わたし学

ARTICLE PAGE

吐き出します

author photo

By美和

このブログは、もともとはここに自分自身を解放し、それによって
自分と向き合い、自分を見つめるために立ち上げたものです。
今の私は、心の中にある鬱積したものを吐き出さないと
前に進むことが出来ない状態にあります。
読んでいてあまり気分がいいものではないと思いますので、
そういうものから目をそむけたいと思う方は、どうか
読まずにここを閉じてくださいますようお願い致します。


自分の人生を回顧するとき、記憶のある範囲でも
とてもいいものだったとは思えないのですが、
それでも、その人生があるから今の自分があるのだと、
今の活力に繋がっているのだと思ってきました。
そして、過去にあった嫌な出来事も、出来る限り受け止めて
歯を食いしばって乗り越えて、そこから自分なりに
いろんなことに気づいてきたつもりでした。

多くのことを受け止め、それらを赦し、自らの糧として
生きてゆけるようになってきたと思っていた矢先、
欠落している過去があることを知りました。
私はまだ自分の人生を受け止めきっていなかったんだ。
それどころか、今まで長い年月をかけて必死で乗り越えてきたものよりも
もっと受け止めがたい出来事であることは間違いない。
このことは、かなりのショックでした。
頑張って頑張って、やっと乗り越えれるようになってきたと
思っていたのに・・・。


前から自覚している記憶の欠落がもう1つあって、
それは以前にも書いていますが、母親に関する記憶です。
私の両親は、私が5歳の時に離婚していますが、
5歳までの記憶の中に母はいないのです。
他のことは覚えてることも結構あるのですが・・・。
そこに原因があるのかなぁなんて漠然と考えたこともありました。
でも、今はもう父も祖母もいないし、そこを知ることは出来ません。

弟に関しては、日記の中から知る限り、私がしてしまったことを
大きく父に告げ口をし、私が殴られるように仕向けていたのは
事実のようです。それも覚えてないのですけど。
ただ、一昨日の集まりのために弟から電話があり話している間中、
風邪を引いてるわけでもないのに咳が止まらなく、
兄の家に於いても弟と話す時に吃ってしまってうまく話せませんでした。
頭は忘れていても、心が反応していたのかも知れません。

私は何を得るためにこの人生を選んだのかなぁ・・・。
やっと乗り越えたと思った壁の向こうに、更に高い壁を見つけて
呆然と立ち尽くし、自信喪失してしまっている私には何も見えません。
ただ言える事は、私は誰も憎んでいません。
恨んでもいません。今の私の中にはそういう感情はありません。
記憶がないからそう言えるだけなのかも知れませんが・・・。

昨日も書きましたが、私には自分でどうにもならない
トラウマがあると自分自身ずっと感じていました。
そのことは、過去記事にも書いています。
(過去記事:アダルトチルドレン)
ずっとずっと、安心できる場所が欲しくて仕方なかった。
同情されることをことさら嫌った。
本当に信じられるものが欲しかった。
上辺だけで良いことを言う人を軽蔑していた。
心の伴っていない言葉なんていらない!馬鹿にすんな!
人の心を何だと思っているんだ!と怒鳴りたかった。

平気で嘘をつく人。平気で人を裏切る人。
自分で努力もしないのに、人を羨み妬む人。
人の心をわかろうとしないで、自分が正しいと思うことを
押し付けようとする人。
押し付けていながら、その通りにならないと切れる人。
真面目に生きようとしている人をせせら笑う人。
お金や学歴や肩書きで自分のことをエライと思い込み、
それらを持ってない人を馬鹿にする人。
自分の立場を守るために人を貶めようとする人。
色んな人を見てきて、そんな人達を軽蔑していたけど・・・。

裏切られて騙されて、もう誰も信じるもんかと何度も思った。
それでも人を自分を信じたかった。
自分や人を信じれるようになることを諦められなかった。
自分は生きる価値のない人間じゃないと思いたかった。
どうやったら信じることが出来るのだろう?
どうしたら赦すことが出来るのだろう?
ずっとずっと考えて、自分を見つめて人を見つめて世の中を見つめて、
ようやく信じるということはどういうことなのかを見つけた。

はぁ・・・。
吐き出して大分楽になってきたぁ・・・。いっぱい泣いた^^;
今まで乗り越え培ってきたものを無駄にしないためにも、
私は勇気を持つよ。
欠落した記憶が戻ってきても受け止めてみせる。

今夜は眠れるかな・・・。
↓クリックしていただけたら幸いです。

Share

Comments 20

Miho  

あおさんの記事を読んでいて、いつも一生懸命だなぁと感じます。
その一生懸命さがいつか、苦悩していたものもすべて包み込んでくれる愛を呼ぶとおもいます。。。

嫌われることを恐れ、それでも上辺の関係にはなりたくない。
あおさんはとても素直な方なんですね。

きっと人間は皆、そんな関係を心底求めているんだと思います。
それでも上辺だけで繕うことから逃れられない人や、嫌われることを気にしない振りして本当は孤独な人だっていると思う。

けれどあおさんは、最初から上辺だけの人を望んでいないと、自分に素直な考えをお持ちで、自分が嫌われているんじゃないかと気にしている。
きっと本音で打ち解けあい、心から信じられ、又必要とされる関係だけを望んでいる。

それは人間関係ではとても難しいことだと思います。

特にあおさんのように家庭や過去に事情をお持ちの方、逆に最初からとても満たされていてそういう辛い境遇にいる人の気持ちが分からないと言う方、考えが主観的で固定されてしまっている方など様々な人間が共存している世界ですから。

でも私は、そんな世界でも諦めずに日々一生懸命なあおさんの考えが大好きです!

長い月日を経てやっと築いた絆は永遠だと思います。
焦らなくても、そのときは必ず来ます。
真剣に自分を見つめようとするあおさんだからきっと。


2007/01/09 (Tue) 21:40 | EDIT | REPLY |   

おのっちです  

私が言う事ではないかもしれませんが、無理には過去をもどさなくてもいいのではないだろうか?過去がわかったから今のあおさんがかわるのですか?
過去があるから今があるのもわかるのですが、今これからをどうするのではないだろうか?
今まで苦しんだ分今のあおさんがいる。そのあおさんに共感し、感動し、人があつまってきたのではないだろうか?
人が集めるって事はすごい事だと思うのですが・・

2007/01/09 (Tue) 22:13 | EDIT | REPLY |   

ふらdesuーyo  

おばんです。
おいら、こういうときにふさわしい言葉ってもってないのですけどもね。ちっとだけ。
世界にはいろんな人がいて成り立ってたり。
自分の人生は自分だけのものだけど、自分だけのものでもないとか。
いろんな人と関わって今の自分があるとおもいます。
振り返ったり、立ち止まったり、人が生きていくってのはそういうことかもね。
今目の前にある壁は、そのまえの壁を乗り越えたからある、って困難に出会ったときにはそう考えるようにしてます。
まあ、あおさんの書いてる趣旨と違いはあるのですが・・・。

って、とっても変なことをおいら、言ってるね。的外れでごめんよう。

2007/01/09 (Tue) 23:44 | EDIT | REPLY |   

あお  

>Mihoさん
ありがとう。
本当にありがとうです。

私は必要以上に誰かから必要とされたいと思ってしまう
傾きを持っています。
会社の中における立場についても書いたことがあるけど、
それもそういう傾きの一環だと自覚しています。

それと同時に、Mihoさんが書いてくださったように
人は本当は心の底で誰しもがそれを望んでいるのだと思います。
だからこそ、人を信じたいとずっと思ってきたし、今はどんな人で
あろうともその底にあるものを信じることが出来るようになった
のだと思います。

心配かけてごめんね。
そして本当にありがとう。
もう大丈夫だよ^^
たくさんの愛をありがとう。

2007/01/10 (Wed) 00:13 | EDIT | REPLY |   

あお  

>おのっち
私は無理に過去を思い出そうとはしてないですよ^^
ただ、過去を知ることは、まして自分が閉じ込めてしまった記憶は
それを思い出し、受け止めることで自分を解放することが出来ます。
それは、心の治療としての一環として行われていることでもあります。
何故なら、過去を認めないとしている心は今の自分を
認めないことと同じことだからです。
多分、私に受け入れられることの出来る心が出来たとき
記憶は戻ると思います。

ごめんね。
一時的に凹んでしまっただけだから。
もう自分取り戻したから大丈夫^^
ありがとうね。

2007/01/10 (Wed) 00:20 | EDIT | REPLY |   

あお  

>ふら
コメントありがとう^^

うん。ちゃんとわかっているよ。
ちょっとね、ショックが大きすぎて自分見失っていたんだ。
私は1つ壁を乗り越えて、よし!また次の壁を乗り越えるぞって
思っていたんだよね。
そこへまったく予想していなかった別の壁が現れたものだから、
どうしたらいいのかわからなくなってしまったんだ。
乗り越えれたと思っていたのに、実はそうじゃなかった。
あんなに頑張ったのに・・・って途方に暮れた。
でも、大丈夫。
大切なことはちゃんと取り戻したから。
ありがとうね。

2007/01/10 (Wed) 00:24 | EDIT | REPLY |   

ふらdesuーyo  

夜更かしすんな~笑
ワタクシもそろそろねるのです、ねむねむ~。
またくるね♪

2007/01/10 (Wed) 00:34 | EDIT | REPLY |   

Sayae  

あおさんが穏やかなだけじゃない感情を聴かせてくれるとほっとします。
あおさんのひたむきさにさらに魅かれてしまいました。
自分を信じ、貫いてください。
陰ながら、応援しています。

2007/01/10 (Wed) 00:44 | EDIT | REPLY |   

Infinite  

「自分を直にみつめる」ことは
目や耳を塞いだり、覆いたくなったり、誤魔化したくなったり・・・
それでも「自分は何者かと」己に問う・・・繰り返しの、
途中で止めても時が過ぎればまた同じ疑問がやってくる・・・
「真正面から向き会う」のは難儀で辛いものです。

     それを正面からやっておられる
     ・・・・・辛かろうね。。。

あおさん、しかしながら最近は
「過去はこれからも生かしていただくための基礎」と。

「なりたい自分を創造して、それに向ってひとつ、ひとつを選択し決定していく」
これこそが、自分の命が輝く生き方ではないか、と。

「あなたは○○ね」と言う他者評価は、自分の極一部分であったとしても、他者のフィルターを通して見たものであって、
決して心の目で観たものではないからです。

他者評価を自分と思い、他者と比較しながら(無意識に)
自分という枠をつくり自己限定してきたものように思うからです。

余計なことを書いているような・・・ですね。(ゴメンね)

>ただ言える事は、私は誰も憎んでいません。
恨んでもいません。
今の私の中にはそういう感情はありません。

これが今の「こたえ」ですね。
憎しみは過去のことを知っても、知らなくても、あおさんには
「憎しみ、恨み、はない!」
のですよ。
素晴らしい!!!

「愛」も「赦し」も「信じる心」も「勇気」も「可能性」も・・・
無限にあおさんは持っているよ。
今はそれがまだ、ちょっとだけ、ちっちゃいだけだよ。
これから、ドンドン、
大きく、大きく、おおきくなるよ。

あおさん、大丈夫、絶対に大丈夫!だよ。

2007/01/10 (Wed) 00:46 | EDIT | REPLY |   

Infinite  

コメントはこちらから

2007/01/10 (Wed) 00:48 | EDIT | REPLY |   

ポリアンナ  

子供を産む苦しみ、処女を失う時の痛み、
「忘れる」っていう機能がなかったら、
人類は滅んでいたかもしれません。
もうひとつ、生きる技術があるとしたら、
「忘れる」のではなくて、その苦しみや痛さの記憶を、
「喜び」や「使命」などの、別の感情に変換できる能力で、
人類は続いて来たのかなとも思います。

うまく言えませんが、苦い記憶を思い出したのは、
あおさんの中に、それに耐え得る「抗体」ができたからで、
きっと、それを別の感情に変換できる能力が、
今育っているのではないかと思います。
辛い時間かも知れませんが、
今、それを思い出した事には、きっと意味があるのだと思います。

でも、あまりに辛いなら、無理に向き合う必要もないと思います。
「忘れる」ことも、生きる技術だと思うから。

2007/01/10 (Wed) 03:17 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2007/01/10 (Wed) 12:16 | EDIT | REPLY |   

らんまる  

まああれですよ
人は人だし、自分は自分だし~
思い出せないことやしまっておきたいことは
無理に思い出さなくてもいいべさ

てか
僕みたいなしょぼいやつでも生きてるんだし(爆)

生きてればなんとかなるしょ?(笑)

ていうか
生きてるだけでもうけじゃん♪

って・・・
またよくわからん内容だけどwww

2007/01/10 (Wed) 17:04 | EDIT | REPLY |   

あお  

>Sayaeさん
ありがとう^^
そう言ってもらえることが、どんなに勇気になるか知れません。
また、歩き出します。
Sayaeさんも共に歩こう^^

2007/01/10 (Wed) 19:10 | EDIT | REPLY |   

あお  

>Infiniteさん
本当に・・・自分自身を見つめ、受け入れるということは
簡単なことではありません(>_<)
誤魔化す事や嘘をつくこと、それによって保身をはかること・・・
などが生まれ以って赦せなかった私は、どっちにしろ
こういう生き方しか出来ません。

いえいえ^^
全然余計なことじゃありません。ありがとうございます。
本当にその通りですよね。
頭では理解出来るのに、どうしても心がついていかない。
Infiniteさんがおっしゃるように、自分で自分に枠を作ってきて
しまってるからなのだと思います。
枠を作ってしまった原因を探り、そこから自分を解放しなくては・・・。

本当にありがとう。
「大丈夫だよ」の言葉は本当に勇気を与えてくれます。
どうかこれからもよろしくお願いします^^

2007/01/10 (Wed) 19:20 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2007/01/10 (Wed) 19:21 | EDIT | REPLY |   

あお  

>ポリアンナさん
別の感情に変換できる。
これとてもよくわかります。
悪いと思えるものは排除するのではなく、変換すればいい。
私は修正という言葉を使っています。

そうですね^^
そういう抗体が出来ているのなら、かなり嬉しいなぁ。
まだ思い出せそうにはありませんが。
でも、いつ思い出してもいいようにまずは自分を磨いて
いこうと思います。
ありがとうございます^^

2007/01/10 (Wed) 19:25 | EDIT | REPLY |   

あお  

>らんまる
ブハハw
私の古いネット友も同じこと言いますよw
「生きてるだけで丸儲け♪」って。

うん。
無理に思い出そうとは思わないけど、でもそれが思い出せるくらい
しっかりした自分になれたらいいなぁとは思ってる。
まだ心もとないから思い出せないのだと思うしね^^;

ありがとうね^^

2007/01/10 (Wed) 19:28 | EDIT | REPLY |   

素。  

読むなといわれると読んでしまうがな。

2007/01/10 (Wed) 19:34 | EDIT | REPLY |   

あお  

>素
ヾ(≧▽≦)ノギャハハ☆
じゃあ、毎回そう書くことにしようかな?w

2007/01/10 (Wed) 20:29 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply