わたし学

ARTICLE PAGE

スポンサーサイト

author photo

By美和

-
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Share

自業自得

author photo

By美和

異常に暑かった夏もようやく過ぎ、朝夕はかなり涼しく秋の気配♪
曇り空の日なんかだと、半そでだけでは少し肌寒さも
感じるようになりました。

今夏、熱中症で命を落とした方は、200人を超えたと聞いています。
あれだけ騒がれたインフルエンザでの死者数を上回っているとか。
この場をお借りして亡くなられた方のご冥福をお祈り致します。

連日のように猛夏やそれによる熱中症についてのTV番組を
見ていて、いつも思っていた(感じていた)ことがあります。
水分を摂る、塩分を摂る、色んな対策方法が日々流れて
いたけれど、異常気象だけではない人為的な部分について
指摘する番組が少なかったのは残念に思いました。

私が住んでいるこんな田舎でさえ、街中での日中の最高気温は
気象庁が発表するよりも必ず上回ります。
アスファルト、コンクリート、エアコンの噴出し口から出る熱風。
様々な電化製品を使用することによるCO₂の排出。
車社会によるものも大きい。

”花いっぱい運動”により、道路わきには色とりどりの花が
咲き乱れ、街路樹が植えられていても、山がすぐ近くにあり、
海も川も徒歩で行ける距離にいてもです。
そういう自然と遠く離れた都会では、人為的なものによる
気温の上昇はどれだけなのだろう・・・と思わざるを得ません。

人は目の前の利便性と引き換えに何を失ってきたのでしょう?
今、手にしている利便性は、それを失ってまでも
手放したくないほど大切なものなのでしょうか?

熱中症予防のために、水分や塩分を摂取することも大切。
でも、それだけではないはずです。
もっともっと大元の原因を考える必要があると思います。

暑い暑いと言って、買物や用事を足す時には車のエンジンを
掛けっぱなしにする。歩いて行ける距離も車を使う。
必要以上にエアコンを使う。
そんなことをしていては本末転倒ですよね。
文句を言いながら、その文句の原因となるものを自ら
作っているのですから、まさに自業自得です。

ようやく涼しくなってきて、いくらか過ごしやすくなってきたけれど、
だからと言って、これからの季節何もしなくていいわけではなく、
この先のことを考えて一人一人が行動に移せることは
山ほどあると思うんです。

リサイクルをきちんとする。ゴミをなるべく出さない工夫をする。
節水をする。冷凍したものを使う時は、なるべくレンジでの
解凍を避け、時間に余裕をもって早めに出しておく。
停車する時はエンジンを切る。電気はこまめに消す。
合成界面活性剤をなるべく使用しない。etc.

書けばキリないほど、身近で出来ることは沢山あります。
暑いと文句を言う前に、自分はそうなる原因に加担していないか?
と自分に問うてみることは大切なことじゃないかなぁと思います。

ちょっとしたひと手間、ひと工夫が自然を守ることに繋がります。
それは、結局は自分自身の身に返って来ることなのですよね。
ですから、自然を大切にすることは自分自身を大切に
することと同じことなのです。

現代人が何よりもおざなりにしているのは自分自身と
言えるのではないかと思います。

今一度、何を大切にすべきなのか、そのためには何を
すべきなのかを見つめてゆきたいですよね^^

↓ポチッとしてくれると嬉しいなっ♪
Share

Comments - 0

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。