わたし学

ARTICLE PAGE

スポンサーサイト

author photo

By美和

-
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Share

基盤の過程

author photo

By美和

昨日に引き続き、過去の日記を公開したいと思います。

12月26日高校2年あお16歳

『久しぶりに泣いてる・・・悔しくて悔しくて・・・もう何もしたくない。
もう、どうなったっていいや。どうせ、お父さんの言うような
立派な人間になんかなれない。
お父さんの考え通りの人間になれっていうことは、
お父さんの様な人間になれって言うことでしょ。
そんなの嫌だ。私は、私なのだから。
私はお父さんの子供だけど、人形じゃない!
私は、自分の生きたいように生きるんだ。人なんて関係ない。
余計な口出しして欲しくない。
確かに私はバカだし、単純だし、どうしようもなくひねくれてるし、
考え方が浅はかな、まだまだ未熟な人間にちょっぴり足かけた様な
存在だけど、私は私なりに考えてるし、目標だって持ってる。
私はどうあがいたって私なのに、私の考え以上の考えを
どうつけろと言うの。
私は人の受け売りとっている訳じゃない。違うと思うものだってある。
自分の心に共感するものだってある。何だってそう。
音楽でも色でも数字でも人間でも・・・。
その考えで、私は私なりに精一杯進歩しようと努力しているのに・・・。
基本のないこの世の中で、何が間違いか何が本当かなんて
わかるはずもないのに・・・。
自分の考えを信じて行動していれば、一人一人がそうしたら
この世の中はどうなってしまうのだろうか。
どうして自分の考えを人に押し付けるのだろう。
自分がそれを信じていても、他の人によってはそれは間違いであり、
自分の考えが良ければ、他の人にも通じるなんて思ってはいけないのに。
他の人がどう言おうと、私の目標は1つ。それに向かって進むだけ。
他の人の意見を取り入れて私の考えを変えようとは思わない。
その考えが、今の私の考えより、より一層深いものであれば
別だけど。
回りがどう言おうが結局は、スタートは自分でゴールも自分なのだから。
他の人がとやかく言ったところで、自分は自分であって、
自分以外の何者でもないし。どう変われるものでもない。
結局考えて行動するのも自分なのだから。他は関係ない。
取り入れて良いと思ったら取り入れよう。自分は崩したくない。
もう、甘ったれはやめだ。もう、自分に嘘をつくのはやめよう。
残された時間に比べて、なんて達さなければならないことが多いのだろう。
今までやってきた時間に比べて、なんて達してきたことが少ないのだろう。
もう少し心にゆとりを持って、行動するより先に正しいか、正しくないか
後でどうなるか・・・考えるようにしなくちゃいけないな。
自分の考えを人に押し付けはしない。したくない。
理解してくれそうなら理解してもらおう。
ゆとりが必要かな?今の私には。
ただ、がむしゃらに頑張ったって駄目なんだよね。本当に・・・。
この一年にずいぶんと自分のバカがよくわかったと思うよ。
そして、それは大切なことだと思う。
たくさんのバカをすべてのバカを知り尽くさなくてはいけない。
まだ、私は第一段階にいるんだな・・・。
知り尽くしてから多くのことを・・・。とにかく私の目標だから。
限りなくても、限りあるように思えるようになりたい。』

押し付けられることによって、人に押し付けまいと
堅く心に誓ったらしいw
しかし・・・この辺りから考え方はさほど変わってはいないもよう。
(;´Д`A ``` w

未だバカさ加減を知り尽くしてないあおに
応援ぽちヨロシク♪


Share

Comments - 13

おのっち  

これが16歳なのか??すごい深い日記だねぇ~
今の私がそのくらいの段階かもしれないww
読んでて思うのだが・・一人で生きていこうとするのが見えてしまいます。確かにゴールは自分で決めるもだが・・
今のあおは成長してるんだなぁ~と思いましたよ^0^まだまだ成長段階だねぇ~お互いうまくいけるように心の栄養をつけいかなくては~~^^

2006/10/30 (Mon) 21:15 | EDIT | REPLY |   

あお  

>おのっち

そうそう。
この頃っていうか、中学の頃に孤独に耐えられなくて
一人で生きるって決めて、その延長線上にいますね。
今でもその考えはありますよ^^
ただ、「ひとり」というのは「孤独」という意味の
ひとりではないですけど♪

2006/10/30 (Mon) 22:07 | EDIT | REPLY |   

373  

高校生とは思えぬ考えですな。
深いし・・・。
それにしても日記長いことつけてたのね。
僕は3年ぐらいまえからつけてたなー
今は、ブログが日記がわりだけど。

16歳か・・・・
鼻水たらして原付バイク走らせてたなー
お恥ずかしいv-436

2006/10/30 (Mon) 22:14 | EDIT | REPLY |   

GENKI SHOP主人  

あおさん
自分の事は自分が一番良く解ってるんだよね。
自分で決断して間違いだったら、納得できるけど、
人に決められて間違いだったら、例えそれが親であったとしても、いや親だからこそ、許せないでしょう。
納得できないでしょう。
親は子供の進路を決め付けてはいけないと思う。
進路に対するアドバイスはしても。
もし絶対に行ってはいけない道ならば、体を張って守るべき、修正させるべきだ。
ただ、危険でない、間違った方向でなければ、それを黙って見守ってやるべきなのだ。
親は子供の事をどれだけ知っていると言うのか?自殺する事さえわからないのだよ。
親が言えばよけい子供が言う事を聞かないことさえ解っていない親に子供の将来は語ってはいけないと思う。
だって、子供の一生を見守ってあげられる親は一般には不幸な親だと言われているから。
※またわかりずらい表現しちゃいましたね。誤解を避けるならば、一般に親は子供より先に死ぬ。つまり子供が最後にどうなるかの責任なんて取れないんだから。という意味です。

2006/10/30 (Mon) 22:31 | EDIT | REPLY |   

あお  

>373さん

いえいえ。
ちっとも恥じる必要なんてないですっ!
それにくだらない事書いてる時のほうが多いんだよ(苦笑)
自分にとって嫌な出来事が起こった時、すっごく
自分自身に向き合って考えてたようですw
今も同じだけど・・・あまり成長していません・・・汗w

>GENKI SHOP主人さん
そうなんですよねー。
この記事の最後に、子の気持ちがわからないと嘆いて
いる親に読んでもらいたい・・・と書こうかと思いましたが
おこがましいので、止めておきましたww
これって、子供の正直な考えであり、見方ですからねぇ。
まさに16歳、真っ只中!(爆)

私は、今は亡き父をとても尊敬しているんです。
病床に伏した時も、下の世話もしましたよ^^
あまりにも出来すぎる親を持つと子は大変ですw
反発しながらも、心の奥では「父のようになりたい。」と
ずっと思っていました。
今でもまだ超えることが出来ていませんねー・・・汗。
天国から「まだまだだなぁ・・・^^」と苦笑している
父が見えるようです^^;

2006/10/30 (Mon) 22:48 | EDIT | REPLY |   

ひろ  

「押し付け」・・・にならないよう「私の考え」として最近は話しているのですが、会社の人たちはどう捉えているのでしょう?
語り合ってると「否定」したくなることもありますが、そこはそれぞれの考えだからと笑顔で「私の考え」を話しています。
多くを話さなくなったかなあ?^^聞いて吸収?切捨てしてるかも?熱くならなくなりましたね^^
※芋虫、ミミズ料理出してるとこ教えてくれ!食ってやる!!!^^

2006/10/31 (Tue) 01:01 | EDIT | REPLY |   

P  

昨日と今日のを読んで…
わーーー私もこんな感じの日記つけてました!
なんか嬉しくなってしまった…ごめんなさい(^^;;
ダークな時期もありました…。
当時誰にも言えないこと誰もわかってくれないことをノートに書くことで救いにしてましたね。
私もあの頃の自分があるから今の自分があると思ってます。
荷造りでそれらのノートを全て処分しました。
なんかすっきりしました。
とっておこうかなとも悩みましたが…。
ブログが形を変えあのノートの役目を担ってます。

2006/10/31 (Tue) 01:57 | EDIT | REPLY |   

がみがみかーこ  

うわーさっきのコメント途中で消えちゃたーー???

あおちゃん、日記を見る度、過去の記録を思い出すたび
辛くなるけど、そんな現実を生きてきたんだねえ。
かーこは、現実と妄想をクルクル?してるの。
かーこの中学高校時代の日記は、社会に出たときにみんな燃やしたわ・・・
今になったら、置いとけば良かった。
って思うような。なくて良かったって思うような・・・
自分が向上しようって意思がなかっただけに、あおちゃんのようには強くなれなかったなあ。

「お前なんかシラミや!!」って、言われ続けてた時の日記は今はないことが、かーこにとっては良かったりして?でもそれも。自分が強くなれた、一つのステップかな?
って思ってるわ!
以外と人間て、寛大になる時が来るんかなあ?

2006/10/31 (Tue) 03:21 | EDIT | REPLY |   

ぐしお  

おそらくワタクシも若い頃にはこんな風に
誰かに意見を押し付けられるのがスゴクイヤだった
気がします。
自分は自分なんだと・・・。
でも今にして考えると、ヒトというのはある一定までの
同じ常識や意識を持っていなければ、自分の個性を
出したとしてもそれはただの『世間知らず』というモノに
なってしまうと思う様になってきました・・・。
お父さんが何をおっしゃったのかは分かりませんが、
きっとその一定のトコまであおさんを引き上げようと
なさっていたのかもしれませんね。

2006/10/31 (Tue) 08:25 | EDIT | REPLY |   

リンリン  

あおさん、若い頃からしっかりしていて素晴らしい!私が16歳の頃なんてこんな立派なこと書けなかったよ。今も書けないけど。。(苦笑)こういう思いがあって今のあおさんがあるんだね♪

2006/10/31 (Tue) 13:38 | EDIT | REPLY |   

あお  

>ひろさん
「語り合ってると「否定」したくなることもありますが、そこはそれぞれの考えだからと笑顔で「私の考え」を話しています。」
これは、語り合ってるとは言わないのではないでしょうか????

↓芋虫料理を食べれるところです♪
http://wee.kir.jp/malaysia/mly_siet.html

>Pさん
オオーw(*゚o゚*)w 
同じ世界に住んでいたのですねぇ^^
嬉しくなる気持ちすっごいわかりますっ!!!
中々共感してもらえる人がいないし、そういう人を
とても欲しますからねぇ。
私もずっと持っていたらもう処分してたかなぁ・・・。
事情あって手放さなくちゃならなくて、今まで人に
預けてあったから、でも、読み返して気づいたことが
沢山ありましたよ♪

>かーこさん
放送禁止にならないものだけ抜粋してます(爆)
手首切った時の様子書いてあったりとか・・・(苦笑)
私は元来負けず嫌いなんだよね^^;
とにかく自分に負けるのが嫌いでさ、すぐダラダラ
しちゃう自分が許せなくてねー・・・汗。
そっかぁ、かーこさんも辛い想いしてきたんだね。
だから、今こんなに素敵なかーこさんなんだ♪
辛い想いとか苦労とかって一見嫌なようだけど、
そこを越えたことによって、得られるものって大きいと
思うよ^^

>ぐしおさん
それは本当にその通りですね^^
父はどうなんでしょうねぇ・・・。
高校生の時の私は、成績もそれなりに良く、部活動も
頑張り、尚且つ家事全般してましたよ^^;
私の父は、志の高い人で、またすごい努力家なんですよ。
それをとても尊敬していたのだけど、押し付けられたくは
なかったですねぇ。
私は私なりに頑張っていることを、認めてもらいたかった
んでしょうね。

>リンリンさん
ありがとう^^
でも、すっごい生意気ですよね?w
もうそろそろ、第二段階に進めるかなぁって
この頃思っています^^

2006/10/31 (Tue) 19:33 | EDIT | REPLY |   

あふぉ  

今の性格の始まりはこの辺りからか・・・
確かに変わってないと思うw?

たぶん・・・・・・・・・・・(謎

2006/10/31 (Tue) 19:59 | EDIT | REPLY |   

あお  

>あふぉさん

ブハハハw 
でしょ?w
まぁ、これからもうちょい成長していくよ♪
(∀)フッフッフッw

2006/10/31 (Tue) 20:29 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。