わたし学

ARTICLE PAGE

自分の中の小さな自分

author photo

By美和

ここ一週間くらい私の中の小さな私が暴れていた。
楽しかったはずの強行旅行から帰って来てからずっと。
いくらなだめても、ごねるわ拗ねるわで手に負えない。

昨日は彼の奥さんの七回忌だった。
その日を私はどう過ごすべきか・・・。
彼はいつまで経っても何も言ってくれない。
言わないということは、言いづらいということ。
つまりは私に自宅へ戻っていて欲しいと思っているということだ。

そんな彼の想いを感じ取りつつ、大人としての私はその日を
どう過ごすべくか色々と考えていた。
暫く作ってない石鹸もぐるぐるしたい。
自宅のいらない本や服の処分をしてきたい。
だから、その時間に充てようと。
そして、オイルやNaの量などを計算し、メモを取ったり準備をしていた。
実際問題、どんな顔をして法事の場にいたらいいのかもわからないし、
居づらい気まずい・・・そして疲れてしまうこともわかっていた。

なのに小さな私はどうしても ”うん” と言ってくれない。
嫌だ嫌だ嫌だ!!と駄々をこねる。
嫌だよ、帰りたくないよと泣く。

本当は彼に自分から自宅で色々としたいことがあるから戻っているねと
笑って言えたらどんなにいいだろうと・・・。
それが出来たら彼もどんなにか心が楽になるだろうと。
私自身も、普段やりたくても中々出来ないことをする時間が持てる。
でも小さな私にはそんな道理は通らない。
いくら言って聞かせてもどうしても頷いてくれない。

わかっているのにそれが出来ない自分がもどかしくて、
頭ではわかっているのに、どうすればいいのか知っているのに、
どうしても心が動かない、笑えない。葛藤に葛藤を重ねて疲れ果てた。

結果、遂に重たい口を開いた彼と金曜の夜に大喧嘩となった。
土曜日仕事を終えてからもまた喧嘩になりそのまま自宅へ戻った。

やるせなくて仕方がなかった。
どうして笑顔でいられないのだろう?
どうして彼の想いを汲んであげられないのだろう?

私の中で二つの想いがぶつかり合って頭がおかしくなりそうだった。

それでも友の力を借りたりして大分楽になり、昨日はぐるぐるもしたし、
ちゃんと本や服の整理も出来た。これからの季節に向けての
パンプスも買ってきた。

夕方になって彼から電話が来た。
出てみるとお孫さんだった。

「おねえちゃん、もう怒ってない?一人で居たら寂しいでしょ?
だからジジのおうちに帰ろう。今ね、下にいるんだよ」

どうやらお孫さんを連れて私を迎えに来たらしい。
上の台詞は一体どこまで言わせたものなのだろうか?(苦笑)

その後、真っ直ぐ彼の実家へ行きご飯をご馳走になってから
彼の家に戻ってきた。
昼間までは蚊帳の外だったのに、複雑だったけど・・・。
それでも彼のご両親はとても優しくしてくれたのが有難かった。

寝る直前まで小さな私は拗ねたままだった。
そんな私に彼はこう言った。

「今夜は安心して、ぐっすり寝なさい。」

彼はわかっていてくれたのだ。小さな私が暴れていたことを。
理屈ではなく、寂しくてたまらなくてごねてたということを。

その一言を聞いた途端、小さな私は癒された。
ちゃんとわかってくれていた。それだけで心に平穏が戻った。

カウンセリングをしてくださっているながさんは私にこう言いました。

「あおさんとお付き合いしている彼は物好きだと思いますw」と。

本当にね・・・^^;
私自身でさえも、手に負えない小さな私をたった一言で
癒してくれる彼はすごい人だと思います。

だけど、私がこんな私でいる限り今回のようにこの先も迷惑を
掛け続けてしまうから、私ももっと自分自身と向き合って
彼の力もみんなの力も借りて、小さな私を癒してゆきたいと思います。

まだまだ時間は掛かると思います。(新たな事実も発覚したし(>_<)
どうか力を貸してね<m(__)m>
私も微力ながらみんなの力となってゆけるよう頑張るから。
共に歩いてゆこうね・・・^^

↓ポチっとしてくれると嬉しいなっ♪

Share

Comments 14

aya  

こんばんは~^-^
最近のね。。というか去年のいつ頃からだろう・・。
あおさんが彼と気まずくなっても、喧嘩しても
後に続く結末というか、繋がれた応えというか、
それを安心して見ていられるようになったんだよ^^
(たぶん、ここに訪れるみなさんもそうなのかもだけど^m^)
それは、あおさんが頭ではわかっていても気持ちがついて行けない事を、
彼がちゃんとわかってくれていると確信がもてるというか^--^

人ってさ・・頭ではいくらでもわかるんだよね。。。
でも心は違うときがあり。。でもその心のままにいくと
相手に嫌な想いをさせてしまうと考えるものだから・・やっかいなのね^^
相手がいつも自分の方を向いていて欲しいと頭ではなく、心がそういって聞かない。。
自分だけが相手より大きな苦しみの中にいるような気さえする。
わかってくれてないんじゃないか、自分のこの想いを・・。という想いがふつふつと
湧いてくる。。

あおさんのいだく想いは特別なものじゃないと思うよ。
誰もが持ち合わせていてね。^^
ただ、その繰り返しの中で、彼自身=彼を信じることができる自分自身を
少しずつ育てていくような気がします。
もちろん、私も・・いつもいつも頭に心はついていかずでしたよ^-^
今回のような彼の想いの積み重ねのなかで、あおさんは
彼の気持ちを信じてあげれる自分に少しずつ近づいていくんだろうね。。
一歩、一歩。。ちゃんとね^--^


PS・・・そうそう、私の彼氏も 大変な物好きのようですよ(笑)

2009/04/20 (Mon) 21:31 | EDIT | REPLY |   

タコたん  

小さなあおさんの気持を自分でちゃんと感じることが
できるようになったのだから大きな進歩ですよね

彼も体裁のようなものと、あおさんの気持ちの間で
揺れていたのでしょうね・・
ちゃんと小さなあおさんの存在にも気づいてくれていたんだね
よかったね・・^^

2009/04/20 (Mon) 21:57 | EDIT | REPLY |   

あお  

e-266ayaさん

ばんにゃ~♪

いつもありがとうね・・・^^
ほんと、ayaさんに教えられることや目指すべきものを
確認させてもらうことが多いです。

>(たぶん、ここに訪れるみなさんもそうなのかもだけど^m^)

あー、これ正解w
あちこちから言われるもん。
大丈夫大丈夫!ってw
本人はジタバタしてあがいてもがいて何も見えなくなって
しまうけれど、傍から見てるとわかるんだよねぇ
先日、友達からの悩み相談メールを読んでいて
すっごいそう思った^^;

私自身も今は前のように、もう終わりかも知れないとか
呆れられてしまうかも知れない・・・みたいな不安は
持たなくなりました。
ただ、自分から切ってしまいたくなる衝動は未だに
必死で抑えこんでいるけどね、ハハハ^^;

自分に余裕がないと、自分のことだけで精一杯で
相手のことまで想ってあげられることが出来ない。
思い遣りって余裕がないときついんだなぁって思ったりもします。

ayaさんも同じ道を辿ってきたんだよね。
だからこそ、ayaさんの言葉には重みがある。
そしてこの先へと向かう道もちゃんと見えるんだね。
苦しかったその道を乗り越えてきたからこそ、
今手にしているものがあるから・・・。

私も頑張って追いかけるからね。
これからも色々と教えてね^^

>私の彼氏も 大変な物好きのようですよ(笑)

ここで笑えるayaさんはやっぱりすごいんだよなー^^;
その心のゆとりを少し分けてくれぃ!って思うけど、
でもその今はayaさんがayaさん自身で開いてきた道だものね。
私も私の道を諦めずに歩いてゆくよ^^

2009/04/20 (Mon) 23:01 | EDIT | REPLY |   

響  

あのねぇ、配偶者を死別で失うって言うのは
人の経験する悲しみの大きさのなかでも最も大きいものだそうです。
そういう経験をした彼。

あおさんも、寂しさを知っているけど、
彼もまた 寂しさを持っている人だったんだろうな。

寂しさを埋めあうような二人から始まって
何かが変わりそうなあおさんと彼から目が離せない~。

あおさんも、彼の心を温めてもいるんだし、
お互いに『一緒にいてくれる人』であってほしいと思ってるんだよ。
焦る必要ないと思いますよ。

2009/04/20 (Mon) 23:04 | EDIT | REPLY |   

あお  

e-266タコたん

ばんにゃ~♪

>小さなあおさんの気持を自分でちゃんと感じることが
できるようになったのだから大きな進歩ですよね

(゚д゚(。_。(゚д゚(。_。(゚д゚(。_。(゚д゚(。_。(゚д゚(。_。(゚д゚ )スペシャルウンウン♪
私もそう思う!!^^
そして、駄々こねるようになったちっちゃいあおも
すごいなーって思うの。
そういうのを全部抑えこんで来ていたんだものね。

彼は物好きらしいんだけど・・・w
でも彼は彼で、私の役に立てるということが
彼自身の問題・・・自信のなさとかに繋がってゆくのだろうね。
私がまだまだなうちは、彼もまた自分が必要と思えるのかも。
互いにそういうものを癒してゆきたいなぁ。

2009/04/20 (Mon) 23:05 | EDIT | REPLY |   

あお  

e-266響さん

ばんにゃ~♪
おっと、シンクロしてましたね^^

そっかぁ、親との死別とはまた違うものなんだね。
そりゃそうだよね、人生の伴侶だもんね。
彼のパチンコ依存症は奥さんが亡くなった時から
始まったそうです。
まだ私はパチンコがなくてもいいくらいの存在には
なってないということか?w
(↑こういうところがひねくれてるw)

大喧嘩した時は、彼も「帰れ、帰れ!」って怒鳴ったんだよね。
だけどやっぱり一人になると寂しくてどうしようも
ないんだろうなぁ・・・と思う。
今の段階では、彼は私を離す気はサラサラないという
確信は持っていたりしますw
(一年前とは大違いだーっ!^^;)

焦んないよ。大丈夫。
だけど、他でもない自分自身が苦しくてたまらない(>_<)
だからね、もっとちっちゃいあおを理解して癒してあげたいんだ。

2009/04/20 (Mon) 23:13 | EDIT | REPLY |   

サラぴょん  

喧嘩できるのって、やっぱり心の底で
信頼してないとできない気がするんだよね
こんなひどいアタシ見せちゃっても
きっと大丈夫だろうみたいな^^;
あおさんと彼氏さんは、もう家族的な愛を感じるよ^^
お互いの存在で
少しずつ癒されていく関係性っていいな

彼氏さんも、あおさんの中にいるチビあおちゃんを
理解してくれようとしているだね
いい人だぁ^^

2009/04/21 (Tue) 19:36 | EDIT | REPLY |   

ここっち  

おはよう!
今日は良いお天気になって気持ちも爽やかです。

一人の人間で全部自分自身なのに、心の中で二人?
複数の自分が戦うことってあるよね。

響さんのおっしゃる「配偶者を死別で失うって言うのは
人の経験する悲しみの大きさのなかでも最も大きいものだそうです。 」
ほんとに、よ~くわかります。言葉には出来ない感情ですww

まず、自分を信じて相手を信じて・・・これが一番大事かも?ですね~。
これからも、お互い助け合って癒しあっていけるよう頑張ろうね!
あまり、「頑張ろう」って言葉言いたくないけど、時には必要やんね。

2009/04/22 (Wed) 10:34 | EDIT | REPLY |   

kaze  

ヨチヨチ(*´д)/(´д`、)アゥゥ

僕の祖父は、祖母が亡くなったら急速にボケて、2年数ヶ月後に亡くなりました。

僕の父は、母が息を引き取ったときに、母の亡骸にとりついて号泣しました。なんだかんだと母への憎まれ口を叩いてましたが、夫婦ってそういうもんなのかな~?て思いました。

その父も段々ボケて、5年後に亡くなりました。


一般的な話ですが、亡くなった方は、命日とお盆にはこの世に帰ってくることを許されています。それ以外の日はあの世で修業(地獄におったらお勤めだけど^^;)しないといけないそうです。

#ちょっと脱線コメント^^;

小さいあおさんはナニモノかを敏感に察知して、何かを主張しようとしていたのかな?!

人の想いや念は、まー伝わるというか、感じるというか、わかることがあるから、今回のことだと、あおさんの言うにいえない想いを彼が感じ取って、でもうまく処理できずに喧嘩になっちゃったんじゃないかな~、て思いました。

結局、元の鞘に収まったようで、一安心ですが^^;

2009/04/22 (Wed) 13:46 | EDIT | REPLY |   

あお  

e-266サラぴょん

ばんにゃ~♪

>こんなひどいアタシ見せちゃっても
きっと大丈夫だろうみたいな^^;

あー・・・今はほんとそうかも知れない。
一年前までは、喧嘩をするたびにもうこれで終わりかもと
覚悟を決めていた(というより逃げ出そうとしていた)部分が
多かったわ。
そんなのを何度も繰り返してきて今があるんだね。

互いに傷つけあったり癒しあったり・・・。
それでもこうして一緒にいたいと思うということは
癒される部分の方が大きいからなのかな?

(*・ω・)(*-ω-)(*・ω・)(*-ω-)ウンウン♪
彼はいい人だよー。情に厚いというか。
それなりに欠点もいっぱいあるけど、
まぁそれはお互い様ってことでw

2009/04/22 (Wed) 19:48 | EDIT | REPLY |   

あお  

e-266ここっちさん

ばんにゃ~♪

毎度お世話になっております<m(__)m>

こっちはねー、明日の最高気温が3℃だって・・・^^;
雪も降るらしい・・・ボソ。

複数の自分が戦うことってしょっちゅうだよ(>_<)
ほんと自分のことなのに、思うように行かないもんだよねぇ。

ここっちさんは経験者だから響さんの仰ったことが
身を以ってよーくわかるんだね。
やっぱさ、人は経験してみないと想像でしかわからなくて
想像と実体験ってすごい違うものなんだよね。

頑張ろう!は前向きな時や、中々一歩を踏み出す勇気が
持てずにいる時には有効な言葉だと思うよ。
背水の陣の時はあかんけどね^^;

2009/04/22 (Wed) 19:53 | EDIT | REPLY |   

あお  

e-266kaze

kazeもご両親いないんだね。
って聞いたことあったっけ?^^;

私の祖母も若くして夫を亡くして女手1つで
子供たちを育てた人だったよ。
私が生まれた時にはすでに祖父はいなかったので
当時の様子は知る由もないけれど。
祖母はもんのすごい半端なくw 気丈な人でした。
戦後を子供抱えて生き抜いてきた人だもんね。

あの世で修行かぁ。
どっちかというと、この世の方がずっとずっと
修行になっている気がするが・・・ボソ。

小さい私はただの駄々っ子ですよ^^;
だけど、駄々をこねられるようになったことは
大きな進歩だったりもします^^

私もそうだけど彼もまた、言葉足らずというか・・・。
うまいこと言えない人なんだよね。
お互いに ”わかって欲しい” という思いが
ぶつかり合ってしまったのかも知れないね。

元鞘っていうかね、私と彼は喧嘩するたびに
少しずつ進化している気がします^^
のろけになった?(´∀`)ゝ” エヘヘww

2009/04/22 (Wed) 20:00 | EDIT | REPLY |   

きょん  

こんばんは~(^O^)

誰にどんな言葉をもらってもダメなのよね^^
彼さまのたった一言が あれだけダダをこねてた小さなあおさんを
すっと癒してくれたんだよね^^
お互いの中でお互いが少しずつ確かな存在になっていく・・・
それは 自分の中でも自分を認められるようになってきたからだという気がします。

>自分から切ってしまいたくなる衝動は未だに 必死で抑えこんでいるけどね、ハハハ^^;

それが本音ではなく それをすると後悔するということを理解しているからだよね^^
私も 時々 投げやりになったり疲れたりします(爆)
でも それも少しずつ頻度が減ったり 振れ幅も小さくなっていくんじゃないかなぁ~と思っています^^

少しずつ少しずつ・・・ねo(^-^)o

2009/04/22 (Wed) 20:27 | EDIT | REPLY |   

あお  

e-266きょんさん

ばんにゃ~♪

>自分の中でも自分を認められるようになってきたから

あーそっか、そうなのかな?
きっとそうなんだろうね。
きょんさんもそう?
自分を認められるようになってきた?
だから春風が吹いているのかな?^^

>それが本音ではなく それをすると後悔するということを理解しているからだよね^^

あーそっか2w
そうだね、そうだと思う。
今までの私ってすぐに切り捨ててきたんだよね。
そしてそれが自分に正直なんだって思ってた。
だけどきっとそれは正直なんかじゃなかったのだろうね。

投げやりなんてしょっちゅうだよ^^;
もーー嫌だ!!!って叫びたくなったりねw
それでも諦めずに一歩一歩あるいてゆこうね。
少しずつ少しずつ・・・うん、そうだね^^
ありがとう♪

2009/04/22 (Wed) 20:52 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply