わたし学

ARTICLE PAGE

超ド変態w

author photo

By美和

昨日の記事を読み返してみて思ったんだけど、やっぱり私は

『本当はすべてうまく行っているのにそれを信じることができない』

でいるだけなんだなぁと思った^^;
つーことは、まだまだ 『拗ねている』 ってことなんだろうねぇ。
で、『やっぱり』 が来るということは、前置きとして 『どうせ』 がどこかに居るわけで。
いつもいつも前提に、『私なんか』 とか 『私みたいな人間』 というのが
ある気がするわぁ。

今回のマスターコースで、仁さんにまた会えるのかどうかは知らないけれど、
もし会えた時に、「あなたはカウンセラーには向いてないね」 と言われるところを
想像してみたら、私の中から 『やっぱり・・・』 という想いがポンと出てきた。
で、逆に 「あなたはカウンセラーに向いてるわ」 って言われたところを想像したら
「ホントですか??????」 って言う自分が目に浮かんだわww

自分で自分信じてないじゃん・・・w
┐(´∀`)┌ヤレヤレww

『人生は思う通りに運ぶもの』

なのにねw
そんなことは、もうずっと前から言ってるのにね。
頭では理解出来ても、心がついていってないんだろうねぇ。

人生どう転んでもうまく行ってるとかもそうだし、昨日も書いたような
『神様の粋な計らい』 ってのにも、数え切れないくらい遭遇してるはずなのに、
何故信じれないのか????????
つーか、本当に信じてないのか?
実のところ、信じているからこそウダウダしてるとか?

やっぱ、変態やーん・・・ww

つーか今日仕事しながらフト思ったんだけど、
『生き辛さ』 を問題視する人とそうじゃない人がいるよねぇ・・・って。
私は、めっちゃ問題視する人なわけで、そうじゃない人からすれば
何でそんなことで悩むわけ???ってなる。
生き辛いのなんて当たり前のことじゃん?って。
問題が起こるのも、嫌われるようなことがあるのも、失敗ばかりしてしまうのも、
すごく嫌なことがあったりするのも、当たり前のことじゃん?って。

そもそも、『生きる』 ってそういうことじゃん?

確かに・・・^^;
だから、本当は何があっても 『問題』 なんてものは存在しなくて、
そこを 『問題視』 するから問題になるだけであって・・・。

あれ・・・あれれ???w

ここまで来て、『問題視』 を外したら、私の人生に何か問題あった???w
そっかーで、その一言で済まされるようなことを一つ一つ拾っては問題視して
自分の中で大きく大きく大問題にしていただけじゃ・・・^^;
確かに嫌なことや辛いこともいーーーーっぱいあったけれど、
それっていつも全部自分で創り出してなかった????

どっひゃーーーーーーーーーっ!!!

それを後生大事に拗ねてひねくれて、いつもどこへでも持ち歩いて・・・。
『ほらね、やっぱり』 の証拠集めばかり夢中になっていたんだ。
だけど、それさえおそらく自分で自分に与えたストーリーなのだろうな。

自分のド変態さに、アホさに帰りの車の中で大笑いしたわww
人生って壮大なるコントであることを、どこで気づけるかってゲームなのかも?w

もうね、ホント笑うしかないw
そしてこれは、私だけじゃなくてみーんなそうなんだろうね。
今まさに渦中にいて苦しんでいる人が読んだら怒るかも知れないけど^^;
私がそうだったから、その気持ちはすっごくわかる。

でも、ということは、『救う』 とか 『助ける』 なんてことは必要ないわけで。。。
仁さんが言う、『カウンセラーは要らない』 ってのがこれなのかもね。
ただ、それに先に気づいた人は、まだ気づいてない人に、こっちだよ~♪って
身を以って、或いは言動でそれを伝える役目を担うのかも知れない。

そういえば、私に光の出し方を教えてくれた人に言われたことがあったな。。。

「私達はいわばリーダーなんですよ。みんなを先導する役目があるんです」

って。

この年齢から何をどこまで出来るのかはわからないけれど、取り合えず
一歩は踏み出したわけだし♪
先ずは自分が豊かに幸せに、泣いても笑っても怒っても大丈夫ということを
そんな人生を歩み出すことだね^^

Share

Comments 0

Leave a reply