わたし学

ARTICLE PAGE

書道から学ぶ

author photo

By美和

私は書道を習っていたことがあるんだけど、
最初習い始めた時は、先生の書く字を見て
なんて素晴らしいんだっ!と思っていたんだよね。
非の打ち所も見当たらない・・・。
どうしたら、こんな風に書けるようになるんだろうってw
かなり前にも書いたけど、先生曰く。
「練習した半紙が天井に着く頃になったら上手くなるよ。」
ブハ・・・^^;

でもって、よーし!じゃあ天井に着くまで書いてやろうじゃないか!とw
元来やり始めるとトコトンやってしまう性分の私は頑張った♪
で、三段くらいになった時かなぁ・・・。
先生に、「俺を越したなぁ・・・。」と言われて、へ?っと思い
先生の書いた書を見てみると・・・なるほど、正直上手くない(笑)
あれほど、素晴らしいと思っていた先生の書なのにね^^;
自分の書が成長するに従って、見る目も養われていたのよね。

自分が全く書けない時は、どこがどう悪いのかもわからない。
それを見えるようにするために、色んなことをしたなぁ。
一本一本の線を見たり、一つの文字として眺めて見たり、
壁に張って遠くから全体を見てみたりと・・・。
そして、ここが違うと気づいたことを、お手本の中に書き込んでおく。
そうしておかないと、クセになっているものって気がついた時には、
前のまま書いてしまっているから^^;

そんなことを、何度も何度も繰り返していく。
そして、上達するにつれてどんどんここが悪い、ここがイマイチ・・・と
自分の書の至らない点が見えてくるようになる。
それは、自分の書に限らず他の人の書を見ても同じこと。
そして、上手くなればなるほど、欠点もより見えるようになっていく。
なので、いつまで経っても「これで良し」と思えることがないのよね。

地元で昇段できるのは五段までだし、自分なりに頑張ったことに対して
満足したのでそこでやめてしまったけど、あのまま続けていたとしても、
自分で納得できる書が書けるようになったかどうか・・・?
会社に八段の人がいるけど、やはり同じことを言ってたよw

今は日々、心の成長を頑張っているんだけど、
これも、書と同じことが言えると思うわぁ。
バーチャル友などからは、一体どこまで行くんだ?なんて
言われてしまったりするんだけど(苦笑)
でも、自分では(・へ・;)うーーん・・・ほんと私ってまだまだだなぁ・・・
と非常に痛感している毎日^^;

なので、やはり部分を見たり、全体を見たり、視点を色々と変えて
気づいたことを心に留めて、また注意しながら歩いていく。
その繰り返しで、知らず知らずのうちに成長しているはずっ!w
そしてやっぱり、成長すればするほど至らないところも見つかるんだな^^;
でも、諦めずに頑張り通すぞーーーっ!♪

↓ポチしていただけたら幸いです☆

Share

Comments 15

あふぉ  

小学生の時、
オヤジが見本だ。。。と、書いた習字を下にして、
半紙越しに見えるオヤジの筆跡をなぞり、
書いた習字が賞を獲ったw
あははw
こりゃ反則だなw

2007/03/15 (Thu) 20:23 | EDIT | REPLY |   

あお  

>あふぉさん
ブハハw そりゃ反則だw
まぁ、ずるをするとそれは自分に返ってくるわねw
何事もなくても、自分は上達しないって事実が・・・ww

2007/03/15 (Thu) 21:47 | EDIT | REPLY |   

智(とも)  

実にわかりやすい例えだぁぁぁぁぁ(^^♪
書に関して、同じことをふっと思った次第、です!
うちの親父ですけど、何故か 『文字を書くこと』 や
『地図を描くこと』 など、あんた、どこで習ったん?
と、我が親ながら感動する上手さだったりします!
 ※PCのドローイングよりも距離感など正確、かも?

で、俺の場合って音楽メインですけど、幼い頃にですね、
習いに通った先の先生の演奏などを目の当たりにしつつ、
『練習すれば、ああいう演奏が出来るんだ♪』 などと、
ほんと純粋に考えていた少年時代なんぞありました!
そこで俺は、学校から帰宅すると同時に、学校よりも長い
時間を費やし練習したものです! 一日9~10時間とか?
はっきり言いますが、小学生当時の方が、今よりずっと
上手でしたよ (笑えない…)
ところが、そこまで練習して自分の身に付いた時点で、
あれほど感動したはずの先生のプレイは、感動しなくなって、
自分に納得した、という思いよりは、なんか悲しかったな…

ですが世の中、ほんとに広い、です~!
個人的に関わったバンドメンバーなど、これでもか? という
くらい達人の皆様方、でした (笑)
超がつく田舎なんですが、それがかえって、自分の求める
分野しか情報を得ようとしないため、必死なんですね!
 (このメンバーの中から業界人がいたりして!)

ここ2年くらい、演奏者としての自分を、多忙だからとか、
いろんな理由をつけて封印してる状況を情けなく思います…
今年は、ブログの更新を今より少なくしてでも、久しぶりに
演奏者としての自分を取り戻そうと計画してたところでして!
また忙しい年度になりそうです (^。^;)

追伸:
今日は春の嵐か? と思えるくらい、風が吹き荒れた俺の
地元でしたが (おまけに雨、でした…) そちらはまだ雪が
降っているでしょうか…?

2007/03/15 (Thu) 21:50 | EDIT | REPLY |   

あお  

>智さん
そっか^^ 良かった♪
例えるとわかりやすいよね☆
しょっちゅう「小難しい」って言われるからさぁ・・・^^;

私の父もそうだったよぉ・・・。
祖母もそうだけど、めちゃ達筆!
頭は良いしさぁ・・・。
あの人達にとって私が『駄目人間』に映ったのも無理ないと思うわw
まぁ、人間そんなところに基本はないんだけどね♪
でも、駄目人間と言われてきたからこそ、それもわかったから
ほんと人生ってうまく出来てるわぁ^^

そうそう!上には上が必ずいるのよねww
それがまた、自分を天狗にさせることなく学び続けようという
心を思い出させてくれる☆
オオーw(*゚o゚*)w 演奏者としての自分!いいねっ^^
忙しくなるかも知れないけど、きっと心は充実するでしょう♪
お互い頑張ろうねぇ!

今日もチラチラ雪が降っていましたよw
でも、積もってもすぐ溶けるので、もう春だなぁ・・・って感じ。
これからぐちゃぐちゃドロドロのww 春がやってきます^^
風も雨も地球にとっては大切なもの。感謝しましょ☆

2007/03/15 (Thu) 22:06 | EDIT | REPLY |   

ここっち。  

サッキはありがとうv-415
距離を感じないってスゴイよね。

ほんと、嬉しくて。。。でも~1時間22分だよ~。
ごめんなさいね。

生涯の友がまた、増えて私の心はウキウキしてるよ。
今度は飛んでいくからね。

お題から外れたコメントで失礼しましたぁ。

2007/03/15 (Thu) 22:23 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2007/03/15 (Thu) 22:30 | EDIT | REPLY |   

あお  

>ココッチさん
(*・ω・)(*-ω-)(*・ω・)(*-ω-)ウンウン♪
めっちゃ近くに感じるよね^^
こちらこそ、ありがとーーーーーーっ!!
楽しかった♪

絶対行くからねっ!飛んでww
語り倒そうぜぇ!(`・ω・´)w

2007/03/16 (Fri) 00:32 | EDIT | REPLY |   

北村 庵  

あおさん、こんばんは。
書道ですか…字が綺麗になれる第一歩ですが、
私はどうも苦手です;
ただ、癖…というものは
人間の個性にも思えますよね。
字は、全く同じものはない。
同じように、人間で同じような個性の人はいない。
デコボコだからこそ、調度良いのでしょうね。。

2007/03/16 (Fri) 00:46 | EDIT | REPLY |   

あお  

>北村 庵さん
おはようございます^^

(*・ω・)(*-ω-)(*・ω・)(*-ω-)ウンウン♪
それはそうなんです^^
同じ手本を見て同じ字を書くんだけど、人によって
とても個性が出るんですよね☆
その個性を持ちつつ、悪い部分を修正していくって感じかなぁ。
力強い字を書く人、優しい字を書く人、色々います。
同じ三段でも、同じ字なのに面白いくらい違いがでる。
そこもまた、醍醐味です♪
人もまた上に立つ人、縁の下の力持ちになる人、
元気を与える人、癒しを与える人・・・とそれが個性に繋がる。
欠点というのは、行き過ぎてる部分があるんじゃないかなと思うかな^^ それは素敵な長所になる部分でもあると思います♪

2007/03/16 (Fri) 08:06 | EDIT | REPLY |   

タコたん  

書道3段!!凄い!!

頑張ったね~あおさん
それでも謙虚にまだまだと言えるなんて素晴らしい^^

2007/03/16 (Fri) 13:01 | EDIT | REPLY |   

ゆき  

習字ですか。
私も小学校の頃、ちょっとだけ習っていました。

習字を上達するには、ふとんに寝ているときでも天井に
向かって、素手で字の練習をした・・・。と言う話しを聞いたことがあります。
また、達人になると、中国の古い時代の書を真似して書くと
書いた人の、そのときの想いが伝わってくるとか・・・・。
何か一つでもいいから、その道の達人になってみたい!!
でも、無理かぁ。(爆!

2007/03/16 (Fri) 13:53 | EDIT | REPLY |   

相原咲羅  

3段とか5段とか
素晴らしい数字が出てきましたね。
わたしは書道は苦手です;

あおさんはすごい頑張る人ですよね。
でも、何事も積み重ねですから
あおさんのような人が、いつか報われるのかも。

生きている限り、ゴールなんてないですからね!
お互い行けるところまで行っちゃいましょう☆

2007/03/16 (Fri) 17:21 | EDIT | REPLY |   

あお  

>タコたん
いやw 五段ですからww
一応教授免許持ってたりすんのよ^^;
いつだったかなー・・・、画像載せたことあるよ♪

謙虚っていうか・・・、本当に上達すればするほど
至らないところも見えちゃうのよ(>_<)

2007/03/16 (Fri) 18:12 | EDIT | REPLY |   

あお  

>ゆきさん
いやいやw やってみないとわからないですよ♪
とは言う私も、達人の域にいくまえに止めてしまったけど^^;

字というのは、その人が表れますから。
真似るときに、知らずとそこにある心を感じてしまうのかも
知れませんね^^

2007/03/16 (Fri) 18:15 | EDIT | REPLY |   

あお  

>相原咲羅さん
そっか、苦手かぁ^^
字は上手じゃなくても良いと思います。
読みやすい字が一番いいと思いますね♪
いくら達筆でも、誰かに残すメモが読めないんじゃ
お話にならないですからw

(*・ω・)(*-ω-)(*・ω・)(*-ω-)ウンウン♪
ほんとそうだよねっ!
行けるところまで、一生懸命頑張ることが大事なんだと思う!
共に頑張ろうね^^

2007/03/16 (Fri) 18:18 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

Trackbacks 1

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
  •  【書道】
  • 書道書道(しょどう)または書(しょ)とは、書くことで文字の美を表そうとする東洋の造形芸術である。カリグラフィーの一種。習字、書写とは違い、文字の習得を目的としていない。中国が起源であるが、日本においては漢字から派生した仮名、韓国に於いてはハングル、ベトナ
  • 2007.03.20 (Tue) 12:16 | 美術をきわめる