わたし学

ARTICLE PAGE

スポンサーサイト

author photo

By美和

-
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Share

本物の輝き☆

author photo

By美和

外は物凄い強風です(>_<)
時々すさまじい突風が起こり、今、プレハブの仮事務所で
仕事をしている私たち社員の脳裏をかすめたものは・・・。
『佐呂間で起きた竜巻』
全国あちこちでも、被害がかなり出ているようですね。
自然の猛威の前では、私たちは本当に無力だということを、
感じざるを得ません。
どうか、皆様のところはご無事でありますように・・・。

先週の金曜日、仕事で車を走らせていた時に、
ラジオから、フランスと日本の金銭感覚の違いみたいなことを、
題材とした放送が流れていました。

その中で、思わず心が引き込まれた言葉が、
『お金は欲しいものを買うためではなく、
生きていくために必要なものを揃えるためにある』
というものでした☆
この言葉には、深く思うところがありましたぁ・・・^^

フランスの方達は、良く、仲良しさんや、ご近所など集まって
『お茶会』をするらしいのですが、決して高価なお菓子などを
買うことはないのだそうです。
その時に使うナプキンも、繰り返し使うことの出来る布製。
出すお菓子は、誰か彼かが持ってくる手作りのお菓子。
それも、ラッピングなどはせず、タルトなら型に入ったままw
クッキーなどもそのまま、スーパーの買い物袋とかに入れて
持ち寄るのだそうです。

フランスの御婦人達曰く、お茶会の醍醐味はお菓子ではなく、
みんなが集まって楽しいお喋りの時間を過ごすこと。
それ以外のことは、枝葉末節らしいのですよね。
とても素敵な価値観だなぁと思いました^^

私自身、ブランド物とかに全く興味はないのですが、
ブランド物がいけないと言うつもりもありませんw
ブランド物と言われるものは、やはりそれなりの伝統と良さがあり、
みんなから親しまれ、今に至っているものが多いと思うからです。
良い品物は、持ちもいいですし、飽きが来ないものも多いですよね☆
多くの安物よりも、一つの良いものを求めたほうがいいともいいます。

ただ、今は『見栄』のように、『虚飾』の為にそれらを求める人も
多いんじゃないかなぁ・・・と思えます。
いくら高価なものを身に纏ったからといって、自分の価値が
あがるわけではありません。
金銀で飾り立てることによって、自分の価値を外に示そうとしたのは
いつの時代からなのでしょうね。
表だけを飾り立てても、中身が伴っていなければ、飾りに負けてしまって
当の本人が、何も身に纏っていない時よりも、みすぼらしく見えてしまう。

天上の天使達は、私がお会いした守護霊もそうでしたが、
ただ、白い服を着ているだけ。
身を飾る『虚飾』とは無縁なのだと聞いています。

心を磨けば、自然とその人は光り輝いてくる。
それは、金銀で飾り立てたものとは比較にならない本物の輝き。
そういう人に、成り行きたいものです♪

↓ポチしていただけたら幸いです☆

Share

Comments - 16

Miho  

私もヨーロッパへ行った方の本を読み、
その価値観に惹かれましたo^ー^o
良いモノを長く、長く使う。
見栄を張るのではなく、人間関係を、
心の豊かさを大切にするのは素晴らしい☆
生きることの出来るお金があること自体
ココロから感謝できることですよね。

私はブランドよりも質やデザインです^^
すこし前、身を飾るのはいけない事かな?
と思ったことがありました。
でも今は、本当に大切なことを見つめていれば、
好きな物にお金を使うのは良いんだと思います。

本であったり、楽器であったり、家具であったり、
それは人によっては違うと思うし、
人間だからこその感覚を感謝しながら味わうのは
良いことなんだと思います。
それが感性や個性を磨いたりしていきますよね。

物を大切にすること。
生きていけることに感謝すること。
自分の「ココロ」をみつめること。
人の「ココロ」をみつめること。
それが大切ですネ*^^*

2007/03/05 (Mon) 22:02 | EDIT | REPLY |   

あお  

>Mihoさん
(*・ω・)(*-ω-)(*・ω・)(*-ω-)ウンウン♪
身を飾ることは、個性の主張でもあると思います☆
なので、中身の伴ったものであって欲しいですよね^^;

管理職になったのだから、このくらいの車じゃないと・・・とか、
腕時計はブランド物じゃないと恥ずかしいとか・・・。
そういうことに使うお金はもったいないと思えてしまいますw

私は特に欲しいものがないので、もっぱら日用品にしか
お金は使うことがないのですよね^^;
あとは、コツコツと僅かなお金を貯金するわけですが、まぁ・・・。
身内のために使ってしまうことが多いですね^^;
叔母などから、「あなたは人の為にお金を貯めているようなものだね^^;」
などと言われています・・・汗w
でも、自分なりには有意義なお金の使い方だと思っています^^

2007/03/05 (Mon) 22:28 | EDIT | REPLY |   

G.S.  

あおさん
いろいろな価値観に触れると、改めて刺激になりますよね。
価値観は基本的に固定化されがちですが、あえていろいろな価値観に触れて、別の方向から現状の価値観を見てみると、全く別のものが見えてくる。
それを良いと思えば取り入れれば良いし、自分に合わないと思えば、へぇーッで済ましても一向に構わない。
最近知り合った価値観。”日本人は車や家のメンテには金を掛けるが、自分にはあまり金を掛けない。”言われて見るとその通り、
ある意味現在が本末転倒かも。
”英国人は旅行をしてもおみあげ物屋でおみあげを買わない。”
う~ん、それもあり!見習わねば・・・・。

2007/03/05 (Mon) 22:55 | EDIT | REPLY |   

Miho  

人のためにっていうのはとても素敵ですね^^
私はまだ自立してないから、
母や祖父母にもらうばかりです^^;
見返りを求めず・・・
そういうココロにとても感謝しています。

お金を何に使うか、それは人の自由ですが、
見栄を張るような使い方は心が豊かとは言えませんね。
でもそのお金の有り難みを知ったなら、
学びの機会になったなら良いと思います^^

お金が溢れて物が溢れて、
それでもココロが満たされない人がいますよね。
過食にお金を使ったり、買い物に依存したりで
自己嫌悪に陥る人もいますよね。

またはお金を稼ぐために手段を選ばず、
ココロの声を押し切ってお金に依存する人も。

お金は使いようによっては全然違いますね。
きっとこの世にだけあるこのような物も、
「学び」に大きく関係しているのでしょうね。

2007/03/05 (Mon) 23:00 | EDIT | REPLY |   

あお  

>G.S.さん
ほんとそうですよね^^
心が頷くことは、たくさん取り入れて自分の肥やしにして
いきたいと常日頃から思っています♪

私は、家にも車にも自分にもお金は掛けないですねぇ^^;
掛けられるほどの収入もないですけどね(笑)
専ら、自分以外の人に掛けるお金が一番多いこの頃です。

お土産物屋さんは、ぼったくってるところが多いですからね(笑)
カニや鮭は、スーパーとかで買ったほうがずっと安くて
新鮮なものが手に入る・・・と思いますww

2007/03/05 (Mon) 23:11 | EDIT | REPLY |   

あお  

>Mihoさん
子や孫や姪っ子・甥っ子や親・兄弟などに掛けるお金には、
見返りを求める人は殆どいないと思いますよ^^
「必ず返すから(>_<)」の言葉に貸してあるお金も相当ありますが、
返ってこないだろうなー^^;って思っています(笑)

見栄を張るためにお金を使う人は、そこから有り難味を
感じることはないでしょうね・・・^^;
金額で、心ひそかに「勝った」「負けた」とか思っているかもw

そうですね^^
この世で目に見えるものは、すべてが『諸行無常』
だからこそ、この世は修行の場であり、そのために
生まれてきているのでしょうね^^

2007/03/05 (Mon) 23:19 | EDIT | REPLY |   

Miho  

表面で誰かにどう思われるか、
そればかりを気にしている人は
ココロが淋しいのかもしれませんね。
条件付きで誰かに認めてもらえないと、
自分のその部分のみしか
認められないのだから。

そういう意味でお金もあるべくしてある、
人間の学びに欠かせないものなのかもしれません。
それは誘惑になったり、
本当に為になるものになったり、
使いようによって変わりますよね。

表現のための自分が「好きだから」選ぶか、
悲しみの連鎖を呼ぶものか。
ココロの在り方の大切さを思います^^

2007/03/06 (Tue) 00:30 | EDIT | REPLY |   

イマジン  

履歴からお邪魔しています・・・v-354
今回のお話も、大切なことですよね・・・!
物欲主義の現代人への警告かなって
思います。

少し話がそれますが、
買い物依存症のかたの話を
思い出しました・・・。
買い物を無性にしたくなるのは、
愛の電池が切れている時だそうですね、
愛を失うことを恐れる余りに、
人って、溜め込みたくなるようです。
買い物依存症に駆り立てられるようでしたら
是非、内観してみてくださいね。
最近、愛が足りなくなっている事に
気づけるんじゃあないでしょうか・・・。v-343

2007/03/06 (Tue) 08:15 | EDIT | REPLY |   

あお  

>Mihoさん
>条件付きで誰かに認めてもらえないと、自分を認められない

お金に限らず、この世に生きているほとんどの人が
そう思っているでしょうね。
だから、人の目を気にする。自分の一挙一動で、周りがどう
反応するかが気になって仕方ない。
私の中にも、そういう部分がありますよ(苦笑)
金品部分に関してではないですが^^;

捉われの心が強いと、中々その轍から抜け出すことは
難しいですよね。
勇気と強さを以って、日々送りたいと思います^^

2007/03/06 (Tue) 08:22 | EDIT | REPLY |   

あお  

>イマジンさん
おはようございます^^

あちゃーっ(>_<)w
コメントも残さず覗いてきたのに、申し訳ないです^^;
ありがとうございますっ!

愛が足りないゆえに・・・。
きっと、今の世の中の出来事全てにおいて
それがあるんじゃないかなぁと思いますね^^;
私は、買い物依存症にはならないですよ♪
日用必需品以外ほとんど物を買うことはないですから。
私の場合は、貯金依存症ですねぇ(笑)
でも、きっとそれもそういうことなのでしょう。
ある程度まとまったお金がないと、不安になるんです。
病気や怪我などで働けなくなったら、即収入が途切れますから。
家賃や色々な支払いで、人に迷惑もかけられないですしね^^;

2007/03/06 (Tue) 08:30 | EDIT | REPLY |   

ゆき  

>天上の天使達は、私がお会いした守護霊もそうでしたが、
ただ、白い服を着ているだけ。
身を飾る『虚飾』とは無縁なのだと聞いています。

そういうことですか。
私も守護霊の顔が一瞬だけ見たとき、確かに白い服が少し見えていました。
夢でも、白い服を着ていました。
あおさんの記事に納得です!

2007/03/06 (Tue) 19:11 | EDIT | REPLY |   

タコたん  

フランスの方たちの価値観
いいですね・・

確かに日本のラッピングの豪華さは
過剰とも思えますものね

風の被害はありませんでしたか?


2007/03/06 (Tue) 19:33 | EDIT | REPLY |   

あお  

>ゆきさん
天使達は、着飾らなくてもその心の美しさゆえに
とっても光り輝いていますよね^^
ただ、然るべき時には『礼装』もするようですよ☆

あと、これは言ったっけかな???
手にしていた分厚い本ですが、『天の理(ことわり)』が
記されている本だと聞いています^^

2007/03/06 (Tue) 19:43 | EDIT | REPLY |   

あお  

>タコたん
でしょ?でしょ?^^
中身よりも、見た目重視みたいなのが多いと思うんだよね^^;
日本でも、田舎のおばちゃん達が縁側でそれぞれが
作った漬物なんか持ち寄ってさ(タッパなんかに入れてw)
みんなでワイワイお茶のみするのって、憧れる(´ー`*)。・:*

風は大丈夫でした^^
お心遣いありがとうです♪

2007/03/06 (Tue) 19:48 | EDIT | REPLY |   

ゆき  

>手にしていた分厚い本ですが、『天の理(ことわり)』が
記されている本だと聞いています^^

あおさんの以前の記事で、寝ている あおさんのそばにいた方が
持っていた本のことでしょう。
その記事を私が読んだときに、えっ!て びっくりしたのを覚えています!

高橋信次先生が言っていた事なんですが、
大天使ミカエルは、手に分厚い本を持っています。
本の中身は「神の理」について書かれてある・・・
ということを信次先生は言ってありました。
ミカエル大天使は佳子先生の魂に関連する方です。

だから、本を持って現れた あおさんの守護霊さん・・・凄すぎます!

2007/03/07 (Wed) 11:00 | EDIT | REPLY |   

あお  

>ゆきさん
過去記事読んで下さっているのですね^^
ありがとうございます♪

そそ、私が19歳の時にお会いしたんですよね。
記事にも書いてあったと思いますが、どうしても思い出せないのに
とっても良く知っている、しかも、かなり親しい間柄の人のはず・・・。
それだけは、わかったんですよ。

そのことを、友人に話したら、手に持ってる本は・・・と言われたんですよね。
天使が持っているものは、『シンボル』が多いと聞いていますが・・・。
理が書かれているという本は、天使であるなら誰もが読むことが
出来るんじゃないのかなぁ・・・????
よくわかりません^^;

2007/03/07 (Wed) 18:22 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。