あお’SROOM

生きていくって大変だよね。日常の中から色んなことに気づいてちょっとずつ成長できたらいいな。
021234567891011121314151617181920212223242526272829303104

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

日々癒されてます^^

平穏無事プラス嬉しいことが続いています^^
こんなに幸せでいいのかなぁってふと思ったりもするけれど、
その度、「いいんだよ^^」と自分に言って聞かせています。

幸せ=自分にとって都合の良い状態

ではないとは思うけど、それでも心安らぐ&嬉しい出来事が
続くのはやっぱり心が癒されるよね・・・^^

090321_2329~0001 

の写真は彼の娘さん夫婦から私への誕生日プレゼント♪
これも、SURPRISE!!でした~っ!!
アイビーとセントポーリア。
どちらも宿根草だから枯らさないようにしなくては^^;

090321_1121~0001 

この鉢は以前にも載せた会社で育てているスパティフィラム。
またつぼみを持ったんだよーーーーっ!!
手前の新しい株もすくすくと育ってきています。
あと一週間もしたら咲いてくれるかな^^

昨日は、初めて娘が彼の家に遊びに来てくれました♪
久しぶりに一緒に夕食を作り一緒に食べて、
そのあと近くの温泉に行ってゆったりしてきました。
彼は留守番だったけど・・・ボソw
彼は、大分前から私の娘にここに遊びに来て欲しいと
言っていたんだよね。
娘がいることを知って開口一番、「良く来たな!!^^」って
とても嬉しそうな顔をしていたよ。

そして今日は彼の新車が納車されました。
ここでもSURPRISEが^^
なんと、新車のナンバーが私の誕生日♪
私ってほんと愛されてるよね~っ!(はぃはぃ・・・w by みんな)

自分の誕生日にすると言って決めてきていたのに、私が娘と札幌へ
行っている間に、ナンバーを変更していたらしいのです。
その時は、まさに喧嘩の真っ最中だった訳で・・・。
私は先が見えなくて、どうしたらいいのかもわからなくて
ただひたすら、大丈夫大丈夫って自分に言い聞かせていた間、
彼はちゃんと前に進むために、色々としてくれていたんだね。
彼のこういうところは、本当にすごいと思います。

多分彼は、私が喜ぶだろうと思っていただろうけど、
それでも、不安もないわけではなかったとも思う。
札幌から帰ってきた夜の電話で、そんな不安を口にしてたし。
だけど、彼にとって不安は多分二の次。
先がどうだろうとどうなろうと、今の自分はこうしたい。
それを貫ける、それを大事に出来る人なのだと思います。
こういう部分、ほんと見習わなくちゃと思います。

こんな風に今は幸せにどっぷりと浸かっています。
だけどこれが ”当たり前” とならないよう、
感謝の心を忘れることのないよう・・・。

心して歩いてゆきたいと思います・・・^^

↓ポチっと応援よろしくね~♪

スポンサーサイト
【 2009/03/27 (Fri) 】 日記 | TB(0) | CM(20)

宝物

土曜日、札幌へ行ってきたときのお土産を渡しに友達の家へ行ってきた。
この友達はここの記事でも何度か書いたことのある人で私の心友。
以前に、アクアマリンのミラクルの話をしたところ、「すごい!すごい!」と
叫びまくりw 「私も何か石を身につけたいなぁ。」と言っていたので、
彼女の誕生石であるアメジストのブレスレットを買ってきていたのだ^^

この心友には本当に日頃からお世話になっている。
愚痴を聞いてもらったことも数知れず・・・。
彼と喧嘩して自宅に戻っていた時にはお風呂も入らせてもらっていた。

遊びに行ってお土産を渡し、まず最初に子供達からの
SURPRISEについての話をした。
「娘の付き合いで温泉に行ってくるー。」と何も知らなかった私が
言ってたことしか知らなかった心友。

「あれねー、子供達の嘘だったんだ。実はね・・・。」

話終わるか終わらないかのうちに、心友の目に涙が溜まってきた。

「私最近この手の話ダメなんだ。すぐ泣けてきちゃって・・・(;-;)」

そして、バースディケーキの話をすると、

「良かったね、本当に良かったね・・・幸せだね(;-;)」とまた涙。

心友も×一で、一人娘と暮らしていたけど、その娘は昨年から
札幌の学校へ行っていて、彼女は実質今は一人暮らしだ。
そんな彼女が結婚して一年目の誕生日の話をしてくれた。

彼女が元ご主人からもらった誕生日プレゼントは一房のバナナ。
だけど、彼女はそれがものすごく嬉しく大感激したのだそう。

「私ね、私ね、本当にバナナが大好きなの!それが一房もあるんだよ!
 だから本当に嬉しくて感激して泣いちゃったんだよねー(;-;)」

彼女の気持ちはとても良くわかる。
学生の頃、彼女の家に数回遊びに行ったことがあるけれど、
決して裕福ではない、古いお下がりの机と古いタンスがあるだけの部屋。
彼女もまた、色んなものを我慢して押さえ込んできた人なのだろう。

たかがケーキ、たかがバナナ。
だけど私達の心の中では、それが ”たかが” ではないのだ。
自分が欲しくて欲しくて手に入らなかったもの。諦めていたもの。
それを自分のために与えてくれる人がいてくれる・・・。

それがどんなに幸せなことか。

心友の話を聞きながら、なんて素敵な人だろうと思っていた。
そして、こんな友達がいる私はなんて幸せ者だろうと。

私達は幸せ者だよね^^
たかがケーキ、たかがバナナと思えてしまうようなものに
こんなに感激することが出来るんだもの♪
それが当たり前で育ってしまった人には絶対に味わうことの出来ない
感動を私達は味わえるんだもんね^^

そういうと彼女は、(゚д゚(。_。(゚д゚(。_。(゚д゚(。_。(゚д゚(。_。(゚д゚(。_。(゚д゚ )スペシャルウンウン♪
と何度も大きく頷いてまた涙を浮かべていた。

幸せって何だろうね。

きっと極当たり前のところに当たり前のようにそれらは
たくさんたくさん私達の周りにあるんじゃないかな。
宝物を目の前にして、宝物に囲まれて、宝物に慣れてしまって
それが宝物と気づかない。

気づかないということは寂しいことだと思う。
そんな宝物に1つ、また1つと気づいていくうちに寂しい心は
温かい心へと変わってゆくのかも知れないね・・・^^

↓ポチっとしていただけると嬉しいなっ♪

【 2009/03/23 (Mon) 】 心のままに | TB(0) | CM(12)

ひねくれ癖

昨日はお彼岸でしたね~^^
私は特に何もしなかったんだけど・・・というか、夕べは会社の人達と
焼肉パーティなんてしていたわけですが♪
※注:事務所の人達とではありませんw

彼と付き合い出してから、お彼岸には彼の奥さんの仏壇に
おはぎを作って供えていました。
今回も、供物とお花を買ってきて備えて、おはぎは当日に作ろうと思って
材料だけは買い揃えて置いてあった。

でも、今回は誰が作ったのかな???
お彼岸の前にはもうおはぎが供えられていた。

彼も誰が供えてくれたのかわからないと言う。
(この辺りがいい加減・・・w 聞けよっ!そしてお礼を言えっ!w)

その供えられていたおはぎを見て私が真っ先に考えたこと・・・。

”身内でもない私が供えていたのが嫌だったのかな・・・”

そしてそんな自分の思いにハッ!Σ(゚ロ゚*)!! とした。
うあーーーーーーーっ!!!!!!
こんなんだから ”ひねくれてる” って言われるんだよ( ;´Д`)
そうじゃない、そうじゃないよ。

身内でもない私が供えているのに、身内が何もしてないのが
申し訳なくて作ってくれたのかも知れないじゃんか。
あーでもない、こーでもない・・・と考えながらまたまたハッ!Σ(゚ロ゚*)!!

違うよ・・・。
そんなことも考える必要なんてないんだ。
誰がどんな想いでそうしたかなんて私が考えることないんだ。
私はただ、供えてあるその事実を受け入れることだ。

あー、誰かが供えてくれたんだね^^

それでいいじゃんか。
結局私は、焼肉パーティなんて行ってて作る暇もなかったわけだし。
結果オーライ♪ 助かったなぁ^^

これでいいんだよね・・・^^
そうかどうかもわからない誰かの想いを憶測する必要もない。
だったらどうして?なんてことを考えることもない。
あれこれと自分を納得させるような理由を考え出すこともないんだ。
あるがままの事実をあるがままに受け入れること。
どうしてかなんてそのうちわかるさ^^
その時にわかればいいことだ。そのことに何らかの対処をしなくては
ならないのだとしたら、その時に考えればいい。

今ならよくわかるなぁ。
こんな風に私は自分で一生懸命自分に重荷を背負わせていたんだ。
長年歩いてきた轍の中を抜け出すのってそう簡単じゃないけれど、
それでもこうやって1つずつ気づいていけばいいよね。
そうやってドンドン軽くなるんだ♪

↓ポチっとしてくれると嬉しいなっ☆

【 2009/03/21 (Sat) 】 日記 | TB(0) | CM(16)

もう1つのSURPRISE!

子供たちからのSURPRISEをもらって幸せ気分に
浸ってはいたけれど、彼とは喧嘩したままで
そのことはずっと心に引っかかっていたままだった。
だけど、自分はどうすればいいのか、どうしたらいいのかも
見えなくて・・・無理に考えることをやめ、シエラさんに教えてもらった

”全てはうまくいっている”

を繰り返し繰り返し心の中でつぶやいていた。
みんなからいただいた温かい心も私の力となり、
私を支えてくれていた・・・^^

札幌から帰ってきた夜、彼から電話があった。
何事もなかったかのように先の予定の話をする彼に
ちょっと憤りを感じながらも、離れる気はないんだなって思った。
でも彼はこの時、何か私に言いたいことがあったのだと思う。
仕事中にも拘らず暇を見つけては三度も電話をくれたから。
結局彼は何も言うことなく、また明日電話すると言って切った。

翌日は私の誕生日だった。
仕事を終え、本を返却すべく図書館に寄っていたところに
彼から電話が入った。
誕生日だから食事に行こうと言う。
でも、私は制服のままだったし、着替えは自宅だ。
そのことを言うと彼はちょっと躊躇しながらも
まぁ、取りあえず一回来いとのこと。

彼の家に入ると、お孫さん達が走り寄ってきて

”お誕生日おめでとう!!!”

と言ってくれた。嬉しかった^^
だけど私はまた、お孫さん達に言わせて何も言わずにいる
彼のことをちょっと不満に思ってしまっていた(サイテー^^;)

それでも一旦自宅へと戻り、着替えてから食事に出かけた。
ぎくしゃくとした空気が流れたまま食事を終えたあと、
半ば強引に誘われ再び彼の家に行くことになった。

彼が何やら冷蔵庫から取り出し、テーブルの上に載せ
箱を空け・・・姿を現したのは私のバースディケーキだった。
私の名前入りのバースディケーキ。
それは私が生まれて初めて目にしたものだ。

うそ・・・・っ!!!!!!!!!

(゜∇゜ ;)エッ!? バースディケーキ?本当に?
すごい嬉しい!!!嬉しい!嬉しい!!!

もう何をどう口走ったのか覚えてないけど^^;
驚きと嬉しさでとにかく嬉しいを連呼していたわたし。
そして、涙がボロボロとこぼれてきた。

そんな私の様子を見ていた彼は、何も泣くことないだろう^^;と
言いながらもとても嬉しそうな顔をしていた。

私、バースディケーキなんて生まれて初めてもらったんだよ。
これがどんなに嬉しいかあなたにはわからないかも知れないけど
私にとってはホントにすっごい嬉しいことだもん・・・。

泣きながらそう言うと、彼は私の傍にきて
ぎゅっと抱きしめてくれた。

「ごめんな、辛い想いをさせて本当にすまなかった。」

と言いながら・・・。
一層涙が止まらなくなり、私は彼の胸で号泣した。

「これからは出来るだけここにいろ。」という彼に対して
「寒くなったり暖かくなったり、幸せだったり寂しくなったりするのは
もう嫌だ!」と言ったら、「寂しかったのか?・・・・・・俺も寂しかった。」
「だけど、あんな帰しかたしてそんなこと絶対言えないと思ってた。」
「よし!これからはずっとここにいて毎日暖かくして毎日
お前の好きなように過ごしていきなさい^^」
そう言う彼に対して、「本当にいいの?ここにずっといていいの?」
と聞くと、「うん、いいよ^^」と答えてくれました。
「もう帰れって言わない?」「うん、言わないよ。」

「だけど約束してくれ。これからは俺が何を言ってもドンと構えていろ。
お前は本当に自分に自信がないんだな。でも、自信持っていいから。
それと、もうあんな風に寒い思いをして我慢するようなことは止めるって。」
「お前から色々聞いているから俺、嫌なんだ。」

色々・・・。それは私の過去の出来事の話だ。
朝起きたら布団に雪が載っていたこと。
一人で実家にいた時に、玄関が凍って開かないから
隣の家にお湯をもらいに行ったり、氷を割って家に
入ったりしていたこと。自分の部屋にストーブがなくて
防寒着を着込みマフラーをして手袋をして勉強していたこと・・・。

彼の顔に浮かんだ嫌悪の表情は、私のことが嫌だとか
いうわけではなく、そういった過去の辛い私の姿を見るような
気がして、自分がそんな想いを私にさせているような気がして
嫌だったということだったんだね。

それから二人で私の家に行き、再びPCを含めた荷物を取って来ました。
「洗濯物も全部持てよ!」という彼の言葉がすごく嬉しかった。

彼の家に戻りケーキにろうそくを灯し、
お孫さんと彼とで私のバースディソングを歌ってくれて・・・。
もう本当に幸せでいっぱいな気持ちになりました。

21年My Birthday♪

私にとってもう1つのSURPRISEはこのバースディケーキでした^^
たかがケーキ。これが当たり前の人にとっては何でそんなに
感激するのかわからないかも知れない。
だけど、このケーキは私のインナーチャイルドを癒してくれるのに
とてもとても大切な役目を果たしてくれました。

誕生日を祝ってくれる。私は生まれてきて良かったのだと思える。
私にとってそれほどの意味がこのケーキにはあったんです。

そんなわけで、また私はぬくぬくと彼の家に居座っています^^
今回の喧嘩で彼の中での何かも変化しているよう。
これからも何度もこんな風に喧嘩していくかも知れない。
だけど、その度に互いを理解し、互いを想う心を
当たり前の中で見失いがちなものを取り戻しながら
二人でゆっくりと歩いてゆきたいと思っています・・・^^

↓ポチっとしてくれると嬉しいなっ♪

【 2009/03/20 (Fri) 】 日記 | TB(0) | CM(20)

SURPRISE!!

先日の記事に対して、いつもながら温かい心を
本当にたくさんいただきましてありがとうございました!!
すごくすごく力となり勇気となり・・・。
とても助けられました・・・^^

”いつもありがとう”

今はもう大丈夫です^^
毎度ご心配お掛けして本当にスミマセン!!



~*~*~*~*~*~~*~*~*~*~*~~*~*~*~*~


二月の末、下の娘から電話が入った。

「ホテルの無料宿泊券が当たったんだけど一緒に行こうよ♪」

はい?w 突然の申し出にちょっと困惑しつつ
どこのホテルなのかを聞いたんだけど、ハッキリ答えない。
しかも、「あちこち声掛けたんだけどみんな都合が悪いから
お母さん行こうよ!」なんて言うから尚複雑だw
それにどうやらそのホテルは札幌よりも遠いらしい。
私は先月も札幌へ行ってきたばかりだし、正直あまり気乗りがしなかった。

だけど、娘はどうしても行きたい様子。
それに調度、娘の誕生日と私の誕生日の間の日程。
まぁ、二人でお互いの誕生日祝いがてらのんびりしてくるのも
悪くはないか・・・^^ と思い承諾した。

札幌周辺のホテルということで、一泊二日では厳しいだろうと
いうことで、一日休みを取り、上の娘のところに前泊することに。

娘の車で運転を交代しながらいざ札幌へ♪
途中、高速道路でガソリンが切れそうになり(笑)
慌てて途中で降りる・・・なんてアクシデントもあったりしたけど
携帯ナビで何とか無事に辿り着いた。

その日の夜は例によってまた(ニアピンの)温泉へw
温泉から帰ってきたらもう結構遅い時間にもなっていたけど
疲れもあったのか、まだ娘二人がお喋りしていた中
一人で先に寝てしまった^^;

翌朝起きると上の娘はいなかった。
「もう仕事に行ったの?」と聞くと「もう行ったよー。」と下の娘。
そっかぁ・・・じゃあ何時ごろに出発しようか、それまで何を
していようか?なんて話しを持ちかけていたところへ
ニッコニコしながら上の娘と息子が入ってきた。

母 「(゜∇゜ ;)エッ!? 仕事に行ったんじゃないの???」
上の娘 「は?休みだよー。」

ど・・・どういうこと???

そこでようやく私は気がついたのだ。
これは3人の子供たちが計画したSURPRISEだということに。
子供達は大分前からメッセや電話でやり取りをしながら
私の誕生日をお祝いすべくずっと相談していたのだ。

下の娘は嘘が苦手^^; そんな下の娘に上の娘が随分と
シュミレーションをしたらしいw
多分、お母さんはこう言うだろうから、その時はこう返してとかw
そして私は物の見事にその通りの言葉を言っていたのだw
み・・・見透かされてる・・・っ!!( ;´Д`)w

そんな種明かしを聞きながら、いつの間にこの子達は
こんなことを考えるようになっていたのだろう・・とウルウルしていると、
上の娘がこう言った。

「これが最初の親孝行だよ^^」


涙が溢れた。
今でも思い出すと涙が溢れてくる。


という訳で、子供達からの誕生日プレゼント
登別温泉に4人で行ってきましたーーーっ♪

090315_0931~0001 

もう最高の誕生日プレゼントでした!!!
私は、本当に幸せ者なのだと心の底から感じました・・・^^

でも、SURPRISEはこれだけではなかったのです。
それはね・・・。

次回にUPしまーす☆ ('-'*)エヘ♪

下の娘からのプレゼントである『電子タバコ』が心に重く
のしかかっているあおにポチッとオネガイッ(人・・)w

【 2009/03/17 (Tue) 】 日記 | TB(0) | CM(24)

お願いがあります(*_ _)ペコリ

このところ幸せ報告をずっとしてきていたけれど、
昨日の朝、荷物をまとめて(PCも)自宅へ帰ってきました。

原因は些細なことなんだよ^^;
あ、別れたという訳ではありません。
要するに、私がむさい顔をして彼の家にいられるのが嫌なのだそうです。
まぁ私も心が狭いとは思うけど・・・。

ちょっと長くなるので、あとは続きに書きますね。

あと読むのが( ゚Д゚)マンドクセーって人はここでクリック♪
【 2009/03/12 (Thu) 】 日記 | TB(0) | CM(28)

不幸体質

シエラさんのところでも記事になっていたが、自分が不幸であることを
嘆きながらも不幸から抜け出ることが出来ないでいる人達がいる。
(。・_・。)ノハィ♪ 私もそんな一人だったりします☆

そこには中々抜け出すことが出来ない罠が潜んでいる。
その罠に気づくことが出来たなら抜け出すことは
難しくないかも知れない。
もちろん、一朝一夕には行かないんだけどね^^;
そして、気力と根性と諦めない(自分を信じる)心が必要。

この ”不幸体質” というものは、幼い頃に出来上がってしまうものらしい。

その原因の殆どは、機能不全家族の中で過ごした体験。
自分が自分であってはならないという想いにならざるを得なかった体験。
諦めることでしか生き延びることが出来なかった幼い頃の自分。

特に身体的虐待や精神的虐待を受けて育った場合は、
不幸体質の度合いも半端じゃない。
子供は、親のすることを受け入れなければならない。
親を拒絶することは、すなわち ”死” を意味するのだから。

なので虐待されること=自分が悪い
とう図式で自分を納得させるしか術が無い。
虐待されている子供は例外なく親のことを批難することはない。
ただただ、自分が悪い子だから当然なんだと言うだけ。
そしてそれは言うだけではなくそう思いこんでいるんだよね。

この時点ですでに自分は価値のない存在だという根っこが出来上がる。
価値のない自分が幸せになるはずがない。
そういう想いは大人になっても根強くその心に沁み込んでいる。

価値のない自分は親にしがみつくしかない。
必死で親の顔を伺い、いい子になろうとする。
そこには ”自分” というものがない。
”自分のための自分” ではなく ”親のための自分” に
なってしまっているんだよね。

私がカウンセリングを受けさせてもらっているながさんは仰いました。

『自分という味方を失うことは人生最大の悲劇です』 と。

自分が自分のままでいることを認めてもらえない、認められない。
そんな環境で育った人は、自分が幸せになることを自分に
赦すことが出来ない。自分にはそんな価値はないと思い込んでいるから。

不幸体質の原因となるものがもう1つある。
虐待する親は、いつでも虐待する恐ろしい親ではないということ。
自分にとって ”こうあって欲しい親” と ”そうじゃない親” が
繰り返し繰り返し現れるのだ。

最初は期待もしたし、希望も持っただろう。
もしかしたらこのまま自分は愛されるようになるのではないか!と。
だけどその願いも期待も希望も見事に打ち砕かれる。
そんな繰り返しの中で、願いも期待も希望も失ってしまう。
期待すればするだけ傷も大きくなる。
だからもう二度と期待はしないと固く心に誓う。

自分が幸せになることなんてありえっこないのだ・・・と。

だから不思議に思う人もいるかも知れないけれど、
不幸体質の人は不幸でいることが自分にとって安全であり
安心できることになるんだよね。
その安心は、これ以上傷つくことはない、これ以上ひどいことはない
という想いにしがみつけることが出来るからかも知れない。

誰よりも幸せを願っているのに、それを自分自身が赦せない。
幸せに浸りきることが出来ない。
自分でも訳のわからない不安と恐怖に支配されてしまう。

どうすればその恐怖の支配から抜け出すことが出来るのか。

”自分という味方” を手に入れること。

何故今の自分がこんな恐怖を抱えてしまっているのかを理解すること。
それは辛い作業だけどね・・・^^;
親のせいにするわけじゃない、何かのせいにするわけでもない、
もちろん自分のせいにするわけでもない。
良い悪いじゃなく、あるがままの自分が感じた想いを感じること。
自分が感じた想いを認めてあげること。

そして、抱きしめてあげること。

自分を認める言葉のアファメーションも良いと思います。
最初はどうしても否定してしまう心が疼きだすと思うけど、
それでも諦めないで続けること。
そんなはずない!そんなわけない!と叫ぶ心を否定せず
そっと抱きしめてあげよう^^

そうだね、そう思うよね。わかるよ^^
でも、もう大丈夫だよ。私がここにいるから^^

そう言って上げて下さい。

こんなことをつらつらと書いてはいるけれど、
まさに私も今、この過程の真っ只中にいます。

だから一緒に頑張ろう^^

あなたには価値があります。
この世でたった一人のかけがえのない存在です・・・^^
そう断言します。

↓ポチッとしてくれると嬉しいなっ♪

【 2009/03/10 (Tue) 】 心のままに | TB(0) | CM(8)

幸せへの一歩

昨日、髪を切ってきた美容室がイマイチだったと書いたんだけど、
それでも私はこの美容室に通い続けてみようかなと思ってる。
あ、ちなみに私は非常に勝手気ままな人なので、いつ何時今の想いが
変わるか定かではありませんが・・・w

今までの私なら、こんな風に気に入らない髪形にされたら
もうその美容室に行くことはなかった。
そして、次々と新しいところへ行ってみて、気に入れば数回通い
気に入らない時があったらそれきり行かない。
そんなことをずっと繰り返してきた。
だから、どこかのお得意様になったこともなかった。

気に入らないなら次行けばいいさ!

それはそれで良い部分もあったとは思う。
今でも一方的に自分の好みを押し付けるような美容室へ
通う気はさらさらないw

だけど、すぐに絶ち切ってしまう自分の行動に疑問を持つようになった。

本当にこのままでいいの・・・?

私が美容室の立場だったらどうだろう。
たった一度気に入らなかったからといって、絶ち切られてしまうのは
やっぱり悲しいかも知れない。
数多くのお客様を抱えてその一人一人の特徴や好みや意向を
覚えてちゃんと要望に応えてゆくのは並大抵のことではないだろう。

それを一度や二度でちゃんとしてよ!っていう方がわがまま?^^;
不満を持って絶ち切る前に、私はちゃんと私の意志を伝えたの?
わかってもらおうという努力をしたの?
自分はちょっとだけ何かを伝えて、それで全てを汲み取って
もらおうなんて虫が良すぎない?

人はいくら言葉や動作で表現をしても、中々正確に心や頭の中に
あるものを伝えることは難しい。
同じ ”赤くて丸いもの” でも、人によって色の具合も形も
雰囲気もまるで違うものを想像するものだから。

それでも繰り返し繰り返し伝え合えば、100%とは行かなくても
かなり近いものを共有出来るようにはなるだろう。

そんな ”時” を自分自身と相手に提供するのも悪くないな・・・^^

そんな風に思うようになった。

そしてそんな風な想いを持つことが出来るようになったのは、
今の彼のお陰かも知れない。
ここでも何度も書いてきていたけれど、数年前の私だったなら
とっくに彼とは切れている。
だけど心の奥底から、”本当にそれでいいの?” という声が聞こえて
絶ち切ることが出来ずにここまで来た。

今はその心の声に逆らわずにいて本当に良かったと思ってる^^

美容室だけじゃなく、何につけても私はわかってもらおうという
努力をしてこなかったと思う。
その前に諦めて・・・というよりは最初から期待もしていなかったかも。
そんな私が対象となる相手を非難できるはずもないんだ。
ちゃんと伝えよう、何もせずに諦めてしまう前に。

こんな想いは私の幸せの確実な一歩だと思っています^^

↓ポチっとしていただけると嬉しいなっ♪

【 2009/03/09 (Mon) 】 心のままに | TB(0) | CM(12)

うっそぉ・・・!!

ゆったり休日^^ 久しぶりに髪を切ってきました♪
今日行ってきた美容室は昨年暮れにオープンして
その時に割引があったので行ってきた以来。
つーか、それ以来髪を切ってなかっただけなのだが・・・w

美容室はどこに行ってもそれなりというか、イマイチ気に入らない
ことが多いのだけど、そこは結構良かったので
次もそこに行こうと思っていたんだよね。
今日の仕上がり具合は、まぁまぁ・・・かな^^;
それと、一生懸命話し掛けてはくれるのだけど、
微妙なギクシャク感がすっごい伝わるのよねーw

なんだろうなぁ・・・。
なんつーか自信がなさげ???
これでいいのかなぁ?これで大丈夫なのかなぁ?
みたいな空気が伝わってきているような気がする。
多分、本人は髪を切る事に関しては自信があると思う。
だったら、バーン!と出しちゃっていいんじゃない?って思った。

多少の押し付け感は、安心に繋がる部分も多いんじゃないかな。
あぁ、自信あるんだなぁ。じゃあ任せてみよっかな^^ みたいに。
押し売りはもちろん嫌だけどさw
お客様の意向を聞く、要望を叶えることも大事だとは思うけど、
ある程度は自分を押しちゃってもいいと感じたかな。

きちんと自分の言う通りにしてくれなくちゃ嫌!って
お客様ももちろんいるとは思うけど、
私みたいに特別こうして欲しいとかないお客の場合は、
自分の新しい魅力(?w)を引き出してもらえたりしたら
絶対ひいきにしちゃうと思うけどなーっ♪
なーんて、ちょっとした感想でしたw

で、自分を振り返る私w (毎度のことですが)
私も変に遠慮深いところがあるんだよね^^;
”人の振り見て我が振りなおせ”
何事もやっぱり ”バランス” ってとても大切なんだよね。
何をどう考えても感じても結局ここに落ち着く気がするなw

買物も済ませ髪も切って久しぶりに我が家へ♪
しょんぼりしているお花達に謝りながらお水をあげて、
家に帰るたびに、少しずつ私の持ち物をこちらに
持ち込むべく袋に詰め込んで・・・w

足取り軽く一階まで下りてね、いつもなら見ないんだけど
入り口のところにある掲示板みたいなところにふと目をやったら、
お知らせの張り紙なんかの下の画鋲に何かが下がってる。

(゜∇゜ ;)エッ!? (゜∇゜ ;)エッ!? (゜∇゜ ;)エッ!?
も・・・もしや、こ・・・これは・・・っ!!!!

うっそぉおおおおおおおおおおおおっ!!!
(あお、心の叫び)

090308_1742~0001 

そう・・・。ついに失くしたと思っていた私のペンダントだったんです!
びっくりしたーーーーーーっ!!!
こんなことってあるの?いつから下がっていたのだろう?
誰かが拾って掛けて置いてくれたのだろうね。
どこに落ちていたのかわからないけど、何棟もある団地の中で、
私の住む棟の入り口に掛けて置いてくれるなんて・・・。

今までも何度失くしても必ず手元に戻ってきていた。
だけど今回ばかりはもう絶対ないと思ってたのに、
4ヶ月以上経って私の手元に戻ってきてくれました。
今は彼からプレゼントしてもらった新しい守り神があって、
それを身につけているのでちょっと複雑だけど^^;

でも、奇跡ってこういうことをいうのかな・・・って思った。
細いチェーンでアクアマリンもちっちゃくて。
手の平の上で丸めちゃうと、一センチくらいの大きさしかない。
こんな小さなものが、何ヶ月も経って見つかるなんて。
普通は絶対有り得ないと思う。

諦めて身代わりを身につけてしまってごめんねという想いと
帰ってきてくれて本当にありがとうという想いと・・・。

今は身につけてあげることが出来ないけれど、
大切に大切にしまっておこうと思います・・・^^
ペンダントは身につけて欲しいのだろうけどなぁ(>_<)

↓ポチっとしてくれると嬉しいなっ♪

【 2009/03/08 (Sun) 】 日記 | TB(0) | CM(12)

人間の力

  
090304_0837~0001 

090304_0836~0001 

昨日プチ出張へ行ってきた際に写メして来た流氷です♪
ブログ友のところでは、ぼちぼち桜なんかが
お目見えしているようだけど、ここはまだまだ厳寒期!!
春はまだまだ先ですね・・・^^

でも、そんな寒さの中でも木々達は着々と春に向けて
日々芽をふくらませているんだよねぇ。
それが自然の摂理ってもので、そう生きるのが本来の生き方で・・・。
人間だけが、自然からちょっと離れてしまっている気がする。

それは、神様が人間に与えた力ゆえ。

動物も植物も鉱物もあるがままに生きる。
その生き方は自然界そのもので、この世界そのもので。
だけど、環境に順応した変化や進化はしても
彼らは自然と1つでありそのものであるゆえに
この世界そのものを広げてゆく力はない。

人間だけが持つ力。
今はまだその力に間違った方法で頼ってしまっていて、
その本来の使い方を私達は知らないでいる。
多分そこには無限大の可能性がある。
この宇宙そのものを進化させてゆける大きな力が。

何でもそうだけど力もまた使うものの心によって
宝物にもなり、凶器にもなってしまうんだよね。

それでも神様は私達にその力を与えた。
そして今も与え続けている。
それはどういうことなのか?

私達は信じられているということ。

いつの日か必ず気づき、その力を本来の目的の元に
使うようになることを。生かしてゆけるようになることを。
今この時も信じて長い長い目で見守ってくれているのだろう。

今はまだまだ過程の中。

そんな過程の中に在る私達も、私たち自身もこの世界も
その時に向かって歩んでいるのだということを
信じてゆきたいね・・・^^

↓ポチっとしてくれたら嬉しいなっ♪

【 2009/03/05 (Thu) 】 心のままに | TB(0) | CM(12)

泣きっ面に蜂

札幌に行って癒されても、温泉に行って癒されても、
結局一時しのぎは一時しのぎにしかならないってことだよね。
でも、たまにはこういうことがキッカケになってふっと
抜け出すことが出来る時もあるんだけどなぁ。
今回ばかりはどうにもこうにも(>_<)

身体も不調が続いている。
札幌行く前は喉が痛くてどうしようもなくなってね、
今回ばかりはさすがに病院に行ったの。
風邪ではないんだけど炎症起こしてるからって抗生物質もらって
それ飲みだしてから浮腫がひどくなって体重も一気に4キロ増加。
さほどきつくもない靴下でも、ゴムの部分が一センチも凹むくらい
ひどくなったので、薬をやめて・・・。
様子を見ていたのだけれど、徐々に良くなってきたからヨシとして・・・。
もう大丈夫かと思ったら、転んで・・・(;-;)ウルウル

会社も、暇で暇でいられなくてそんな不満ばかり思っていたら
今日異動があって、私の仕事が増えることになったの。
本来なら喜びたいところだけど、一気に二人分の仕事をこなすように
なるみたいで・・・。
不満を思い過ぎたから・・・?;;

今3人の部署が一人欠けることになったのね。
で、もう一人の人は(例の後輩)自分の仕事で目一杯なので
自分は出来ないときっぱり言い切ったの。
ということは、私が欠けた人の分を全部背負うってこと?
今私が持ってる仕事はそのまま全部あるのに?
その後輩は、昇進してお給料あがるけど私は日雇いのままなのに?

なんでこう追い討ち掛けるようなことばかり起こるかなぁ(;-;)
多分私自身が呼び込んでいるのだろうけど・・・。
まさに、”泣きっ面に蜂” 状態だよ(>_<)

彼に話したら、忙しくなって良かっただろって。
どうせお前は忙しくなったらなったでまた文句言うんだろうけどなって。

その通りですね。わかってるよっ!!(>_<)
不平不満ばかりの今の自分が自分だって嫌なんだよ!
そんなのが口火になって、いらんところでまで喧嘩してしまった。
(´ヘ`;)ハァ・・・。

私が能力を買われてなかったらこんな人事にはならないだろう。
だけど、安い賃金で目一杯こき使おうなんて都合のいい
了見じゃないかぃ?(ーー;)
それでなくても、団地の家賃が跳ね上がったのにさぁ・・・;;

段々腹立ってきた・・・。
もう、知らない!!!(*'へ'*)ぷんぷん!!


はー、スッキリした・・・w

↓今日もワンクリ~♪オネガイッ(人・・)

【 2009/03/03 (Tue) 】 心のままに | TB(0) | CM(6)

めげそうな毎日だけど

昨日図書館に返却してきたもう一冊の本も、昨日の記事のタイトルにもした
自分に対するOKを育てる・・・といった内容のものだった。
何気なく手にした本だけど、何か引き寄せるものがあるんだろうなぁ。
そんなことを思っていたら、ふとあることに気がついた。

これって、今の私の課題になってるのかも・・・って。

何故、今私が会社で辛いのか。
何故、御局様&後輩の一人が嫌でたまらないのか。

あ・・・ちなみに今は、”御局様と仲良く昼食~♪” は中断中です^^;
会社に於いては、今以上の無理は負担が大きすぎるから(>_<)

この二人は、私が心の奥底に抱え持って中々手放せないでいる
”私はOKじゃない” という部分をひどく刺激してくれるのだ。
その部分を刺激されると、途端に鬱になる。
逃げ出したくてたまらなくなる。
記憶として認識すらしてない深い記憶の中にリンクし、
当時の感情がフラッシュバックしてくるのだと思う。

この頃何故かこのリンクがとても多い。
げんなりするほど・・・だ。
何かにつけて、”あなたはOKじゃない” と言われている。
言葉で態度で、その目つきで。
いたたまれない。
それを強く感じた時から昼食会はやめている。

私自身のミスもある、相手の勘違いの部分もある。
私が嫌われているわけじゃないことはわかっているんだよ。
言いたいことを言ってスッキリした御局様は、落ち込んでいる私に
お菓子や漬物や色々持ってきてくれたりもする。
だけどそんなのは要らないんだ。
たった一言、”誰にでも失敗はあるからさ^^ 今度気をつけようね”
の言葉が欲しいと切に思う。
勘違いの部分を聞く耳持って欲しいと切に願う。

なんかもうヤル気も根気もなくなっていて、
いつもよりミスが多くなっているのも原因なんだよね。
こんな気持ちでいても良い仕事なんて出来ないから
いっそ辞めたほうがいいと思ったりもする。
こんなサイクルから抜け出したいとは思うけれど思うようにいかない。

ミスをするのは私だけじゃない。
”あなたはOKじゃない” と言われているのも私だけじゃない。
言われたことを反省して次に生かしてゆけばいいだけのこと。
でもどうしてもモチベが上がらない。

”私はOKじゃない” という根強い想い。
何だかんだ今乗り越えろということではないのかも・・・とは思う。
だけど、いつか乗り越えるべき時に向けて、今ここで何かを知り
何かを拾っておく必要はあるのかも知れないな・・・。

これを書いてる最中に彼から電話が来て、
「今夜は温泉に行って来ようと思ってるんだけど、どうだ?^^」
と言ってくれた。あぁ、本当に救われる。

地球の恩恵である温泉にゆったり浸かって、
色んなものを浄化してこようと思います^^
今朝思いっきりすっころんで、しこたま打ったお尻も癒してこようw

↓今日もポチっとオネガイッ(人・・)♪

【 2009/03/02 (Mon) 】 心のままに | TB(0) | CM(12)

私はOK♪あなたもOK♪

久しぶりに図書館なんて行って、3冊の本を借りてきた。
実は今日はその返却日。
あと一冊読み終えてねーーーーっ!!( ;´Д`)
というわけで、後ほど返却と延長をしに行って来ようと思います♪

最初に読んだのが、コレ↓

こころに天使を育てる本

こころに天使を育てる本
(2003/02)
森津 純子牧野 和子

商品詳細を見る

これはかなりお勧めの一冊です^^
ご存知の方はよーくご存知であろう、牧野和子さんが挿絵(絵による解説)
を書いているんだけど、これがまたよりわかりやすくしてくれています。
これを読む中で、なるほどなぁ・・・とかそっかぁ!と思った事は
数知れずあるのだけれど、特に私にとって目からウロコだったのが、

”いいところ探しのエクササイズ”

自分の中のダメをOKに変えてゆくためのエクササイズなんです。

 1.自分のいいところを書き出してください。
 2.ほめられたことを書き出してください。
 3.周りの人のいいところを探してください。

私は、3を読んで(・へ・;)うーーん・・・???と思ったんだよね。
なんで周りの人のいいところを探すことが自分をOKと思うように
なるためのエクササイズになるの???と。

でも、ちゃーんとそれについて解説がありました。

 
3はいいところに思えないかも知れませんが、これもあなたが
 「今持っている」か、「将来持てる」いいところなのです。
 なぜなら、自分の中にないものは、絶対見つけ出すことは
 できないからです。

なるほどぉおおおおお!!!ヽ(゜∇゜o(゜∇゜)o゜∇゜)ノ ニパッ!!
確かにその通りだと思います。全く以って!!
今、誰かのことを ”すごいなぁ” ”素敵だなぁ” と思っているなら
それは自分の中に今現在それがあるか、それともそう育てることの
出来る種をしっかりと持っているということなんですね。

本全体をほんわかと優しく温かいものが流れていて、
読んでいると(´▽`) ホッとするし、とても癒されます・・・^^
時折書かれている、”筆者のひとりごと” にも親近感を覚える。
筆者もまた、”OKではない自分” を乗り越えてきた人のようです。

知識上だけではない、生きた経験から出てくる言葉は
人の心を打つ大きな力がありますよね。

明日からまた憂鬱な日々が始まるけれど・・・^^;
(ほんと、今の私にとって会社は地獄・・・w)
全てをそこに呑み込まれてしまわないように、
しっかり ”わたし” を持って今自分が出来ることを出来るだけ
やっていこうと思います^^

さーて、図書館とお買物に出かけてきまーす♪

↓ポチッと応援よろしくオネガイッ(人・・)☆
【 2009/03/01 (Sun) 】 日記 | TB(0) | CM(5)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。