あお’SROOM

生きていくって大変だよね。日常の中から色んなことに気づいてちょっとずつ成長できたらいいな。
0512345678910111213141516171819202122232425262728293007

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

認めたら

うーーっ!急に寒くなりました(>_<)
昨日取り付けてもらった、FF式床暖房のスイッチをONしました!!
その前に長袖着ろよ・・・(半そでTシャツ一枚の私w)

しっかし床暖房暖か~い・・・^^
もうちょい寒くなったらコタツを買うんだ!
コタツ本体のスイッチは入れなくても、床暖房とコタツ布団だけで十分
暖かいかも知れないな~♪

まだ咳は取れないものの、身体は大分楽になってきました^^
病院の薬も効いているのかも知れないけれど、やっぱ一日休みをもらって
ひたすら身体の望むままに爆睡三昧したのが良かったんじゃないかと思ってますw

心の方も、身体の回復と共に少しマシになっては来たけれど・・・。
相変わらず今ひとつ不調かな~。。。

今日、仕事帰りに寄ったコンビニで以前に勤めていた会社の上司を見かけた。
そう、私をリストラした本人ねw
挨拶しようと思えば出来る距離だったし、向こうも私に気づいた様子だったけど、
思わず避けて足早にその場を去ってしまった。
まだ面と向かって話をしたいと思えない自分がいる。

もう5年も経ったのに、どうしてなんだろうなぁ。。。
未だに私の中では、認めたくない出来事だったということなのかな。
そのお陰で、
失業保険は240日ももらえてw 今の会社に入って、新しい出会いがあって、
念願だった正社員&ボーナスにありつくことが出来たことは確か。
もう行くのが嫌で嫌で、どうしようもないくらい憂鬱だった場所だったことも確か。
神様がもういい加減いいんじゃない?って背中を押してくれたことだったのだろうと
思えていることも確か。
そこを離れて、何一つ私にとって不利なことにも困ったことにもならなかったという
ことも確かな事実。

じゃあ、何が不満なのか。

やっぱり、『必要とされなかった』ということなんだろうな。
何人もいる中で、私に白羽の矢が立ったってこと。
悔しくて認めたくなくて・・・だけど事実で。

あんなに頑張ったのにな・・・。
(頑張ったからさ~!←心屋の声w)
仕事以上に、人間関係にあれこれと骨を折ってお節介焼いて挙句に
無視されるようになって、馬鹿呼ばわりされる羽目に陥って。。。

休みが取れずにどんどん疲れが溜まっていく上司に見かねて出張当番を
代わると申し出て行ったこと。
お局様の攻撃に泣いて落ち込んでいた新人社員を連れ出して食事に行ったり
思いっきり愚痴をこぼせる場を何度も作って朝まで付き合ったりしたこと。
社長からの個人攻撃を受け、日に日に落ちていき笑顔が失われていく後輩の
ことを上司にお願いしたこと。。。

見ていられなくて、何とかしてあげたくて・・・。
そんな想いが全て否定されたような気がして悲しくて悔しくて。
あんなことしなければ良かったとは思わない&思えないけれど、
私は私の心が望むままにやっただけだから。
だけど、そんな想いが届いてなかったんだと感じられて。。。

というか、最初から余計なお節介だったのかなぁ?
私が自分が 『役に立つ人間』 でありたかったから、そういう人を
周りに集めてしまっただけなのかなぁ?
で、役に立って感謝されるはずがそうはならなくて、結局はいらないよって
言われて。。。

そもそも根本的なことが違っているんだよってことを教えてくれていたのかなぁ?

そんなことをウダウダと考えていたら、こんな言葉が降りてきた。

『あなた、要らなかったんだよ♪』

(゜∇゜ ;)エッ!?w
あ、そっか!要らなかったのね?w ←妙に簡単に受け入れたw
そっかーそっかー、要らなかったんだー。
だよね~、そっかぁ。。。

一体何だろうね?この出来事に対する受け取り心境の変化はww
自分でもイマイチよくわからないけれど、何か心にストンと落ちた。

私が何をしたとか、私の価値とか、勝手に私が結び付けていただけで、
実際の事実は、人員整理が必要に迫られていた会社にとって
私は要らなかっただけのこと。
たったそれだけのことだったんだ。
会社が私を要らないと決めても、私の価値は何一つ変わらないんだ。
ただ単純に、そこに要らなくなっただけだったんだ。
そこに要らない=私自身に存在価値がない わけじゃなかったんだ。

更に言えば、もう次に行っていいよってことでもあったんだよね。
それについては、そういうことだったのだろうとは感じていたけど。。。

その会社にとって私が要らなかったという事実を認めたら
何かスッキリしたわ~♪
きっとずっと私は、それを認めたくなかったんだろうなぁと思う。

今度どこかで上司に会ったら笑顔で挨拶出来るかなぁ?
それはまだ謎だけど・・・^^;

でも、何か心の錘が1つ外れたような気がします^^
というか、絶対に必要な人間なんてどこにもいなくて
だけど、必要じゃない人間もどこにもいない。
これが事実なんだと思うわ。
相反すること言ってるようだけどねw
【 2015/08/19 (Wed) 】 心のままに | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。