わたし学

ARTICLE PAGE

スポンサーサイト

author photo

By美和

-
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Share

違和感

author photo

By美和

最近職場で、”仕事とは職場とは何か” を問うような出来事が
続いている。

平気で無断欠勤を続けている人。
一週間のうち三日は『急用』で毎週休みを取る人。
ちょっとした事で、すぐに早退をしてしまう人。

そういう人達に対する事務所側の評価は大体一致している。
そして私自身も同じことを感じるのだが、どうも最近は
そのことについて話をしている他ならぬ自分自身の考え方に
違和感を覚えることが多い。

これらの事柄や出会いは何を私に伝えようとしているのか。
この違和感は何なのだろうか。

正しさって何だろう。
正義って何だろう。

そんなことに想いを馳せていた時、聖書の中の一説を
目にする機会があった。

それは、ブドウ園で働いた人達に対して、労働時間に対する
報酬ではなく、長い者も短い者もみな同じ額だったというもの。

(ー'`ー;)ウーン・・・。

何故私達は、こうも ”真面目さ” にしがみつくのだろう。
勤勉=まっとうな人間 という図式なのだろう。

何故、努力しなければ、我慢しなければ、苦労しなければ、
”まとも” として扱われないのだろう。

そして、それを主張する側は、そういうことを自分自身に
対して強いている人が殆どだ(私も含めて)。
それは、そうしないと自分には価値がないという想いが
巣食っているからとも言えるように思う。
その恐怖ゆえに、苦しいのにそこから離れることが
出来ずにいて、しがらみから解放されている人を見ると
腹が立ってしまうということもあるかも知れない。

或いは、”見返りを求める気持ち” もあるのかも知れない。
〇〇したから、〇〇してもらえて当たり前・・・みたいな。
だから、〇〇しない人には〇〇されなくて当たり前って感じ。

”常識”として捉えられているものに踊らされて、或いは
しがみついて、もっと大切な何かを忘れてはいないか・・・?
一見、不真面目と思われる人達は、その身を以って
その大切なものを教えてくれているのではないか?

本当は見えているのに、見えない振りをしている。
そんな自分がいるように感じる。。。

相変わらず、ヒッキーをしている息子の存在も然り。
彼の家に居候していない今は、ヒッキーをしている事に
対して特に何も思わずに済むことが楽だけど♪

”当然” とか ”常識” って何だろうね?
それらって、本当に必要なものなのだろうか。
何のために、それらは必要とされているのだろうね。
”秩序” や ”責任” もそうだけど・・・。

それらがダメとかいけないというつもりは毛頭ない。
でも、それって他にも自分にも ”強制” する必要が
あるものなのだろうか。

もっと根本的なことが違う気がする。
Share

Comments - 0

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。