わたし学

ARTICLE PAGE

独り言

author photo

By美和

まだ幼かった頃、どうしていつもいつも「お前はダメだ。」と
言われるのだろうと思っていた。
こうだからダメだ、ああだからダメだ、どうしてそうなんだ・・・と。
その度、「そのままのあなたでいいよ。」と、何故誰も言って
くれないのかと思い、そう言ってくれる人が現れてくれないかと
強く強く願っていた。

そうすれば私は救われるのに・・・と。

今、同じことをまた自らに問うてみる。
何故みんな、私が私のままでいていいと言ってくれないの?


「それは、あなたがあなたをダメだと思っているからだよ。」
「今のままでは、ダメなんだと思っているからだよ。」

そんな答えが返って来る。
なるほど・・・そうだね、その通りだね。。。


と、一応納得はしてみるものの、実のところわかっちゃいない。
何にもわかっちゃいないから苦しむ。


自分を認める、受け入れるって簡単そうで難しい。
難しいと思っているから、尚難しくなる。


本当は成すべきことなんて何もない。
あるがままの自分でいい。
でも、心のどこかでそれじゃダメなんだと反発する声が聴こえる。


その反発する声もろとも、そのままでいい・・・?

あるがままって、わかった!と思っても、いつの間にか
またわからなくなってしまっている。

取りあえず自分に向かって言ってみる。

”大丈夫、あなたはあなたのままでいいんだよ^^”

そんな言葉を繰り返す。

Share

Comments 0

Leave a reply