あお’SROOM

生きていくって大変だよね。日常の中から色んなことに気づいてちょっとずつ成長できたらいいな。
0512345678910111213141516171819202122232425262728293007

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

受け止めることの大切さ

   100908_2129~0001 

昨日、無事に抜糸も終え、以前に増して活動的になっている
アトラですが、やっぱり一日一回は(主に午前中)こうして膝の
上でゴロゴロしておりますw
私を見つめるこの視線・・・たまりませんわ^^;

このところ日々、活動的に動き回っているのですが、昨日、
買物を終えて帰宅したところへばあちゃんからTELがありました。

「辛いの・・・。我慢しているんだけど、辛いの・・・(>_<)」

あまり大袈裟にせず、賑やか過ぎるのも何だからと彼の兄夫婦に
言われ、また、ご飯も食べられるようになってきているとの報告も
受けたりしていて、このところあまり訪問してなかったんですよね。
入れ代わり立ち代り、娘さんや息子さん達が行っているとも
聞いていたし。

でも、昨日はたまたまみんなの用事が重なって誰も行けず、
ばあちゃんは一人ぼっちだったらしいんです。
なので、買物してきたものの片付けも早々に行って来ました。

行ってみると、玄関の鍵は開いていたけれど出迎えはなく、
入ってみたらベッドの中で背中を向けてうずくまっていました。
ありゃりゃ~っ^^; こりゃ拗ねちゃってるな・・・と思い、
ばあちゃんの傍らに座って背中をさすっていました。

すると段々にこちらを向くようになり、話をするようになり・・・^^
小一時間もした頃には、ソファーに座り笑顔も見れました。

「辛いんだね。我慢することないからね。無理しないでね。」

一見逆効果に思えるこの言葉が功を奏したんです。
少し前までは、こんな状況を何とかしてあげたいと思い、
色々とこうした方がいいよ、ああした方がいいよと
アドバイスをしたりしていたんです。
気分転換に家に連れてきてみたりね。

でも、軽い鬱があるように思えたのでネットで色々と調べてみたの。
すると、そういう状態の時は無理させたり外出させたりは
しない方がいいのだと書かれていました。
鬱の人が引きこもり何もしないのは、それが回復に向けて
一番適切な方法だからなのだそうです。

そっかー。。。身体はどこも何ともなくても本人にしてみれば
辛いんだ。その辛い想いは決して気のせいなんかじゃないんだ。
それに気づいた私は、ばあちゃんの辛い気持ちを受け止めようと
思ったの。

「あちこちで全部検査してどこも悪くないのに、
  こんなこと言ってたらまた みんなに怒られるよね(>_<)」

というばあちゃんに対して、

「怒るようなことじゃないよ。辛いんだもんね。仕方ないよ^^」

と言うと、ぱあっ!!と笑顔が広がったんです。
あぁ、そっか。こういうことだったんだね。。。と思った。

心配で不安でたまらなくているんだ。
こうした方がいい、ああした方がいいとアドバイスするより先に、
その気持ちを認めてあげること。それが一番大事だったんだね。

「良くなったら温泉行って来ようか?^^」との問いに
「うん!行く行く!!」と満面の笑みが帰ってきました。
「でも、大丈夫かな?良くなるかな・・・。」と再び言うので、
「大丈夫!絶対大丈夫だよ!^^」と言うと、
「うんうん、そうだね!ありがとう、ありがとう^^」って・・・^^

ばあちゃんを通じて、また1つ大切なことを教えてもらいました。
これ、自分自身に対しても同じことが言えるもんね。
こうした方がいい、ああした方がいいと言う前に
今の自分の気持ちをちゃんと受け止めてあげよう。

ね^^

↓ポチッとしていただけると嬉しいなっ♪
【 2010/09/12 (Sun) 】 心のままに | TB(0) | CM(2)
こんばんは。

おばあちゃん、落ち込んでも仕方ないよね。
それって、じーちゃんの存在が大事だったっていうことだもんね。愛していたんだよね。
そんな可愛らしさとせつなさを感じます。
配偶者が無くなって欝や本当に病気で倒れたりするお年寄りって結構見かけるよなぁ。

そうだね、落ち込んでいる人の気持ちは
ひときわ分かるあおさんだもの。
うん、うんって聞いてあげるのが一番。
それでいいって認めていくのが一番。
アドバイスや応援は負担だものね。


私も時々、いつかはやつ(ダンナ)も死ぬって考えることにしている。
縁起でもないって思うかもしれないけど、時々練習しようと試みる。
ガァー!!それだけで落ち込むし泣きそうになる。(何してるんだ、この人。)
【 2010/09/12 】 編集
v-22響さん

こんちゃ~っ♪

じーちゃんは闘病生活もしていたし、ばーちゃんが
しっかりしなくちゃならなかったしね。
気も張っていたと思うし。。。
初盆終わってから急に調子悪くなったから
なんつーか、一気に疲れも出たのもあるかもね。
配偶者を大切にすること、必要とされること。
それがイコール自分の価値みたいになっていた部分も
あるかも知れない。

ネットでの情報によると、10人に1人は
老人性鬱病にかかっているとのことでした。

ものすごく落ち込んでいる時に、応援されるのは
きついね・・・(>_<)
ほんと、よーくわかっていたはずなのにね^^;
いわば、背水の陣なんだから背中押されたら
やめてーーっ!と叫びたくなるよね。

>それだけで落ち込むし泣きそうになる

響さん、めちゃくちゃ可愛いす♪
いつかは必ず別れが来るんだよね。
死んだってその人がいなくなるわけじゃない。
でも、別離の悲しみはそれとは別だもん。
思いっきり悲しんでいいんだよね。
【 2010/09/13 】 編集
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。