わたし学

ARTICLE PAGE

スポンサーサイト

author photo

By美和

-
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Share

前進前進♪

author photo

By美和

のんびりしていられるのも、後僅かとなってきました~。
来週に入ったら、ガスや水道、電気、灯油など手配しておかねば!
今週中には、今一度住むところへ行って、今住んでいる人に
用意して置く必要がある家具や色々なもののサイズを
知りたいので、あちこち測らせてもらいたいとお願いして
来ようと思っています。

カーテンとかは、入ったその日から必要だしね~♪
冷蔵庫も洗濯機も買ったはいいけど、設置出来ないんじゃ
お話にならないのでww

引越しした後は、住所変更をしにアチコチ行かねば!
これが結構あるっていうか、割と手間隙掛かるのよね。
郵便局に銀行に免許証に各種保険もだなー。
今はまだ、住民票が彼のところになっているので、
”未届けの妻”という状態のままですが、住民票を移すのと
同時に、”タダの他人” になってしまうのだから、
簡単と言えば簡単な関係ですよね(苦笑)。

何度も何度も同じことで喧嘩を繰り返し、それでもその度に
もう少しもう少しと延ばしてきたけれど、今回はもう・・・と
心底思うに至ったある出来事がありました。

その時は既に、娘のところに居候させてもらうように
話はついていたのですが、息子は元主人のいる実家へ
団地が当たるまでの間、住まわせてもらえるように
娘が頼んでくるからと言っていたんです。

一時的な話だし、娘は実家ではかなり可愛がられていて
そんな娘が大変な想いをするということを、わかって
もらえるだろうと私も考えていました。
そのことを息子に言うと、”受け入れてもらえる”ということが
余程嬉しかったのか、ぱぁ!と明るい顔表情になり、
翌日実家へ顔を出してくると言っていたんです。

だけど、いざ実家へ行ってみると、有り得ないくらいの
拒否を浴びたらしく、「もう死ぬから。」と一言残して
帰って行ったと、調度お昼休みも終わる時間という頃に
元義母から娘、娘から私へと連絡が入りました。

昼イチで、やらなければならない仕事があり、それを
片付けてから一度帰って来るから・・・と、その日休みで
家にいた彼に息子の様子を見ていて欲しいとお願いして
仕事に行ったんだよね。

わかったと言ってくれた彼の言葉を信じ、心ここに非ずな
状態で仕事を早々にやっつけて帰って行くと彼は
パチンコへ行っていていませんでした。

部屋に鍵を掛けて閉じこもっていた息子にドア越しに
何度も何度も話しかけ、ドアをこじ開けようとアチコチ道具を
探したけれど、見つからず・・・。
もし死んでいたらどうしようと心がざわつき、必死で息子に
訴えかけていたら、ドアを開けてくれたんだけど、
その時の表情が、目に焼きつき忘れられません。

全てに絶望し、怒りと悲しみと諦めとが入り混じった
心が締め付けられるような見るに耐えない表情。。。

取りあえず必死で説得し、何とかして住むところを探すから
二人でやって行こう、お母さんを助けてねと言って
息子にようやく納得してもらいました。

その時に痛感しました。
彼にとって息子は、そんな状態であっても心配するに
足りない存在なのだと。
私の気持ちもわかってはもらえないのだと。

多分彼は、私がこの時間に戻るから・・・と言っていた時に
合わせて平然として戻ってきていたのだと思います。
さもさもずっと居ました的な顔をして。
でも、私が予定より早く戻ったので間に合わなかった。

ある意味、その出来事は私が息子を守らねば!という
固い決心を抱かせてくれて感謝すべきことなのでも
あるとは思うけど、あの時の彼の対応は哀しかった。
哀しすぎました。
ここに居てもどうしようもないと心底思った。

息子には、自分が居てもいいんだと思える場所が
必要です。
そしてそれは私も同じ・・・。
多分息子は私の鏡なのでしょうね。
そんな息子が安心して居られる場所を作ることは
私自身の心を癒すことにもなるのだと思います。

哀しい出来事だったけど、一連の流れに間違いはなく、
何が悪いとか悪くないとかの問題でもなく、
全てはなるようになっていて、それは決してマイナスと
なりようがない道を進んでいるのだと感じています。

前進前進♪
Share

Comments - 6

響  

こんばんは。

息子さん、つらい立場があるんだね。
元のご主人の実家も同じ兄弟内でそんなに待遇を違えるとは…。期待に添えてないというところで受け入れがたいかのう?
元ご主人のご実家の跡取りとかそういう足かせはなくて、ある視点から見れば息子さんは『自由』なのかい?

今回のあおさんの件をかいま見て、自分の足元をしっかりしようと、再び決意するようだよ。
自分の足でしっかり立って歩もうと。
良くも悪くも 自分以外に頼ろうとあてにすると、残念な思いを何度もするのかなーと。

今春、私は実母を亡くしたわけですが、この先は『自分の足で。』というのが大きなテーマだなーと捉えています。
心身ともに頼っていたからねー。

捉えるのはいいけど、実践しようとするときの『何からどうすればいいのか??』と考えた時の、『自分の小ささ』ったらモー!!(悲。

で、今の結論は、ただただ、歩むことをしなければいけないんだね。
『足の筋力が十分ついてから』とか、『道の安全を確認してから』とか、言わずにね。
歩くことが一番足を鍛えるんだからね。
つまづいても・転んでも・歩け歩けだね。
方向が違うとか、良いとかも、歩む中から肌で感じて自分で学ぶんだね、この先は。
それが自分のためなんだね。
(そう思ったから、脱スピも決意したわけさ。)

なんか、熱く語ってごめんよ~。

こんなとき、自分の子供の存在っていいよね。
『一緒に頑張ろう』って、素直に言えばいいと思う。

あおさんんと遠くないところで私も歩いていますよ。
この先も共に頑張ろうや。

2012/09/19 (Wed) 18:40 | EDIT | REPLY |   

あお  

v-22響さん

ばんにゃ~っ♪

息子は、小さい頃から義母は可愛がって
くれたけど、義父と元主人はあまり可愛がらなかったんだよね。
義母は息子、義父は末の娘、元主人は上の娘と
可愛がる対象がそれぞれ違っていて、それぞれに
結構辛辣な差をつけていました。
例えば、娘二人で遊びに行っても、義父は末娘にしか
お小遣いを上げないとかね。

そだねー、ある視点から見れば息子は『自由』だね。
息子自身がそう思えるようになれば、しめたもの?かも知れない。

そっかー、響さんにとって母親は偉大な存在だったんだね。
私にとってのそういう存在っていなかったからなぁ。。。
とっかえひっかえ、そういう存在を探していた
人生だったかも?

でも響さんが言う通り、自分の人生は自分の足で
歩くものだと今は私も思うよ。
どこかで何かを履き違えていたんだろうねー。
彼や彼の娘さんを見ていて、
『頼るのとおぶさるのは違う』と何度も思ったけど、
実はその言葉は自分自身に一番言ってあげる
必要があったのかも。

>歩くことが一番足を鍛えるんだからね

まったくだw
スピもさー、ガイドブックではあっても
それに乗っかって歩ける訳じゃない。
そういうことなんだよね。
本当に頼るべきは自分自身だ。

響さんも遠くないところで???
もちろん共に頑張りましょう♪
いつだっていつまでだって。

2012/09/19 (Wed) 20:22 | EDIT | REPLY |   

響  

再び登場~。

『あおさんと遠くないところで私も歩いていますよ。』の意味ですが、
人生ステージというか、精神面での成長過程で…というイメージで言いました。

あおさんのほうが、(ちょっとだけ。)お姉さんだし、苦労もしていそうだから、あおさんのほうが前を歩いていそうなんだけど。(笑

ブログで出会ったころから、あおさんと私は目指したい方向が似ている気がしているものだから、私たちは『近くを歩いてる』って素直に思ってるんだよ。

時々『ファイト!』って、声掛けあって行こー!

2012/09/19 (Wed) 20:48 | EDIT | REPLY |   

あお  

v-22響さん

再びありがと♪

(*・ω・)(*-ω-)(*・ω・)(*-ω-)ウンウン♪
いやいや、きっと肩を並べて歩いてますよw
ある意味私は、苦労?した分だけ余計なものを
背負い込んでもいるからね~^^;
まだまだ怖がりだしさ。

そだね、同じ方向を見て歩いているのだろうね。
でも、独特の響ワールドは私にはないもので、
初めて響さんちにお邪魔した時からずっと
憧れている部分があるんだよー。
響さんの持つ感性は、私をクリアにしてくれる。

おう♪
ファイトーー!( ゚ロ゚)乂(゚ロ゚ )イッパーーツ!!
だねw

2012/09/19 (Wed) 22:41 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2012/09/21 (Fri) 01:44 | EDIT | REPLY |   

あお  

v-22管理人のみ閲覧さん

ばんにゃ~っ♪

本当にお久しぶり^^
返信遅くなってごめんね<m(__)m>

なんかねー、今年は大きな転機を迎えている人が
多い気がします。
だけど、乗り越えられない問題なんてきっと
この世界にはないのだと思う。

お互いに自分の決めた道を信じて自信を持って
歩いてゆこうね♪
私もいつだって応援しているよ^^
肩を並べて歩いてゆこう☆

2012/09/24 (Mon) 19:02 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。