わたし学

ARTICLE PAGE

スポンサーサイト

author photo

By美和

-
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Share

自分の味方になる

author photo

By美和

昨日は彼の娘さんの誕生日でした。
前日の夜、彼は出張中だったのだけど、電話で連絡を取り合って
いたらしく、息子さんの家で誕生会をやるとのこと。
で、私にはケーキを注文して欲しいということでした。

正直、すんごく気乗りしなかったんだよね~っ^^;
二階でやるならまだしも、息子さんの家に行くということ自体が
出来れば避けたいことだったので・・・。

彼に、私は行かなくてもいいんじゃない?と言ってみたけれど、
”一緒に住んでいるのに、返っておかしくなる”と言われ
私の申し出は却下されてしまいました。。。(×_×;)

うだうだぐだぐだしていても仕方ないし、かといって
自分の心に嘘をついて変な言い訳つけて誤魔化すような
こともしたくなかった。

そうだね、嫌だよね。

と素直に認めて、そんな自分を受け入れることにしました。

大丈夫だよ。嫌な気持ちはとてもわかる。
だけど、どんなことも完璧なんだから大丈夫だよ^^ と。

たったそれだけのことだけど、妙に心が落ち着いてね。
結果オーライっていうか、全然楽しく過ごしてくることが出来た。

この頃は、どんな自分であっても、それをダメとしないように
心掛けています。
こんな自分じゃダメだとか、良くないとか思わないように。
どんな自分も受け入れる。自分が自分の一番の味方になる。
それがすごく大切だと思うから。。。

私さ、長いこと自分の中に”妬み”という感情を見出すことが
出来ずにいたの。
というかね、私の中には”妬み”という感情はないと
思っていたのね。
どこをどう探しても見つからなかったし。

でも、今はわかるんだ。
本当に精巧にうまいこと隠していたんだなぁ・・・って。

自我はさ、言い訳するのがとっても得意なんだよね。
本当に上手に問題をすりかえてしまうの。
自分自身でもそれと気づかないくらいに。

何とかして”自分”を守ろうとしているのね。
その”自分”っていうのは、本質ではなく自我そのものだけど。
そんな自我に翻弄されるのはいい加減止めにしたいの。

その第一歩が、”自分を認める”ということ。

どんな自分であってもあるがままに受け入れ受け止める。
例えそれがげんなりしてしまうような自分であってもね。

私の誕生日は、”何もしないと機嫌悪くなるだろうから”
という理由で、彼が用意してくれたケーキで終わりだった。
だけど、娘さんの誕生日は嫌がる私に無理強いをするほど
家族の大切な行事なのだ。

逆に私の息子や娘の誕生日なら、彼は”お前行って来い”と
自分は行かないを決め込んでいただろう。

休みだったからと一人で準備していた息子さんのお嫁さん。
(;´д`)ノオィオィ・・・と言わずにいられないほど、ズサン。。。
彼女にすれば精一杯だということは知ってはいるけど。
でも、それを”若いんだからしゃーない^^;”の一言で済ませ、
そのフォローは私がすべきことという彼。

私が彼女の歳には、というかそのずっと前から
そんな風に言ってくれる人もフォローしてくれる人も
誰もいなかった。

そんな寂しさを何でも出来るというプライドにすりかえて
ずっと自分の気持ちを誤魔化していたんだなぁって思う。

ここは、今私が住んでいる場所だから良いけれど、
息子さんの家となると、身内以外は私だけなので
妙な疎外感を持っていることも事実だったりもする。

私は、彼女のことも娘さんのことも妬ましいのだ。
だから行きたくなかったのだ。

私はそんな自分の心を抱きしめる。
ちゃんと行って笑って偉かったねと褒めてあげる。
誤魔化して閉じ込めてしまった想いを
解放させてあげる。。。

もう誤魔化さないんだ。
どんな自分も否定しないんだ。

私自身を本当に救えるのは私だけだから。
だから、誰よりも何よりも自分自身が自分の味方になる。

そう決めたんです・・・^^

Share

Comments - 2

響  

おはよう。
気まぐれ上司が私にくれた4連休の最終日デス。

ああ。。この壁越えればあおさんは楽になるね。
もう足をかけているのだし、大丈夫そうだ。

マザーテレサ『人は不合理 非論理 利己的です 。気にすることなく 人を愛しなさい。』に続くいろいろな言葉。
『…気にすることなく行いなさい。』の心意気を見つけようとしている大事な時だと思うの。

多分、息子さんの誕生日があることを知って、
あおさんが行く・行かないのどちらを選んでもそれぞれモヤモヤしたと思うのね。
でも、お祝いに行けたのはあおさんにとって良かったんじゃないかな。
だってあおさんって『行う』を選ぶ人だと思うんだ。
彼の息子さんのお嫁さんも応援者がいてくれてホッとしたでしょうし、息子さんもうれしかったと思う。

彼は自分の子供達に分け隔てないよう接して欲しいんだね。
逆に言えばあおさんも彼にそれを遠慮せず望めばいいよ。

『そのフォローは私がすべきことという彼。』ってところが彼に対して『オイー。』っていう心境ではあるね。自分がすべきことをあおさんに押し付けんなよーと思わなくもない。
でも、あおさんだから頼めるんだよ。きっとね。あおさん、えらかったヨ~♪ナデナデ。

2011/07/19 (Tue) 09:49 | EDIT | REPLY |   

あお  

v-22響たん

ばんにゃ~っ♪

4連休、有意義に過ごしましたか?^^
毎日がお休みだと、時間を無駄に過ごすことが
多かったけど、たまの連休は無駄に出来ない!って
想いが強くなるよねぇw

ありがとね。
響たんの言葉はいつもドカンと心に響く。

うん、マザーの言葉。
その通りなんだろうね。
以前に読んだ時、今もそうだけど、
(´ヘ`;) う~ん・・・わかっちゃいるけど・・・って感じでさ^^;
何かが引っかかる。
その引っかかる何かが、私がしがみついているものだよね。
それを手放しなよって何度もこういうキッカケを
与えられているのだろうね。

そう、自分でも自問自答したの。
行かなかったらそれはそれでモヤモヤする。
それがわかっていたから・・・。
もういいや!つまらなかったらつまらなかったなりに
そのつまらなさを楽しんでこようって思った。
そう腹をくくったら楽になったよ。

きっとさ、この”楽になる”ってことが一番大事。
心が楽になってる時は、多分何でも楽しめるから。

応援者がいてホッとしたかどうかは謎w
結構ダメだししたからね~ケケケww

私は自分の子供たちを彼に分け隔てなくとは
まだ言えないなぁ。。。
子供達もそれを望んでいないしね。
まぁそれは私がそう思っているからかも知れないけれど。

そう!フォローに関しては毎度そう思う!!
こうしたいああしたいという想いを持っている彼。
でも、やるのは毎度私なんだよ!!
で、私のことは自分でやればいいって感じ。
その辺りがヾ(。`Д´。)ノ キィーーーーーーーーーーーーーーーーー!!ってなる(苦笑)

ナデナデありがと~っ!(;-;)ウルウル

2011/07/20 (Wed) 19:27 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。