わたし学

ARTICLE PAGE

スポンサーサイト

author photo

By美和

-
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Share

author photo

By美和

今日は、彼のお父様であるじぃちゃんの一周忌でした。
招待状が来る前から、彼と私の中ではお互いにそれぞれ
少し複雑な想いがあったような気がします。

それは、私が出席するか否か。

お互いに、どうしたものかと思いつつ答えが出ないまま
お互いにそれを口に出すこともしないままに、
ズルズルと今日を迎えてしまった・・・って感じかな^^;
まぁ、取りあえず終わったんで良かった良かった!みたいな。

終わったんだからいいじゃんって言えばそうなんだけどさ。
(何か、引っ掛かりがあるらしい・・・w)

それにしても、彼の身内の人達の気さくさには救われる。
じぃちゃんの葬儀の時にも思ったけれど、初対面にも拘らず、
私がいるのが当たり前のような感じで接してくれる。
今日もやっぱりそうでした。

葬儀の時に、一番話をさせていただいたご夫婦は
ちゃんと私のことも覚えてくれていて・・・^^
私のところへ来て、「よく頑張ったね^^」と声を掛けてくれました。

言われた私は、はて・・・何を頑張ったっけ???w 
と思いながらも、笑って誤魔化したけど心当たりがない^^;
ばぁちゃんのことかなぁ・・・???
その後、遊びにおいでねと言ってくれました。

このご夫婦もそうなんだけど・・・。
今日、法事の後、一緒のテーブルを囲んだ人達みんな・・・。

私、どうしても一年前に一度会ったきりとは思えないんですよ。
でね、葬儀の時は初対面と思えなかったの。
初対面なのに、知らない人じゃないんですよ。
初対面なのに、知ってる人なんですよ。

この感覚わかってもらえるかなぁ・・・。

遠い昔の話しになるけれど、中学1年生の時。
廊下ですれ違う他のクラスの人の中で、こんな風に
”この人知ってる”という感覚を持った人が何人もいたのね。
全く知らない人なんだよ。話をしたこともないし名前も知らない。
でも、知ってるの。

その人達は、2年生になった時のクラス替えでみんな
同じクラスになり、仲良くなった人達だったんだ。
で、その時にあぁ、そういうことだったのねと思ったんだけど、
昨年のお通夜の夜も、同じことを感じていたんだ。
そして今日、更にそれは強まったわ。

私、この人達と会うことに決まっていたんだ。

や、だから何?って言われると困るんだけどねw

どこで誰とどんな風に出会うのか、縁って多分最初から
決まっているのだと思う。
それは人との出会いに限らず、出来事もなのだろうけど。
そして、私達は自分の奥底でそれを知っているのだと思う。

何故、何のためにその縁があるのかを考えるのは取りあえず
置いといて、その縁から生じるものを感じきること。
それが有意義な出会い方かなぁなんてこの頃思います^^

↓ランキング参加しているのーっ!クリックして欲しいのーっ!


こちらもヨロシク♪
M_yrrhをフォローしましょう
Share

Comments - 0

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。