あお’SROOM

生きていくって大変だよね。日常の中から色んなことに気づいてちょっとずつ成長できたらいいな。
0512345678910111213141516171819202122232425262728293007

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ヒーラーに会ってきた♪

お風呂に入り、温まって気持ちもスッキリしたところで二度目の投稿♪
ブログへの返信をした時に出る認証番号が気になって、
先ほど久しぶりにエンジェルナンバーなんて見てみたら、

【2と5】

あなたの祈りと意図が明確で強くなり、躊躇しなくなったことを表しています。
ですから、あなたが思ったよりも変化が早くやってくると思ってください。
望みが叶った時に当惑してしまわないこと。
それらは予期しなかった方法でやってくるかもしれません。
ですから、信じる心を持ち続けてください。
神によく話しをし、安心させてもらってください。


だって!!
信じよう^^ つーか信じてるし♪


娘の挙式の後の二次会の時に、相手側のお父さんが気を利かせてくださり、
ヒーラーを生業としている人と隣の席に座ることが出来て、色々なお話を
沢山聞かせてもらいました♪

で、15年ほど前に光の出し方を教えてもらったこと、その際に

”病気やその他の色々なことは、『それが必要』 だから起きている。
 だから、むやみやたらと治してはいけない。”

と言われ、治して良いのかどうかを見極めるのが難しくてわからないと
思っていることを話してみたら、

「それは、全く正しいことです。」との答えが即座に返ってきた。

そして、しばし間があって、

「目の前に空腹で倒れている人がいたらどうしますか?
  その人に、食べるためには云々・・・なんてことをそんな状態の時に
  話してもどうしようもありません。先ずは食べ物をあげる。
 それが大事なことです。」

と言われました。
そして、お腹が満たされ起き上がることが出来たときに話をするのだと。

確かに・・・^^;
つーか、そんな考え方は私もずっと持っていたよな。。。
このブログにも書いたことがあるかどうかは定かじゃないけれど、
想うばかりで行動に移すことが少ない彼に対して、そんなことを
何度も言った覚えがある。

目の前に大怪我している人がいたら、手当てをしてあげたいとか言うより先に
傷薬を持ってくるなり包帯巻いてあげるなり病院に連れて行くなりしたらいい。
こうしてあげたらいいんだよな・・・なんて思っていても、目の前の人は
助からないよと。そのうちに出血多量で死んじゃうよと。

それと全く同意だよなぁ。。。(ー'`ー;)ウーン・・・

それはわかっているのに、どこか腑に落ちてない自分がいるんだな。
というか、彼はそんな私の鏡か???
わかっているのにやれない自分。わかっているのにやろうとしない自分。
これって、自分に対する自信のなさなのか?

ついでに、『気』は誰にでも出すことが出来るんですか?とも聞いてみたら
娘の旦那様のお姉さん(このヒーラーのお弟子さんでもある)が、

「出せると思う人には出せるし、思えない人には出せない」

と、キッパリ突込みを入れてきましたw
そうね、それもすっごい良くわかるしその通りだと思う。
やっぱり私は、どこかで自分は出来ないというか、自分に出来るのだろうか
と思っているということなのだろう。

そんな私に対して、ヒーラーを生業としている方がコースターの裏に
こんな言葉を書いて渡してくれました。

『この世は自らを島とし、自らを頼りとして他人を頼りにせず、
  法を島とし、法を拠り所として他のものを拠り所とせずにせよ』

これは、お釈迦様が涅槃の前に残した言葉だそうです。
これを見て、「法はどこにあるのですか?」と聞いたら、
「それは自分で探すんです。」とキッパリした答えが返ってきました。

帰って来てから私なりにした解釈は、

島=自分=法

でした。
私がよく口にする、『答えは自分の中にある』というのも、これと
同意なのだろう。
そして、仁さんがよく言ってる 『自分の好きなことだけやる』も
また同意なのだろう。

ちなみに、私たちがホテルに帰ったあとの三次会で、娘に対して

「あのお母さんに逆らうのは難しい。」
「あんな小さな外れの街にいて、話が合う人は少ないだろうな。」
「また、会いに来る気がする。」

と言っていたそうです。
てか、逆らうのが難しいってどういう意味だろう・・・?^^;
まぁいいやw そのうちわかる日が来るでしょうw

CA3J0506.jpg
【 2015/05/22 (Fri) 】 心のままに | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。