あお’SROOM

生きていくって大変だよね。日常の中から色んなことに気づいてちょっとずつ成長できたらいいな。
0512345678910111213141516171819202122232425262728293007

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

母に

いやはや・・・随分と放置しておりました・・・w
まぁでも、それだけ実生活が充実してるってことでもあり^^
毎夜毎夜ネットにかじりついていた頃とは大きな違いで、これはこれで
良いことなのだと感じております♪




昨年暮れにあったある出会いにより、今年の初めに掛けて自分の心&母と
今一度向き合うようになり、自分の中で大きな変化が起こった。
そして母に会う決心をした。


そう、遂に母に会ってきました・・・^^

何の連絡もせずに訪ねていったものだから、母は留守で居なかった。
何度訪ねて行っても留守だったので半ば諦めかけていたのだけれど、
ちょうどお向かいさんがいたので行き先を知らないかと尋ねてみたら、
緊急の場合の連絡先として携帯番号が書かれたメモがあることを教えてくれた。


や、私が気づかなかっただけなのだが・・・^^;

すぐ、その番号に電話をした。
母のご主人が出たので、母に連絡を取りたい旨を話すと代わってくれた。
名前を告げるとすぐわかってくれたけれど、その後の話が進まない。
多分、ご主人や他の人が傍にいたからなのだろうけど。


それでも、連絡先を記したメモを残して置こうと思っているんだけどと伝えると、
「置いといて!」と即座に返事が来た。
その日はそれで終わり、予定では連れて行ってくれた彼と温泉にでも
ゆったり浸かって観光でもしようと言っていたのだけれど、
予定変更してその街に一泊することにした。


会えるかどうかもわからない。
会いたいと思ってくれているのかどうかもわからない。


一人じゃなくて良かったと思った。
彼と美味しい食事を摂って、車の中で二人でぐっすり眠った。


翌朝、携帯の着メロで目が覚めた。
母からだった。


会う約束を取り付けて再度訪ねていった。

母は私を見るなり満面の笑みを浮かべながら、両の手で私の頬を包み込んだ。
あぁ・・・良かった・・・心がほぐれていくのを感じました。

母の笑顔を初めて見た。
多分母も、私の笑顔を初めて見ただろうな^^;
30年近く前に会った時とは違って、母は本当に色んなことを話してくれた。
私が聞く耳を持つようになったからなのだろうね。
今度は、どんな話も素直に聞くことが出来たよ。

離婚後、母の父親と共に子供たちを引き取りたいと訪ねてきていたことも
聞いた。
だけど、生活の当てもなく幼い子供を抱えて生きてゆけるわけがないと
突っぱねられ、子供たちが18歳になったら引き取っても良いと言われた
と言っていた。
だけど、その後再婚し・・・。

「自分の思うようにはいかないものだよね・・・^^;」

と少し寂しそうな顔をしてポツリとこぼした言葉が印象に残っている。

帰りがけに、私が残したメモ切れを持ってきて、住所を書いて欲しいと
言うので書いてきた。
「秋になったら美味しい牡蠣を送ってあげるから^^」と。
「失くさないよう、大事に大事にしとかなくちゃ。」と言いながら
自分の胸に押し当てていた姿を見て、私はやっぱり愛されていたんだなぁって
とても思ったよ。

一切の偏見を捨てて見た母の印象は、

”とても頭の良い人”

でした。
30年近く前に会った時のことも、私が忘れてしまっているようなことも
詳細に覚えていたりしてちょっと驚いた。
(もしかしたら、何度も何度も繰り返し思い出していたのかな。)

とても70歳を超えているとは思えない頭の回転の速さ。。。
話をしながら、スゴイな・・・って何度も思ったわ。

「本当はみんなで仲良くすることが出来るといいんだけど、もう歳だし・・・。」

と言っていた母。
母の今の家族は、誰も私のことを存在を知りません。
ちょっと顔を出したご主人には、「ヤクルトの人?」って言われたわ(苦笑)
70を過ぎて、敢えて波風を立てるようなことはしたくないと思う母の
気持ちもわかります。

だから、頻繁に行き来するようなことはないけれど、
また会いに行こうとは思っています。

帰路に着く車を、いつまでもいつまでも見送ってくれていた母。
今回遂に、「お母さん」と呼ぶことは出来なかったけれど、
今度会った時はちゃんと呼ぶからね^^

私はまた1つ、大きな壁を乗り越えたと思います。
その手助けをしてくれた彼にも大きな感謝を・・・^^

スポンサーサイト
【 2014/06/29 (Sun) 】 心のままに | TB(0) | CM(8)

変化

今月いっぱいまでの週休二日を満喫している昨日のお休みは、彼と山菜採りへGO!
大量のセリとウド、少しのこごみとフキを収穫してまいりました♪
その道すがら、すごいものに遭遇\(◎o◎)/!

CA3J0434.jpg 

わかります?

クマです、熊!!!ヒグマ!!

毎年この場所に山菜採りに行ってるけれど、熊に遭遇したのは初めてです。
写真では大きさがわかりづらいと思うけど、これは小熊。
多分近くには母熊がいたはず。。。お目に掛かれなかったけどね^^;

(ちなみに、この写真は道路脇に停めた車の中から撮ったものですw)

そんな山奥という訳ではない場所だったので、かーなりびっくりしたわぁ(@_@;)
野生の熊なんて、前職で山奥で券買していた時以来。
まぁ、この写真を撮った後、もっと山奥に行ってウドを採っていたんだけど、
その時はまったく出没しませんでしたがw
でも、やっぱり実際に熊がいるんだなぁって、気をつけようって思ったわー。

気温も結構高く、二人して汗だくで色々と収穫し、夕食はこごみとウドの芽の天ぷら、
フキの煮付けにウドの酢味噌和えに、セリのおひたしと胡麻和えと山菜三昧♪
タダなのに、ものすごく贅沢している気分♪
『なんか、すごく健康になりそうw』と言いながら、美味しく頂きました^^
山のものって生命力が溢れていて、自分の中にパワーが湧いてくる気がします。

今度のお休みはわらびだな~ww
そしてその後は、塩蔵用のフキを採ってきますw
今年は彼もフキの塩漬けに挑戦するんだって♪

そう、何かが彼の中で変化したようで。。。

先月、ちょっと遠出してチューリップ公園に彼が連れて行ってくれた時のこと。
「俺、本気でチューリップを育ててみようかな、ここで買って行くかな。」
と言い出したので、かーなり驚いた。

「うんうん、いいんじゃない?^^ でも、どういった心境の変化なの?」
と聞くと、

「お前がまるで生きているものみたいに扱うからさぁ。。。」

(や、生きてますが?w)

「俺、今までぞんざいに扱って来たかなと思って・・・。自分で育ててみたら
  そういう気持ちがわかるようになるかなって思ってさ^^;」

へぇーーーーーっ!!!と二度びっくり。

彼の家にいた頃、宿根草を買ってきたり叔母や義姉からもらって植えたりした
花達の殆どを引き抜かれてしまったり、枯れてしまったりしているのを
私が随分と嘆いていたから、彼なりに色々と考えたのだろうね。
更に今年は、自ら野菜の苗を買って育てることにも初挑戦しています。

彼の家には、前に住んでいた人が育てていた木や植物達が沢山あったのだけど、
要らないからと言って、その殆どを引き抜き潰してしまっていた彼。
そんな彼がこんな風に変わるとは思ってもみませんでした。

でも、良かった^^
すっごく嬉しい。

「山菜採りも、こうやって何かを育てようと思うのも、みんなお前のお陰」

そうシミジミと言ってくれた彼。
逆に、私の方が感謝の想いが湧いてきます。
私の気持ちを理解しようとしてくれていること。
私が大切に思っているものを大切に思えるようになりたいと思ってくれること。
本当に嬉しく思います・・・^^
【 2014/06/01 (Sun) 】 心のままに | TB(0) | CM(4)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。