あお’SROOM

生きていくって大変だよね。日常の中から色んなことに気づいてちょっとずつ成長できたらいいな。
061234567891011121314151617181920212223242526272829303108

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

私のままで

“Q(´д`;q)あぢぃ~・・・w
北海道も夏を満喫?している感じですわ。

彼の家を出てから早二年近く経ち、最近になって息子も動きを見せ始めています。
だけど、まだゆらゆらと揺れているようで、俄然ヤル気を見せ今後のことを
熱く語ったかと思うと、自分の全存在を否定するかのような発言をしてみたり。。。

そんな息子の様子に一喜一憂している私だったりするのですが、
夕べまたまたマイナス発言を連発する息子と久々に喧嘩をしてしまいました^^;
それきり飯スト?らしく何も口にしてないみたいだわw
まぁ、そのうち元に戻るでしょう♪
菜園にはちゃんと水遣りをしてくれていたしね^^

今の時期、事務所だけではなく現場で仕事をすることも多いんだけど、
そこに行くといつも必ず話し掛けてくる人がいるんだよねw
いつも他愛のない話というか、どうでもいい話というかww

で、今日は同じ現場内で働いている他の人の字が上手じゃないというようなことを
言って来たので思わず。。。

「や、あなたも同じようなもんだと思うけど?w」 と返してしまったww
つーか、字の上手な人は他の誰かの字が下手とか指摘しないよね。
上手か下手かと聞かれたならば答えるだろうけど。
自分の字が上手だと知っていると、他の人の字がどうとか気にならないというか
どうでもいいんだよねー。

これって、色んな状況で同じことが言えるかも知れない。
他への評価って、そのまま自分自身の評価と比べているっていうか、
他者と比較することで自分の価値を量ろうとしているというか、
要するに他者への批判はそのまま自分のウィークポイントってことなのだろう。

私、その人に対してはホント何でも言えちゃうんだよね。
何故かと言うと、その人が怒ろうが、それで私のことを嫌おうがどうでもいいから。
というか、私が何を言ってもその人は怒らないだろうし、嫌わないだろうしね。
何の根拠もないけれど、私はどこかでそれを知っているから。

そんなことをつらつらと考えていたら、フトある想いに気がついた。

息子はどうして私の想いをわかってくれないのだろう?
そういう感情はそのまま私のウィークポイントなんだってこと。

やるせない気持ちは実は息子に向けられたものではなく、
想いを伝えられない、何ともしてあげられない情けない母親としての自分。
息子をわかってあげられない、ダメな母親であるという想い。

現場の人に対してのように、言葉を選ばず話すことが出来ずにいる。
”ダメな母親” と思われたくないから。
言葉を選びすぎて何を言えばいいのかわからなくなってしまう。
こんなウィークポイントが私の中にあったとは。。。^^;

これだもん、息子もゆらゆらするわなー(ーー;)w

でも、そんな自分に気がついて楽になった^^
気づくまでは気まずい状態の息子に対しても、どうしたものか・・・と
考えたりしてたけど、それもどうでもよくなったw

私は私・・・だ。

下手に取り繕うとするから、おかしくなる、ややこしくなる。

私は私でしかないし、私は私のままでいい。
ドンと構えていればそれでいい。

情けない母親だっていいじゃないか。
それが私なのだからさ♪

現場の人がキッカケで、また1つ気づけたことに感謝☆
やっぱ、全ては繋がっているんだよね。
どんな些細なことでさえも。。。
スポンサーサイト
【 2014/07/31 (Thu) 】 心のままに | TB(0) | CM(2)

振り出しに?

ずっと押されるかのような多忙が続いていたところからようやく抜けつつあり、
精神的に脱力したのと同時に時間的にも余裕が出ているこの頃です。
だけど、閑が出来ると考え事をする閑も出来てしまう?w
そしてそういう時間があるとロクな方向へと考えることが出来ない自分がいて
何だかなぁ・・・という感じです。

何度心に決めたと思っても、もう揺ぎ無いと感じたはずでも、暫くすると
いつの間にかまた振り出しに戻ってしまっている。
正確にはまったく同じ場所に戻ってはいないけれど、ちょっとは変化があるけれど、
それでもほぼ同じような立ち位置にいる気がする。

何故、何度もここへ戻ってきてしまうのか。
一番戻りたくない場所のはずなのに。

一番のネックが母のことだと思っていたけれど、こうしてそれが解決した今も
心の中にポッカリと空いた穴を感じてしまってたまらない気分に陥る。
何もかもから逃げ出したくなる。
生きていることがどうしようもなく虚しく感じてしまう。
どうしてなのかなぁ。。。

何をどうしたいのかが見えない。
自分の望みが何なのかがわからない。

あまりにも長い間、自分の心を誤魔化し続けて生きてきたから
正直な自分の心はかくれんぼ上手になってしまっているのかもね。。。

こういう時は何もせず、惰眠を貪るに限る!!
入眠剤の力を借りてでも。

全ては自分の中の問題で。
だからといって、何をどうすることも出来ずにいることも確かで。

ただ・・・。

今までの自分は、自分自身の問題なのだから誰の力も借りないとか
借りてもどうしようもないとか思っていたけれど、それは違うかも知れないと
思うようになっている。

誰かの力は自分の力でもあるから。

うまく説明出来ないけれど^^;

まぁ、寝ますw

【 2014/07/24 (Thu) 】 心のままに | TB(0) | CM(0)

悲しみとは

夕べは疲れていたので早々に寝てしまったのですが、なんとーーーっ!!
今朝、4時に目が覚めてしまいました・・・( ;´Д`)
歳取った証拠ですかねぇ。。。(苦笑)



昨日、何気なく観ていたTVで竜胆(りんどう)の栽培農家のことを紹介していました。
その中でフト心に留まったのが竜胆の花言葉。

”悲しんでいるあなたを愛します”

ふ・・・深い・・・。



悲しみって何だろうね。
辛いことがあって、嘆き悲しんでいる状態はわかりやすいけれど、
思うに、怒りも妬みもその根本は悲しみなのではないかと思う。
自分の中にやり切れない何かを抱えているから怒りとなる妬みとなる
誹りとなる嘲りとなる。

私自身もそうだった(正しくは今もかな)。

よく我がまま言って駄々こねている子供なんかを見かけるけれど、
そういうのを見るとたまらなく腹が立って仕方がない自分がいる。
表向きでは、しつけがなってないとか我がまま放題にするのは良くないとか
そんな感じで捉えがちだけど、心の深いところではきっとそうではないのだろう。

そういうことが許されなかった&自分に許すことが出来なかった。
それを抑圧してきた親に対する怒りや憤りも含めて様々な感情が
そこにはあるのだろうと思う。
そんな心の悲しい痛みが呼び起こされて感情が波立つのだろう。

逆に言えば、そういうことを許された&自分に対して許せることが出来た人生を
歩んで来た人は、わめく子供を見かけても温かい想いで見守ることが
出来るのかも知れない。
あ・・・、ここで言う ”許す” とは、何でも好き放題にさせるという意味ではないよ。

私達は、非常識とも思える誰かの言動に対して憤りを感じることが多々あるけれど、
そういった言動を発する人の心の悲しみをその言葉を通して感じることが
出来るだろうか?

難しいよね~。。。^^;
うん、難しい。



竜胆の花言葉を聞きながら、そんな想いを巡らせていた。
悲しみは痛みとなり怒りとなり誹りとなり妬みとなり嘲りとなり。。。
自分を許すことが出来ないうちは、自分以外の誰かも許すことが出来ず、
理解することもまた出来ないのかも知れない。
【 2014/07/21 (Mon) 】 心のままに | TB(0) | CM(0)

三連休♪

三連休ど真ん中!
昨日は、娘と共に釧路までショッピングに~♪
いやはや・・・あちこち歩きすぎて、帰宅が0時を回ってしまいドエライ疲れた( ;´Д`)
なのに今朝は早々に目が覚めてしまい、寝不足のハズなんだけど何故か
“o( ̄- ̄*) ゲンキゲンキ!!w
久しぶりにゆったり好きなことをして歩いて気分がスッキリしたのかも?
楽しかったしね!^^

で、朝から菜園の手入れをしたり収穫をしたりと精力的に動き回り~。
午後からは例のごとく叔母の家に行って温泉温泉♪
明日はまたまたちょっと遠出して、カー用品店とリサイクルショップへと
足を運んでくる予定です。

今年初めて植えてみたズッキーニ。
本当は苗が欲しかったんだけど、売ってなかったので種から育ててみたら、
これが見事に育ってくれました!!

CA3J0440.jpg 

でかっ!!!w
葉は、スイカに似ている~♪

CA3J0438.jpg 

花はこんな感じで、かぼちゃに似ています。
で、今日の初収穫!!

CA3J0443.jpg 

まだちょっと小ぶりだけど、次々収穫出来そうなので早めにゲットw
早速今晩、ナスとトマトとチキンとで夏野菜カレーを作って食べました。
ズッキーニ大好きなので美味しかったわぁ^^
プランターの他、菜園のも順調なのでまだまだ楽しめそうです!
『花ズッキーニ』と言って、まだ花がついている超小ぶりのものは高級食材らしいけど、
まぁそれは来年のお楽しみに取って置く事にしますw

が・・・。

強風や今年大量発生している虫(多分ハムシの仲間)の食害によって
トマトもキュウリもキャベツも青シソも全滅してしまっています(;-;)ウルウル。。。
かろうじてインゲン豆やサンチュ、人参、オクラなどは無事なので、
スクスクと育って欲しいなぁ。



最近になって、息子がセッセと身辺整理をしています。
本やCDなんかも処分したり売ったりと、かなり身の回りをスッキリさせて
来ている様子。
いよいよ手持ちのお金も底をついてきているようで、本格的に仕事探しを
始める気でいるようです。

だけど、あまりにも底をつき過ぎたようで(苦笑)、少しお金を貸して欲しいと
義母(息子のばーちゃん)に頼んだらしいんだよね。
結果、即答却下。
息子には、ばーちゃんに断られたとしか聞いてなかったんだけど、
昨日娘から、その際義母が息子に言い放ったという言葉を聞きました。

金は貸さない。
もう二度と帰ってくるな。(息子は本州に行くつもりらしい)
私やじーさんが死んでも葬式にも顔を出さんでくれ。

・・・・・・・・どうして実の孫にこういうことが言えるのかな・・・。
幸い(?)息子はそんなにひどくはショックを受けていない様子。
彼の家を出る時に、一時的に身を寄せさせて欲しいと頼んで断られた時の
ように、絶望的な顔で死ぬとか口走るようなことはないから。

でも、少なからずショックはあったとは思う。

確かに今の息子の状態は世間的には良いとは言えないかも知れない。
だけど、そこまで言われるほど悪いことを息子はしているのだろうか。
何故そこまでひどいことを言えるのだろうか。。。
それとも、そこまでの覚悟を持って進めと背中を押しているのだろうか。
息子はそう受け取っているから、ショックを受けていないのだろうか。
或いは、すでに自分の存在価値を捨ててしまっているのだろうか。

息子の心中はわからないけれど、普通に笑顔が見られるから大丈夫だとは
思っています。

あぁ、もう1つ。
息子はばーちゃんに、自分が居るとお母さんが再婚できないと言ったらしい。
(ー'`ー;)ウーン・・・それもまた複雑な気持ちだよな。。。
私は今の息子との生活が気に入っている。
超らくだしね~♪
毎日欠かさず菜園にお水をあげてくれたり、助けてもらっているし。

息子がいなくなって欲しいなんてカケラも思っていない。
出来ればそういう理由ではなく、自分自身の為に動いて欲しい。
その為なら全力で応援するから。

自分を邪魔にしないで欲しい。
心底そう思う。
【 2014/07/20 (Sun) 】 心のままに | TB(0) | CM(0)

脱力

揺り返しからも抜け、今は深い脱力感の中にいる感じです。

あんなに悩んで苦しんで辛くてたまらなかったのに、
何故こんなに辛い想いをしなくちゃならないのだろう?と悩み続けたのに、
蓋を開けてみたら何のことはない。
私はただただ行き場のない想いをぶつけられていただけだった。
私はなーーーんにも悪くないのにねw

思いっきり脱力ですわ^^;
あの深い悲しみは苦しみは一体何だったのだろう?って感じ。。。

だけど、自分自身でよくここまで辿り着けたものだと思う。
私ってすごーい!!と自画自賛したりしてw
もちろん、色んな縁や出来事の力を借りてなのは確かなことだけど。

刷り込みって怖いね。
ホントそう思う。

幼い頃は、家族が全て。
親の言うことは絶対だ。

そこに疑問を挟む余地なんてなかったもん。
ほんの数年前まで、それは絶対的な力を持っていたもの。

そのからくりを見つけた今は、大きなゲームをクリアしたような気分。
私の人生の目的って、これだったのだろうか?
何だか、人生の大半をつぎ込んでこの問題に取り組んできていたから、
いざ問題がなくなると抜け殻みたいになってしまっているw
かと言って、もう問題ごとはご免だけどねw

もうお腹いっぱい。
もう沢山w

あとはもう、好きなことをして、いっぱい笑っていっぱい楽しんで♪
そんな人生を歩むんだ^^

取りあえず今は、この脱力感でも楽しんで置きましょうかね~ww
【 2014/07/14 (Mon) 】 心のままに | TB(0) | CM(0)

揺り返しの中

母と再会してから早二週間が経ち、スッカリ心も軽くなったと思いきや?w
ちょっとばかし揺り返しの中にいたりします。
そのせいか?更年期障害なのか?w ちょっとイライラがつのっていて
彼に八つ当たりをしてしまい、久しぶりに大喧嘩の真っ最中です^^;

ま、それは置いといて。。。w

夕べは、母に会ってきたことを報告すべく兄の家に行って来ました。
今まで、何も語ろうとはしなかった兄だけど、私の心がほぐれるのと同時に
というか、もう言っても大丈夫かなと感じたからかも知れないけれど、
過去の色んな話を聞かせてくれました。

母と私との間にあるもつれた糸が解けてゆくのと同時に、
私はあることにも気づくようになっていたんだよね。
そして昨日の兄の話は、そんな私の気づきを裏付けるものばかりでした。

ほんの数年前まで私は、父のことを心から尊敬していた。
そして私の血縁関係・親類関係もとても誇りに思っていた。
みんなとても頭が良くて容姿端麗で、何でも出来る人達だったしね。
だけど、私の気づきはそんな思いがガラガラと音を立てて崩れてゆくものでした。

結果から言えば、私の父はろくでなしだった。
うちの親類もみーんなろくでなしだw

父と母が離婚した後、親類達は兄に私と弟のことをどうするのか?と
尋ねたのだそうだ。
どうするとはどういうことなのだ?

兄は、義理とは言え妹弟なのだから可愛がるよと言ったらしいのだが、
それに対して親類達は、みな眉をひそめ(-ω-)フーン...みたいな感じで
よくもまぁ、そんな風に思えるものだと言ったらしい。
兄はそんな親類達の態度に情けなさとやりきれなさを感じたと言っていた。

そう、私は母同様、最初から受け入れられてなんてなかったのだ。
まぁずっとそう感じて育ってはいたけどさー。
で、その理由が ”母に似ているから” ということだったんだけど、
実のところそれは表向きのものだったんじゃないかと思い始めた。

今の私が感じることは、”みな、父のことが嫌いだった” ということだ。
父は本当に好き放題やりたい放題の人だったらしい。
私には一度たりともそんな顔を見せたことはなかったから
全然知らなかったのだけれど。。。

兄が繰り返し言っていた ”全部親父が悪いんだ” という言葉の意味も
ようやく理解するに至れた気がする。

父がどれだけ自分の妹弟達にひどいことをしてきたのかは知らないけれど、
きっとそれは、父が幸せになることを応援するなんて出来っこないほどの
レベルのことであったのだろうと思う。

兄の母も私の母同様、祖母からも親類達からも最初から受け入れられてはいなかった。
どれだけの仕打ちを受けてきたのだろうな。。。
想像するだけで、具合悪くなりそうだわ。

私が最も尊敬し、最も好きだった父が諸悪の根源だったとはねーw
本当に人生なんて、いつどんな形でどんでん返しになるかなんて
わからないものです。

私はきっと、父に嫌われたら生きてゆけないと痛切に感じていたのだろう。
だから、父を崇拝することで自分の身を守ろうとして来ていたのだろうと思う。

叔父叔母達もまた、いつだって父のことを褒めちぎっていた。
私は、みんなも父のことを崇拝しているのだと信じきっていた。
それだけ父は偉大な人なのだと思い込んでいた。
その裏にあるドロドロとした感情などに気づくことなんてなく、
私が可愛がられないのは、私が可愛くないからなのだと思っていた。

このことに気づくまでに、半世紀も要したとは・・・ヽ(´ー`)ノ ふぅ~ww




それでも。。。




幼い頃に受けた心の傷はそう簡単には癒えるものではないらしく、
こうして今私は揺り返しの中に居る。

生きているのが辛くて、生まれてきてごめんなさい、生きていてごめんなさいと繰り返し、
毎夜布団の中で泣き暮らしていた想いが甦ってきて、涙がこぼれ落ちる。
憎しみのこもった冷たい視線が今も心に焼き付いている。

でもわかる。
そう遠くはない未来に、私は解放される。

今はただ、流れる涙を流れるままに。。。

きっとそれが私自身を癒し洗い流してくれているのだろうから。

【 2014/07/07 (Mon) 】 心のままに | TB(0) | CM(0)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。