わたし学

ARTICLE PAGE

正しさとは

author photo

By美和

今日のお休みはお天気大荒れ!!!
折角張ったビニールも一部剥がれてしまったわぁ・・・。
また張りなおさねばならぬ^^;
今度のお休みはお天気が良くて風もありませんように。。。

そんなこんなで殆ど外に出ることもなく、一日を家の中で過ごしておりました^^
明日の朝はかなり冷え込むらしいので、鉢植えのローズマリーや源平カズラを
家に中に取り込んだ時に出たくらいかなw
あとはひたすらペンキ塗り塗り塗り塗り塗り・・・w
明日には、二枚の引き戸も塗り終わるかな~♪


仕事的に結構余裕をかましている今は、人間観察をしていることが多い。
昨日も書いた ”自己存在価値” もそうだけど、それと同じくらいに感じるのが、

全ての人は ”自分の正しさ” の中で生きているということ。

正しさというものは、人の数だけあるのだとずっと思ってはいたけれど、
それをこの頃は如実に感じている。
そして思うのは・・・。

どーーーでもいいかなぁーーー?

ってことかも知れないw

それぞれの正しさをそれぞれに主張している様を見ていると、
滑稽とさえ思えてしまう。
もちろんそこには自分自身も含まれているのだけれど。

自分の中の基準として正しさを持つこと自体は特に悪いことではないと思う。
けれど、そこにしがみつき主張することで様々な苦しみを生み出してしまう。
しなくても良い喧嘩をし、陰で批判や非難をし、自分の思うままにならぬことに
対して不満を持ち、ストレスを溜める。

今一度言うけど、”誰かの中にあって自分の中にないものなどない”

自分の意にそぐわない誰かの正しさの中に怒りや憤りを覚えるならば、
それはそこに自分がしがみついている何かを見ているから。
言い換えれば、それを教えてくれている出来事であるとも言える。

正しさとは、自分の心や人生を狭く生き辛くするためのものじゃないもの。
もちろん、誰かを非難したり批判したり喧嘩するためのものでもない。
そうなるのであればそれは、正しさという仮面を被った不安とか恐怖とか
様々な心の現われなのだろう。

もっと柔軟な心を持ちたいね・・・♪
Share

Comments 2

アンバサ  

あおさんはやっぱりすごい人だな。
何年たってもそうだ。
誰かに対するストレスは、自分へのストレスなのかもな。ヤツアタリ。

2013/11/12 (Tue) 23:57 | EDIT | REPLY |   

あお  

v-207アンバサさん

ばんにゃ~っ♪

ん?スゴイっすか?
壁|▽//)ゝテレテレw

>誰かに対するストレスは、自分へのストレスなのかもな。

うん、そういうことなのだと思うよ。
誰かや何かに対する不満もそうなのだと思う。

で、元気してるん?^^

2013/11/13 (Wed) 21:55 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply