

もちろん、私は以前から書いているように、
命の価値というものは、全て平等であると思っています。
決して、実際に生えている雑草が邪魔ものだとか、
悪いものだとか言うつもりではありませんし、そう思ってもいません。
むしろ、雑草が生きる姿から多くのことを学べると
思っています。(これについては、過去記事で書いています。)

昨日の記事を読んで、そういう風に捉えた方がいましたら
そういう意味ではないのだということを、理解していただけたらと
思います(*_ _)ペコリ。

普段から、(*'へ'*) ンーこれは誤解を生むかもしれないなぁと
思いながら記事を書いていることもあるのですが・・・汗w
なにぶんボキャブラリーが足りないので勘弁してください^^;
それを、すべて書いていこうとすると、とても長文になって
しまいますし、私としては、今のところ現在以上に記事を
長くすることは避けたいと思っています。

それでなくても、「長すぎるw」と言われることも多いので(苦笑)
なので、どうしてもはしょってしまうことになります(>_<)
また、コメントに於いて補足できることもあるしなーっとかも
思ってたりしていますw

前にも書いていますが、1つのことをあちこちの切り口から
少しずつ少しずつ書いていこうと思っています。
なので、誤解を生むこともあるだろうなぁとは思う^^;
( ・◇・)ハニャ???と思うことがあったら、言っていただければと思います^^
言っていただければ、誤解が解けることもあるだろうし、
語り合うこともできると思うから♪

明日は当番なので、休日出勤です( ;´Д`)
しかも、そのまま会社の一泊忘年会へと直行となります・・・。
明日の記事は今日のうちにUPしておきたいと思います♪
留守していますが、読んでいただけたら嬉しいです^^

ぽち♪もしてくれると嬉しいですw
【 2006/12/15 (Fri) 】 日記 | TB(0) | CM(16)

実を結ぼう♪

私は輪廻転生も、天国と地獄も、
魂の存在も信じていますが、無宗教ですw
でも、聖書は読みましたし、お釈迦様の教えについても
ある程度のことは知識として知っています。
歴史上、偉大な人は数多くいますが、この二人も
とても偉大な方達だと思います。
そして、その教えは人として生きる上でとても大切な
ことばかりだと感じています。

~聖書より~
『聞きなさい。見よ、種まき人が種をまきに出かけました。
そして、彼がまいていると、幾らかの種は道路の脇に落ち、
鳥が来てそれを食べてしまいました。
また、ほかの種は岩地に落ちました。
もとよりそこには土があまりなく、土が深くないので
すぐにもえ出しました。
しかし太陽が昇ると、それは焼かれ、根がないので
枯れてしまいました。
また、ほかの種はいばらの間に落ち、いばらが伸びてきて
それをふさぎ、それは実を生じませんでした。
しかし、ほかの種はりっぱな土の上に落ち、生え出て大きくなり、
実を生じはじめ、三十倍、六十倍、百倍の実を結ぶようになりました。』

これは、例えを用いてお話されていますよね。
それから、この本来の意味についても語られています。

『種まき人はみ言葉をまきます。
それで、道路のわきにみ言葉がまかれる者とは
こういう人たちです。
彼らがそれを聞くとすぐ、サタンがやって来て彼らのうちに
まかれたみ言葉を取り去るのです。
また同じように、岩地にまかれる者とはこういう人たちです。
すなわち、み言葉を聞くとすぐ、彼らは喜んでそれを受け入れます。
けれども、自分に根がなく、一時は続きますが、その後み言葉のために
患難や迫害が生じると、すぐにつまづいてしまいます。
ほかに、いばらの間にまかれる者がいます。
これはみ言葉を聞いた者たちですが、この事物の体制の思い煩いや、
富の欺きの力、またほかのいろいろなものへ欲望が食い込んできて
み言葉をふさぎ、それは実らなくなってしまいます。
最後に、りっぱな土にまかれた者とは、み言葉を聴き、好意をもって
それを迎え、三十倍、六十倍、百倍の実を結ぶ人たちのことです。』

心とは、大地のようなものであると思います^^
『気づく』ことで種の芽を吹かせることが出来たら・・・。

本当に大切なのは、そこからなのだと思います。
心という大地に芽吹いた命を育てなくちゃ
花は咲かない。実はならない。

土が浅いと根を張ることができない。
心を耕そう。
お水をあげなくちゃ枯れてしまう。
心に潤いを持とう。
光がないと、もやしになってしまう。
心の持つ温かさを大切にしよう。

そして、心という大地には次々と雑草が生えてくる。
抜いても抜いても、次から次へと生えてくる。
これが厄介なんだよねー^^;
でも、綺麗な花を咲かせて実を結ぶには、
雑草抜きはとても大事なことだと思います♪

ぽちっとオネガイッ(人・・)☆

【 2006/12/14 (Thu) 】 心のままに | TB(0) | CM(19)

生かすための経験

昨日の記事には、励ましのお言葉やら賛同やら
本当にありがとうございました!^^
自分は一人じゃないんだなぁって実感しています。

今日はもう情けない気持ちからは、立ち直っております♪
そして、前向きに考えています^^

自分のこれまでの過程と、今置かれている状況を
見つめて改めて気づいたことがあります。
一言で言ってしまえば、『私にとって、必要だった事』です。

生まれてきた意味を探し、自分がすべきことを探し、
探し続けてきて、あぁ・・・赦しかぁと思ったんだよね。
(過去記事参照:『見つけたっ!』)
でも、もう1つあったようです。
そして、それに気づき生かしていくために必要な
プロセスだったのだと思います。 

見るのと聞くのでは大違い。
想像するのと経験するのでは大違い。
頭で考えることと、心で感じることの違いは
とても大きいと思います。

私はこの経験に呑み込まれ、捉われを作ってしまいました。
そして、そんな自分が作ってしまったものに苦しんでいたわけです。
でも、それも必要なことだったのだと思います。
何故なら、苦しまないとその辛さがわからないからです。
心からその辛さを理解することが出来ないからです。

苦しむことなく理解してしまったら、それは理解しているようでも
浅いものになってしまう可能性があります。
深く理解しようとするなら、深く心で感じる経験が
必要なのではないかと思います。

今までも何度か、間違えることは悪いことじゃない。
悩んだり凹んだりすることは悪いことじゃない、と書いてきました。
身を以って経験することに、大きな意味があると思うから。

その経験から心で感じたことを、生かすも殺すも
あとは、『自分次第』
今、この状況に置かれて自分の心の願いに気づくことが出来ました。
なので、社長に感謝!ですね☆

とは言え、やはり正しいことは正しい。
正しくないことは、正しくないんですけどねw
でも、それは自分自身に於いて気づいていかなくては
ならないものだと思うしねー^^;

まぁ、頑張ります! 応援ヨロシク☆
よかったら、ポチも_○/|_ お願いします♪

【 2006/12/13 (Wed) 】 心のままに | TB(0) | CM(26)

ボーナス

はぁー・・・冷える(>_<)
今夜の冷え込みは、一段と厳しいようです^^;

先日、会社の理不尽に対して私は勇気を持って
頑張るよ!と宣言したわけですが・・・。
本日、早くも挫折しそうに・・・汗ww

今日はボーナスの計算をしていたんですよ。
もう、そんなもの(*`д´)bキニシナイ!!と思ったものの、
やはり、ずらーっと並ぶ数字を打ち込んでいると、
涙ぐんでしまいました^^;

私はボーナスはもらえないと書きましたが、
実はほんのちょっぴりだけ出るんです。
今年高校を卒業し、まだまだ勉強中の子でも
40万円近いボーナスが支給されます。
私がもらえるボーナスは、2万円です。
そこから差し引かれ、手取りは1万6000円くらいになります。

正直、この金額なら賞与としてではなく、
『金一封』として出してもらえたなら、
気持ちよくもらえるのになぁ・・・と思います。
臨時でボーナスが出ないから、会社からの気持ちだよって
そう言ってくれたなら、こんなに情けない気持ちには
ならないだろうなぁ・・・と。

なので、今年の夏季賞与の計算の時に、
「賞与としてではなく、給与に上乗せしてもらえませんか?」
と申し出て、それが許可されました。
故に、ボーナスがないというわけです。
私の勤めている会社には、臨時社員がたくさんいます。
そんな中、2万円の扱いを受けているのは、
私ともう一人の女性と、掃除のおばちゃんだけです。

でも、この金額も部長たちが私たち3人のことを想って
上に掛け合ってくれて、ようやく出してもらえるようになったのです。
だから、感謝しなくてはなりません。

そんな私は、社会保険事務担当なので、
資格喪得届、扶養者の異動、傷病手当金の請求、
高額医療費の請求、出産一時金、埋葬料・・・など、
社員の相談に乗り、すべての手続きをし、
全社員の個人情報のマスターを一人で管理しています。

上司に相談できない場合の、コンプライアンスによる
相談窓口の担当でもあります。社員が何の権限もない臨時社員に、
何を相談できると言うのでしょうか?
窓口の設置は形だけ・・・ということを物語っているのでは
ないでしょうか?

この会社における理不尽さを語ると尽きることがありませんw
会社を通すことのない雇用。一部の人しか知らない昇進。
仕事の能力ではなく、人によって差別をされる残業手当金。

でも、私は頑張りたいと思います。
人として、恥じることのないよう、堂々と歩いて行きたいから。

よかったら応援_○/|_ お願いします♪

【 2006/12/12 (Tue) 】 日記 | TB(0) | CM(22)

循環

休み明け一日目、無事しゅーりょー♪

言葉のキャッチボール。
心のキャッチボール。

投げっぱなしにしないこと。
受けっぱなしにしないこと。
一人で抱え込んでしまわないこと。

このボールは私のだ!って抱え込んでたら
野球はできないよねww

嬉しいことや楽しいことはもちろんだけど、
悲しいことや苦しいことだって、投げてくれないと
受け止めることも出来ない。

投げてもらって受け止めて、また投げ返す。
投げかけて受け止めてもらって、また投げかける。
そこには、『循環』が生まれる。

仕事に於いても、交友関係に於いても、
あらゆるところで、この循環が生むものは大きいと思う。
そして、これが数々の色々な『出会い』を
生かしていくことになるのだと思います。

自分ひとりで心を広げていくのって
限界があるんじゃないかなぁと、この頃思う。
そうやって、言葉や心を『循環』させていくことによって、
もっともっと、色んなことが見えてくるような気がします。

私も、自分ひとりで抱え込んでしまいがちで、よく
「何考えてるかわからない人」と言われることが多かったりする^^;
これじゃ駄目なんだと、今年はそういうものを
少しずつ少しずつ出すようにしています^^
それによって、驚くほど周りが変化しました。

想ってるだけじゃ伝わらない。
思い切って投げてみよう。
投げられたら受け止めてみよう。
きっとそこから、新しい世界が見えるはず。
そのために、たくさんの人がいて、仲間が
いるのだと思うから☆

積雪30センチで、
朝から車を掘り出したあおに
ポチお願いします♪(苦笑)

【 2006/12/11 (Mon) 】 心のままに | TB(0) | CM(16)

あお書?w

20061210191940.jpg
あっという間に2連休も終わってしまい、
明日からまた仕事だぁあああああああああああ!
ヽ(´ー`)ノ ふぅ~・・・。頑張るかぁw

リンクを張らせていただいていて、
このブログを立ち上げた
当初頃からのお付き合いである、
『おのっちの考え事』
(管理人:おのっちさん 整体師であり、
優しく大らかな心の持ち主であります^^)
この、おのっちさんとの約束がありまして、
つたないこの私の書を公開したいと思います^^;

デジカメが現在我が家になく、携帯で撮ったので
なんつーか、うまく写せなかったのですが・・・汗w
まぁ、勘弁してくださいましーーっ( ;´Д`)

左の書は、『条幅(じょうふく)』と言いまして、
かなりでかいですw
私が習っていたところでは、三段以上になると
毎月の課題がこの『条幅』となります。
た・・・大変でした・・・w


20061210192004.jpg
 
 これは、『かな書』です。
 毎年、夏に『たなばた競書』
 冬には『かきぞめ競書』と
 いうものがあり、
 その時が、昇段のチャンス!
 だったんですねー。
 これは、三段に合格した時の
 ものです。

 『かな書』は、読めないようなものが
 多いんですが(苦笑)、これは
 まぁまぁ、読めるんじゃないかな?
 と思って、載せてみました。
 
 

20061210191924.jpg 
 これは、『六朝体』といいます。
 毎月の課題で出していて、
 添削されて戻ってきたものです。

 書道って面白いんですよね。
 同じ課題を見て、同じ文字を
 書くのですが、本当に人によって
 特徴がとてもよく表れます。

 もう、しばらく筆を持ったことがないので、
 書けなくなってるかも・・・汗。
 たまに、引っ張り出して
 書けばいいんですけどねー・・・^^;

 まぁ、お粗末さまでした☆
 <m(__)m>

↓クリックしていただけたら、嬉しいです♪

【 2006/12/10 (Sun) 】 あおってこんなヤツ♪ | TB(0) | CM(19)

気づくこととは

私はいつも自分自身を見つめることをしています。
何のためにしているのか?は、ここのブログをずっと
読んでくれている人には、大体のところがわかって
いただけているのではないかなぁ・・・と思います。

『気づく』ためです。

輪廻転生を信じている私は、今世生まれてきた意味を
見出そうとしています。
そのために、自分自身を見つめます。

そして、世の中を見つめます。
様々な感情が入り混じった世界。
傲慢・裏切り・怠惰・差別・理不尽・保身・・・。
いまある常識のどれが正しくて、どれが正しくないかを
見極める眼を持つことは、とても大切だと思います。

でも、それだけでは足りません。
その先が、この生を生かすことになる道となると私は感じています。
『正しい』『正しくない』
この二見の物差しだけで計ってしまっては、
本当に大切なものを見失ってしまうと思うからです。

こうして正しくないと思うものを言葉にしてしまうと、
それらが正しいと思う人は、そうはいないのではないかと思います。
でも、そうしたことが、自らの中に於いてもあることに
気づく人は少ないかも知れません。
これらのことは、とても納得が出来るもっともらしい理由を以って、
正しいこととして、置き換えられていることが多いからです。
そして、そのことがこの世の中を混沌とさせているのかも知れません。

正しいと思うことは、境遇や立場や色んなものによって変化します。
じゃあ、本当に正しいことなんてないんじゃないか?
表面だけを見るなら、そういうことになるかも知れません。
表面的な正しさは、『自分の都合』によるものが多いからです。
でも、本当に大切なものは、その奥にあると思います。

それを見出し、生かしていくために私は自分を見つめます。
世の中の混沌とは、一人一人の心の混沌から
成り立っているものだと思うからです。
そこを、見つめずして、混沌の世の中を変えていくことは
出来ないと思っています。

共に歩む友が増えることを祈って、ポチお願いします。

【 2006/12/09 (Sat) 】 心のままに | TB(0) | CM(14)

捉われからの解放

ヽ(´ー`)ノ ふぅ~。やっと週末だぁあああああ!!
そして、二連休♪

昨日の記事に対しても、温かい励ましのお言葉を
たくさんありがとうございました^^
私は、幸せ者だねぇ・・・。つくづく思います。

昨日もね、お弁当を作るのがめんどくさくてw
(まぁいいや、プチ出張の途中で何か買って食べていこう。)
なんて思っていたんだけど、会社で頂き物のカップ麺を発見♪
これで済ませてしまおうと、お湯を入れて出来上がるのを
待っていたら、「今のあなたには、甘いものが必要でしょ?^^」と、
Hさんが『あんドーナツ』を持ってきてくれた。

この頃、私の精神状態があまり良くないのを察知して、
気遣いをしてくれたんだなぁ・・・。
物質的なものだけじゃなく、精神的にも本当に支えられて
いるなぁ・・・って、カップ麺の汁をすすりながら(苦笑)
一人(;-;)ウルウルしていました。

昨日ここに書いたことは、頭では前々から
わかっていたことなんだよね^^;
だから、何度も何度も自分にそう言い聞かせて、
頑張ろうって思うようにしていたんだけど。
でも、どうしても『心』が頷かなかったんだよね。
心が頷いていないのに、表面だけ正しいと思うことを
しようと取り繕っても、無理がきてしまうんです。

ふと・・・。どうして私はこんなに認めてもらいたいのだろう?
と考えた。こんなに沢山の人が認めてくれているのに、
どうして満足できないんだろう???
で、あることに思い至った。

私は、年子の弟とかなり違う扱いを受けて育ちました。
唯一、私のことを認めてもらえたのが、『勉強』でした。
私は自分のことを認めてもらいたい一身で、
弟だけには負けまいと勉強をしていました。
そこだけにすがりついて、そこだけが私が認めてもらえる
ところだったんだよね。
当時の私にとって、そこが私の『存在価値』だったんです。

『勉強』が『仕事』に変わり、『親』が『社長』になっていたんだ。
もう遠い過去のことなのに、私の心は、その当時のままだったんだ。
私の心はそこに捉われていたままだったんだなぁって気づいた。
おかしいですか?w いい歳になっても、そんなことに
捉われているって。

そこに気づくことが出来て、私の心は捉われから解放されました。
本当に昨日は、何とも言えない最高の気分でした^^
今までにも何度か書いていますが、人は誰でも『心の癖』があります。
そして、それは生まれ育った過程に作られたものだと思うんだよね。
『こうしたいのに、こう出来ない』と思えることには、そう出来ない何かが
心の中にあって、それに捉われているからなのだと思います。

そんな捉われから自分を解放するために、
私は自分を振り返り、見つめています^^
さて、気づいただけじゃ駄目なんだよねーw
これからが、正念場だ!頑張るぞ☆

こんな私を応援してくれたら嬉しいです♪
【 2006/12/08 (Fri) 】 心のままに | TB(0) | CM(10)

歩き出す

昨日ぐだぐだ書いたんだけど、愚痴を言っても始まらない。
文句を並べたところで始まらない。
そんなことをしていたって、何も変わらない。
それは、重々承知しております^^;

6年近くの間に、何度もこういう話はあったのです。
毎度毎度、もらえないボーナスの計算をし、
自分はもらえることのない、辞令を発行する身。
内心、(私にやらすなよー・・・。血も涙もないやつらだ・・・泣)
とか思ってたりww
この会社にいる限り、私の立場は変わらない。
辞めることも、何度も考えていました。

ただ、今年の夏前までは、人間関係で悩みがあり、
それを乗り越えないと、自分自身から逃げ出すことになる。
そう思って頑張って、それについてはほんと良くなりました。
自分、頑張った^^ 5年かかったけどねー・・・汗w

あ、入社したての頃もね、辞めたくて辞めたくてww
でも、その時は「役立たずだったね。」と言われたくなくて、
(ハイw とても負けず嫌いですw)
「辞められたら困る。」と言われるようになるまでは、
絶対頑張ってやろうと心に誓っておりました。(苦笑)

で、もう思い残すこともないし・・・これ以上ここにいて
何かあるのか???と思っていたんですよね。
でも、実際転職するとなると仕事はありません。
ここはド田舎ですし・・・。仕事しないと生きていけないし・・・。
だけど、そんなことでつながれているのも、なんか悔しいしw

でも、昨日みんなからの言葉を読んでいて、すっごい励まされて、
元気と勇気をいっぱいいっぱいもらって。
今回、ここに至って自分がやるべきことがあることに気づきました。
ずっと、目先のことに捉われていて、大切なことを見失っていました。

今、社内には私だけじゃなく、同じような想いを抱えている人が
たくさんいます。
そんな人達の愚痴を聞いたり、悩みを聞いたりすることも多いです。
文句を言っても始まらない。愚痴を言ってもどうにもならない。
では、今自分は何をすればいいのか?どうすべきなのか?

「慈悲がないと思うなら、身を以って示しなさい。」

「上」以外の人は、みんな私のことを認めてくれています。
それだけでも、十分幸せだよね^^
足ることを知って、自分の置かれている立場で今、
自分が出来る精一杯のことをしよう。
愚痴や文句を感謝の心に変えよう。

どんなに理不尽な目に遭ったって、差別をされたって、
自分で自分をきちんと認めて、人として恥じることのないように生きていこう。
私のことを認めてくれている、私と同じ哀しみを持った人達のためにも、
このことを、この身を以って生きていきたいと思います。

気づかせてくれてありがとう^^ 心から感謝します。
まだまだ何度もくじけるかも知れないけど、どうか支えてください。
力を貸してください。見守っていてください。
私は歩きだすから。ゆっくりゆっくり歩き出すから。

こんなあおに、ぽち_○/|_ お願いします☆

【 2006/12/07 (Thu) 】 心のままに | TB(0) | CM(26)

しこり

今、自分の心にあるしこりについてなんだけど・・・。

12月1日付けで、辞令が降りたんだよね。
事務所内では、私ともう一人の女性以外の全員に。
私達二人以外の人は、全員昇進したというわけです。
もちろん、私より後から入社した人もです。
何故かというと、私ともう一人の女性だけが臨時社員だから。
だから仕方ないと言えばそれまで・・・。
でも、やはりショックでした。

数ヶ月前に、会社の外でそういう話になった時、違う課の部長が、
「気持ちはわかる。ちゃんと考えているから、もうちょっと待ってて。」
と言ったんだよね。
何を考えたって無駄だよ・・・と思いつつ聞いてたのだけど、
やっぱりね・・・って感じ。

私のしている仕事は、他の人の仕事とはあまり関連性がなくて、
私一人でこなし、管理していることが殆どです。
社会・雇用・労災保険手続き全般、勤怠計算・打ち込み・管理・・・。
他にもまだまだありますが。
そして、私の前にいた人は正社員としてその仕事をしていました。

私はここで何をするべきなのだろう?
どういう立場で動けばいいのだろう?

「まだまだやれる能力があるのに、どうしてやらないの?」と言われる。
どうしてやらなくちゃならないの?
口を出したら「生意気だ。」と言われる。
私は、いくら頑張っても社員にはなれない。
どんなにその能力を認められていても、昇進も昇給もボーナスもない。
日給で、休めばその分収入は減る。
公休がないから、日曜出勤でも収入はいつもと変わることがない。

私は、自分の仕事を適当にはやっていない。
プライドと責任を持って、全力でこなしているつもり。
前に私が会社を辞める!と言った時に、今回昇進した人達が
辞めるよりも片腕もがれる・・・と、つぶやいた部長。
部長達は私の立場を変えるべく、何度となく上に言ってくれたようです。

昇進がしたいわけじゃない。肩書きなんかいらない。
そんなんじゃない・・・。
悔しくて、悲しくて、情けなくて仕方がない。

辞令が下りたその日。
辛くて、辛くて、そんな想いのままベッドに入り、
眠れそうになかったので、取りあえず本を読んでいたんだけど。
本の内容とはまったく関係なく、ある言葉が心に浮かんできたんだよね。

「慈悲がないと嘆くなら、身を以って示しなさい。身を以って、慈悲に生きなさい。」
「勇気を持ちなさい。」

はっ!とした・・・。
そうなんだよね。その通りだ。
大切なのは、周りがどうこうじゃなくて、自分はどう生きたいかなんだ。
「どうせ臨時なんだから、一生懸命やったって馬鹿馬鹿しい。」
ついそう思ってしまいがち・・・。
でも、それは私の望む生き方なのか? いや、違う。

目先のことに捉われるな!自分が生きてる目標はなんなのか思い出せ!
自分の願いを思い出せ。
本当に大切なことは、大事にしなくちゃならないことは他にある。
頑張れ自分。負けるな自分。足ることを知れ。
会社という狭い社会に捉われて、大切なことを見失うな!
ちくしょおおおおおおおお!

道ははっきり見えたけど、やはり辛い。急には抜け出すことが出来ない。
少しずつでいいかな?ゆっくりでいいかな・・・?
この捉われから、きっと抜け出してみせるから。

よかったら、ポチ♪ご協力_○/|_ お願いします☆

【 2006/12/06 (Wed) 】 心のままに | TB(0) | CM(26)

想う心とは2

ヽ(´ー`)ノ ふぅ~。
いくらか、昨日のしこりは溶けては来たけど・・・。
これ、乗り越えるには相当時間?年月?が、かかるかも。
まぁ、自分との戦いっすね・・・汗。

この頃、毎日のようにプチ出張をしているのですが、
その帰り道に、いつも思い出す出来事があります。

数年前、用事を済ませての帰り道。
今、プチ出張で通っている道なんだけど。
片側二車線のその道路で止まっている車があってね、
その車の二台後ろに止まったんだけど。
信号機も横断歩道もない、こんなところでどうして
止まってるんだろう???と思ってふと見ると、
中央分離帯のところに小学生の男の子がいるの。

どうやらその男の子は、車をやり過ごしてから渡ろうと
していた様子。
車を止めていた人とその子とのやりとりは聞こえなかったけど、
男の子は何度も首を横に振っていました。
おそらく、その車を運転していた人は、その男の子のために
車を止め、その子を渡らせてあげようとしていたのだと思います。

ちょっとの間、車を運転している人とその男の子のやりとりがあって、
そのうちに結構他の車が並んじゃってね。
意を決したように、その男の子は道路を横断すべく走り出したの。
と同時に、もう1つの車線をものすごいスピードで走ってきた車が・・・。
あっ!!!と思った時には、男の子は跳ね飛ばされ宙を飛んでいました。

人がはねられる瞬間を見たのは初めてでした。
すっごいショックだった。
そして、すぐに救急車が来て男の子は運ばれていきました。
後から聞こえてきたところによると、その子は命に別状は
なかったようで、(´▽`) ホッとしました。

男の子をはねた車は、止まるはずのない場所で
何台もの車が止まっていることを不思議に思い、
スピードを落とすべきでした。
でも、はねた車だけが悪いのでしょうか?

数日前にも、『想う心とは』という記事を書きました。
相手の望むことをしてあげるのが、必ずしも相手を想うことには
ならないと思うと。

男の子を渡らせてあげようとした人は、親切心からだったのだと思います。
でも、その人が男の子にしたことは、
その子にとっていいことになったのでしょうか?
例え、うまく渡れて事故に繋がらなかったとしても、
その子はうまく渡れたことで、これからも信号機も横断歩道も
ないところを渡ることをやめなかったかも知れません。

本当にその子のことを想うなら、渡らせてあげようではなく、
きちんと信号機や横断歩道のあるところに行きなさいと
諭すべきだったのではないでしょうか。
何度も首を横に振っていた男の子の顔が、今でも思い出されます。
もう一度。

『相手を想う心』って、相手にとってどういう結果をもたらすかを
正しい目できちんと見据えてなくちゃならないものだと思う。
そしてそれは、『今さえよければいい』ものではなく、
もっと長く広い目で見つめたものであり、
尚且つ、自分がいいと思うことを押し付けることでも
ないと思います。

ランキング参加中です^^ よかったらポチしてね☆

【 2006/12/05 (Tue) 】 心のままに | TB(0) | CM(20)

天国と地獄

今日は久々に心が波立っている^^;
心の中に、しこりのようなものを抱えてしまって、
辛くてたまんない。
気分変えようと思って、「HEY!HEY!HEY!」なんか見てw
ちょっと落ち着いてきたかな。

まぁ、なんのしこりかについては、また後日書きたいと思います。
とにかく今は、何かを見つけようと必死です。
自分がどうしたらいいのか、どうしたいのかが
わからない。


天国や地獄ってものってほんとにあると思う?
私的には、あるかも知れないと思う。
私自身霊体験もあるし、魂の存在も輪廻転生も
信じているんだけど。

よく、『波長』って言葉を耳にするよね。
「あの人とは、波長が合わない。」とかってw
心って電波のようなものかも知れないなぁって思ったりする。

ものすごく緊張している人がいたら、その緊張が
伝わってきたりするじゃん?
『伝わる』ってことは、伝える何かがあると思うんだよね。
もちろん、言葉やその人の態度からも伝わってくるんだけど、
それ以上に、肌で感じることってあるんじゃないかな。

それが、その人自身が持っている『波動』であり、
その人その人によって、その『波動』には違いがあって、
それが、人々の間に伝わっていって、『合う・合わない』
ってなるのかも知れない。

天国とか地獄とかっていうのは、この世での肉体の
寿命が尽きて、還っていく世界だと思うんだけど。
肉体がない『想念の世界』だから、この波長ってのが
合わないと同じ世界にいることは難しいかも知れないと
思うんだよね。
ラジオだって、違う波長が同じところに流れることって
ないでしょ?

ゆえに、同じ想念を持つ魂が集まる。
悪しき波動を持つものは、その集団となる。
それが地獄ってことじゃないのかなぁ・・・。

恨みを持つ想念は恨みを持つものの集団となり、
人を羨んでばかりいる想念を持つ人は、その集団となる。
傲慢な想念の人は傲慢な想念の集団・・・。
人を排除しようとする想念の人は、そういう人達の集団。
孤独で人を寄せ付けない人も、そういう人達の集団。

それって、想像しただけでも『地獄』じゃない???

だとしたら、感謝と愛のあるところに集まれるようになりたいな^^

よかったらポチしてね♪

【 2006/12/04 (Mon) 】 心のままに | TB(0) | CM(24)

どっちが楽?

ヽ(´ー`)ノ ふぅ~。
日曜から仕事が始まると、一週間長いよねぇ・・・w

私は団地の三階に住んでいます。
三階には二軒あってね、うちとお向かいさん♪
で、三階から二階への階段の掃除は三階の住人がする決まりなんだよね。

私はずぼらな人間なので、普段はそんなに気にしないんだけど、
やっぱりある程度汚くなってくると、さすがに(これは・・・^^;)と思うw
で、そう感じるようになると掃除をするわけです(苦笑)

この頃、そろそろやばいよなーコレ・・・って思っていたのですが(爆)
いよいよ目に余ってきたので、仕事から帰ってまずは自宅の中に
バッグを置き、箒とチリトリを持って制服のまま掃除にかかりました。
一回着替えちゃうと、家の中に落ち着いちゃってだめなんだよねーw

まぁ、ものの5分で終わるんだけどね・・・汗w
掃除が終わりそうな頃に、玄関のドアを開ける音が聞こえたので、
(あ、誰か来る。さっさと片付けなくては・・・。)と思って、
せっせと掃き集めた土ぼこりを片付けていたんだよね。

下りてきたのは、お向かいさん一家でした。
私はここに越してきてから3年になるけど、
実はこのお向かいさん、一度も掃除をしたことがないw
最初は、(なんでやらないんだ?)とちょっとむかついたりもしたんだけど、
考えてみれば、汚いのが嫌だと思うのは私なわけで、
やったら綺麗になって、気持ちいいなぁ^^って思えるわけで、
そう思うならやればいいわけでw
何も、むかつく話じゃないよなって思うようになった。

まず最初に下りてきたのは娘さんでした。
「こんばんわぁ^^」と声をかけてくれたので、私もニッコリ笑って、
「こんばんわぁ^^」って返したんだよね♪
その次に、お母さんが息子さんと下りてきた。
これがさw こっちを見ない!(爆)
掃除の最中に鉢合わせしたのは、これが初めてだったんだけど、
何やら息子さんに一生懸命話しかけていて、こっちに気づいてるような
感じじゃない・・・フリ?w

もう、可笑しくて可笑しくてwww
吹き出しそうになった(爆)
取りあえず、「こんばんわぁ^^」と声をかけたけど無視されたw
なんて正直なんだろうwww
そんな態度をしなくちゃならないほど、自分に非があると思うなら
たった5分、やったほうがずっと心が楽になると思うんだけどな♪

私は心が楽なほうを選びたい♪

よかったら、ポチ_○/|_ お願いします☆

【 2006/12/03 (Sun) 】 日記 | TB(0) | CM(18)

はぁー。
なんか疲れが取れないうちに、一日が終わってしもうた^^;
明日からまた仕事だぁーーーーっ( ;´Д`)

かれこれ5ヶ月以上、ほぼ毎日自分の中にある『想い』を
書き綴っているわけですが、これを書きながらとか、
コメントに返事をしながらとか、ブログサーフィンしながらとか、
ふとまた自分の想いに気づき、メモ帳に書き残しておいたり
しています。

記事を書くときは、このまま書くときもあるし、メモ帳の中から
引っ張り出してきて、そこに肉付けをしながら書くこともある♪
まぁ、同じようなことを何度も書いてるんだけどね(苦笑)
でも時々、「難しくてわからん^^;」と言われたりします。

色々と考えていると、わからないことっていっぱい出てくるよね。
私は、わからないことはわからないままにしておいてるw
だってね、無理やり答えをこじつけたって、きっとロクなもんじゃない。
そのロクなもんじゃない答えを指針にして生きていくと、
とんでもない方向に行ってしまうかも知れない。

でね、わからないことは『心の片隅』に保留しておくの。
わからないと切り捨てることはせず、諦めることもせず、
無理やり答えをこじつけることもしない。
そっと『心の片隅』に置いておく。

そうするとね、あっ!と気づく時が来る。
これはこういうことだったんだぁ・・・と理解できる時が来る。
それって、何とも言えないすっきりした気持ちになれる^^
それが、『心で理解する』ってことだと思う。

自分や、自分以外の人や、世の中を見つめていって
わからないことがあっても、焦って答えを出す必要はないと思うな^^
わからないと思う自分を蔑む必要もないしね。

知らないことは悪いことじゃない。
知らないことが、自分の価値がないってことにはならないし、
多くを知っているということが、エライというわけではないと思う。
確かに、『段階』としては進んでいるのかも知れない。
でも、それと『存在の価値』は同じじゃない。

まだまだ、保留していることがいっぱいありますw
でも、それは私の『宝物』♪
だって、心で理解することのきっかけとなる大切な種だもんね。
それがあるから、『気づく』ことが出来るんだもんね。

そして、『気づける』ために、いつも自分と向き合っていよう。
色々な人や物事を見つめていよう。
気づくことが出来たら、種のままにしておかず
光を与えて、養分を与えて、お水を与えて育てよう。
綺麗な花を咲かせるために♪

よかったら、ポチ_○/|_ お願いします♪

【 2006/12/02 (Sat) 】 心のままに | TB(0) | CM(18)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。