わたし学

ARTICLE PAGE

父への想い

author photo

By美和

ようやく復活しました♪
ご心配をおかけしてすみませんでした(>_<)
でも、思ったよりもずっと早く立ち直ることができました。
以前の私なら、こんなに早く立ち直ることは出来なかったと思います。

改めて想いを言葉にしてみることによる効果や、
人との繋がりの大切さが身にしみました。
たくさんの愛をありがとう^^ 本当に救われました。
勇気をもらいました。心から感謝致します。

昨日記事を書いていて、前半はほんと泣きながらでした^^;
でも、書き進めているうちに心が軽くなっていくのを感じました。
溜まっていたものを吐き出すうちに、段々と自分の心が見えてきました。
一時はほんと途方に暮れました。
でも、もう大丈夫です。私はまた歩き出します^^

父について自分の心を見つめてみました。
やはり、私は父のことを尊敬していますし、大好きです。
この想いは造られたものではないことを確信しています。

私の父はすごい人でした。
私も良く物知りだと言われますが、父の博識に比べたら
私の持ってる知識など足元にも及びません。
私が現役の学生だった頃でも、地理・歴史・英語・・・。
何一つかなうことがありませんでした。
特に漢字はすごくて、私もかなり得意だったのにも拘らず
一度も勝てたことがありません。
雑学もかなりのものでした。

でも、父は家庭の事情で小学校しか出ていないのです。
私がもっとも尊敬していたのはそこでした。
父の持つ知識は、自らの努力の賜物だったからです。
自分の学の無さを育ちのせいにする人に出くわすと、
「うちのお父さんを見習ったらいい。」とまで思うくらいでした。

その上とても達筆でもありました。習ってもいないのにです。
祖母もとても達筆な人でしたし、父の兄弟姉妹もみなそうでしたので、
血筋かも知れませんが、父や父の兄弟姉妹はそれに驕ることなく、
一層努力をし、持って生まれたものに磨きをかけていた人達でした。

絵もそうです。私自身も絵が得意で、ちょっと自信もありましたが、
ある時父が描いた絵を見つけた時に、一目でかなわないと思いました。
音楽もそう。独学でギターの弾き語りなどをしていたようです。
でも、そういうことをあまり語りたがらず、私がすごいすごい!と
言っても、「全然すごいものじゃないよ^^;」といつも言ってました。
父の部屋にはクラシック全集があり、私は父が仕事をしている間に
よく、こっそりと部屋に入って聴いたりしていました。

普段の父はよく冗談を飛ばし、お茶目なところも結構ありました。
とても頭が良く、そしてそれを決してひけらかさない人でした。
社会からの人望も厚く、父亡き今でも時々父を知る人から、
「お父さんはほんと立派な人だったよ。」などと言われたりします。

そんな父は以前からも、今でも私の尊敬の的であり、
目標であり、自慢すべき親でもあります。
だから、余計に欠落している記憶にショックを受けました。
昔も今も父のことを嫌いだと思う心はないからです。

もしかしたら私は、欠落している記憶の中の父を
認めたくないのかも知れません。
私が尊敬している大好きな父のままでいて欲しいと
願っているのかも知れません。
父を嫌いになりたくなかったからかも知れません。
それゆえに押し込めてしまっているのかも知れません・・・。

何故かというと、何度か殴られたことは覚えていますが、
その時の記憶は自分がしてはいけないことをし、
殴られて当然だという想いと共にあります。
でも、記憶がない部分は日記を見る限り、どうしても自分には
非がないと思えているようなのです。

祖母から厳しい仕打ちを受けていた私は、父だけは
私のことを好きでいてくれてると思っていました。
そんな父が私にひどい仕打ちをするはずがない。
それを認めてしまうことは、自分の存在を否定してしまうことに
なってしまうと思っていたのかも知れません。

まぁ・・・。そのうち思い出す時が来るかも知れません。
焦ってもいませんし、そこに捉われてもいません。
今でも父を尊敬していますが、父も一人の人間です。
記憶が戻っても、一人の人間として一人の人間である父を
受け止めたいと思います。

↓よろしければクリックお願いします^^
Share

Comments 13

さとえもん  

元気になれて良かったですv-290時々は、落ち込んだりもするし、今の自分に迷ったりするもんですよね。そこから、また立ち直るということが、大事だと思います。立ち直りが早くなったということは、確実に成長してるし、強くなってる証拠ですね。 
 私は最近は出来るだけ、早く寝るようにしてます。一晩寝たら、元気になってた、というくらい図太くなれれば良いんだけどv-363

2007/01/10 (Wed) 21:03 | EDIT | REPLY |   

あお  

>さとえもんさん
ありがとうっ!!!!
このブログのお陰ですね。
書く事によって、想いを吐き出し心を空にすることが出来る。
そして、そうすることによって、自分を取り戻すことが出来る。
そんな私にたくさんの心をくれるさとえもんさんをはじめ、
多くの心優しい人達。
だからこそ、私は今までよりも早く立ち直ることが出来るように
なったのだと思います^^
本当にありがとう。
私はここ数日間眠れなくてきつかったんだけど、今日は
早く寝ようと思います♪
一緒に図太くなろうっ!

2007/01/10 (Wed) 21:16 | EDIT | REPLY |   

Miho  

何だか分かりますi-228e-305
やっぱり父親はヒーローのような存在でして欲しいですよね(古い?)。
私も、昔空手をしていた父親の、力持ちで強いところが好きでした。
子どもの私にとって本当にヒーローのような存在で、どんなことがあっても父がいれば大丈夫e-465なんて思っていました。
けれど、夫婦喧嘩で母の髪を引っ張ってはたくさん叩き、怒鳴って怒り狂う姿を見て一時期最低だ!と思っていたりもしていました。
でも、実はつまらないこと、些細なことで怒りの感情がどうしようもなくなるのが人間だということを、今なら分かります。
自分ではそれよりも、人を想うことを大切にしているつもりですが、人間は感情のある生き物。
裏切ったり嘘をつく生き物だし、環境に影響されやすい生き物。
けれどそれは心あってこそ。
なので今は身近な人すべて許せる気持ちでいます。
この先、もしも裏切られても良いという気持ちでいます。

人間を受け止めること、それは同じく人間であるわたしたちにとって困難であります。
でもこれって凄い大事なんだと最近は感じます。
身近な人を認めることで、他の人々も受け入れられる気がします。

ごめんなさい、また駄文をi-282
あおさんの記事を見入っては色々考えさせられますe-465e-267

2007/01/10 (Wed) 21:34 | EDIT | REPLY |   

あお  

>Mihoさん
私の父は、スポーツだけは駄目な人でした(苦笑)。
まぁ、そんなところもしっかり似ているのですがw

Mihoさんも辛い想いをされてきたのですね。
空手をやっている人間が、普通の人間を叩くというのは
大変なことだと思います。
でも、そんな辛さを乗り越えて赦すことの大切さを知った
Mihoさんはすごいと思います。

本当に人間というものは厄介な生き物です。
そして、心というものは弱いものです。
すぐに楽なほうへと逃げたがります。
でも、本当の意味で楽になるためには、逃げてはいけないんだよね。
人の心というものを見つめ、真実理解するならば、人も自分も
信じることが出来るようになりますよね。
それでも、「ならぬことはならぬ」(白虎隊よりw)なのですが。

人としてならぬことに気づき、自分の中にある真心に目覚め
生きてゆく人が増えていくことを願っていますし、信じています^^
そして、多くの傷ついた人達の心を理解することが出来るように
自らこの人生を選んだのかも知れないとも思います。
だとしたら、弱音はいてる場合じゃないよねw
頑張ります♪

全然駄文なんかじゃないよ。
Mihoさんと語り合えるのはいつもとても楽しみです☆
ありがとう。

2007/01/10 (Wed) 22:42 | EDIT | REPLY |   

おのっちです  

立ち直れてよかったと思いますよ^0^
私は両親は生きていますが、過去の記憶は殆どありません・・
怒られた記憶も・・・
しかし、親はありがたいなぁ~と最近はそう思うようになって着ています。これもブログのおかげでもあります。
人として、辛い事もあるけれど、一人ではないと思いたいし、これからもよろしくね♪

2007/01/11 (Thu) 00:09 | EDIT | REPLY |   

あお  

>おのっち
ありがとう^^
親がいなければ、この世に生み出してくれなければ
今の自分は存在していないですものね。
今回はかなりショックを受けましたが、もう大丈夫です。

辛い出来事は、私に足りないものや必要なものを与えてくれるのだと思います。
辛い出来事を辛いだけで終わらせるのも、そこから何かを見つけて
人生に生かして行くのも自分次第。
おのっちは一人じゃないよ^^
もちろん、こちらこそこれからもよろしくね♪

2007/01/11 (Thu) 00:16 | EDIT | REPLY |   

373  

親父を尊敬できるって堂々と言えるあおさん
娘からそういわれる親父さん
普通にすげーて思います。
俺も娘から尊敬される親父になりてーなーなんて
思いました。

うちの親父の尊敬できる部分は
仕事の愚痴を今まで聞いたことないとこかな
これってけっこうすごいって思うのですが

どうでしょ~う?

2007/01/11 (Thu) 00:23 | EDIT | REPLY |   

Infinite  

良かったぁ~!
「立ち直りが早くなる」と言うことは
現実をしっかり捉えたうえでのポジティブ志向が根付いてきた、
力がついてきた、ということかな。
でも・・・そういう理由づけはいらないね。

吐き出せて良かったね。

昔は「何故、この人の子どもなんだろう」
「何故、私はこの人を父親と選択してこの世に生まれたのだろう」とよく思ったものです。
時間が過ぎ・・・「私は父を愛している」と今ははっきり言えます。
今月の14日は父の13回忌です。
久ぶりに父を懐かしく想い出しました。
ありがとう、あおさん。

2007/01/11 (Thu) 01:44 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2007/01/11 (Thu) 15:50 | EDIT | REPLY |   

ココッチ  

私には父が二人、側に居た訳やけど、二人とも亡くすと
やっぱり思いは生きていたときの感情と違ってきてる。
今なくなった叔父と呼んでた実父の事もある意味可哀想な人
やったなぁ。。と思う。
でもこの二人、兄弟やったから頑固さは同じや~と笑泣きしたり。
今となれば、懐かしい思い出が出たり入ったりです。
ただ、、、まだ、一つだけ「やりのこしてるやん!アカンやん」と
思うことがあって・・・その件に関しては私の気持がいつ解決するやら?です。(苦笑)
あおさんみたいな心でありたいねぁ。
私の場合。。。叔母が残ってて、その叔母との事が大問題なの・・
あ~。。。考えたくないなぁ。(涙)
どうか良い方向へ向かってほしいよーー!

2007/01/11 (Thu) 17:41 | EDIT | REPLY |   

あお  

>373さん
ありがと^^
娘から尊敬される親になるには、多くのものは必要ないと思います。
自分に自信が持てるところが一つあれば十分かも♪
ただただ愛してあげればいいのだと思います^^

仕事の愚痴を言ったことがないというのは、すごいですね!
それって中々出来ることじゃないと思います。
素敵なお父さんですね☆

2007/01/11 (Thu) 18:29 | EDIT | REPLY |   

あお  

>Infiniteさん
ありがとうございますっ!
いっぱいの温かい心をいただいたからです^^
私ひとりではとてもとても・・・^^;
本当に感謝しています。

Infiniteさんのお父様も亡くなられているのですね。
今回私は父のこんなところを尊敬しているのだと並べ立てましたが、
Infiniteさんからのコメントを読んで、例えどんな親であっても
愛すべき大切な親なのだということを思い出しました。
ありがとうございます^^

2007/01/11 (Thu) 18:35 | EDIT | REPLY |   

あお  

>ココッチさん
そっかぁ。
ココッチさんもほんと苦難の多い人生選んだね^^;
渦中にいるときは見えなかった多くのものが、
時間と共に見えてくるというのはよくあることだと思います。
解決するには、ちょっとしたきっかけが必要なこともあるし、
時間が必要なこともあるね。
大丈夫だよ^^ ココッチさんなら大丈夫。
そして更にまた問題抱えているのね・・・(>_<)
辛いね・・・。
何もかも放り出してしまいたくなる時もあるだろうね・・・。
心がいっぱいいっぱいになったら吐き出してね。
私でよければいくらでも吐き出していいからねっ!

2007/01/11 (Thu) 18:43 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply