わたし学

ARTICLE PAGE

いつかきっと

author photo

By美和

彼の家に入り浸っていたけれど、久しぶりに自宅へ戻ってきました。
相変わらず情緒不安定で、帰って来てから泣いてばかりいます。
よくもまぁ・・・こんなに涙が出るものだ・・・と思いながら。

いただいたコメントを読んで号泣しました。
本当にありがとう。心からありがとう。

今の私は湧き出てくる感情をそのままに受け入れることが必要で、
そこに再び鍵をしてしまわないよう・・・戦っています。

泣くな!強くあれ!

そう自分に言い聞かせ続けてきた私は、
その奥にある自分自身の心を自分自身を否定し続けてきていたのです。
だから今、解放してあげなくちゃなんです。

記憶は戻っていません。
正直思い出したくはありません。
思い出して正気でいられる自信もありません。
ただ、何があったのかは知ってしまいました。

全ての謎は解けました。
何故あんなに生きることを拒んだのか。
何故あんなに家から脱出したかったのか。
何故消えてなくなりたかったのか。
何故誰にも言えなかったのか・・・。

記憶は戻らなくても、その時の感情がフラッシュバックして
涙が溢れてきます。
もう嫌だ、生きていたくない、死んでしまいたい・・・。
その時の想いがリアルに蘇ってきます。

辛いです。
だけど、ここで再び心に鍵を掛けてしまっては意味がありません。
今ここでしっかりと自分自身に向き合って、閉じ込めてきた自分自身を
受け入れ、抱きしめてあげる必要があります。
押し込めてきた感情を解放してあげる必要があります。

逃げ出したくなります。
でも、また心の奥底に頑なに全てを拒んでいる自分自身を
閉じ込めてしまうのか?

私は楽になりたいのです。
そのために乗り越えなくてはならないのです。
今がその時なのです。
人生を織り成す様々な糸。そして繋がり。
それらを想うと、それが今であることがわかります。

私を苦しめていた現実は今はもうありません。
なのに私の心だけがいつまでもそこにいるのです。
だから、そこから出してあげなくちゃ・・・ね。
ありとあらゆる出来事と出会いが導いてくれています。
もういいよ、もう大丈夫だよと。
だから勇気を出してと。
あなたは必ず乗り越えることが出来るよ・・・と。

いつか必ず乗り越えて、この辛さを苦しみを生かしたいと
痛切に願っています。
私のこの経験からくる想いで誰かを救うことが出来たなら・・・。
私は報われるような気がしています。
誰かの力になることが出来たなら、その時私は私の人生に
心の底から感謝することが出来るように思います。

いつかきっとそうなりたい。
心からそう願います。

まだ、みなさんのところへの訪問は出来そうにありません。
誰だってみんな自分のことで精一杯で、頑張っていて・・・。
なのにこうして温かい心をたくさんたくさん与えてくれる。
私だけ我がままさせてもらってごめんなさい。
もう少しだけ甘えさせてください。

食事は摂れています。睡眠も大丈夫です。
異常なほどの睡魔に襲われています^^;

どうか手を繋いでいてください。

↓ポチっと力を貸してください<m(__)m>
Share

Comments 14

あやち  

うん。
ぎゅっと、手を握っています。
きっと、たくさんの、あったかい手が、
あおさんを、包んでくれてるね。。
もう、こわくない。
安心して、ぐっすりと、おやすみなさい。

2008/11/18 (Tue) 00:35 | EDIT | REPLY |   

planetarymoon  

よかった~あおさんちゃんと生きてますね
異常な睡魔ってことは、魂の浄化途中なんでしょう
私も手を繋いでますから☆

報われる時は必ずやってくるので
今はまだ無理をしないで
気持ちの解放だけしていってください!!

遠い山陰からだけど、心はすぐそばで応援してます

2008/11/18 (Tue) 11:44 | EDIT | REPLY |   

いかぽ  

はい、繋ぎますv-22

みんなで繋いでいるからおっきい輪になるね。

あおさんのお手々をどこかで待っている人がたくさんいると思います。

ゆっくり休んでくださいね。


2008/11/18 (Tue) 13:51 | EDIT | REPLY |   

シエラ  

好きな人とハグしたあと、ふざけて後ろに倒れてみせると、ガシっと支えてくれるでしょう。
支えてくれるかな、どうかなと思っていたら、
こわごわ倒れなくちゃならないけど、
そういうときって、信じきっているから、思い切りいける。

安心して寄りかかっていいからね
安心して後ろに倒れてもいいからさ

あおさんは一人じゃないって、知っているもんね

2008/11/18 (Tue) 14:00 | EDIT | REPLY |   

ゆき  

今の自分を乗り越えることができるようがんばってね。でも無理しすぎないでね。
乗り越えるチャンスは、今回だけではなく、きっとこれからもあると思うので、あまり思いつめないでね。


2008/11/18 (Tue) 19:18 | EDIT | REPLY |   

タコたん  

ダキ♪゚+.(´・◎・人・ω・`)゚+.ギュッ♪

大丈夫、大丈夫・・

ひとりじゃないからね

2008/11/19 (Wed) 15:34 | EDIT | REPLY |   

ふぅ  

あおさん

程度は違うと思いますが、私はおそらく同じ様な経験をしていると思います。

いい大人であるのに
「いやだ!」と人に言い返せない原因が、私はそこにあるのです。
自分を認められない心の癖がまだ克服できていません。

たぶん
そうした経験があっても
自分の子供を産んだ、育てたことで
神様は70点の及第点をくださっていると思うのです。

そして
手放しで慈しんでくださる今の彼という存在は
ちゃんと自分の脚でしっかりと立っているあおさんの
尊厳を傷つけるものは本当は何もないんだよ、
自力では避けられなかった過去の幻影はもう陽炎でしかなくて、
いま、ここにあるあおさんこそが本物。
彼にいとおしまれるあおさんこそが本物。

自分の真価を自分で受け入れられるようになるための
リハビリの舞台装置として
彼は約束して この世に出てきている気がします。

勘違いだったら ごめんなさい。
自分に 言い聞かせるように、書いています。 e-179

2008/11/20 (Thu) 19:53 | EDIT | REPLY |   

あお  

e-266あやちさん

ばんにゃ^^
お返事遅くなりました(*_ _)ペコリ。

ありがとう。
いつも傍にあやちさんを感じていたよ。
これからも一緒に歩いていこうね。
ずっとずっと手を繋いでいこうね・・・^^

2008/11/21 (Fri) 21:59 | EDIT | REPLY |   

あお  

e-266planetarymoonさん

ばんにゃ^^
お返事遅くなりました(*_ _)ペコリ。

うん、生きてましたw
正直、いなくなりたいと発作的に行動しそうに
なったりもしたけどね^^;

手を繋いでいてくれてありがとう。
いつも手足が冷たい私なんだけど、
ここんところずっとあったかかったんだよ^^

2008/11/21 (Fri) 22:01 | EDIT | REPLY |   

あお  

e-266いかぽさん

ばんにゃ^^
お返事遅くなりました(*_ _)ペコリ。

うん、ありがとう。
ほんとおっきな輪になるね^^
いかぽさんも輪の中の一人だね♪

私もいかぽさんの手をしっかり握っているよ・・・^^

2008/11/21 (Fri) 22:03 | EDIT | REPLY |   

あお  

e-266シエラさん

ばんにゃ^^
お返事遅くなりました(*_ _)ペコリ。

うん、私は一人じゃないって知ってる。
だから頑張れる^^

ありがとう。

2008/11/21 (Fri) 22:05 | EDIT | REPLY |   

あお  

e-266ゆきさん

ばんにゃ^^
お返事遅くなりました(*_ _)ペコリ。

うん、ありがとう^^
今はもう大分落ち着いたよ。

ここのところ思いつめられる環境にいなかったせいも
あるかも知れないけど・・・w

でも、ちょっとは前進出来たと思います。
ゆきさんや、みなさんのお陰です^^

2008/11/21 (Fri) 22:07 | EDIT | REPLY |   

あお  

e-266タコたん

ばんにゃ^^
お返事遅くなりました(*_ _)ペコリ。

う・・・泣けるぜ・・・(;-;)

ありがとうね・・・^^

2008/11/21 (Fri) 22:08 | EDIT | REPLY |   

あお  

e-266ふぅさん

ばんにゃ^^
お返事遅くなりました(*_ _)ペコリ。

>そうした経験があっても
自分の子供を産んだ、育てたことで
神様は70点の及第点をくださっていると思うのです。

うん、そうだね^^
すごい自分頑張ってきたよね。
ふぅさんも私も・・・。

>自分の真価を自分で受け入れられるようになるための
リハビリの舞台装置として
彼は約束して この世に出てきている気がします。

ありがとう・・・^^
私はまだ、「そうだねっ!」って言える自信がないけど、
そうだといいなぁ・・・と、とても思います。
手放しで慈しんでくれている・・・というのは
本当にそう思います。

私は迷惑になりたくなくて・・・。
多分事あるごとにそれが見え隠れしていて
「お前は何かに怯えてるよな」といつも言います。
彼も彼なりに、それを癒そうとしてくれていると思う。
まぁ彼も人間なので、時々「そういうの疲れるんだよな。」
なんて嫌そうに言われることもあるんだけどね・・・^^;
そんなことを言われても、大丈夫でいられる強さ(自信)を
持てるようになりたいなぁ。

2008/11/21 (Fri) 22:17 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply