あお’SROOM

生きていくって大変だよね。日常の中から色んなことに気づいてちょっとずつ成長できたらいいな。
0312345678910111213141516171819202122232425262728293005

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ぎゃん泣き;;

今日は娘の挙式の写真を持って叔母夫婦の家に行って来た。

が、最初に顔を合わせた時から叔母の様子がおかしくて、
何かあったのかな?と思ったけれど、暫く放置して叔父と話をしていたんだよね。
叔母は出掛けると言っていたので、少し叔父と話してから帰ろうと思っていたら
なんと、出掛けずに裏の畑にいたらしい。

で、出掛けたんじゃなかったの?と聞いたら、いや、ああでこうで・・・と
明らかに嘘とわかる返事が返って来た。
一体どうしたというのだろう?と思いはしたものの、気を取り直して
いつもの調子で話しかけたりしていたんだけど、こっちの顔すら見ない。

まぁそれもあまり気に留めず、今度購入しようと思っている家が叔母と同じ
自治会になるし、叔母叔父の元知り合いの家であることもあって、
こんな風に話が進んでいるんだ^^ と話をしてみたら、とんでもない言葉が
叔母から返って来た。

「そこを買うのはいいけど、親戚だということは誰にも言わないでね。」

何で???と思い聞いてみたら、

「あんたと親戚だと思われたら恥ずかしいからさ!」

と返って来て、愕然とした。。。
どうして恥ずかしいのかと聞き返したら、色々な言葉が返っては来たけれど、
どれもこれも取ってつけたようなことばかりで本心とは思えない。
だけど、「すれ違っても知らん顔して欲しい」とか、「挨拶程度なら・・・」とか
次々と言うので、段々悲しくなってきて涙がこぼれそうになった。

そっか・・・わかったよ、もう来ないから。今まで迷惑掛けてごめんね。

そう言って叔母の元を去り、叔父にもその旨を話したら涙が溢れてきた。
叔父はびっくりして、「何か言われたのか?気にするな!気にするな!」と
何度も言ってくれたけど、今までありがとうございましたと深々と頭を下げて
帰ってきた。

もう帰りの車の中で、ぎゃん泣き。。。
そのまま帰宅する気になれず、兄の家に行って泣きながら一部始終を話したら、
兄もかなり驚いて、叔母の頭がどうにかなったんじゃないのかと言ってたけど、
思い出したんだ。。。

私が前の会社に勤める事になったときも、身元保証人を叔父に頼み、
叔父は快く引き受けてくれたんだけど、たまたま留守だった叔母が後から
電話を掛けてきて、私の身元保証人になるだなんて叔父のことを
怒りつけてやった!冗談じゃない!と怒鳴られまくったことを。

まだ幼い頃、私の母はあんたのことが嫌いだったんだよと言い聞かされたこと。
この子いらないから、もらってくれない?って言われたんだよと聞かされたこと。
(兄の証言からすると、これは叔母の嘘らしい)

一体私が何をしたというのだろう・・・。
私には何一つ思い当たることがない。

今までの私なら、ここで、はぁぁぁぁぁぁぁあああああああ?!ってキレるか、
自分を否定してしまうかという感じだったけど、今回はぎゃん泣きして
そんな自分の気持ちを正直に兄や兄嫁さんに聞いてもらっていたら
段々と落ち着いてきて、これは私の問題じゃないと思った。

理由はわからないけれど、何故か私の存在は叔母の抱えている何かに
触れるらしい。
叔母は私の母のことも徹底的に嫌っていたらしいので、その辺りに原因が
あるのか、それとも別のことなのか・・・。
どっちにしろ、私自身の価値には関係のないことだ。

でも、思う。
私の存在価値の低さの鍵を握っているのは叔母かも知れないと。
兄の母も、この叔母のことは生涯許せないと言っていたらしいし、
私の母も、叔母のことに話が及ぶと口を濁す。

仁さんなら、この問題の糸口を見つけることが出来るのだろうな。。。
叔母は有り余るほどのお金を持ってはいるけれど、ちっとも幸せそうじゃない。
誰も寄り付かないからね。。。

「あー、早く死にたい!生きていたって何もいいことなんかない!」

と大声で言った叔母。
その胸の中に一体何を抱えているのか。。。
そして何故それが私にだけ向けられるのか。。。

もう行かないと言ったけれど、この叔母と断絶すれば逃げてしまえば
ある意味楽になれるとは思うけど、でも何か違う気がする。
この問題の糸口を見つけるためにも、マスターコースに行きたいと思う。

【 2015/05/24 (Sun) 】 心のままに | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。