わたし学

ARTICLE PAGE

小さな命の重み

author photo

By美和

今はすっかり大きくなり成人している3人の子供たち。
そんな子達にも小さな頃はあったわけで・・・w
先日のシエラさんのところの記事を読んでいて
あぁ、こんなこともあったなぁ、あんなこともあったなぁ・・・なんて
ついつい追想に耽ってしまいました。

娘達が小学校も高学年の頃、二人でハムスターを飼いたいと
言い出したので、ちゃんと世話をするという約束の元に
二匹のハムスターを買ってあげた。
最初は居間で飼っていたのだけど、そのうちに自分たちの部屋で
飼いたいと言い出したので任せてみた。

最初はかいがいしく世話をしていたと思うのだけど、
思う・・・というのは、私は一切ハムスターの世話には関知しなかったから。
でもある時、娘達二人が私の部屋に泣きながら入ってきた。

「ハムスターが死んじゃった(;-;)」

子供たちが泣きながら話してくれたところによると、
この頃世話をせずに放っていたということらしい。
ハムスターは痩せこけて、骨がいびつになっているという
とても可哀想な状態で死んでいた。

どんなに小さくても命は命。
その命をあなた達は預かっていたんだよ。
ハムスターたちにちゃんと謝った?
ちゃんと謝って、このことを絶対に忘れないようにしなさい。
そして二度とこういうことにならないように誓いなさい。
あなた達が心から謝って、もうこういうことをしないと誓うなら
きっとハムスターたちは許してくれるから。

私がそう言うと、子供達はワンワン泣きながら
ハムスターにごめんなさいごめんなさいと繰り返していました。
そんな子供たちが泣き止むまでの2時間余り、
ずっと二人の娘を抱きしめていました。

私はハムスターに可哀想なことをしてしまったな・・・と
心が痛んだけれど、それと同時に子供たちが命の重みを身を以って
知ることが出来たことに、その小さな命で教えてくれたことに
深く感謝しました。

そんな小さな子供たちに命を預けて死なせてしまうなんて
無責任だと動物愛護団体さんから叱られてしまうかもだけど^^;

でも、そのお陰でそれ以来、子供達は決して命を粗末にしないと誓い、
飼い主としての責任をしっかり持つようになってくれたと思います。
それは、以前に記事にしたフクちゃんに対する姿勢からも
伺うことができます。

失敗とそれに対する大きな大きな悔い・・・。
命を奪ってしまったという自責の念は消えないかも知れない。
だけどそれがある限り、そのことを生かしてゆくことが出来る。
私流の子育ては、子供たちの前を歩き石を拾って転ばないように
してあげることじゃない。
子供たちがその身を以って、経験したことを生かしてゆけるよう
諭し見守ることだと今でも思っています。

↓ポチっとしていただけると嬉しいです♪

Share

Comments 8

milk  

小さな子供さんの
泣いている様子

状況を考えながら

私自信のことも

たいしたことないなんて思わず

自分自身を大切にしたいと心の底から思いました

ありがとうございます m(._.)m

2008/07/12 (Sat) 19:00 | EDIT | REPLY |   

くんこ  

あおさん(*^o^*)コ(*^_^*)ン(*^O^*)バ(*^_^*)ン(*^O^*)ワーー!

私は、子供を育てた事がないので...
子育ていうものがよくわからないのですが(^_^;)
あおさんのもとに産まれてきた娘サンたちは
本当、幸せだなって感じました。
とっても、素敵なお母さんです...あおさんは(*^^)v

ハムちゃんを失った事は凄く悲しいことだけど...
失敗したことから得るものがある...
生命の尊さを知ることができたんだもの
きっと、ハムちゃんも空の上で喜んでると
私は思います。

今日も応援゙(*・・)σ【】ぽちっとな♪

2008/07/13 (Sun) 02:16 | EDIT | REPLY |   

あやち  

あおさんとお子さん達の姿、思い浮かべました。
子供を抱きしめるって、どんな感じだろう。
お母さんに抱きしめられるって、どんな感じだろう。。
子供がいとおしくて。お母さんがあったかくて。
なんだか、ほんわーかした気持ちになりました。
ありがとう♪
明日から一週間、ふぁいとーです!

2008/07/13 (Sun) 17:59 | EDIT | REPLY |   

あお  

v-22milkさん

ばんにゃ~♪

>自分自身を大切にしたいと心の底から思いました

(*・ω・)(*-ω-)(*・ω・)(*-ω-)ウンウン♪
いっぱい自分を大切にしてあげてください^^

命の重みというのは測り知れないもの。
大事にしてゆきたいですね。

2008/07/13 (Sun) 18:48 | EDIT | REPLY |   

あお  

v-22くんこさん

ばんにゃ~♪

ありがとうです^^
まぁ、私自身若かったということもあり、
子供が子供を育てたような感もあるのですが・・・汗。

親としては未だに未熟者だと思っていますが、
かなり子供たちに育てられましたw
この頃は娘に叱られっぱなしの私です(苦笑)

2008/07/13 (Sun) 18:50 | EDIT | REPLY |   

あお  

v-22あやちさん

ばんにゃ~♪

子供はいいもんですよ^^
本当に愛しくてたまらない。
親ならば、誰しもがそんな想いを持っていると思います。
例えそれが見えなかったとしても。
歪んだ形でしか現れてないにしても・・・。

今日仕事だったんですよーっ^^;
日曜から始まると一週間が長いんだな・・・ボソw

2008/07/13 (Sun) 18:53 | EDIT | REPLY |   

シエラ  

ハムスターは、それを教えるためにやってきたのかもね。
どんなに口で「命は大事にしなきゃだめ」と言っても、たった1度の体験にかなわないと思います。
それが痛みを伴うものなら、尚更ね。

あおさんが、一切関知しなかったのは、潔いことだと思います

「飼いたい」と言ったことの重みを、娘さんたちは思い知ることができたんだもの
子育てって、子供が失敗しないようにすることではないのね。

2008/07/14 (Mon) 10:04 | EDIT | REPLY |   

あお  

v-22シエラさん

>どんなに口で「命は大事にしなきゃだめ」と言っても、たった1度の体験にかなわないと思います。
それが痛みを伴うものなら、尚更ね。

(*・ω・)(*-ω-)(*・ω・)(*-ω-)ウンウン♪
経験が教えてくれるものというのは、いくら沢山本を読んでも
良い話をいっぱい聞いても、敵わない宝物がそこに
あるのですよね。

私のしたことを潔いと認めてくれてありがとう・・・^^

>子育てって、子供が失敗しないようにすることではないのね。

うん。
人は失敗して転んで成長してゆくもの。
それを前以って取り払ってしまうと育ってゆかないと
私は思っているの。
ある意味スパルタ?かも?^^;
でも、見守り支えてくれる人がいる限り頑張れるんだよね。
それが親というものだと思っています。

2008/07/15 (Tue) 00:23 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply