わたし学

ARTICLE PAGE

心しておいて欲しいこと

author photo

By美和

先日札幌において楽しいひと時を過ごしてきたのですが、
6時間にも及ぶお喋りの中のひとコマであることを試させていただきました^^

私が心の在り方を教えてくれた友人からヒーラーになるべく
光の出し方を教わったのが、かれこれ10年くらい前。
以来、植物に対してとか遠隔で飛ばすということはやっていたけれど、
実際に眼の前にいる人に対して光を入れたことは一度もありませんでした。

どんな話の流れだったのかは、あまり覚えてないのですが・・・w
それを試してみる機会があったんです^^
もちろんお相手はタコたん響さん

タコたんは、左手に入れたのにも拘らず右手にまで来たと言ってくれたし、
響さんも、「えっ?」みたいな感じで確かな光を感じてくれました。
私自身の手も汗が出てきたくらい熱くなっていました。

自分の出す光に疑いを持っていたわけではないのだけど、
実際にそれを相手が感じてくれるかどうかというのはまた別物で。
とてもとても嬉しく思いました・・・^^
また、このお二方だからこそ、はっきりと感じてくれたのだろうなぁとも
思いました。

そしてちゃんと光を出すことが出来たこと・・・。
私の出す光は私自身のものではありません。
私はいわば、『通路』となっているに過ぎないのです。

『通路』となるためには、自分自身を浄化していなければなりません。
自分自身がちゃんと光のもとと繋がっていなければならないからです。
私自身が光を遮る心を持っていると、私は光を受けることも出来ないし
当然誰かにその光を手渡すことも出来ません。

それは誰かを守る・・・ということにも繋がっています。
私自身もそうですが、私の父も弟も車で大事故を起こしているにも拘らず、
奇跡とも言える程度の怪我で済んだことがあるのですが、
その話をした時に友人にこう言われました。

「あなたのお父様や弟さんを守ってくださったのは、あなたの守護霊です。
  あなたが道を外れたら、守りたくても守る力が弱くなってしまいます。
  だからあなたは正しく生きなくてはなりません。それもあなたの使命です。
  あなたは、あなたのためだけに生きられないのよ。
  あなたの先祖を含めた多くのものがあなたにかかっているからです。」

誰かを守ること。光を出すこと。
そのために必要なことは、私が私自身の心を見つめ振り返り
正していくことを怠らないこと。

『心の曇り』は光を遮ってしまいます。
厚い雲に遮られた地上に太陽の光が届かないのと同じように。

私の出す光を受け取る側にも同じことが言えます。
私がいくら通路となって光を渡しても、心の曇りが厚ければ
決してそれが届くことはないのです。
それは、誰の傍にもいる存在の助けを受ける時も同じです。

自分の心の曇りが多いほど、受けられる光も助けも少なくなります。
他ならぬ自分自身が遮ってしまっているからです。
その遮っているものを作り出したのは自分自身。
そして、その雲を消し去ることが出来るのもまた自分自身です・・・^^

↓ポチっとしていただけたら嬉しいです♪

Share

Comments 10

aya  

はぁ はぁ(´。`) 自分の心の鏡の曇りを磨いてます(*^^*ゞ
そういう問題じゃ~なかったね(笑)

そうかもしれないですね。。
確かに人は生まれ落ちてそしてこの世に姿を消すときがくるまで
魂の修行の為にいきているのかもしれませんね。
だから今このときは自分だけの時間とは違って先祖の方の魂を
背負って生きているのでしょう。
生きていく必要があるんですよね。この先にある未来の自分に
魂を手渡すまで。


2008/02/14 (Thu) 00:04 | EDIT | REPLY |   

hikarin  

光を出すとか、光を入れるとか どういうことですか?

光って、エネルギーのこと?

素朴な疑問でした。

2008/02/14 (Thu) 00:13 | EDIT | REPLY |   

あお  

v-254ayaさん

こんばんは^^

なんか眠れなぁあああいw
で、起きてしまったよ・・・ボソ。

(*・ω・)(*-ω-)(*・ω・)(*-ω-)ウンウン♪
私達は、自分自身のためだけに生きているのでは
ないのですよね・・・^^
育った家に生まれたのには、ちゃんとした理由もあって
大きな大きな流れの中で全ては繋がっていて・・・。
知れば知るほど(とは言ってもまださほど見えちゃいませんがw)
この世界のからくりというか、緻密さというか・・・。
すごいとしか言いようがないですわ^^;

2008/02/14 (Thu) 01:08 | EDIT | REPLY |   

あお  

v-254hikarinさん

こんばんは^^

ご訪問&コメントをありがとうございます♪

そうですね・・・。
エネルギーと考えてくださっても良いかと思います^^

光とは何か・・・を想う時。
よく「あの人輝いているね。」とか「暗いね。」とか言いますよね。
実際に光って見えるわけではないのに。
目では見えなくともちゃんと感じているのだと思います・・・^^

2008/02/14 (Thu) 01:16 | EDIT | REPLY |   

シエラ  

その人の光の強さは、きっとオーラにも出ているのでしょうね。

自分の心を見る窓があったら、
厚い雲があるかどうか
虹がでているかどうか
晴れ渡っているかどうか、
毎日チェックできるのに。

輝いている人に出会うとき、幸せなことにたくさん気付ける時、
私の心もクリアなのかなー、と思うことはあります



2008/02/14 (Thu) 09:57 | EDIT | REPLY |   

ゆき  

タコたんと響さんに「光」を感じてもらえて
良かったですね。
これからのあおさんにとっては
より、自信がついてくる体験だったと思います。
私も私の師から何度も「光」を入れてもらっていますが
不思議な感覚です。
自分以上の魂の方からの「光」は自分が出している
心の波動の精妙さが全然変わってきますもんね。
普通の「気」を感じるのとは違う、至福を感じる神聖な感覚です。
私も常に God's light を受けることが出来る状態でいたいです。 
これからのあおさん。もっと輝いてくるのが楽しみです。

2008/02/14 (Thu) 12:58 | EDIT | REPLY |   

あお  

v-254シエラさん

こんばんは^^

>その人の光の強さは、きっとオーラにも出ているのでしょうね。

(*・ω・)(*-ω-)(*・ω・)(*-ω-)ウンウン♪
私はその点ちょっと自信がなくてねぇ^^;
感じてもらえて良かったですわぁ・・・。

大切な何かに気づいた時。
フッと心の霧が晴れたように・・・クリアに感じますよね^^
その時、確かに1つの曇りが除かれたのだと思います。
そして心が解放されるのを感じる。
そういうことの積み重ねのうちに光もまた
輝きを増してゆくのでしょうね・・・^^

2008/02/14 (Thu) 18:14 | EDIT | REPLY |   

あお  

v-254ゆきさん

こんばんは^^

(*・ω・)(*-ω-)(*・ω・)(*-ω-)ウンウン♪
ほんと良かったです^^
そう・・・今ひとつ自信を持てずにいましたからね^^;

>心の波動の精妙さが全然変わってきますもんね。

そうなんですよねーっ(>_<)
自分というフィルターを通してしまうと、
精妙な波動も粗雑になってしまいますから・・・。
「気」は自分自身の持つものですから、
God's lightとはまるで違うものですものね。

ゆきさんも光を受けるとすぐに身体が熱くなるでしょう?
受け皿が出来ている人ほど熱くなるのも早く、また
感じることの出来る光も大きいのだと聞いています。

2008/02/14 (Thu) 18:20 | EDIT | REPLY |   

タコたん  

確かにエネルギーって目に見えるものではないし
感じ方もひとそれぞれだから本当に感じてくれるかしらって
思いますよね

あおさんはパイプ役の自分にもとても厳しいものを
求めていらっしゃいますよね

その心はとても素晴らしいと思います^^

2008/02/15 (Fri) 21:24 | EDIT | REPLY |   

あお  

v-254タコたん

こんばんは^^

うん・・・そうなのよ^^;
自分で自分の手が熱くなるのはわかるんだけど、
果たして本当に出てるのか???とw

ありがとうです・・・(*´ェ`*)ポッ。。。
自分が負のエネルギーでいっぱいになっていると
渡してしまうものも負のものになってしまうから・・・。
友人にも厳しく言い渡されているんですよ^^;
あなたの責任は大きいのよ・・・と。

2008/02/15 (Fri) 22:45 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply