あお’SROOM

生きていくって大変だよね。日常の中から色んなことに気づいてちょっとずつ成長できたらいいな。
0312345678910111213141516171819202122232425262728293005

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

怖い話w

ヽ(´ー`)ノ ふぅ~ようやく週末だぁ。
今週もよく頑張った!自分w
昨日チャットに上がってみたけど、大丈夫だったなぁ・・・。
もしかしてこのまま直る???
なーんて・・・。
さっきメールチェックしたOEのメールチェックアイコンが
まだそのままになってるし・・・汗。
まぁいつまで使えるか定かじゃないけど、使えるだけ使ってみよう♪

さてさて、蒸し暑い夏の夜をちょっとだけ涼しくする
話でもしてみようw

私は、今までに霊体験と呼ぶものを3度経験しています。
最初は19歳の夏でした。
私の部屋は北側に窓があって、その裏手は空き地でした。
その空き地には一本だけ車一台通れるだけの道路があって、
調度私の部屋の真向かいに小さな街灯がありました。
その当時、私のところに遊びに来る友人は、
一度そこを通り、私が部屋にいることを確認することが多かったんだよね。

ある日の夜。
クラクションの音に気づき、いつものように窓から顔を出して
手を振って “ヘ( ̄∇ ̄ )カモォーン♪としました。
家の前に来た友人を迎えに降りて行くと、開口一番
「友達来てるんじゃないの?」って言う。
なんで???と思いつつ、「いや、来てないよ?」と答える私に
「じゃあ弟いたの?」 (゚Д゚) ハア??????
「いや?なんで??」
「じゃあお父さん?」 (゚Д゚) ハア??????
「誰もいなかったけどなんで?」との私の問いに友人は、
「だって隣で一緒に覗いてたじゃん」

工工工工エエエエエエエエェェェェェェェェ(゚Д゚ノ)ノ!!!!

ちょ・・・ちょっと待ってよ。私一人だったよ?
(・へ・;)うーーん・・・。影になるようなものもないし、
家具の配置換えもしていない。
おかしいなぁと思いつつ、まぁあまり気にせずその日は
その友達と遊びに出かけました。

それから数日後。違う友人が裏の道に来てクラクション。
私は、いつものように “ヘ( ̄∇ ̄ )カモォーン♪
降りていった私に、またもや
「友達遊びに来てるの?」
(゜∇゜ ;)エッ!?・・・・。も・・・もしや?と思い誰も来てないことを
告げると、やはり予想通りの答えが返ってきた。
「じゃあ、一緒に覗いてた人は誰?」


遊びに来た二人の友人は、その友人同士のつながりが
まったくないんです。
だから、口裏合わせるってことも有り得ない。
ってことはだ。
私の部屋にはなんかいる・・・・。そう確信せざるを得ない。


後日その正体がわかるのですが、
その話は明日にでも♪

【 2006/07/15 (Sat) 】 不思議体験 | TB(0) | CM(4)
祝!300達成!!
おめでとう!良かった良かった!!!
もうすぐ追い越されちゃうね・・・
俺も頑張らなければ!!
※実験は失敗でしたね^^
【 2006/07/15 】 編集
まったくだw
とりあえず゚・:,。☆(*'ー')/♪了└|力"├♪\('ー'*)☆,。・:・゚
あははw ひろもガンバ―――ヾ(`・ω・´)ゞ―――ァァァ!!!w
【 2006/07/15 】 編集
こえぇよw寝れなくなったらどーすんだよw
【 2006/07/15 】 編集
ブハハハハハw
よーく眠れたでしょ?w 涼しくなって♪
【 2006/07/15 】 編集
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。