あお’SROOM

生きていくって大変だよね。日常の中から色んなことに気づいてちょっとずつ成長できたらいいな。
111234567891011121314151617181920212223242526272829303101

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

変化の一年

昨日仕事納めで、やっと少しだけ解放感を味わっています。
月曜はまだ大掃除のための出勤があるけどね・・・ボソ。
これがまたちょっと憂鬱だったりするんだよなー( ;´Д`)w
だけど、月曜の夜の忘年会は欠席することにしました。
特に用事があるわけじゃないし、わがままかも知れないけれど^^;

クリスマスは、とても幸せに過ごすことが出来ました・・・^^
イヴの夜は、一緒に買物へ行って手巻き寿司~♪
クリスマス当日は、彼の家族とみーんなで買物へ行き、
手作りのオードブルで楽しく過ごしました。
あっという間に体重が元通りに・・・うげ・・・w

クリスマスは幸せな時間なんか過ごせっこない。
こんなトラウマが全部ではないけれど、軽くなったと思います。
彼と彼の家族のお陰だね・・・^^

約束も何もなく、当日の行き当たりバッタリ。
用意周到型の私とは正反対の彼の性格w
足して二で割れば調度いいかも~♪なんて思ったりもします。
どちらも、”過ぎる” キライがあるので・・・^^;
これは、お金の使い方にも言えるんだよねー。
あればあるだけ使ってしまう彼。
あっても使うことが出来ない私・・・w
互いの持っている不安と、その不安への対処法の違いが見えて
面白かったりもしますが^^

年末ということと、年内に記事をUP出来る日があるかどうか
定かではないので(なんせ行き当たりバッタリだからw)、
今のうちに、今年を振り返ってみようと思います。

今年は私にとっては、”変化” の一年だったように思います。
今まで頑なに守ってきたものを手放す一年だったとも言えるかも。
正確には、その一歩を踏み出した・・・ということかな。

変化があるということは、それだけ不安も恐怖心もあった一年。
誰しもが変化するということに対しては、何らかの不安を持つものだよね。
自分自身、このままでいいと思ってはいなくても、やはり変化は怖い。
なので守りに入ってしまう。
でも、守りに入っている限りは、ずっと同じ場所にいなくてはならない。

私の周りも変化しました。
それは、私が変わったから変わったとも言えるし、
周りが変わったから私もまた変わることが出来たとも言えます。

新たな出会いもたくさんありました。
そしてそれは、私の変化に対する手助けの役目を担っていて
くださっている方が多いと、とても感じています。
出会いってすごいなぁ・・・とやはり心から思います。

そして私自身、本当に頑張った一年だったとも思います。
もうね、自画自賛でも何でもいい!w
もちろん、多くの人の力を借りて・・・でしたが、
いくら多くの人が手を差し伸べてくれたとしても、
その手を取るか取らないかは自分自身の問題なのですよね。

必然的に生じる出会いも出来事も無駄にはしない。
今年はそれも、今までよりはずっと出来たかなぁとも思っています。
それはイコール、”自分にはそんな価値はない” ということから
少しずつ脱出出来ているということでもあるとも思います。

本当に今年も一年お世話になりました<m(__)m>
どれだけ力を貸してもらい、癒していただいたことか知れません・・・。
上がったり下がったり忙しくて、ジタバタしては迷惑を掛け捲ってしまう
私ではありますが、来年も変わらずどうぞよろしくお願い致します^^

年末に向けて何かとお忙しいことと思いますが、お体ご自愛され
素敵な年越し&新年をお迎えください♪

P.S ハニーソルト天使&花バージョン仕込みました☆
   来月下旬解禁予定です^^

↓ポチっとしていただけたら嬉しいな♪
スポンサーサイト
【 2008/12/27 (Sat) 】 心のままに | TB(0) | CM(28)

あったかい夜^^

(´∀`)ゝ” エヘヘ・・・w
彼と仲直りしましたーーーっ!!
ご心配お掛けしました<m(__)m> 

 
  毎度毎度・・・ったくもう・・・┐(´∀`)┌ヤレヤレ

(゜∇゜ ;)エッ!? なにか言った?w
というか・・・多分心配していたのは私だけじゃないかなぁと。
いや、みんなが心配してくれていないという訳ではなく、
私の取り越し苦労?なことをみんなはちゃんとわかっていたのだろうなと。

すぐにいっぱいいっぱいになってしまって、大切なことが見えなくなる。
相手のことを想う余裕もなくなってしまう。
ほんと私って・・・(>_<)

と思う反面、もしかしたら私は大分 ”素直” に向かって
いけるようになってきているのではないか?とも思っているんです。
それでもまだまだ飲み込む言葉は多いのだけどね。

夕べ、もうこんなの嫌だ!と思って思い切って彼に電話を掛けて。
だけど繋がらなくて・・・また無視かぁ・・・。。。(×_×;)シュンとしていたら
折り返し電話が来て、「来いや・・・そんな気になれないか?」と言われて、
それを否定して勇気を出して行って来たの。

最初は二人ともぎこちなかったんだけど、
そんな時に、二階(娘さん夫婦)から内線が入り、
「美味し~いお菓子(アヤシイw)があるからおいで♪」と言うことで行くことに。
初めは、「一人で行って来て^^;」と言ったのだけど、
「何言ってんのよ!ほら!行くぞ!」と半ば強制的に連行され・・・w

で、お孫さんたちに例のごとく絡まれたり、娘さんがお腹の子(二人目)の
健診時のエコー写真を見せてくれたり・・・^^
なんか、しみじみ有難いなぁと思っていました。
そんなのにも助けられて少しずつ少しずつ元に戻ることが出来ました。

結果的に話し合いは何もしていません。
というか、する必要がないと感じました。
多分、互いの想いが互いにわかったと思うから。

それでも初めはまだ不安で不安でどうしようもなかった。
「お前のコーラがないから買いに行くぞ。」とコンビニに行って、
一本分のお金をもらおうとしたら、「もっとたくさん買って来いや。」と
言われて、あぁ・・・私はこの先もここに居ていいんだなって^^

台所では、「あ、歯磨き粉ないぞ。俺、つぶ塩のがいいな^^」
これは、この先も私が家の中のものを管理していくということ。

そんな言葉の端々に彼の想いを感じ取り、私も素直にそれを受けました。

いも@が言うように、私が変な遠慮をいつまでもしていることが
彼にとっては逆に苦痛になっているのかも・・・と思いました。
私一人が勝手に疎外感や孤独感を持っているのだなと。

今日は今日で夜勤の彼の夕食を作りに行ってたら、
娘婿さんが来て、「ちょっと子供たち預かっててくれない?」と^^;
明日のサンタプレゼントを買いに行きたいから、子供たちには内緒に
したいのだと・・・^^
彼がいないのに、こんな風に頼られるのってすごく嬉しい。

以前から彼が良く口にしていた言葉。

「お前は考えすぎる。」

なんで?どうして?と思っていたし、それを言われるのが嫌だった。
だけど、すごく嫌=反発心=心の歪み を教えてくれていること
だったんだなぁと今は理解することが出来ました。
考えなくても良いことまで考える。
心配する必要のないことまで心配する。

これはアダルトチルドレンの特徴のひとつでもあるのだけれど、
また1つ理解することが出来たよね^^
”ひねくれ者” の時と同じように、理解できた今はもう、
”考えすぎる” と言われても私は嫌ではなくなると思う。

明日はクリスマスイヴ、クリスマスにはあまり良い思い出がないけど、
そんなトラウマを解消できる明日となるといいなぁと思います^^
みなさんも素敵なイヴをお過ごしください☆

「今夜は、すごく冷え込むからここに居て
あったかいお風呂に浸かって暖かくしていなさい。」

そう言ってくれた彼の言葉を素直に受け取り、これからまた出掛けます。

自分に自信がない私は、いつ呆れられるか、いつ嫌われるかと
そればかりが心配で不安でどうしようもないのだということを
今回しっかりと認めました。
そんな私を余さずにちゃんと受け止めてくれる彼に感謝です・・・^^
私も無理を溜めないよう、気をつけようと思っています。

あ、そうそう。
今回のことで私二キロほど痩せたのだけど・・・。
なんと彼は三キロ痩せてました・・・(汗)

↓ポチっとしていただけたら嬉しいです♪
【 2008/12/23 (Tue) 】 日記 | TB(0) | CM(12)

インナーチャイルドへの理解

~アダルトチルドレンの特徴~斎藤学氏著書より抜粋

・周囲が期待しているように振舞おうとする
・NOが言えない
・しがみつきと愛情を混同する
・楽しめない、遊べない
・フリをする
・自己処罰に嗜癖している
・他人に自分の真価を知られることを怖れ、恥じる
・他人に承認されることを渇望し、さびしがる
・何もしない完璧主義者である
・変化を嫌う
・被害妄想に陥りやすい
・表情に乏しい

日々、自分自身への理解を深めるために心して自分を観察していると
いかに今まで、自分を誤魔化していたのかということがとてもよくわかる。
あ・・・これもだ、げ・・・これもだ・・・(>_<) なんて繰り返し。

私は自分がアダルトチルドレンであるという自覚はあったけど、
そんな自分自身を理解しようとは今まで思ったことがなかった。
理解されないままの私の中の私は、泣いてばかりいた。
普段は大人しくしているのだけれど、時々表に出てきては暴れていた。
それでも、私はそれを受け入れようとはして来なかった。
それどころか、もっともっと努力が足りないと叱責していた。
または、こんな自分なんだから仕方がない諦めなさいと説得していた。

頑張っていたのにね・・・。
必死で生きてきていたのにね・・・。

上記の特徴には、全て当てはまる。
そしてこれら1つ1つの特徴には、そうならざるを得ない理由がある。
その理由を知ることが自分への理解となる。
今までは、その理由が解離された記憶の中にあったため
理解することが不可能だったんだよね。

アダルトチルドレンからの解放は、まず自分がアダルトチルドレンで
あることを受け入れ、認めるところから始まるのだという。
そして、そんな自分であることを理解する。
そのままでいいんだよと言ってあげる。

有り得ないような抑圧と共に生きざるを得なかったアダルトチルドレンの
心を解放するには、これ以上自分を抑圧することを止める必要がある。
自分を抑えこまない、誤魔化さない。
どんな自分が出てきてもちゃんと抱きしめてあげる。

自分を認める作業を諦めずに続け、自分の心を解放した人達は、

”世の中が違って見える” 
”道端の石ころでさえ自分に話しかけているように思える”
”生きているのが楽しくてたまらない”

このように思えるようになれるらしいのです。

私もいつかそこに到達出来たらいいなぁと心から願います。

↓ポチっとしていただけたら嬉しいです^^
【 2008/12/22 (Mon) 】 心のままに | TB(0) | CM(7)

不安を放置する?

彼から一切の連絡が来ない。
こちらから連絡しても無視されている。
今までこんなことはなかったので、非常に動揺している。
クリスマス目前にして、終わっちゃうのかも知れないね・・・。
やっぱり今年のクリスマスも楽しくは過ごせないのか(;-;)

こうして私はすぐに諦めてしまう。
最悪の事態を予想して、心構えをしてしまう。
だけど、自分の心を誤魔化して不安を消し去ろうとしたり、
無理やりそこに蓋をして何でもない振りをするのは良くないのだという。

では、どうすればいいのか?

以前にながさんから紹介されたセラピストさんのHP
こんなことが書いてありました。

不安の感情が生まれたときこそ、一番大切だ。
その時、どうしようと焦ったり、どうにか沈めようと思ったり、
気持ちを切り換えようと思ったりすると、ますます泥沼にはまる。
常に不安と不毛な闘いをし、不安にどっぷり浸かることになる。
不安に渦に巻き込まれ、もがこうとすればするほど、
不安を意識し、苦しくなるだけ。
不安がもっと強大な不安を呼び出し、落ち着かなくなり、
しまいにパニックに近くなってしまう。
不安の感情は高ぶり、始末に負えなくなってしまう。
結果どんどん最悪な状態になる。
もちろん悪循環の習慣もついてしまう。

だから不安の感情が出てしまったときは、
静まるまで投げるくらいの気持ちが必要だ。
「不安の感情なんかどうでもいい! 勝手に不安になっていろ!」という
他人事のような気持ちで、遠くからそっと見るときの気持ちが一番大切。
不安の当事者ではなく、他人事になる。そして無理に消そうともしない。

む・・・難しい(>_<)
こんなこと本当に出来るのだろうか・・・。
しこりのように胸の中にあるこの重たい代物を他人事にする?
どうやって投げる?
気持ちを切り替えることとは違うのだという。
では、どうすればこんなことが出来る?
私には理解出来ない。

過去に失った自尊心を取り戻そうとして頑張ってきていたけれど、
ここへ来て、また新たなトラウマを作るようなことにはなりたくない。
だからと言って、また自分の色んな想いを押し込めてしまうのも嫌だ。
ちゃんと話し合いたいと思うのに、無視しないでよ・・・(;-;)

間もなくキャンドルナイトが始まる。
アロマキャンドルに火を灯し、祈ろう。

↓ポチっとしていただけたら嬉しいです
【 2008/12/21 (Sun) 】 心のままに | TB(0) | CM(6)

二者間関係に対する依存

はぁ・・・お休みの日の時間の過ぎるのの早いことったら・・・w
会社にいる時は、あんなにも遅く感じるのにね^^;

バタバタしていた割には、何も片付かず・・・(苦笑)
それでも、前から気になっていたことを1つやり終えたのでヨシかな♪
明日も休みなので、まぁ焦らずのんびりやりますかぁ^^

このところずっと彼と会っていません。
いや、夕べ30分ほど会ってきたけど、喧嘩して帰ってきました。
で、ネットの友達を捕まえて散々こぼしていたわけですがw
いやー、毎度この友達には救われています。
今日仕事だったのに、遅くまで付き合ってくれてありがとうね^^

以前にながさんからこんなことを言われました。

あおさんは、自分の意志に関係なく、二者間関係に依存するように
心の特性が仕組まれています。
だから、自信が無く、人間関係が怖く、自由に振舞えません。
いえ、そう思い込まされています。自由に振舞えないのだと。
自由に振舞ったら、見捨てられると思い込まされてきたんです。
だから、打ち破りましょう。自由になりましょう。

正直、これを言われた時は何のことだかわかりませんでした。
でも、次々と思い当たる節が出てきたんだよね。

一人ではどこへも行けない・・・というのもそれだね。
いや、行けないわけじゃない、一人だと楽しめないんだ。
誰かと一緒じゃないと、私は楽しめないし、自由に振舞えない。
自分はここに居ていいのだろうか?という疎外感をぬぐえないんだ。
誰かと一緒にいて初めて自分の存在を認められるんだ。
でも、誰かと一緒にいてさえもその中での枠に閉じ込められる自分がいる
だから、ついつい疎遠になってしまいがち。疲れるから。

自分の家の中にいてもそれは同じ。
パソコンの前から離れると不安になる自分がいる。
誰かと繋がっていないと、不安で不安で仕方がない。
自分が自分でいられる気がしない。

で、今回の前にちょっと彼と揉めた時に、このことについて
色々と思うところがありました。
長くなるので、追記に書きます。
(また愚痴り足りないのかって?w 足りねーよw)

↓ポチだけも大歓迎♪

【 2008/12/20 (Sat) 】 心のままに | TB(0) | CM(8)

母らしくない母ですがw

ある時、上の娘にこんなことを言われた。

「お母さんって”お母さん”という感じがしないんだよね^^;」

ほぉ・・・・・・( ̄  ̄;) うーん???
それは、どう捉えたらいいものなのか???

で、最近下の娘にも同じことを言われた。

「お母さんは、”お母さん”って感じじゃない。」

思わず、「それってどういう意味?^^;」とこの時は聞き返した。

娘「なんていうか・・・人間対人間って感じ?」

あお母「それって良いことなの???」

娘「うん!だからこんな風に自由な心を持てたんだと思うよ^^」

(´▽`) ホッとした・・・。
それと同時に、そうだよなぁ・・・私は母親らしくないかもなぁ・・・と思った。

私は、”親”というものが良くわかっていない。
親とはこうあるべきだ・・・みたいなものがないんだよね。
それは、親に対する様々な感情を蓋の下に閉じ込めてきたせいも
あるのかも知れない。
”母親” というものも知らない。
物心ついた時には、すでに母は私の視界にはいなかった。

なので私は、子供たちに対して ”一人の人間” として向き合ってきた。
子として扱うのではなく、”一人の人間” として見てきた。
また、そうするしか術を知らなかった。
それを娘達もちゃんと感じ取っていたんだねぇ・・・。

でも、これはある意味良い面もいっぱいあったんじゃないかなぁと思う。
親の権限を振りかざして命令することもしなかったし、
人として最低限のルールだけは教えて、あとは各々の意思に
任せることが多かった。

面白いことに、娘達の友達から娘達は羨ましがられていたようだ。
上の娘は、「私は放牧されてるw」って言うけどね(あんたは牛かっw)

口うるさい私ではなかったけれど、暗黙の了解みたいなものがあって、
子供たちもその境界線を心得ていた。
”これ以上はやばい・・・^^;” という線を知っていたんだね。
それは、親だから子だから・・・ということではなく、
一人の人間としての線でもある。

母親らしくない母ではあるけれど、これからも一人の人間である
子供たちに一人の人間として、人生の先輩としても
アドバイスをしたり見守ってゆきたいと思っています^^

↓ポチっとしていただけたら嬉しいです♪

【 2008/12/18 (Thu) 】 心のままに | TB(0) | CM(6)

心友の温かい心

我が家のお風呂は{{(T-T)}}ブルブル・・・さむっっ!!
ガス釜なので、外気を取り込む様式となっており、
お風呂場は北向きにあるため、北風が吹くとモロに風が入り込んでくる。
あまりにも北風が強い場合は、何度火種をつけてもその風によって
消えてしまうこともあったりする。
流氷が来る季節には、完全に凍ってしまう。

毎日お風呂を沸かすと、ガス代だけで2万近くまでいってしまう(>_<)
なので、今までずっとどんなに寒くてもシャワーで我慢をしていた。
そのシャワーの圧も、団地のためか非常に弱くて^^;
身体は温まるどころか冷える一方。
シャワーを済ませた後は、取りあえずストーブに向かって走る!!w
娘達は、「節約、節約~♪」と文句1つこぼしたことはなかった。
我が娘ながらあっぱれ^^ 

でも・・・。
現在娘は娘の彼のところでお風呂に入ってくるし、
私は私で彼のところでぬくぬくとお風呂に浸かることが多い。
そして迎えた今年の冬。

とても、家のお風呂場でシャワーを浴びる気になれない( ;´Д`)
人間って・・・w

困ったなぁ・・・近くにある温泉の回数券でも買おうかなぁと
思案していたのだけれど、一人暮らしをしている心友が
「入りにおいで^^」と言ってくれた。
なんて有難い申し出だろう。

私の話を聞いて同情してくれる人はいっぱいいる。
だけど、実際に手を差し伸べてくれる人はいないものです。
それぞれの諸事情もあるだろうけど、身内でさえ「それは辛いねぇ(>_<)」
とは言ってくれても、「入りにおいで」とは決して言わない。

心友は、「私だったらそんなお風呂耐えられない!(>_<)」と言い、
「いつでも入りに来ていいからね^^」とまで言ってくれた。
仕事から帰って来るのが夜8~9時で、翌朝4時から仕事だというのに、
寒さの中仕事から帰ってきて、すぐお風呂に入って温まりたいだろうに・・・。
私のために、その時間を空けてくれると言う。
涙が出るくらい彼女の心を嬉しく思う。

お互いに負担にならないように、何らかの取り決めをしようねと
昨日話した。私がちゃんとそれなりのお礼をするということだ。
彼女だって経済的に楽な状況ではない。
いくら一度入れたお湯だからと言っても、やはり二人入れば
それなりにかかるコストも増えるもの。
持ちつ持たれつ・・・で共に助け合いながら行ければいいな♪

今夜は、私の作った石けんを持参していこうと思う^^

↓ポチっとしていただけたら嬉しいです♪


遅くなりましたが、ハニーソルト石けん天使の羽バージョン解禁となりました☆
詳しくは下記アドレスをご参照ください^^
別ブログ⇒ myrrh(みるら)
石けん販売サイト⇒ Myrrh(みるら)
ヾ(*´∀`*)oc<[。゚・+:.・ヨ ロ シ ク・.:+・゚。]

【 2008/12/17 (Wed) 】 日記 | TB(0) | CM(8)

再び揺り返し

もう坂は上りきったと言われ、私自身もそんな兆しを感じていたけれど、
どうやらまだ坂は上りきれてなかったようです。
みんな、おめでとう!って言ってくれたのにごめんね(>_<)

再び揺り返しが来ています。
揺り返しが来たのは、もっと自己に対する理解を深めるために
アダルトチルドレンに関する本を読み始めてから。

私がアダルトチルドレンという言葉を知ったのはもう10年も前のこと。
その言葉と意味を知った時から、自分がアダルトチルドレンであるだろうとは
ずっと思っていました。
でも、今までそれに関する本を一度も読んだことがなかったんですね。
本好きの私にしては不思議だなぁと思いますが。

今になって改めて、アダルトチルドレンというものの理解と真正面から
向き合うことになっているわけですが、その説明と自分自身があまりにも
ピッタリと当てはまることが多すぎて、正直とてもげんなりしています。

そして、本の随所に書かれていること。
”普通の人には決して理解できない” もろもろの心の動き。

私は、”普通ではない” ということに直面してしまっている。
今の私は、とても自信を持てるような状態ではない。
身近には、こんな私を理解してくれる人はいない。
というか、理解しようがないのだから仕方がないのだけれど。
それが今はとても辛い・・・。

改めて、”孤独感” を味わっているような感じかな・・・。

”頑張れ” って言わないで!
”気にしすぎだ” って言わないで!
”もっと明るくいつも笑っていろ” って言わないで!

私に無理を強いないで・・・。
笑いたくない時は無理して笑わなくてもいいんだぞって言ってよ・・・。

一昨日の夜9時半頃、母に電話を掛けた。
開口一番に母が言った言葉は、「こんな遅くにどうしたの?」だった。
翌日も朝早くから出かけなくてはならないし、早く寝たいのだと。
20年ぶりに掛けた電話に、そんなことを言われるとは思ってなかった。
私は何を期待していたのだろう・・・。

それでも私は電話を切りたくなくて、少しだけ時間をくださいと言い、
20年前の私の態度が悪かったことを詫び、離婚したこと、
父から暴力を受けていたこと、そしてまた会いたいということを伝えた。

母は、雪が溶けて道が安全になったらおいでと言ってくれた。
あとは、私の今の状況に対して、
「仕方がないね。頑張りなさい。」と。

それは母の精一杯の言葉だったのかも知れないが、
今の私にはずっしりと重たくてたまらない・・・。

再び暗い記事でごめんなさい。
↓取りあえず張っておきますわ^^;
【 2008/12/16 (Tue) 】 心のままに | TB(0) | CM(8)

上りきったどーっ!^^

この頃はすっかり落ち着き、ながさんが言うにはもう”坂は上りきった”
らしいです・・・^^
まぁ、これで終わりではなく、まだまだ自分への理解を深める作業は
続けてゆくのですけれど♪

取りあえず、もう泣き喚いたり苦しくてどうしようもなくなったり・・・と
いったようなことからは、脱出しております^^

この頃は、自分への理解=あるがままの自分を受け入れること、
認めることを着々と行なっております☆
改めて今まで本当に自分自身をおざなりにしてきていたんだなぁと
つくづく感じています^^;
ここでも再三、あるがままに自分を受け入れること、信じるということ、
自分は大切な存在なのだということを書いてきていたけれど、
今ひとつその方法がわからずに、ジタバタしていたよなぁと・・・w

でもね、こうしてあるがままの自分を受け入れることをしていて
しみじみ思うの。
自画自賛になりそうだけど・・・w

私は本当に頑張ってきたなぁって。
頭でっかちだったけど、ちゃんと往くべき道を見据えていたなぁって。
方法もわからず、霧の中を手探りで歩いているような状態で、
それでも、諦めることなく必死で歩いてきていたなぁって。

今もね、まだ不安や恐怖は残っているの。
でもね、今までは、「そんなことじゃダメ!しっかりしなさい!」って
自分を叱り飛ばしていたのね。
どうして出来ないんだろう?って歯がゆくなったり情けなくなったり。
なんでこんななんだろう?ってやるせなくなったり・・・。
こうじゃなくてこういう風に自分を持っていこう・・・みたいなことをしたり。

今は不安や恐怖が出てきたら、それを受け止めているの。
「うんうん、怖いなら怖いでいいんだよ。そうだよね、怖いよね・・・^^
だけど、大丈夫だよ。勇気を出して歩いていこうね。」
と自分自身に声を掛けてあげられるようになったの。

この違いはとても大きいんですよ~♪
怖いなら怖いでいい、不安なら不安でいい、泣きたいなら泣けばいい。
無理して自分を押さえ込むことはもう止めです。

”そのままの私でいい”

そして、”そのままの私” から歩いてゆこう。
まずは、しっかりとそのままの自分を受け止めることの大切さを
深く心で理解することが出来ました。

もう少し自分への理解を進めて行って、その後は心理学の勉強を
始めたいと思っています。

私は多くの人に沢山の温かい心をもらって、力をもらって
本当に助けられています。
お返しがしたいんだ^^
私もみんなを幸せにしてあげたい。
力になりたい。
そうあれる私になりたいと心から思います。

↓ポチっとしていただけると嬉しいです♪
【 2008/12/11 (Thu) 】 心のままに | TB(0) | CM(10)

ありがとうありがとうありがとう

昨日の記事にいただいたコメントを読んで、
私って本当に幸せ者なんだなぁってシミジミ思っています。

面識もない(一部除くw)遠く離れたところに住んでいて、
こうしてネットを通じて出会った仲間たち。
こんな私の一喜一憂を我がことのように想ってくれる。
すごいことだよね・・・^^
私はなんて素敵な人達と出会ったのだろう・・・。
本当にいつもありがとう!!!

この頃は大きな揺り返しもなく、比較的穏やかに過ごしています。
一人でいる時間が少ないからかも知れませんが・・・^^;
彼の家にいる時にはあまり感じないのですが、こうして自宅に戻ってくると
やっぱり、もう少し自分の時間も欲しいかな・・・と思います。

でも、その気持ちは今までのように切羽詰ったような想いではなく、
自然と湧き出るような感じに変化しています。
これは、”自己受容” が始まったしるしなのだそうです・・・^^

誰かがいないと誰かが必要としてくれないと、自分の存在を認められない。
そんな苦しみの中に長い間いました。
ようやく、そこから少しずつ脱出することが出来るようになってきたみたい。

それでもまだまだです。
でも、焦ってはいません。あがいてもいません。
腰を据えて、じっくりゆっくり自分自身と向き合ってゆこうと思っています。

中学生になって何かに駆り立てられるように書き始めた日記。
飽きっぽい私が、何度も挫けそうになりながらも書き続けた日記。
今はわかります。今、この時のために書いていたんだなぁ・・・って。
このブログも然り。周りから、「飽きっぽいのによく続いているよなぁw」と
感心されるほど、自分自身でも感心するほどw 
ちゃんと続けてこられています。

これもまた必然^^

続きは再びちょっとダークになります^^;
ご理解ある方だけ進んでくださいね・・・^^

ポチっとだけも大歓迎♪


【 2008/12/09 (Tue) 】 心のままに | TB(0) | CM(12)

新しい守護神^^

大事にしていたアクアマリンのペンダントを遂に失くしてしまった。
父の七回忌を無事終えた翌日から見当たらない。
今まで何度失くしても、必ず見つかってきた私の守り神。
今回ばかりは、一ヶ月を過ぎても見つからないまま(>_<)
こりゃもう見つからないな・・・と諦めていました。

でも、胸元がはやり寂しいので、適当に家にあった
イミテーションのペンダントをしていたんだよね。
まぁ、それはそれで良かったんだけど。
私は、本物志向とかもないしね~♪
だけど、誕生石であるアクアマリンはやっぱり
いつかまた欲しいかも・・・と思ってはいました。

で、土曜日。
いつもは非常に出不精な彼が、「出かけるぞ!」と
お天気もあまり良くないのに・・・しかも前日の夜から言ってて、
おやまぁ、珍しいこともあるもんだなw と思ってたんだけど。

連れて行ってくれたところはポスフール。
そこに入ってるパスタ屋さんのカツミートが
とても美味しいらしいのだ。

ステーキ皿の上に載ってジュージューと音を立てて
テーブルにやってきたカツミートは量も半端なかったw
日頃大食いで有名な私でさえ残したほど・・・w
彼も、「前は食えたのになぁ・・・^^;」と言いながら残していた。
食べながら彼がこんなことをボソッと言った。

「これをお前に食わしてやりたかったんだよな・・・^^」

ふあぁ・・・なんて嬉しい言葉だろう。
なんて嬉しい想いだろう。
カツミートを頬張りながら、幸せを噛み締めていました^^

満腹になり、ブラブラと店内を見て歩いていたら、
珍しいことに彼がジュエリーコーナーで足を止めた。
思わずペンダントを物色した私・・・w

あれこれと見ていたら、アクアマリンのペンダントを見っけ♪
可愛いなぁ・・・^^ と思って見ていたら店員さんがつけてくれた。
結構高い・・・^^; こりゃちょっと手が出ないなぁと思っていたら

なんとっ!

「このままつけて帰るか。」

と彼の一声が・・・Σ(・ω・ノ)ノ!!
うっそーーーーーーーーーっ!!!
やったぁあああああああああああ!!!!
ヾ(*・ω・)ノ゚+.゚ ★ィェィ☆゚+.゚ ヾ(・ω・*)ノ

買ってもらっちゃいました・・・(*´ェ`*)。。。

081208_1737~0001 

ちょっと写りが悪いけど、実際はキラキラと輝いているんだよ^^
帰りの車の中で彼が言っていました。
ジュエリー売り場の店員さんが、誕生石は守り神だと
言っていたから、買おうと思ったんだ・・・と。

そうそう、店員さんはこんなことも言っていました。

「急になくなったりした時は、何かの身代わりになってくれたのですよ^^」

私が、何度失くしても見つかる不思議なペンダントだったと
話したら、それは間違いなく守ってくれていたし、
身代わりになってくれたんですね・・・^^ と。

奇しくも父の七回忌からなくなってしまったペンダント。
何の身代わりになってくれたのかはわからないけれど、
今までありがとう・・・^^ と心から感謝します。

そして、彼が買ってくれたペンダント。
これから新たに守り神となってくれることでしょう・・・^^

日頃ご心配ばかりお掛けしてしまっているみなさんに、
幸せのご報告です^^

まだまだ上り坂の途中ではあるけれど、
こんな風に色んなものに私は守られています。
もちろん、みなさんの温かい心にも・・・です。

精一杯の感謝の心を勇気と力に変えて一歩一歩歩いてゆきます^^

↓ポチっとしていただけると嬉しいです♪

【 2008/12/08 (Mon) 】 日記 | TB(0) | CM(14)

自分への理解2

日々、重たい記事ばかりを書いていてごめんなさい(*_ _)ペコリ
私が今の苦しい心とその経過を書いているのには理由があります。

1つは、私の苦しみをほんの少しでも理解してもらえたら・・・という願い。
それから、私と同じような苦しみを持つ人達に対しての願いもあります。
一人じゃないんだよ、一緒に頑張ろうね^^ と伝えたいということと、
私のこの経過から、ちょっとでも何かしらのヒントを掴んでもらえたら・・・と
いう願いからです。

今日の記事も重たくなります。
なので、ご理解のある方だけこの先に進んでくださいね^^

↓ポチっとだけも大歓迎♪
【 2008/12/05 (Fri) 】 心のままに | TB(0) | CM(12)

インナーチャイルド

何日経っても枯れることのない涙に今更ながら
一体どれだけのものを閉じ込めて来ていたのだろう?と思います。

苦しいはずだよ。重たいはずだよ。
辛かったはずだよ・・・。

誰一人として守ってくれる人のいない状況で
自分自身からも見放されて。
泣くな!と泣くことさえ止められて。
強くあれ!と弱音を吐くことすら止められて。
憎むべき相手を愛するように強制し続けてきたんだもんね。

だから高校生になって、私は泣くことも笑うことも怒ることも
出来なくなってしまったんだね。
感情を止めるしか方法がなかったんだね。
他になす術がなかったんだ。

どれだけの我慢を強いて来ていたのだろう?
ちょっとやそっとじゃ、「うん、もういいよ^^」なんて
言ってくれるわけないよね・・・^^;
そう簡単には笑えるわけないよね・・・。


~*~*~*~*~*~~*~*~*~*~*~


なんてことをメモ帳に残していたのが、11月30日。
さっきまで心は安定していたけど、また少し揺り返しが来ています。
今はまた、父に対する怒りが沸々と湧いてきている状態です。

過去に起きた出来事に対する感情が再現されて怒りが湧き上がってきたり
心が停止したような虚無感に襲われたり、苦しくてどうしようもなくなり、
その後、その感情を今の自分が理解し、泣けて泣けてどうしようもなくなる。
そんなことを繰り返しています。

これは浄化の過程。流れる涙は浄化の涙。
ボロボロと泣けてどうしようもない時、インナーチャイルドは、

”うん、そうなの、そうなんだよ。わかってくれるの?本当に?
 辛かったよ、苦しかったよ・・・。”

と泣いています。

私は、”うん、わかったよ。ごめんね、今まで本当にごめんね。”

と泣いているんです。

自分自身を認める、ありのままの自分を受け止める。
それがどんなことなのか、ようやく少しずつわかってきたように思います。

~ながさんからのメール一部抜粋~

「そのままでいいんだよ」「正直に、ありのままでいいんだよ」って
言われたインナーチャイルドは、安心します。
安心したら、安心したからこそ、新たに鍵を外すんです。
頑丈な扉の向こうの心の奥にしまっておいた・・・・・
無理して上から押さえつけていた感情の鍵を、外して見せるんです。
「これも、いいの? ありのままに正直に、全てそのままで、
無理しなくていいのなら、この鍵をあけて苦しみを出してあげていいの?」
って言うんです。
 
そこでもしあおさんが・・・・「ダメだよ、死ぬなんて口走っちゃダメ!!」
って言ったら、また鍵をかけて、どんなに疲れたってその手で
ドアを押さえ続けなきゃならない。
だから、これでいいんだろうなって思うのも正解。
私ってこんなんで大丈夫?って思うのも正解。
あおさんが今、自分が「長生きなんかしたくないんだ」っていう思いを
持っていたことに対して感じること・・・・その全てが正解なんです。

沢山の心を閉じ込めてきた分だけ、揺り返しも来るのかも知れません。
鍵は一度には開けてはくれないようだから・・・ね^^;
インナーチャイルドがまた心を閉ざしてしまわぬように、
ちゃんと向き合って認めてあげたいと思っています。
いつか、その鍵を全部開けてくれて、その中にある閉じ込めてきた想いを
全て理解し、受け止めてあげられるようになるまで。

私はきっとその時、本当の自由を手に入れるはずだから・・・^^

↓ポチっとしていただけたら嬉しいです♪

【 2008/12/04 (Thu) 】 心のままに | TB(0) | CM(2)

じっくり行くぜぃ^^

一昨日、形振り構わずに泣けたらどんなにいいだろう・・・という
記事を書いたばかりなのだけど。

その日の夜、形振り構わず・・・とまでは行かなかったけれど、
号泣することが出来て、とても楽になりました・・・^^

ちょっと色んな無理が重なったことと、極普通にしていることが
難しくなったということで、少しの間彼と距離を置いていたんだよね。

一昨日の夜、4日ぶりに彼と会ったんだけど、
このところの私の様子がおかしいことに対して彼も思うところがあったようで、

「何を抱えているんだ?ちゃんと話せ!」

って言われたんだよね^^;
最初は口ごもって中々言えずにいたんだけど、何度も何度も
ちゃんと言いなさいって言われて、重たい口を開いたの。

ポツリポツリと話すうちに、涙が溢れてきて・・・。

彼は私の話をちゃんと受け止めてくれました。

「良く話してくれたな。辛かったな。もう大丈夫だ。俺がいるから。」

そう言っていっぱい強く抱きしめてくれたんだ。
そしたら、もう涙が止まらなくなってしまって。
声をあげて泣いてしまった。
誰かの前で声をあげて泣いたのは初めてかも知れない。

「お前は何でも一人で抱え込みすぎる。」
「こうして出会ったんだから、ちゃんと何でも話しなさい。」
「俺は言葉は足りないけれど、本当にお前のことを想っているよ。」
「俺がお前を治してやるから。大丈夫だ。安心しなさい。」

あぁ・・・思い出しても二マニマ泣けてくる・・・(あはは^^;

彼は、私の苦しみのほんの入り口を知っただけだと思う。
でも、それで十分だとも思っています。
自分自身に経験がないことを理解するのは難しい。
自分自身で記憶を閉じ込めてしまうほどの苦しみを彼は知らない。
それがどんなものか想像もつかないだろう。
(フラッシュバックの話をしたら、「お前は消防か?」って言われたさ^^;
その言葉自体知らないようだ・・・。でも、何故に消防・・・w)

それでも、全身全霊で受け止めようとしてくれている。
それだけで私は満たされる・・・^^

「不思議だな・・・。」

彼がポツリと呟いた。
きっと彼も私との間に、約束されていた縁を感じたのだろうな・・・。
出会うべきして出会ったのだと。

そんなことがあって、今はとても落ち着いています。
まだ揺り返しは来るだろうけど、まだまだ坂道の途中だけど、
それでも1つ、また1つ・・・と自分への理解を深めてゆきたいと思います。

ご心配をお掛けしておりますが、一番辛い坂道は乗り越えました。
あとは地道にじっくりと上ってゆくだけです。
いつも温かいエールをありがとう^^

↓ポチっとしていただけると嬉しいです♪

【 2008/12/03 (Wed) 】 心のままに | TB(0) | CM(22)

形振り構わず

土曜日に仲良し4人組と忘年会をやった時、友達の一人が
私の心の悩みで過去に起こった記憶のない出来事についてこう言った。

”もしかして、・・・・があったんじゃない?”

一瞬私はギクッ!とした。
それはまさに的を得たものだったから。
誰にも言うことはないかも知れないと思っていたけれど、
正解を眼の前に突きつけられて嘘を言える私ではなく、
次の瞬間 ”うん、良くわかったね~” と事も無げに言葉を返した。
極普通に平然と・・・。

何故こんなに普通に平然と言うことが出来るのかが
自分でも不思議でならない。
毎晩のように泣き喚いているのに。
私の仮面は鉄壁かも知れない。

ふと、思い出したことがあった。

まだ私が嫁ぎ先にいた頃、私は義父からセクハラを受けていた。
それを誰にも言うことが出来ずに半年の間悩んで苦しんだ。
だけど、どうにもならないまでになってようやく元主人にそれを話した。
その時のことだ。

苦しくて苦しくて辛くて辛くて・・・意を決して話し始めたその時、
私は笑っていたのだ。
まるで他人事のように淡々と笑いながらそれを話したんだよね。
その時自分でも思っていた。

”何故私は笑うのだろう?”

泣き喚きたいくらい苦しいのに、それを伝えたいのに出来ない。
平静を装うのに精一杯・・・とかは全くない。
極自然に、極当たり前のように、私の表情は私の意に反した態度を取る。
違う、こうじゃないでしょ?!と思いながらもどうにもならない。
これじゃ伝わらないでしょ?!と思うのに、苦しい表情1つ出来ない。
自分のことなのに、自分でどうすることも出来ない。

私のその話に主人は激怒し、私を責め立てた。
そのことがとてもとても哀しかったけど、今にして思えば私にも非はある。
私は自分の苦しさや辛さをまったく伝えることが出来なかったのだから。
私は辛い顔もせず、涙の一粒もこぼすことは出来なかったのだから。
自分のどうしようもないくらいの感情を苦しみを笑って誤魔化したのだから。

誰かに話を聞いてもらったら少しは楽になれるかも知れない。
そう思っていたけれど、そうではないようだ。
私が聞いてもらいたい、知ってもらいたいのは起きた出来事の話じゃない。
それがどんなに辛かったか、苦しかったか・・・そういうことなんだね。

自分ひとりの時には出来るように、誰かの前で形振り構わず取り乱して
号泣することの出来る自分になれたらどんなに楽だろう・・・と思う。

↓ポチしていただけたら幸いです・・・^^

【 2008/12/01 (Mon) 】 心のままに | TB(0) | CM(13)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。