あお’SROOM

生きていくって大変だよね。日常の中から色んなことに気づいてちょっとずつ成長できたらいいな。
121234567891011121314151617181920212223242526272829303102

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

視点

自分から見た環境。
自分から見た他人。
自分から見た動植鉱物。
自分から見た世の中。
自分から見た宇宙・・・。

色んなところを見てはいるけど、
その視点は一方的でしかない。

環境から見た自分。
他人から見た自分。
動植鉱物から見た自分。
世の中から見た自分。
宇宙から見た自分・・・。

それらに自分はどう映っているのだろう?
そこにまた、新しい発見があると思う。
視点は多ければ多いほどいい。
多ければ多いほど、気づくことも増える。

映った自分の姿が情けなかったとしても、
悲観することも卑下することもない。
知らないほうが良かったと思う人もいるかも知れない。
でも、よーく考えてみようよ。
知らなかったら、自分はずっと情けないままなんだよ。
知ることによって、情けない自分から脱出することが出来るんだよ。
情けない自分に気づいたら、気づけてよかったなぁって思おうよ。
だって、そこから可能性が生まれるよ。

ちょっとだけ視点を変えてみたら、違う世界が見えてくる。
今まで気づけてなかったものが見えてくる。
例えば、今自分は家の中にいて、パソコンの前にいる。
でも、住んでいる街の中にいて、日本という国の中にいて、
地球という星の中にもいるんだよ。

パソコンの前にいる自分は、自分で確かめることができるよね。
日本の中にいる自分や地球の中にいる自分は確認できない。
でも、心で感じることはできるよね♪
この街の住人としての自分、日本人としての自分、
地球人としての自分。みんな同じに感じる?
それぞれに違うことが見えてこない?
本当は違ってないんだけどね。

今、目の前に見えていることだけが全てじゃないよ。
そして、自分が見えていることだけが全てじゃないよ。
見えているようでも、それはほんの一部だよ。
見えていないことを知ることもとても大切なことだと思うよ。
全てを見えてたり知ってたりすると思ってしまったら、
今以上のことは、見ることも知ることも出来なくなるから。

一方的な物の見方をしていては、循環は生まれない。
調和は作れない。
視点を変えてみよう。視野を広げてみよう。
そうやって、もっともっと色んなものを見つけて
たくさんのものに気づいていきたいね^^

↓よかったらポチオネガイッ(人・・)

スポンサーサイト
【 2007/01/31 (Wed) 】 心のままに | TB(0) | CM(8)

痛み

人は五感に頼って生きています。
でも、その五感に頼りすぎてはいないか?とも思うんだよね。
目に見えるもの、耳から聞こえるもの、肌で触れることができるもの。
それだけを大事にしてしまってないかな。

植物や石などに『痛み』はないと思いますか?
痛みを感じる神経がないから痛くないんじゃない?って思う?
『心』に痛みを感じたり、傷ついたりしたと思ったことがありませんか?
心は目には見えないけど、傷つきもするし、痛みも感じます。
『心』に神経はありますか?

心のあるものは全て痛みを感じるものだと思います。
泣き叫ばなければ、痛みはないのでしょうか?
涙を流さなければ、悲しみはないのでしょうか?
逃げ回らなければ、恐怖を感じていないのでしょうか?
喋らないから、表情がないから、心もないのだと思いますか?
声にならない声で叫んでいるかも知れないのです。

植物が声にならない声で叫んでいるかも知れないと思える
実験の記事を書いたことがあります。
過去記事:花

感情はどこにあると思いますか?
頭の中ですか?脳の働きですか?
『頭では理解できるのに、心がついていかない』と
思ったことはありませんか?
泣かないようにしようと考えても、涙が溢れることはありませんか?
怒っちゃいけないと思えば、怒りを消すことが出来ますか?
我慢して抑えこんでいるだけではありませんか?
何をどこに抑えこんでいるのだと思いますか?

肉体を傷つけることだけが暴力ですか?
心を傷つけることも暴力ではないですか?
目に見えなければいいのですか?
耳から聞こえなければいいのですか?
人を騙したり欺いたりしても、見られてなければいいのですか?
聞こえてないならいいのですか?

自分の良心に痛みを感じたことはありませんか?
痛みを感じるということは、自分の心が傷ついたということだと
思いませんか?
自分で自分を傷つけているのだと思いませんか?

目に見えるもの、耳から聞こえるものだけが大事ですか?

↓ポチしていただけたら幸いです^^

【 2007/01/30 (Tue) 】 問いかけ | TB(0) | CM(16)

ぎゅっとナデナデ♪

先日、出張旅費を出した時のこと。
出張旅費内訳用紙と、帳簿を書き、部長に回しました。
そして、いつものごとくパソコンに向かってカタカタと打ち込みをしていたら、
専務が来て、「内訳金額全然書いてないぞ。」
(゜∇゜ ;)エッ!?・・・。
内訳用紙には、きちんと書いて計算してあるのに、
帳簿のほうには用務と日付と合計金額しか書いてない・・・汗w

ひぇえええええええええええええええ!!(心の叫びw)

「す・・・すみませんっ!すぐ書きます。」

と言った私に、専務は
「駄目だよぉ。ちゃんと書かないと^^」
と言って、私の頭をくしゃくしゃ!として去っていきました。

この『くしゃくしゃ!』っての、すっごいツボですw
ミスしたのにも拘らず、一人ニマニマww
幾つになっても、こういうのって嬉しい。
もちろんちゃんと反省もしましたよ☆
とても思いやりのある専務に迷惑をかけたり
困らせるようなことはしたくないと思うもの。

いつ頃からかなぁ・・・。
専務は、お客様から頂いたお菓子とかを配ると、
いつも自分の分を私のデスクの上に置いていって
くれるようになったんだよね。

時々、知らない間に引き出しの中に入ってたりもしますw
開けてびっくり!
Σ(゜Δ゜*) ウォッ! なんで、ここにお菓子がっ!状態w
引き出しの中にお菓子が入ってる時は、部長か専務が入れてるw
どっちもイタズラ好きな人なんだけど、専務がお菓子をくれるのは
いつものことで、部長の場合は自分が嫌いなお菓子の時に
私の引き出しにこっそり入れていくという・・・(;´д`)ノオィオィw
まぁ、私は雑食で何でも美味しく食べますけど♪(爆)

子供って、自分の中の感情が大きくなった時は、
いつもお母さんの胸に飛び込んでいくよね。
それが、嬉しい時でも悲しい時でも悔しい時でも。
そして、ぎゅってしてもらって頭ナデナデってしてもらうと
安心して落ち着きを取り戻すことが出来るんだよね。

このぎゅっとナデナデの効果はすごいと思います。
子供だけに限らず、いくつになっても同じ。
私の場合は、子供時代にそういう記憶を持っていないから
余計にそういうことに対して、憧れ?みたいなものを
持っているのかも知れないけど^^;

まぁ、誰に対しても出来ることではないけどw
それが出来る相手がいて、その人の感情が高ぶってたり
落ち込んでいたりしたら、ぎゅっとナデナデしてあげれば
効果があることが多いんじゃないかなと思います^^
はぁ・・・。してもらいたいもんだ(笑)

↓よかったらポチしてね♪

【 2007/01/29 (Mon) 】 心のままに | TB(0) | CM(22)

人生から学ぶ

昨日の記事で心が痛いと書きました。
それは、辛く、あまりいいと思える出来事ではありません。
でも、そこから目を背けずに見つめるなら、
その出来事から多くの大切なことを知ることができると思います。

私が今回の出来事の中から改めて感じたこと。
昨日、一昨日、以前に書いた記事と重なってしまいますが、
一部を見て全体を決め付けてしまってること、
目に見えることが全てだと思い込んでしまうこと、
自分が難なく出来ることが出来ない人を蔑んでしまうこと、
自分が正しいと思うことを押し付けてしまうこと、
それらのことが、良くないものを生み出してしまうということ。

これらのことは形は違っても、誰の心の中にも存在している
可能性が高いと思います。
もちろん、私の心の中にもです。
そして、これらのことは大切なことを見失ってしまうことに
繋がっていくことだと思います。

人には、それぞれの役目や使命や個性があるということ。
それらを尊重しあっていくこと。
それぞれの得手、不得手とすることを補いあっていくこと。
一人の力ではどうにもならないことも、手を繋ぎ心を繋ぐなら
大きなことも成していけるのだということ。
人の痛みを我が事のように感じられること。
自分の心に奥底からの祈りを持つということ。
人の上に立つ立場の人ほど、一人の人間としても上でなくては
ならないという自覚を持つこと。
自分を責め続けても、先へ進むことができないということ。
それらの大切さを痛感します。

本当の意味での『不幸』とは何か。『幸せ』とは何か。
欠点と思えるところに大きな可能性がある。
それらのことも見えてきます。
まだまだありますが、キリがないので割愛させていただきます^^;

A君だけではなく、それを目の当たりにしてしまう私も
共に痛みを感じ、そこから学ぶべきことがあります。
A君自らも、悲しい、辛い、嫌だと思うその出来事から
目を逸らさずに、それが何を伝えているのか、そこから何を
見出すことが出来るのかを見つめ、気づき、乗り越えていくなら
もう一つ深いところにある優しさと強さを自分のものに
することが出来るでしょう。
他の人は何らかの形で、支えたり勇気をあげることは出来ても、
その心を変えることは出来ません。
本人がその問題に立ち向かい乗り越えていくしかないのです。

本当に不幸なのは、叩かれているA君ではなく、
叩いている人なのだと思います。
A君は、表立ってではないけれど、みんなから応援され支えられ、
その出来事から多くのことを学び、自分を一回り成長させることが
出来る可能性を持っているからです。
逆に叩いている人は、みんなからの信用を失くし、
それを誰一人として言ってくれる者もおらず、
自らの間違いに気づくきっかけすらもないからです。

人生における全ての場は学びの場でもあります。
そこからいかにして、何かに気づいていけるか。
そこに人としての成長と、生まれてきた目的と使命を
果たすことが出来るかどうかがかかってくると思います。
頭で考えるのではなく、心で感じることを見つめることの
大切さを想います。

人生とは
疑問を追究することではなく
もうすでに与えられている解答に気がつくことである
                  ミカエル

↓ポチしていただけたら幸いです^^

【 2007/01/28 (Sun) 】 心のままに | TB(0) | CM(16)

心が痛い(>_<)

今日も仕事頑張ってきました♪
でもねー、今、会社内においてとても心を痛めることがあって、
どうすることも出来ない自分が歯がゆく、情けなく、
祈るばかりの毎日なのです。

私のデスクの斜め前に、A君のデスクがあります。
A君はとても優しい心の持ち主で、A君を嫌う人はほとんどいません。
冗談も通じる楽しい人で、よく意味不明なことを言い合いながら
笑ったりしていました。

10日ほど前から、そのA君が笑わなくなりました。
笑わなくなったというよりは、笑うことの出来ない状態にあるようです。
何度か、「元気ないね。どうしたの?」と声をかけてみたけど、
「なんでもないです。」との答えが返って来るばかり。
心の内を話してはくれないので、何があったのか
何を思っているのかはわかりませんが、笑えなくなってしまうほどの
何かをその心に抱えてしまっていることだけはわかります。

A君は普段から、不平不満を口にすることがなく、
かなり我慢もしているのだと思います。
そして、誰に言うこともなく一人で抱え込んでしまうタイプです。
彼の持つ優しさが、人に迷惑をかけちゃいけないと
思っているからかも知れません。

そして、これが原因かどうかはわからないのですが、
今、社内でA君は一人の人から叩かれています。
「お前は本当に頭が悪いな。」「どうしてそんなに気が利かないのよ?」
「申し訳ありませんでしたと言えや!!」
などの罵倒の言葉を毎日のように浴びせられています。
耳に入ってきてしまうその言葉に、私の心もとても痛みます。
本人はどれだけ辛いだろう・・・。

確かにA君は要領がいいほうとは言えません。
自分に自信がないのか、テキパキと行動することも出来ません。
それでもA君が一生懸命なのを私は知っています。
ずるがしこいところもなく、とても素直で人の手伝いを
進んでするような人でもあるのです。
会社として致命的になるようなミスをしたわけでもなく、
きちんと自分の仕事を間に合わせています。

どうしてそこまで言われなくちゃならない?
要領が悪い、テキパキと行動できないことがそんなに悪いことなの?
違う部分で他の人には出来ないことがいっぱい出来てるよ?
どうして一部分だけを見て、全体を見ようとしない?
どうして一部分だけを見て、全体がこうだと決め付ける?
自分が見えている部分だけで、『駄目な人間』と決め付けている。
おかしいよ!

自分が一年で出来たことが出来なかったからと言って
その人が、『駄目な人間』なわけじゃない。
1年で出来る人もいれば、5年かかる人もいるよ。
何の努力もせずに、出来ませんとしてるわけじゃないじゃない。
一生懸命頑張っているじゃない。
カスミソウに薔薇になれと強要するのは違うと思うよ。

その人が持ってる個性を認めて、伸ばしてあげようとするのが
大事であり、上に立つ人の役割じゃないの?
認められることにより、自信も出てきて心に余裕も出てきて
苦手な部分も頑張ろうと思えるんじゃないのかなぁ。

今のままでは、心か体かどっちかが壊れてしまう。
先に書いたように、これが原因かどうかはわからないけど。
でも、とても辛い思いをしているのは確かだと思います。
他にもまだプライベートで何か抱えているのなら、
もっと辛いだろうな(;-;)

私には何もしてあげられない。情けなく思います。
今のA君には、みんなに心配をかけているということさえ
更なる重荷になってしまうかも知れない。
A君に対しては努めて普通に、明るく接すようにしているけど・・・。
どうか、A君が乗り越えられますように。
明るい笑顔を取り戻すことができますように・・・。

↓ぽちしていただけたら幸いです。

【 2007/01/27 (Sat) 】 心のままに | TB(0) | CM(19)

個性

薔薇は薔薇で素敵です♪
カスミソウもカスミソウで可愛らしい花です♪
それぞれをそれぞれだけで花束にしても、
それはそれで綺麗だと思います。
でも、共に束ねたらまた違った良さが出てきますよね^^
薔薇やカスミソウなどの花たちは、自分なりに自分の個性をもって
一生懸命その花を咲かせます。

お互いに自分にないものに憧れて、
薔薇がカスミソウになりたい・・・とか、
カスミソウが薔薇になりたい・・・と思って、
自らを咲かそうとしないことはありません。
どうして私にはあの華やかさがないのだろうとか、
どうして私にはあの可愛らしさがないのだろうとか、
そう思い、悲観することもありません。

人が持つ個性も同じだと思うのです。
それぞれがそれぞれの個性という花を咲かせる。
一人の人間が、全て出来るようになる必要もないと思います。
自分には、自分に合った生き方と、使命と役割があるから。
自分にないものは、自分以外の人がちゃんと持っています。
お互いに自分の持っているものを大切にし、磨いて、
助け合い、補い合っていけばいいのだと思います。
そのために、こんなに多くの人間がいるのだと思います。

もちろん自分が不得手なことを頑張ろうとするのは
いいことだと思います。
成す、成さぬじゃなく、頑張ろうとする気持ち、その過程に
大きな意味があるから。
精一杯頑張って成せなくても、悲観することはありません。
目に見える結果だけじゃなく、たくさんのものを手に入れているから♪
個性としての役割は、それとは違うところにあると思っています。

相手を想うがゆえに、厳しい態度を貫く人もいる。
それを、微笑みで顕そうとする人もいる。
人知れず黙って縁の下の力持ちになろうとする人もいる。
それぞれ方法は違っても、『相手を想う』ことに繋がっている。
大切なことに繋がってさえいれば、方法は違ってていいのです。
自分に合った生き方をしていけばいいのだと思います。

それが個性であって、その個性はこの世界や心を
広げていくのにとても大切なものだと思います。
みんなが同じである必要はなく、みんなが同じなら逆に
色々なものを広げていくのは難しくなります。

そして、個性というのは自分が『欠点』と思っている部分に
ある可能性が高いんじゃないかなと思います。
欠点は『紙一重』の部分だと感じることが多いから。
だからこそ、可能性に繋がるんじゃないかと思うのです。
そう考えると自分の欠点も愛しくなりませんか?^^

欠点と思えるところを生かして、個性という自分にしか
咲かせることの出来ない花を咲かせたいですね^^

↓ポチしていただけたら嬉しいです♪

【 2007/01/26 (Fri) 】 心のままに | TB(0) | CM(16)

ゆっくりいこう♪

ヽ(´ー`)ノ ふぅ~・・・。
今日は夜会議があり、先ほど帰宅しました。
帰りがけにほか弁をもらって、帰ってきてから食べて
お茶なんかすすりながら(´▽`) ホッと一息ついてます♪

それにしても、昨日今日は道路が物凄く滑る!!
どのくらい滑るかというと、スケートリンクの上を走っているくらいw
今朝も出勤途中の交差点で、人が歩くくらいのスピードまで落とし
左折したんだけど、物の見事に後ろが流されてしまいました^^;
まぁ、慣れというか頭で考えるよりも先に手が勝手に
逆ハン切っていましたがw
でも、気をつけないと・・・ですね(>_<)

「焦ることないよ。」「ゆっくりでいいよ。」
私は、よくこの言葉を使います。

自分を信じることや好きと思うことを履き違えると、
傲慢や驕りになる。
反省の意味を履き違えると自虐になる。

自分を信じていればいるほど、自分に自信があればあるほど、
人は謙虚さを持つようになるものであり、
人に自分の想いを押し付けることがなくなるものだと思います。
反省は、自分を追い込むことじゃなく、
広げていくためにするものだと思う。

一歩間違えば、とんでもない方向に行くことがある。
でも、間違えることが悪いわけじゃない。
間違えることを恐れて何もしないよりは、ずっといい!
大切なのは、常に『終わり』にしないことじゃないのかな。
『完成』されないことじゃないのかな。
そうすれば、また間違いを修正していける。
そうして、少しずつ少しずつ進めばいいんだ^^

たかだか十数年の人生で、完全になるなんてありえないと思うw
私はそのために輪廻があるのだと思っているし、
ゆっくりゆっくり歩いて行けばいいと思ってる♪

履き違えないように。
そして、今の自分は履き違えていないかな?と
何度も何度も繰り返し見つめることを怠らないように。
自分の足元をしっかり見ながら、足元ばかりを見ていたら
何かにぶつかるかも知れないから、回りもしっかりと見渡しながら。
そうして歩いて行くことが大切なことだと思っています^^

私はここに色んなことを書いているけど、それは私の経験から得た
今の段階の私の答えであって、ずっと今の考えのままで
いようとは思っていません。まだまだ未熟者だからねー^^;
そして、ここに書かれていることは、ここを読んでくれている人の
答えにはなりません。
自分の答えは自分の中にしかないからです。
ただ、何かきっかけになることがあったなら、とても嬉しく思います^^

↓ポチしていただければ幸いです♪


【 2007/01/25 (Thu) 】 心のままに | TB(0) | CM(31)

遅ればせながら抱負です♪

遅ればせながら、ここに今年の抱負を記したいと思います♪

昨年は私にとって、ある意味飛躍の年でした。
闇の中で、もがいていたところから始まった年だったけど、
本当に色々なことに気づくことが出来たと思います。
また、ずっと以前に気づいてきたことであったことも、
それが頭の中での理解から、行動に移すことによって
心で感じ、心での理解に変わったことも多くありました。

そしてこの頃では、更に気づくことがとても増えてきました。
また、以前から目に見えない部分が見えることも多かったのですが、
それもまた、より見えるようになってきたように感じています。
このブログと、ここを訪れてくださるみなさんのお陰です。

コメントを残さなくても、賛同してくれる或いは応援してくれる
そういう想いがカウンターやランキングの数字から見て取れます。
誰が?ということまでは把握出来ないので、
直接お礼を言うことは出来ないのですが^^;
そういう想いにどれだけ勇気づけられることか、
どれだけ励みになることか・・・。
この場でしか言えませんが、本当にいつもありがとう^^

今年はそうして気づき理解出来たことを、
『生かしていく』ことを日々の目標にしたいと思っています。
『想う』だけじゃ生きてこない。
(想念の持つエネルギーも存在はするのですが。)
どんなに大切なことに気づいても、自分の信念としても
それを生かしていかなくては、何にもならないんだよね。
そしてそのことが、日々コメントをくださったり、応援してくださる
方々の想いを無駄にしないことになるとも思っています。

『気づく』ことは大切なこと。
そこが進むための一歩になるから。
でも、気づいただけでそれを生かしていかないのなら、
ただただ、『頭でっかち』になりかねません。
気づくことによって出た芽は、生かしていくことの過程で
育ち、花を咲かせることが出来るのだと思います。

口先だけで良いことなんていくらでも言える。
それを行動にしていけることの難しさ、そして大切さを想います。
『思いやり』を100回唱えたって、ゴミの分別ひとつ出来ない、
タバコのポイ捨てを平気でするようじゃお話にならない。
私は口先だけの人間にはなりたくないよ。
ズルや誤魔化しは嫌いだ。そんなもの何にもならない。
とは言うものの、想いを行ないとしていくことは、
簡単なことではないんだけどね^^;

想いにおいて 言葉において 行いにおいて

それらを一致させて生きていけますように。
気づいたことや自分の信念を生かしていけますように。
この祈りとともに、たったひとつでもいいから、
ほんの小さなことでもいいから、日々の生活の中で
生かせることが出来るように頑張りたいと思います^^

↓ポチしていただけたら幸いです♪

【 2007/01/24 (Wed) 】 日記 | TB(0) | CM(18)

改めてよろしく!

ここを開設してから、今日で7ヶ月経ちました。
早いものですねー^^
そして、よく続いてるよ自分w
最初始めたばかりの時は、何をどう書いたらいいのか
さっぱりわからずに、これ、いつまで続くかなぁ・・・と思ってた。

それがこうしてほぼ毎日書いているのだから、我ながらすごいと思う♪
カウンターも、もうすぐ5000に届きそうです。
明日あたりかなー。
私は二重カウントを取ってないので、同じ人が二度訪れても
カウントはされません。
なので、訪れてくれている人の数を把握することが出来ます。
この頃は、大体一日平均30人ちょっとの人が訪れてくださっています。
ほんと、嬉しいよね^^ そして、有難いことだと思います。
こんな拙い記事を読んでくれてありがとう!

コメントをいただくようになって、またブログの交流先も訪問したりすると
そこからまた想うことがあり、記事にする。
これも、直接的ではないけれど、間接的な語り合いだよね^^
コメントの返事をしながら、または交流先にコメントをしながら
同時にメモ帳に記事の下書きをしている時もある。
その下書きも増える一方で、今マイドキュメントの中に
30~40くらいの下書きが保存されています。
しばらくは、記事ネタには困らないかも?w
下書きを使わずに書いている時も結構あるしね♪

交流先のブログで記事を読むときは、私の場合文字から
読み取ろうとはあまりしないんだよね。
全体的な流れ?みたいなものを把握して何を伝えたいのかを、
そこにある心を理解したいし、それが大事だと思うから
コメントを書く前にかなり何度も読み返します。
じゃないとわからないもん^^;
わかっても、どうしても言葉が見つからなくて、
書けないまま情けない思いで閉じる時もあります。

何度も読み返して把握したつもりでもわかってない時もあって、
ゲッ!Σ(・ω・;|||間違った・・・と思ったりもしますw
コメント返しでもあるわぁ。
あぁ、ちゃう。こういうことじゃないんだなって後でわかること。
だから、伝わってないなぁ^^;と感じられた時は、
言って下さると嬉しいです☆

自分の想いを文章に書き表すということは、
必然的に自分自身と向き合うことになるのですよね。
だからこそ、色んなものが見えてくるようになれるのだと思います。
それを、自分の記事からも、交流先で書いてくるコメントにも、
ここでのコメントに対する返事からも、とても感じます。

いつもいつも大切なことに気づかせてくれてありがとう^^
そして、これからもよろしく!

ポチもいつも協力ありがとうです^^

【 2007/01/23 (Tue) 】 日記 | TB(0) | CM(14)

気づくために

私はとても後悔していることが一つあったんだよね。
大嫌いだった自分を好きになることの大切さを
教えてくれた人とやりとりした手紙をなくしてしまったこと。
手紙をやり取りしてた時はもちろん、やり取りがなくなってしまった後も
しばらくは自分と向き合っていたのだけど、当時の私は
仕事も生活もかなり多忙だったし、正直自分のことどころではなかった。
それと、理不尽に見舞われていた毎日で、心身ともに疲れ果ててしまい
自分と向き合うことを放棄してしまったんだよね。

人間関係とかその他様々なことから精神的にようやく解放されてきた
去年から、また自分と向き合おうという心を何とか取り戻した。
その時になって、手紙をなくしてしまったことをとても後悔しました。
その手紙は、他の人の手によってもう処分されてしまったのです。
そこには本当に大切なことが沢山書かれていたのに・・・。
もう一度読み返し、自分の心に照らし合わせてみたかった・・・。
処分されてしまったのは、自分と向き合うことを放棄したときから
その手紙の保管もずさんになっていたのが原因です。

手紙をやり取りしていたのは、阪神大震災以前のことですから、
もう10年以上前になります。
ところが不思議なことに、その手紙をなくしてしまったことを心から
後悔するようになってから手紙の内容を次々と思い出すようになったのです。
ああそうだ!こんなことが書かれていた。あんなことも書かれていた・・と。
今、その手紙を手にとって読んでいるかのように、一言一句が
思い出されてきます。
こういったことは、しばらく自分と向き合うことを避けていた私が、
ようやく重い腰をあげて向き合う覚悟を決め、
自分に真剣に取り組むようになったからなのだと思います。

このことだけではなく、自分と真剣に向き合うようになってから
気づくことがとても増えてきました。

「求めよ、さらば与えられん、尋ねよ、さらば見出さん、叩けよ、さらば開かれん」
                      ~新約聖書より~

この言葉が伝えているものは本当だと思います。
今までも何度か書いてきていますが、人が困難にぶつかるのは
「何故」を求めるためだと思います。
何故?どうして?知りたい!誰か教えてよ!
そういう想いが、心の奥底にある扉を叩くのだと思います。

でもね、焦る必要はないよ。
とても辛い渦中にあって、悲しくてたまらなかったり苦しくてたまらなかったり、
そういう時は心がいっぱいいっぱいになっていて、気づけないから。
無理して気づく必要はないよ。耐え忍ぶしかない時もあるよ。
休んでいいんだよ。私もいっぱい休んでいた。

でも、それが私には必要だったのだと、今はとてもよくわかるよ。
大丈夫、必ず時は来るから^^

でも、その時を逃さないために。
自分の心の奥底にある本当の自分を信じて。
地球を自然を、自分を生かしてくれているものを信じて。
今は、そのままの自分でいいよ。
そのままの自分を大切に想おう。
自然が宇宙が大切に守ってくれている自分を大切にしよう^^

↓ポチしてくれたら幸いです♪

【 2007/01/22 (Mon) 】 心のままに | TB(0) | CM(15)

調和の中で

少し前に他の命を自らの命とすることに感謝しようという趣旨の
記事を書きました。
その中で書いた「いただいた命を生かす」ということについて
もう少し掘り下げてみたいと思います。

人間も動物も他の命を自らの命として生きています。
植物の中にも食虫植物といって、虫を食べて生きているものもあります。
他の命を自らの命として生きること。
これは、自然の摂理に適ったことだと思います。
何故なら、自然の中で繰り広げられている営みの中に、
否定できるような『良くない』ものを見つけることは出来ないからです。

自然の摂理は、人の意思や考えを遥かに超えたところに存在しています。
そして、それは大いなる意思の表れだとも思っています。
ゆえにそこに間違いはありません。
目の前のことを見ることしか出来ない人間が、計り知れるような
意思ではないとも思っています。

自然とその中で繰り広げられている営みを見るとき、
そこに色々なものを知り、気づくことが出来ます。
この地球上では、人以外のものは全て自然の摂理のままに生き、
それぞれの役目を果たし、まっとうしていると思います。
そして、そこに見られるものは『調和(バランス)』です。

冬虫夏草という菌類がいます。
中国では古くから様々な効用があると言われ、
とても高級な漢方薬としても知られています。
この菌類は、生きている虫などに寄生し、自らの命を育みます。
寄生された虫は、物凄い苦しみを味わいます。
その映像を見たことがありますが、そこだけを見ると
その苦しみにもがく姿に辛い思いをし、可哀想だなと思えてしまいます。
でも、この冬虫夏草は一定の種が増えすぎるのを
防ぐ役目を担っているということがわかってきています。

一見残酷と思えるようなことも、実は調和に繋がっているのです。
目の前に起きている出来事に一喜一憂し翻弄されていたり、
自分の快苦や好悪によって良い悪いを判断していたのでは、
本当に大切なものを見極めることは出来ない。
起きた出来事をどうのこうのと言うのではなく、
そこから出た結果だけを見て、どうすべきかを考える前に、
何故そういうことが起きるのかを見つめることの大切さを思います。

人だけではなく、動物にも植物にもその魂は存在しています。
地球上に生を受けたということは、何らかの目的があるはずです。
そして、その命は地球上だけのものではありません。
私たちと同じく永遠を生きる魂です。
目的は、他を生かすこと、調和の一端を担うこと。
自らの命を犠牲として、他の命を生かす。
これは魂としてとても尊い行いであり、人には中々出来るものじゃ
ないと思えます。

そんな私たちがするべきことは、頂いた命に感謝をすること。
その命を私たちの命として、大切にすること。
健康に留意するということも、そこに含まれると思います。
その命のお陰で、私たちの心臓は、手足は動いているからです。
他の命を犠牲にし生きている中で、自らの目的と使命をまっとうすべき
日々を、自分を、他を大切に生きていくこと。
それが、調和を生きる意味として存在していたものから頂いた命を、
『生かす』ことになるのではないでしょうか。
そして、生かすことに繋がらない無駄な殺生はやめるべきです。

人だけが、『調和』から外れています。
それなのに、調和を目的として生まれた命をいただき
そこから受けた命で『調和』を壊し続けるのは、
愚かなことだと思います。
生かされている私たちがすべきことは、生かすことでは
ないでしょうか。

↓ポチしていただけたら幸いです^^

【 2007/01/21 (Sun) 】 心のままに | TB(0) | CM(14)

過去より(岐路のひとつ)

日ごろよりお世話になっていて、いつも素敵なコメントを
書いてくださり、励ましてくださっている
『暗紅の血が流れた天使~心ノ果テ』の管理者である
Mihoさんが、進路について悩んでいるとのことでしたので、
遠い昔を思い出して、自分の当時のことを書いてみます。

高校を卒業し、経理が好きだった私は専門学校に
進学するつもりでした。
家族から一人遠く離れ、自分は一からやり直すんだ!と
何度も何度もその頃の日記には書かれています。
そこに、それまでの自分の環境や他ならぬ自分自身からの
解放を心から望んでいたし、託していました。

色々な学校のパンフレットに目を通し、自分で一つの学校を
選びましたが、簿記を教えてくれていた先生がそれを知り、
もっといい学校があるからそっちにしたほうがいいと
アドバイスをくれました。
その先生は、普段情けなさが目だちあまり評判が良いほうではなく、
正直私もあまり良い先生だとは思っていませんでした^^;
でも、担任でもないのに私のことを想い、一生懸命アドバイスをくださり
本当はとても生徒を心から想うことの出来る先生なのだと知りました。
そして、教えてくれたことと、その心に感謝しました。

その学校に願書を出し、推薦により面接を免除され
合格通知が届きました。
やっと私は今の生活からも、今の自分自身からも抜け出せる。
本当に嬉しかった。私はやり直すんだ!と決意を新たにしていました。

でも、父が心臓の病気にかかり、その手術後の付き添いを
しなくてはならないため、進学を断念しました。
その時、私は迷うことなく進学のほうを諦めました。
父の生死に関わる病気とその手術。
自分の進学と秤にかけられるようなことではありませんでしたし、
この決断に後悔をしたことは一度もありません。
もう、入学金も納めた卒業間近の時のことでした。

付き添い期間を終えてからは、もう普通に就職することも出来ず、
取り合えず父の顔で地元の薬局に勤めることになり、
隔週で片道130キロ以上の父が入院している病院まで、
お金や着替えや、食事を摂れるようになってからは、おかずなどを作り
持って行くために通っていました。
私自身は、家から出て一人暮らしを始めました。
どうしても、家からは出たかったからです。
その後、祖母が亡くなり父の面倒をみるため家に戻りましたが。

こんな私の人生の出来事は、一見、回りに翻弄されていると
捉える人もいるかも知れません。
でも、一つ一つの道を選んできたのは他ならぬ私です。
私の心が頷くものに正直に生きてきたつもりです。
どんな状況にあろうとも、それをどう捉えるか、そこでどう生きていくかは
他ならぬ自分自身が決めることです。

迷う余地を与えられなかった私は、返って幸せだったのかも知れません。
Mihoさんが直面している問題には、何の解答にもなっては
いませんが、何かを感じ取ってくれたなら幸いに思います^^

さてっ!これから仲良し4人組でおそーい新年会をするために
お出かけしてきます♪

↓ポチしていただけたら幸いです☆

【 2007/01/20 (Sat) 】 過去において | TB(0) | CM(14)

宗教から見えること

宗教って聞くとなんか別世界・・・とか、関わりたくないって
思う人が多いんじゃないかな?
それって、なんで別世界って思ってるんだろう?
何を見て、何を知って、そう思うんだろう?

仏教は、ゴーダマ・シッタルダー=お釈迦様の教えだよね。
キリスト教は、イエス・キリストの教えだよね。

私自身は、どこの宗教団体にも属していないんだけど。
神様は存在していると思っている。
そして、『宇宙の理(ことわり)』があるとも思っている。
それを教え説いたのが、お釈迦様であり、キリストだと思う。
そして、この二人はとても偉大な人だと思ってる。

「隣人を愛しなさい」
キリストは教えたはずなのに、どうして宗教戦争が起こるのか。
種は受け取っているけれど、それが実を結んでいない。

お釈迦様も、「ろうそくを灯してお線香をあげなさい」
なんて教えてないと思うんだけど・・・。
お釈迦様が説法をしていた時代は、お風呂なんてものはなく、
明かりもろうそくのみでした。
大勢が集まり、説法を聞く場所において、清潔とは言えない
人達の体臭がひどく、それを緩和させるために部屋の隅で
お香を焚いていたと言われています。
それが、今のろうそくでありお線香となり残ってるんだよね。

お経もそうです。
あれはお釈迦様が説かれた法が中国に渡り漢詩となり
日本に渡ったものです。
今は、お経と言えば亡くなった方を成仏させるためとか、
お葬式で唱えられるものといった常識が通っています。
お釈迦様は、亡くなった人に対して説法をしたのでしょうか?
今、生きている人に「こういう生き方をしなさい。」と教え説いたのでは
ないのでしょうか。

「南無」とは、サンスクリット語で「帰依する」という意味です。
「帰依」とはその教えに従いますというような意味です。
「南無妙法蓮華経」とは、泥の中からでも蓮はこのように綺麗な花を
咲かせている・・・と、蓮の姿から人の生き方を説かれたお釈迦様の
教えに従います。という意味となります。
お釈迦様の教えに帰依し、自らそれを実践しながらその教えを
広めていこうとするならば、お経はきちんと日本語に訳し、
わかりやすい言葉で伝えるべきではないのでしょうか。

仏像もそうです。
お釈迦様は、お釈迦様自身を崇拝されることも、像を作ることも
固く禁じていました。
人は他力本願になりやすく、形に捉われやすいものと
知っていたからではないでしょうか。

肝心の教えはどこへやら・・・形のみが残ってるんですね。
宗教だけじゃなく、以前に書いた年賀状もそうだけど、
何でも形骸化してしまう傾きを人は持っているようだよね。
その形骸化してしまった部分だけを見て、自分では知ろうとせず、
考えもせず、気づこうともせず、世間の評価や常識をそのまま鵜呑みにし、
自分の評価や常識としてしまう。
これっておかしいと思いませんか?

どうしてそうなってしまうのか。
そこをもう一度見つめなおさないと、いつまで経っても
人は同じことを繰り返すしかないんじゃないのかな。
宗教を例にとって書いてみたけど、あらゆるところで
同じことが見えてくるように思えます。

思い込みや、鵜呑みにしたことで正悪を判断するのではなく、
自分の目・耳・心で知り、そこから気づくことの大切さを思います。

ポチしていただけたら幸いです^^

【 2007/01/19 (Fri) 】 心のままに | TB(0) | CM(12)

星空のもと

ヽ(´ー`)ノ ふぅ~。あと一日・・・。
今週はやけに長く感じるなぁ。まぁ、日曜から仕事だったしね^^;
今日は、一回帰宅してまた会議へと出かけてきました。

凍てつくような寒さの中帰宅。冬の星空は本当に綺麗です^^
東の空にはオリオン座。
オリオン座は四角形をしていて、中に三つ星があるけど、
このうちの一つはもう星としての寿命が尽きて
今はもう存在していないのだそうです。
何億光年も離れている星。
今、私たちが見ているのは遥かな遠い昔の光。
何か、不思議な感じがしますよね^^

もう何年も前になりますが、横浜にいる叔母のところへ
行ってきたことがあります。
どこへ行っても人!人!人!
私は決して歩くのが遅いほうではないと思っていたけど、
そんな私がどんどん抜かされていくw
どうしてみんなそんなに急いでいるの?
ゆったりとした自然の中で育ってきた私は、
何か追い立てられているような気持ちになってしまった^^;

ランドマークタワーにも上ってきました。
笑えたのは、夜景を見る最上階で猿回しの公演をやっていたことw
夜景そっちのけで見ていましたけど(爆)
夜景が見える大きな窓の上に、写真が飾られていました。
一枚はそこから見える夜景。
もう一枚は、同じところを写した昼間の写真。
正直、実態を見たような気がして・・・^^;

夜景は確かに綺麗でした。でもなぁ・・・。
私は満天の星空のほうが好き。
流れる車の列も、色とりどりのネオンサインも全部消したら、
比較にならない感動を見ることができるよ・・・。

手が届きそうな感覚を覚える満天の星空の下に立った時、
自然に対する畏怖と頭上に広がる世界への感動で言葉を失う。
夜空に吸い込まれそうな感覚に陥る。
私は今、見上げている星々の中の一つの星にいるのだと感じる。
人間社会の中での私ではない、宇宙の中での私。

私が今住んでいるところでは、肉眼でも7000~8000個の
星を見ることが出来ます。圧倒されますよ^^

それを素晴らしいと感じる人は、少なくはないと思います。
でも人間は、自らの手でそういう場所をどんどん
失っていってるのが現実なのですよね。

これほどの星を見ることは出来なくても、ちょっと郊外に出れば
星を見ることが出来る場所があるかと思います。
たまには、夜景ではなく雄大な星空を眺めるのもいいものですよ♪
宇宙や自然への畏怖と感動の中。
そしてそこに生きる自分を想い、見つめてみる。
違った生き方が見えてくるかもしれません^^

ポチしていただけたら嬉しいです☆

【 2007/01/18 (Thu) 】 心のままに | TB(0) | CM(19)

ちょっと愚痴らせてね^^;

頂き物の、大根と昆布で煮物を作っております。
今、コトコトと煮込み中♪

今日は珍しくお昼に一人じゃなかったんだよね。
で、『お金が足りません』話題で盛り上がったというww
何やら同じ状況でやはり同じことを考えたり、行動していたらしく、
みんな同じことするのねと爆笑してしまったw

まずは在庫チェック!
お米は足りるか?調味料も間に合うだけあるか?
洗濯洗剤は?トイレットペーパーは?ガソリンは?
何とか間に合うぽい。
シャンプー・リンスは? これは間に合わない(>_<)
あっ!そうだ。一昨日支払いしてきた時にシャンプーを
もらったんだった。なんてラッキー♪
化粧品は?
やばい・・・ファンデーションが、かなり底見えてる・・・。
お昼一緒にいた人は、化粧水が残り僅かだという。
で、試供品探しw
確かもらったものがあったはず・・・とガサゴソ。
(ノ´▽`)ノオオオオッ♪ 見つけたっ!
これで何とかしのげる・・・と、ここでも同じ行動を取っていたw

食費だけなら楽勝♪
あー・・・でも、灯油が底をついてきてるんだった。
流氷も沖に見えてきたし、寒さも半端なくなってきたしなぁ。
取り合えず40リッターだけ買って乗り切れるか???
(ー'`ー;)ウーン・・・。
でも、今週末は高校の時からの仲良し4人組で
遅い新年会をやろうと昨年から約束しているし・・・。
これは、すっごく楽しみにしているので外せない。

何とかなるだろうw
あとは今、会社で風邪が流行っているから、うつらないように・・・。
思わぬ失態や何かの故障とかで予定外の出費が出ませんように・・・。
「お互いあと二週間頑張ろうねっ!!」と励ましあいました☆

普段は、余裕を持ってお給料日を迎えれるように
計画的にお金は使うのだけど、今回は予定外だった(>_<)
13万ほどの支払いがあることは、前々からわかっていたので
こつこつと貯めていたのだけど、何かとかさんでしまい
結局15万の支払いになってしまったし・・・。
来年の1月にも15万の支払いがあるから、またせっせと
節約して貯めなくては。

でもねー、日給月給の私は、冬場手取りが10万前後くらい。
そんな中から、家賃・水道光熱費・ガス代・電話代・各種保険・
食費・日用消耗品・化けるための化粧品代w
車の維持費・今の季節は灯油代・・・etc.
そこから更に貯めるのは、結構厳しいのです^^;

なーんて言ってても始まらないやねw
足ることを知り、その中で工夫していくことが大事なことは
わかっているんだけどね。
生活がきつくなってくると、どうしても心の余裕がなくなりがち。
なので今日は、ちょっと愚痴らせてもらいました(*_ _)ペコリ。
よし、頑張ろう♪

↓ポチしてくれたら嬉しいな^^
【 2007/01/17 (Wed) 】 日記 | TB(0) | CM(16)

八つ当たり攻撃を受けてw

なーんかこの頃、心がギスギスしているような
気がする・・・(^_^.)
何が足りないんだろうなぁ・・・?

お金?・・・確かに足りないw
今月大きな出費が続き、お給料日までのあと二週間、
2万円しかない(>_<)

心の余裕?・・・これもあるかも。
昨日と一昨日は、八つ当たり攻撃を受けて
かなりのダメージ^^;
今週はそれでなくても日曜出勤から始まるので、
長くなるなぁ・・・って思っていたんだけど。
日曜日、何事もなく無事一日の仕事がもうすぐ終わる!って時に、
ご機嫌斜めだったお客様から、思いっきり八つ当たり
されてしもうた・・・涙。

家族の間で揉め事でもあったのか、喧嘩でもしたのか・・・。
若いお母さんが、ものすごく不機嫌だったんだよね。
説明をしても、「そんなのどうでもいい!」って
怒鳴られるわ・・・聞き間違いされて、「さっきと違う!」と
怒鳴られるわ・・・(´ヘ`;)ハァ。

かろうじて、何とか説明し終えて事なきを得たのだけど、
顔は引きつるし、笑顔なんてまったく無理。
最初から気まずい雰囲気も見てとれていたし、
八つ当たりってことは十分わかっていたのだけど・・・。
甘んじて受けられない心の狭さを痛感^^;

ちょっと前に書いた記事、『仏教から学ぶこと』
一昨日、お客様が帰られてからこれを思い出しました。
怒りにまかせて、闇にのみこまれてしまっているお客様から出る
言葉や態度に、一時、自分も闇にのみこまれてしまった(>_<)
ヽ(´ー`)ノ ふぅ~・・・まだまだ未熟者ですね。
せめて、そのままの心で更に誰かを闇に引きずり込むようなことだけは
しないようにしよう!って思ったわぁ・・・。

昨日は会社内での人からの八つ当たり。
これは、その場にいなかったので、雰囲気も察していなくて
まずびっくりしたのが先立った。いきなり立て続けの暴言に、
(はぁ?!なんでそんなこと言われなくちゃならないの?)
とカチンときたけど、何かあったのかな?と思いなおし
「どうしたの?何か嫌なことでもあった?」と聞いてみた。
答えは返ってこなかったけどね・・・^^;
これも、本当は優しく言えることが出来れば、
怒りに我を失っていた人の心に、少しだけ明かりを
灯せたのかも知れない。
私は、この言葉を口にするのが精一杯だったけど( ;´Д`)

つくづく思うわぁ。
想いって自分の中だけじゃ収まらないことが多いんだよね。
良い想いも、良くない想いもそれぞれに影響し合うんだよね。
いい影響を与える人となりたいなぁ・・・。

↓ポチしていただけたら嬉しいです♪

【 2007/01/16 (Tue) 】 日記 | TB(0) | CM(10)

見つめること

私は、B型なので『マイペース人間』です。(自分勝手ともいうw)
わが道を行くタイプなので、壁にぶち当たることも多い・・・汗。
おまけに非常に短気でもあり、はっきり物を言ってしまうので
敵(?)も作りやすいw
こっちとしては、敵とか思っているわけじゃないのだけどね^^;

よく、「みんながこうなんだから、あなたもこうしなさい。」
みたいなことを言われる。
でもなー・・・。私にはそれが出来ないw
ただ、闇雲に「違う!」と言うわけじゃないけど、
自分の心が頷くことがないものに対しては、
『みんながそうだから』を理由にして、『右ならえ』は出来ない。
ここは、私のいいところでもあり、悪いところでもあるんだよね。

まぁ、なんでも『紙一重』なんだけどね。
数多くの短所は、長所に変換できる。
短所、長所だけに限らず何でもそう。

昨日のコメントにも書いたけど、『欲』だって悪いわけじゃない。
欲がなければ、生きることも前に進むことも難しい。
でも、何を欲するか、その為にすべきことは何か。
ここが間違えたり、履き違えたりしやすいところだよね。

『幸せになりたい』
誰もがそういう想いは、持っていると思う。
今の学歴重視や、昇進や、沢山のお金を稼ぐことに
必死になるのも、根底にはこの心があるのだと思う。
でも、学歴や肩書きがある人や、お金持ちがみんな幸せかというと
そんなことはないんだよね。
それでも、そういう部分を重視する今の世の中だから、
それを『幸せ』と勘違いする人も多いんじゃないかな。

そういう部分を、自分で考えたり、見つめたりすることなく、
大切とか大切じゃないとかじゃなく、ただただ鵜呑みにしてしまう。
鵜呑みにしてしまっているから、大切なことを見失う。
人を蹴落としたり、貶めてまでも抜きん出たい。
人を騙してまでも、自然を破壊してまでも、
動物や植物の命を落としてまでもお金が欲しい。
そうしたことが、自分を幸せとは反対方向に追いやって
しまっていることに気づけない。

でも、色んな行動も根っこは一緒だと思うんだよね。
ただ、表に出てくるまでに方向を間違えているだけ。
それを修正するためには、どこで間違えているのかが
わからなければならない。
そのために、私は自分を見つめる。
人を見つめる。世の中を見つめる。

間違えないように、間違えてしまったところを
修正していけるように。
大切なことを見失わないように。

ぽちしていただけたら幸いです♪

【 2007/01/15 (Mon) 】 心のままに | TB(0) | CM(15)

命をいただくということ

切り身になった魚が海の中を泳いでいる姿を描いた
小学生がいるという話を聞いたことがあります。
その話を聞いたとき、笑い話で済まされることではないと思いました。

普段何気なく買い物をしているスーパーの棚に並ぶ野菜や魚や肉。
今は昔よりそのままの姿を留めているものが少なくなりましたよね。
そこに並ぶものは、命としてではなく、商品として
見てしまっているのではないでしょうか。
どんなに形を変えても、そこには命が存在するのです。

今、目の前にある食べ物がもとは命であることを思うなら、
それが自分の血となり肉となりエネルギーとなることを知るなら、
食べ物を粗末にすることは出来ないのではないでしょうか。
食べ物を粗末にするということは、命を粗末にするということだからです。
品物として見ているから、粗末にするということが
起きるということもあるかも知れません。

生きている動物を殺して食べるのは可哀想。
でも、植物や魚に対してそう思う人は少ないんじゃないかな。
動物も植物も魚も同じ命です。
命の重みに人も動物も植物も関係ありません。

生きていくということは、他の命をいただくということです。
そうしなければ、人間も動物も魚も鳥も生きていくことはできません。
そんな中で想うことは、『感謝をする』ということです。
残さず食べることもその一つだと思います。

必要以上の命を奪ってしまうのは、人間だけです。
狩をする動物を獰猛だと言いますが、彼らはどんなに丸々と
太った獲物が目の前にいても決して殺すことはありません。
食べもしないのに、命を奪ってしまう、または命を粗末にしてしまうことの
出来る人間の心のほうがよほど残酷で獰猛なのではないでしょうか。

命をいただくこということを、きちんと受け止めていくことができない
現代社会は、何度も書いてきたようにやはり大切なものを
見失ってしまっている、置き忘れてきていると思えます。

食べ物をいただくということは、命をいただくということです。
その命をいただくことによって、私たちは生きています。
食べるということは、その命を生かすことだと思います。
感謝の心を持って、その命を自らの命とすることだと思います。
それが、命を失ったものに対する大切な心ではないでしょうか。

ぽちしていただけたら幸いです♪

【 2007/01/14 (Sun) 】 心のままに | TB(0) | CM(10)

輪廻転生から気づくこと

以前に輪廻転生について書いたとき、
それを信じているというコメントを沢山いただいた記憶があります。
でも、ただ「輪廻転生を信じてる」と言うだけ思っているだけでは、
そこからは何も生まれません。
単なる「知識」にしか成ってないということだと思います。
輪廻転生を信じるということはどういうことなのか?

信じているという輪廻転生は何のためのものなのか。
何が輪廻しているのか。
その仕組みがあるということはどういうことなのか。
何故、今自分はその過程の中にいるのか。
その過程の中にいる自分は何をすべきなのか。
輪廻の中で、今自分がここに生きているということに
どんな意味があるのか。
それらを見つめ理解しないことには、本当の意味で輪廻転生を
信じているとは言えないのではないかと思います。

『連鎖』という言葉がある通り、この世の中は輪廻しています。
水は水蒸気となり、空へ昇って行って雲となり、雨となり落ちてきて
川の流れや地下水となり、海へと下り、また水蒸気となる。
花は種から芽を吹き、成長して花を咲かせ、実を結びまた種となる。
食用とされる植物や動物は、私たちの肉となり血となり
その命が別の命の源となる。
命の源をいただいた私たちは、またその源となる命を育ててゆく。
それらのことは、私たちに大切なことを教えてくれています。

輪廻転生を信じるならば、焦ることはありません。
時間の感覚が異なってくるからです。
目の前の出来事だけに翻弄されることも少なくなります。
見つめる視点が違ってくるからです。
現世限りのものに対しての執着は薄くなっていくでしょう。
世の中に関する感覚も異なってきます。
もっと大きな物差しで自分や人や物事を見ようとするからです。
苦難は苦難ではなくなります。
輪廻転生は学びの場であるからです。
全ての出来事は大いなる流れの中でのことだと気づくでしょう。

遥かなる遠い昔から、輪廻転生を繰り返しているのが
本当の自分自身です。
輪廻転生を信じるということは、その中にいる自分自身を
信じるということにも繋がるのではないでしょうか。
今、その過程の中にいる自分を信じることが出来なくて
何のための輪廻転生なのでしょうか。
何を成すことが出来るのでしょうか。

何を成すためにここに生まれてきたのでしょうか。
今のこの人生に向かって生まれ出てくる前に、
自分はこの人生に何を想ったでしょう?何を誓ったのでしょう?
自分を信じることができ、輪廻転生を信じることができるなら
どんな困難にも立ち向かっていけると思います。
例えいっとき落ち込んでも、自分を見失うことがあっても、
何のためにここに生まれてきたのかを思い起こすことができれば
また歩んでいくことが出来るのだと思います。

それが輪廻転生を信じるということだと思います^^
ポチしていただけたら幸いです♪

【 2007/01/13 (Sat) 】 心のままに | TB(0) | CM(21)

信じる

今までも何度か書いていますが、私は人を信じています。
自分を信じています。
そして、信じるということはどういうことなのか?ということについても
何度か記事にしてきています。
過去記事= 『信じるということ』 『心の奥にあるもの』

争いがしたいと思ってる人はいないんじゃないかな。
環境を破壊することがいけないことだと知らない人はいないんじゃないかな。
本当は誰しもが、平和な世の中を望んでいるのではないのかな。
でも、それよりも目先のことに捉われてしまって
それらの大切なことを、心の奥底に閉じ込めてしまっているんじゃないのかな。
わかっているんだけど、知っているんだけど、見失ってしまったり
履き違えてしまったりしているだけなんじゃないかな。

人は誰しもが、『本当に大切なこと』を知っているのだと思います。
自分以外の人に対して嘘をつくことは出来るけど、
自分に対して嘘をつくことは出来ません。

自分の都合のいい方向へ持って行こうとするときは、
『もっともらしい理由』を作りだし、それで自分自身を納得させ、
自分以外の人も納得させようとします。
○○が○○だから、こうするんだ・・・みたいに。
言い訳を作るわけです。

その言い訳によって、人を殺してしまうこともあります。
人殺しをやってもいいと思っている人はいないと思います。
でも、もっともらしい理由は、それをも正当化してしまいます。

そして、自分が嫌いとか誰かが嫌いと思うことって、
もっともらしい理由を作り出している部分を見ているのだと思います。
自分の中のここが好き、ここは嫌いって思ってる人がいたら、
自分以外の人も、この人は好き、この人は嫌いとなると思います。
対象が自分であれ、自分以外であれ、視点は一緒だからです。
本当の意味で自分を信じ、好きになることが出来たら
嫌いな人もいなくなります。

育った環境や、今までの人生において自ら作り出してしまった心の癖。
目の前に見えることだけに捉われてしまう狭い視野。
それによって、大切なことを見失ってしまっている。
でも、その奥には大切なことを知っている心を誰もが
持っているんじゃないかな。
もちろん自分自身も、自分以外の人も^^

それを信じて、そこから色んなものを見つめていけたら
もっともっと沢山のことに気づいていけると思います。

ぽちしていただけたら幸いです♪

【 2007/01/12 (Fri) 】 心のままに | TB(0) | CM(18)

負けてたまるかっ!

復活することが出来てから更に時間が経ち、
今の私は本当に落ち着いています。
落ち込む前よりも、もっと心が静かになってる。

落ち込むことは悪いことじゃないよと今までも
何度も書いてきました。
今回も私は落ち込み、溝にはまってしまったわけですがw
こうして立ち直った時にしか見えないものがあります。
そして、いつものことながらコメントにおいて、多くのものを
気づかせていただいてありがとうございます♪
ほんと私って恵まれているんだなぁと思う。

辛い出来事に出会うたび、いつも自分に足りないものが
あるということに気づかされます。
私はまだまだなんだなぁと思い知らされます。
だからこそ、転んでもタダでは起きたくないっ!w
そこから何かを見つけ、何かを拾ってやるーーーっ!
昨日のコメント返しの中にも書きましたが、
辛いと思える人生や色々な出来事を、『辛かった』というだけで
終わらせてしまうのも、そこから何かを見つけて生かしていくのも
自分次第だと思うから♪

私は辛いとか嫌だとか思った体験を、無駄にしたくないと思ってる。
その体験を生かしていくことが出来たら、辛いこと嫌なことは
ただそれだけのものじゃなくなる。
その経験があったから、色んなことに気づけたんだなぁって
感謝できるようになる☆
無駄にせず、生かしていくためには真正面から
そのことに向き合わなくてはならないけどね。

何もない平凡な毎日から何かに気づいていくことは、
中々困難なことです。
人は困難ににぶち当たったときに、「何故?どうして?」と
考えるものだからです。
当たり前だと思っていたことが、当たり前じゃなくなった時に
初めて感謝できるものだからです。
見方を変えれば、困難なことが多い人生を歩む人は
そうじゃない人よりも、より多くのことを身につけ、
生かしていく可能性を持っていると言えると思います。
だから本当は恵まれているのかも知れないよ^^

ただただ辛い出来事に翻弄されて自分を見失って生きるより
勇気を持ってそれに立ち向かって乗り越えていくほうが
ずっとずっといいと思わない?
そして、その勇気が持てなければずっと自分を、他ならぬ自分自身が
苦しみの中に置いておくことになるのだと思います。
だから、一緒に頑張ろう☆

よかったらポチしてね♪
【 2007/01/11 (Thu) 】 心のままに | TB(0) | CM(13)

父への想い

ようやく復活しました♪
ご心配をおかけしてすみませんでした(>_<)
でも、思ったよりもずっと早く立ち直ることができました。
以前の私なら、こんなに早く立ち直ることは出来なかったと思います。

改めて想いを言葉にしてみることによる効果や、
人との繋がりの大切さが身にしみました。
たくさんの愛をありがとう^^ 本当に救われました。
勇気をもらいました。心から感謝致します。

昨日記事を書いていて、前半はほんと泣きながらでした^^;
でも、書き進めているうちに心が軽くなっていくのを感じました。
溜まっていたものを吐き出すうちに、段々と自分の心が見えてきました。
一時はほんと途方に暮れました。
でも、もう大丈夫です。私はまた歩き出します^^

父について自分の心を見つめてみました。
やはり、私は父のことを尊敬していますし、大好きです。
この想いは造られたものではないことを確信しています。

私の父はすごい人でした。
私も良く物知りだと言われますが、父の博識に比べたら
私の持ってる知識など足元にも及びません。
私が現役の学生だった頃でも、地理・歴史・英語・・・。
何一つかなうことがありませんでした。
特に漢字はすごくて、私もかなり得意だったのにも拘らず
一度も勝てたことがありません。
雑学もかなりのものでした。

でも、父は家庭の事情で小学校しか出ていないのです。
私がもっとも尊敬していたのはそこでした。
父の持つ知識は、自らの努力の賜物だったからです。
自分の学の無さを育ちのせいにする人に出くわすと、
「うちのお父さんを見習ったらいい。」とまで思うくらいでした。

その上とても達筆でもありました。習ってもいないのにです。
祖母もとても達筆な人でしたし、父の兄弟姉妹もみなそうでしたので、
血筋かも知れませんが、父や父の兄弟姉妹はそれに驕ることなく、
一層努力をし、持って生まれたものに磨きをかけていた人達でした。

絵もそうです。私自身も絵が得意で、ちょっと自信もありましたが、
ある時父が描いた絵を見つけた時に、一目でかなわないと思いました。
音楽もそう。独学でギターの弾き語りなどをしていたようです。
でも、そういうことをあまり語りたがらず、私がすごいすごい!と
言っても、「全然すごいものじゃないよ^^;」といつも言ってました。
父の部屋にはクラシック全集があり、私は父が仕事をしている間に
よく、こっそりと部屋に入って聴いたりしていました。

普段の父はよく冗談を飛ばし、お茶目なところも結構ありました。
とても頭が良く、そしてそれを決してひけらかさない人でした。
社会からの人望も厚く、父亡き今でも時々父を知る人から、
「お父さんはほんと立派な人だったよ。」などと言われたりします。

そんな父は以前からも、今でも私の尊敬の的であり、
目標であり、自慢すべき親でもあります。
だから、余計に欠落している記憶にショックを受けました。
昔も今も父のことを嫌いだと思う心はないからです。

もしかしたら私は、欠落している記憶の中の父を
認めたくないのかも知れません。
私が尊敬している大好きな父のままでいて欲しいと
願っているのかも知れません。
父を嫌いになりたくなかったからかも知れません。
それゆえに押し込めてしまっているのかも知れません・・・。

何故かというと、何度か殴られたことは覚えていますが、
その時の記憶は自分がしてはいけないことをし、
殴られて当然だという想いと共にあります。
でも、記憶がない部分は日記を見る限り、どうしても自分には
非がないと思えているようなのです。

祖母から厳しい仕打ちを受けていた私は、父だけは
私のことを好きでいてくれてると思っていました。
そんな父が私にひどい仕打ちをするはずがない。
それを認めてしまうことは、自分の存在を否定してしまうことに
なってしまうと思っていたのかも知れません。

まぁ・・・。そのうち思い出す時が来るかも知れません。
焦ってもいませんし、そこに捉われてもいません。
今でも父を尊敬していますが、父も一人の人間です。
記憶が戻っても、一人の人間として一人の人間である父を
受け止めたいと思います。

↓よろしければクリックお願いします^^
【 2007/01/10 (Wed) 】 心のままに | TB(0) | CM(13)

吐き出します

このブログは、もともとはここに自分自身を解放し、それによって
自分と向き合い、自分を見つめるために立ち上げたものです。
今の私は、心の中にある鬱積したものを吐き出さないと
前に進むことが出来ない状態にあります。
読んでいてあまり気分がいいものではないと思いますので、
そういうものから目をそむけたいと思う方は、どうか
読まずにここを閉じてくださいますようお願い致します。


自分の人生を回顧するとき、記憶のある範囲でも
とてもいいものだったとは思えないのですが、
それでも、その人生があるから今の自分があるのだと、
今の活力に繋がっているのだと思ってきました。
そして、過去にあった嫌な出来事も、出来る限り受け止めて
歯を食いしばって乗り越えて、そこから自分なりに
いろんなことに気づいてきたつもりでした。

多くのことを受け止め、それらを赦し、自らの糧として
生きてゆけるようになってきたと思っていた矢先、
欠落している過去があることを知りました。
私はまだ自分の人生を受け止めきっていなかったんだ。
それどころか、今まで長い年月をかけて必死で乗り越えてきたものよりも
もっと受け止めがたい出来事であることは間違いない。
このことは、かなりのショックでした。
頑張って頑張って、やっと乗り越えれるようになってきたと
思っていたのに・・・。


前から自覚している記憶の欠落がもう1つあって、
それは以前にも書いていますが、母親に関する記憶です。
私の両親は、私が5歳の時に離婚していますが、
5歳までの記憶の中に母はいないのです。
他のことは覚えてることも結構あるのですが・・・。
そこに原因があるのかなぁなんて漠然と考えたこともありました。
でも、今はもう父も祖母もいないし、そこを知ることは出来ません。

弟に関しては、日記の中から知る限り、私がしてしまったことを
大きく父に告げ口をし、私が殴られるように仕向けていたのは
事実のようです。それも覚えてないのですけど。
ただ、一昨日の集まりのために弟から電話があり話している間中、
風邪を引いてるわけでもないのに咳が止まらなく、
兄の家に於いても弟と話す時に吃ってしまってうまく話せませんでした。
頭は忘れていても、心が反応していたのかも知れません。

私は何を得るためにこの人生を選んだのかなぁ・・・。
やっと乗り越えたと思った壁の向こうに、更に高い壁を見つけて
呆然と立ち尽くし、自信喪失してしまっている私には何も見えません。
ただ言える事は、私は誰も憎んでいません。
恨んでもいません。今の私の中にはそういう感情はありません。
記憶がないからそう言えるだけなのかも知れませんが・・・。

昨日も書きましたが、私には自分でどうにもならない
トラウマがあると自分自身ずっと感じていました。
そのことは、過去記事にも書いています。
(過去記事:アダルトチルドレン)
ずっとずっと、安心できる場所が欲しくて仕方なかった。
同情されることをことさら嫌った。
本当に信じられるものが欲しかった。
上辺だけで良いことを言う人を軽蔑していた。
心の伴っていない言葉なんていらない!馬鹿にすんな!
人の心を何だと思っているんだ!と怒鳴りたかった。

平気で嘘をつく人。平気で人を裏切る人。
自分で努力もしないのに、人を羨み妬む人。
人の心をわかろうとしないで、自分が正しいと思うことを
押し付けようとする人。
押し付けていながら、その通りにならないと切れる人。
真面目に生きようとしている人をせせら笑う人。
お金や学歴や肩書きで自分のことをエライと思い込み、
それらを持ってない人を馬鹿にする人。
自分の立場を守るために人を貶めようとする人。
色んな人を見てきて、そんな人達を軽蔑していたけど・・・。

裏切られて騙されて、もう誰も信じるもんかと何度も思った。
それでも人を自分を信じたかった。
自分や人を信じれるようになることを諦められなかった。
自分は生きる価値のない人間じゃないと思いたかった。
どうやったら信じることが出来るのだろう?
どうしたら赦すことが出来るのだろう?
ずっとずっと考えて、自分を見つめて人を見つめて世の中を見つめて、
ようやく信じるということはどういうことなのかを見つけた。

はぁ・・・。
吐き出して大分楽になってきたぁ・・・。いっぱい泣いた^^;
今まで乗り越え培ってきたものを無駄にしないためにも、
私は勇気を持つよ。
欠落した記憶が戻ってきても受け止めてみせる。

今夜は眠れるかな・・・。
↓クリックしていただけたら幸いです。

【 2007/01/09 (Tue) 】 心のままに | TB(0) | CM(20)

記憶の欠落

お正月気分も抜け、明日からは普通に仕事が始まる。
ヽ(´ー`)ノ ふぅ~・・・。
今日の記事は長くなるかも知れない・・・ボソ。

昨日は、兄の家で弟家族と共に久々に集まりました。
それぞれ食べ物とか飲み物を持ち寄って、
食べきれないくらいのご馳走♪ 楽しかったです^^
そんな中、自分の過去の出来事に疑問に思っていたことがあって、
弟とのやりとりの中で、それが決定的になってしまったんだよね。

私は10代~20代にかけてずっと日記をつけていて、
ここのブログにおいても、それをそのまま載せたこともあります。
ずっと友達に預けてあった日記を引き取ってきて読み返しながら、
今の自分が作られた過程や基盤が見えるなぁと
苦笑しながら読んでいたのですが、同時に疑問もあったのです。

日記には、起きた出来事に関することは殆ど書いてありません。
起きた出来事について感じたことだけが書かれています。
自分にとって、日記というよりは心のはけ口だったようです。
そして、どうしてそう思ったのかが思い出せないことがあるのです。

私は今は亡き父を尊敬しています。そして大好きです。
どこかで「自分が尊敬する人」を書く欄があった時には、
迷わず『父』といつも書いていました。
そんな父に殴られた記憶があります。
でも、どう考えてもせいぜい2~3回の記憶しかなく、
自分の思い出話をする時には、2~3回殴られたことが
あるんだよーって言ってたし、自分自身でもその記憶を
疑ったことがありませんでした。

でも、日記には頻繁に父に殴られたであろうようなことが
書かれていました。
日記を載せた時にも、そのことを書いたと思います。
覚えてないと・・・。
殴られたとは書いてはいないのです。
書かれているのは、「いくらでも殴るがいい」「今日もまた殴られる」
といったことだけです。

昨日この疑問を弟に投げかけてみました。
弟から返って来た答えは、
「しょっちゅう髪の毛掴まれて、引きずり回されたりしてたよね。」
・・・まったく覚えていません。

もう1つ、これも日記の中から知ったのですが
私は弟をとても憎んでいたようなのです。
弟曰く、「包丁持って殺してやるって追い掛け回された。」
らしい・・・。
これも、まったく覚えていません。
それどころか、弟をそれほど憎んでいたという記憶すらありません。
今でも私の中では、良く喧嘩もしたし、生意気で小憎たらしいヤツだけど、
愛すべき弟という意識しかないのです。
そして、ずっと自分はそういう想いだったと思っていました。
ただ、祖母や父の愛情は弟だけに注がれていたという記憶は
あるんだよね。

過去の日記の中には、弟のことを憎みこの世の中から
消えて欲しいと願う言葉が沢山書かれていました。
でも、祖母や父に対する憎しみは1つも書かれていない。
日記の一節にこんなことが書いてありました。
「お父さんなんか嫌いだ!嫌いだ!大っ嫌いだ!
・・・・違う・・・本当は大好きだ。」

不思議だなぁ・・・どうして覚えていないのだろう。
自分で自分の記憶を閉じ込めてしまったのかなぁ・・・。
夕べそんなようなことをつぶやいている私に、
「そうしないと生きてこれなかったんだよ。」
と弟がポツリとつぶやきました。

そうなのかも知れない。
自分で自分の記憶を閉じ込めてしまうことがあると
聞いたことはあったけど、まさか自分がそうだとは知りませんでした。
小さい時ならいざ知らず、中学・高校当時のことです。
それだけの大きな出来事の記憶がないというのは不思議です。
それらの出来事を受け止めることの出来る強い心になれたとき、
思い出すことが出来るのだろうか。
それとも、一生閉じ込めたままなのだろうか。
ちょっと調べてみました。

『虐待と他の心的外傷体験との違いは、繰り返されること、
加害者は自分の知り合い(ほとんどが親)であることがあげられる。

一度きりの心的外傷体験者はそのトラウマ体験を覚えていることが多い。
しかし、内容が曖昧であったり、加害者を誤って覚えていたりすることはある。
一度しか体験せず、しかも危険の中での記憶なので、
その記憶があいまいであってもそれは理解できる。

では、虐待のように何度も繰り返される心的外傷体験はどうか。
加害者の顔も、状況も正確に覚えることができるはずだ。
しかし、多くの被虐待者は虐待されていた記憶を再生できない場合が多い。

それは、加害者が知り合いであるためにその記憶を覚えておくことは
とても危険であると共に、何度も繰り返されることによって
防衛手段を身に付けることができるからだ。
その一つとして記憶を抑圧して、なかったことにするということが起こる。
ただし抑圧は健忘ではなく、忘れているわけではないので、
抑圧が解けて戻ってきた記憶はほぼ正確である。』

抑圧が解けるということはどういうことなのだろう。
高校を卒業してから父に殴られたことはないはず。
私は耐え切れなくて家から飛び出し、一緒に生活していなかった。
今はもう父も他界している。
いまだに私はその時の呪縛から解き放たれていないということか。
今になって、昔の日記から欠落している記憶があると
いうことを知ったのだけど・・・。

今、これを知ったことにどういう意味があるのだろう。
私は何をすればいいのだろう。
自分の中に抱えているトラウマがあることは自覚していた。
何度も精神科に行ったほうがいいのだろうかと考えもしていた。
記憶がないのであまり自覚はないのだけど、このことが私にとって
大きな壁になっているのだということはわかる。

人と付き合っていく中で、ある一定のところまで親しくなると
必ず線を引いてしまう自分。守りに入ってしまう自分。
でも、人との繋がりを心から欲する自分。
私はどうすればいいのだろう・・・。

いつも以上にコメントしづらい記事かも^^;
よかったらポチ_○/|_ お願いします。

【 2007/01/08 (Mon) 】 日記 | TB(0) | CM(10)

想いを語り合おう

心の奥底にある想いほど、言葉にすることが難しいと
感じることがよくあります。
人を好きになる時にもそういうのってあるよね^^
「この想いをどうやって伝えよう。」
「どうしたら、この想いが伝わるだろう。」
「こんなことが言いたいんじゃないのに・・・。」
言葉にしようとすればするほど、自分が想っていることと
違ってしまってくるような感覚。
そんな感覚は誰しもが感じたことがあるんじゃないのかな。

嘆き悲しむ友人などの前にいる時もそう。
励ましてあげたい。大丈夫だよって。私は信じているよって。
でも、どんな言葉もイマイチぴんと来ない。
こんな言葉じゃ伝わらない。
この心の中にいっぱいに満ちている想いを言葉にすることができない。
伝えたいのに、伝えれない!伝わらない!
そんな、はがゆさを覚えます。

どんな言葉を考えても、置き換えることのできない想い。
ほんとに、心を言葉にするのって難しい・・・。

少しずつでもわかり合えるように、いっぱいいっぱい
語り合っていけたらいいなぁ。
相手が言いたいことを、できるだけ汲み取ろうって
気持ちを忘れずにいよう。
自分の立場に立つのではなく、相手の立場に立って
考えてみる気持ちを大切にしたい。

でも、中々わかることじゃないよね^^;
自分自身のことでさえ、よくわかっていないのだから。
だけど、「わかんない」と結論付けて何もしないよりは、
わからないからわかろうとする気持ちを持つほうが、
ずっとずっといいよね^^

今夜は久々に兄弟の集まりがあります♪
何年ぶりだろう・・・?
父の一周忌以来かも知れない・・・^^;
兄とは歳がかなり離れているので、喧嘩もしたことないけど、
弟とは年子だったから、ほんと喧嘩もよくしたんだよねw

今はそれぞれの家庭もあり、それぞれの生活があり、
中々会える機会も少ないので、今日はめいっぱい
楽しんで来たいと思います☆

↓ぽちしていただけると喜びます♪w

【 2007/01/07 (Sun) 】 心のままに | TB(0) | CM(12)

そのままの自分を広げよう

『自分』ってなに?
『自分』ってどこにあるの?
自分以外の人より劣っているところがあれば価値がないの?
肩書きや、学歴がなければ価値がないの?
『他人の評価』は自分なの?

『今、ここに存在していること』に価値があるんじゃないの?

自分を卑下するのはやめよう。
自分で自分を傷つけるのはやめよう。
そこからは、何も生まれない。
自分を信じよう。
そして、そこからたくさんのものを生み出そう。

自分で自分を認めることができないということは、
何よりも心にとって辛いことであり、哀しいことであり、
自分で自分自身を傷つけていることだと思うよ。
誰かに認めてもらえなかったら悲しいよね。
自分の心も哀しんでいるよ。
だから、自分自身を認めてあげようよ。

失敗したっていいんだよ。
間違えたっていいんだよ。
転んだ分だけ起き上がるコツを掴むことができるよ。
傷ついた分だけ優しくなれるよ。
愛に飢えた分だけ深い愛を持てるようになるよ。

欠点のない人なんていないよ。
悩みのない人なんていないよ。
価値のない人なんて存在しないよ。

そのままの自分でいいんだよ。
その手は口は心は、たくさんの素敵なものを
生み出すことができるんだよ。
そんなかけがえのない存在なんだよ。
優しさは与えるほど自分の心が温かくなるよ。
赦すほど自分の心が広くなるよ。

幸せは自分の外にあるんじゃないよ。
不幸も自分の外からやってくるんじゃないよ。
全部自分の心の中にあるんだよ。

人のせいにしちゃいけないよ。
でも、自分を責めてもいけないよ。
人を責めても、自分を責めても心は楽にならないよ。
大切にしなくちゃいけないことは、もっと違うところにあるよ。

ほら^^ 自分の心の中に。自分以外の人の心の中に。

ぽちしていただけたら幸いです♪

【 2007/01/06 (Sat) 】 心のままに | TB(0) | CM(8)

真心

かつて私は自分が孤独だと思っていました。
人の手を借りずに独りで生きていこうと思っていました。
でも、その心は傲慢でしかないと気づきました。

人は一人では生きていくことは出来ません。
一人では、心を広げていくことは出来ません。
多くの人やモノとの関わりの中でしか、人は成長できないのです。
目に見えるものだけじゃなく、目に見えない本当に沢山のものに
支えられて今、自分はここに存在しています。

支えられて存在している自分がすべきことは、
支えることの出来る存在となることです。
そのための一歩は、自分を信じることだと思います。
自らを信じることの出来ない者が、自分以外の人を
信じることは不可能だからです。

自分すら信じることが出来なくてどうして人を信じることが出来る?
自分すら愛することが出来なくてどうして人を愛することが出来る?
自分すら幸せにすることが出来なくて、どうして人を幸せに出来る?

そして、心の底から信じることが出来なければ
本当の意味で支える存在にはなれないと思います。
自分が信じられてないと感じる相手が差し伸べる手は
温かいでしょうか?
その手を信じることが出来るでしょうか?
自分自身をも信じることが出来ないのに、
そんな自分が誰かの支えになることが出来るでしょうか?

だから私はいつも『まずは自分から』と言います。

一人でも多くの人が、真剣に自分自身と向き合っていけば
必然的に世の中は変わっていきます。
人は誰しもが心の中に『真心』を抱いているのです。
自分の中の『真心』を、全ての人の中にある『真心』を信じてください。
自分の中の『真心』を、自分以外の人の『真心』を見出し、
その心のままに生きていけるように願いを持ってください。

それに気づけない人、見ようとしない人には(自分も含めて)
祈りの心を持ってください。
そして、真心を以って接してください。
いつの日か、この心が通じますように。
いつの日か、その魂が目覚めますように。


人は
独りで生まれ
独りで死んでゆく。
その自業を引き受けるのも
自らただ一人である。

しかし
人は孤独ではない。
無数の絆に生かされ
自らも他を生かす
結び目の一つである。

その絆に目覚めるとき
その絆に応えるとき
人間の使命に
人は生き始める。
      
         by 高橋佳子

ぽちしていただけたら幸いです^^

【 2007/01/05 (Fri) 】 心のままに | TB(0) | CM(18)

仏教から学ぶこと

仏教の言葉に『一念三千の法則』というものがあります。
想いは、どんな世界にも通じてしまうということです。
そして、人の心というものは、決して1つの世界に留まっていません。
その時々で変化し、その時の想いはそれと合い通じる世界へと
繋がってしまうということです。

仏教の中ではその世界を十界と呼びます。
【十界】
仏界・菩薩界・縁覚界・声聞界・天界・人界・修羅界・蓄生界・餓鬼界・地獄界

誰かのことを想い、その幸せや安全を心から願うとき、
その心は、『菩薩界』にあります。
誰かを妬んだり嫉んだりしている時、いくら表面を取り繕っていても
その心は、『修羅界』にあります。

『縁覚界』『声聞界』の心は、色々なものを取り入れ
それを自分のものとし、自らを磨いていこうとしている時の心です。
そしてそんな中に於いて、何かに気づき喜びを得る心でもあります。
でも、ここでは驕りの心も生じやすいのです。
それが、過去記事に書いたことでもあります。
(過去記事『落とし穴』参照)

想念の世界というものは、目には見えなくても存在します。
自分の心の中に、自分以外の人の心の中に・・・。
人の想いは、波動となって広がっていきます。
そこには、エネルギーが発生します。
この見えないエネルギーは確実に世の中に影響を与えます。
目には見えない形となって広がっていきます。
今の世の中が混沌としているのも頷けてしまうよね。
全ての世界がここに混ざり合っているのだから。

『菩薩界』の心からの言葉や態度を受けた時、心に安らぎを覚えます。
そして相手にもその想いを返そうとし、自らの心も『菩薩界』と通じます。
『修羅界』の心からの言葉や態度を受けたとき、腹を立てたり
憤ってしまったりして、相手のことを非難しようとしたりします。
その時、自らの心も『修羅界』に繋がってしまっています。
そんな心のまま、他の人に接してしまうと、その相手の心にも
『修羅界』と通じてしまう道を作ることにもなりかねません。
自分の中の想念は、自分の中だけに留まらず
世の中に影響を与えてしまうものなのです。

昨日も書いたように、大切なのは形ではないのです。
形からはエネルギーは発生しません。
発生するのは、その形を生み出している想念からです。
そして、誰もがこの十界へと通じてしまうのです。
自分の想念次第によって、その想念と合うそれぞれの世界へ。

本当の意味で自らを大切にし、自分に打ち克ち強く生きるなら、
『修羅界』の心を受けても、それに影響されることはありません。
そして、自分を信じ、他を信じる心を持っていれば、
『菩薩界』の心で想いを返すことも出来るのです。

以前に、循環という記事を書きましたが、
良くない想念は断ち切り、(排除するということではありません)
良い想念は循環させていく。
一人一人のそういう想いが自らの人生を、
世の中を変えていくのではないでしょうか。
流されることなく、自らの想いをつらぬいていくことのできる
強さを持ちたいと思います^^

↓ポチしていただけたら嬉しいです♪

【 2007/01/04 (Thu) 】 心のままに | TB(0) | CM(20)

年賀状から思うこと

ヽ(´ー`)ノ ふぅ~。
ようやく本当にゆったりした日を過ごしています^^
夕べはカラオケで3時間歌いまくりw
10時間くらいぶっ通しで寝て、今朝は顔がアンパンマンに
なっていませんでした♪ ってことで、体重1キロ減。

あれ・・・?
もう1キロは???
Σ(゜□゜lll)・・・もしかして、忘年会からのご馳走の食べすぎで
太ったのか?w ハハハハハハハハハハハ・・・・。

今年も早々から年賀状を沢山いただきました♪
とは言っても50枚程度なんですがw
でも、やっぱり年賀状って嬉しいものです^^
遠く離れてしまって、中々会えなかったり
日々の生活に追われていて、ついつい疎遠になってしまっていたり、
そんな友人達と、心を通わせることのできるものだと思います。

住所や名前を書きながら、元気にしてるかなぁ?
たまにはゆっくり会って話しもしたいなぁ・・・などと
友人の顔を思い出しながら、想いを馳せます。
そして、いただいた年賀状にもそんなことが
書かれていることが多いんだよね^^
そんな想いが相通じているんだなぁと嬉しくなります。
なので、表も裏も印刷のみの年賀状はちょっと寂しい(;-;)
手紙や葉書とかって、想いを乗せて運ぶものだと思うんだよね。
年賀状も本来はそうなんじゃないのかなぁ・・・。

忙しい現代人にとって、自宅においてパソコンの中に
住所録を作っておくだけで、プリント出来ちゃうっていうのは
とても便利なことだと思います。
でも、年賀状だけじゃなく、ちょっと前にも記事にしたけど
何でも形だけになってしまっていることが多いんじゃないかなぁ。
大切なことを置き忘れてきてしまってるんじゃないかなぁ。

今、形としてあるものが本来は何のために出来たものなのか。
そこをもう一度見つめなおして、そこにある大切なものを
思い出し、日々の中に生かしていきたいですね^^

ランキング参加中♪ぽちしてくれたら嬉しいです^^
【 2007/01/03 (Wed) 】 心のままに | TB(0) | CM(12)

むくんでますw

ハイ、今日は初仕事でした♪
朝8時からきっちり働いてきましたよーっ^^
そして明日からまた3連休です☆

今年の年明けは結構悲惨だったー^^;
年末の会社の大掃除の時点で、本当に疲れがピークでさ
しんどかったんだよねぇ。
私って疲れがたまると、すぐむくみがくるんだよね。
むくみも多少ならいいんだけど、ひどくなると
頭痛が半端じゃない(>_<)

大晦日から頭痛がひどくて薬を飲んで寝たんだけど、
元旦もそれがずっと続いていて、ゆっくり寝たのにもかかわらず
また、夕方まで寝てしまった^^;
何ほど疲れていたのか、自分・・・汗w

体重も2キロほど増えてるんだけど、多分これ全部むくみ。
朝起きた時は、顔がアンパンマンみたいになっていて(苦笑)
夕方になると、足がパンパンになっている。
このパンパンさ加減がすごくて、皮膚が痛い!って
悲鳴あげるくらいパンパン!!
明日からの三連休は取り合えず寝よう・・・w

利尿効果のある食べ物ってトマトとかだっけ?
スイカは今時期ないし、あっても高いしなー・・・。
ちょっと調べてみた。フムフム・・・。

栄養分   栄養分の働き      食 物
ビタミンE 血行促進・代謝をあげる 大豆・玄米・そば・ほうれん草
カリウム 体内から余分な塩分を排出 しめじ・筍・大根・にんじん・ごぼう
アルギン酸 体内の浸透圧を保つ わかめ・昆布・ひじき・のり

こんなんがいいらしいw
あとストレッチもいいみたい・・・やるかぁ!
あ、あとね、年末にヨガの本を買ってきたんだよね。DVD付き♪
これ、夕べやってから頭痛良くなったんだよねー。
継続は力なりだよねー^^
さて、いつまで続くでしょうか?w

取り合えずカラオケ行って来ます♪(オイw
こんな私にポチオネガイッ(人・・)☆
【 2007/01/02 (Tue) 】 日記 | TB(0) | CM(20)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。