わたし学

ARTICLE PAGE

スポンサーサイト

author photo

By美和

-
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Share

祖母の想い

author photo

By美和

一昨日、叔母の家に遊びに行ってきました。
そこで祖母の意外な一面というかエピソードを聞きました。

祖母が40歳の時、祖父は42歳で心臓の病を患って亡くなりました。
その時叔母はまだヨチヨチ歩きで、その下にも生まれたばかりの子もいて、
私の父やら8人の子を抱えて祖母はどれだけ途方に暮れたことだろう。

祖父が亡くなったのは、8月でとても暑い日だったそうです。
同じ集落に住んでいた人達は、みな外で夕涼みをしていたんだって。
その時不思議なことが起こったそうなんです。
夕涼みをしていたみんなの目の前に急に火の玉が現れて
長い尾をなびかせながらみんなの前を通り過ぎ、祖父の家の周りを
ぐるぐると回って家の中に入っていったんだって。
祖父の体の具合が思わしくないと聞いていたみんなは、
それを見て祖父の死を悟ったのだそうです。

祖母が祖母の兄から「一足先に家に戻って片づけや準備をしなさい。」と
言われ急いで自宅に戻った時、一瞬違う家に入ってしまったか?と
思ったくらい綺麗に片付けられていたそうなんです。

それは、火の玉を見て祖父の死を悟ったみんなが
していてくれたことだったんです。
まだ若いのに、子供をたくさん抱えて不憫だと思って。
障子は綺麗に張り替えられ、家中ピカピカに磨き上げられ、
食器も用意され、足りないものはみなで持ち寄り・・・。

それを見て祖母は人の情けというものはこんなにも有難いものなのかと
涙が溢れ出て止まらなかったそうです。
そして、どうやって恩返しをしたらいいのだろう?と考えたんだって。

そしてそれ以来、祖母は同じ町で葬儀があった時には、
付き合いのない人であっても飛んで行って「お手伝いをさせてください」と
申し出でて、手伝いをすることをずっと続けていたのだそうです。

祖母は幼い頃学校へも行かせてもらえず、家の手伝いをさせられていて、
料理・裁縫の全てに長けていました。嫁ぎ先は旅館で、そこでも色々と
叩き込まれていたことがその時に役立ち、手伝い先で何でもこなす祖母の
評判が広まり、遠くからも呼ばれるようになり、それが生計を助けることに
なったというから人生ってほんとすごいよね。

私が小さい頃住んでいたところは、あまりご近所さんが仲良くはなく、
挨拶をしてもろくに返事も返って来ないような感じだったんだけど、
祖母は、お餅をついたりおはぎを作ったりした時は必ず隣の家に
お裾分けを持っていったんだよね。
ありがとうと言われる訳でもなく、喜んでいる様子もなく、
祖母はその度に、「ありがたい顔もしない。」と怒ってた^^;
なのに、決してお裾分けを止めることはしなかったんです。

私はそれが不思議でならなかったんだよね。
なんで怒りながらも有難がられなくても毎回毎回持って行くのだろう?と。
でも、叔母の話を聞いてそんな祖母の気持ちが理解出来たように思います。
ご近所を大切にするという祖母のポリシーがそこにあったんだね。
自分が受けた恩を返すことを決して止めなかった祖母。
例え感謝されなくても、その想いが揺らぐことはなかったんだ。

わが祖母ながらすごいなぁと思います。
深い深い感謝の想いを想いの中だけに留めずに行動とした祖母。
一人の人間としてとても尊敬します。

尊敬するだけじゃなくて、それを私も生かしていかなくちゃだよね^^;
出来るかなぁ?(>_<) きゃーっ!w

↓ポチっとしていただけると嬉しいです♪

Share

Comments - 8

kaze  

情けは人のためならず

だったっけ?!(; ̄ー ̄A アセアセ・・・Σ(゜д゜)オイオイ

昔の人は真の学問を積んでいたから、そういうことが自然とできたんだろうな...( ==)トオイメ

お祖母さんの良いところは隔世遺伝で、あおさんに受け継がれていると思うよ^^

2009/05/03 (Sun) 05:33 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2009/05/03 (Sun) 14:16 | EDIT | REPLY |   

タコたん  

最近じゃ火の玉を見た何て話はトンと聞かないけれど
昔は、そういう話結構あったみたいよね・・

遺体のリン燃えて火の玉に見えるとかなんとかの説は
ちょっと横においといて・・・
昔の人にとってはそれが一番分かりやすい姿だったから
そいう姿で見えた(あるいは見せている)んじゃないかな?

あ・・・どうでもいい?(笑)

おばあさま・・表面は怒っていても
それ以上に感謝の心が奥深くで息づいていたのでしょうね

2009/05/03 (Sun) 20:11 | EDIT | REPLY |   

あお  

v-278kaze

おはよーっ♪

>だったっけ?!

って何が???w

真の学問かぁ。。。
なんつーか、人と人との繋がりが今は本当に
薄れてきてはいるよね。
とは言う私も出来ればご近所付き合いは
避けたいと思っている一人なのですが・・・汗。

きっつい性格はきっちり受け継いでいるみたいだよ?ww

2009/05/04 (Mon) 11:13 | EDIT | REPLY |   

あお  

v-278管理人のみ閲覧さん

おはよーっ♪

(・◇・)ゞリョウカイッです☆

2009/05/04 (Mon) 11:14 | EDIT | REPLY |   

あお  

v-278タコたん

おはよーっ♪

そだねぇ、この頃は火の玉なんて話は
聞いたことがないよねぇ。
うんうん、動物とかの死体から出たガスが云々って
私も聞いたことがある。

きっと祖父の魂は、みんなに祖母を手伝って欲しいと
お願いするためにそういった形を取ったのかもだね。

深い信念があれば、他がどう言おうと気にならない。
これはマザーテレサの言葉だけど・・・。
人の目を気にして、それに左右されているうちは
自分の想いも本物ではないってことかもね^^;

2009/05/04 (Mon) 11:24 | EDIT | REPLY |   

kaze  

(; ̄ー ̄A アセアセ・・・

> って何が???w

あれは、タイトルからの続きなんで(; ̄ー ̄A アセアセ・・・

#あー…

2009/05/04 (Mon) 12:41 | EDIT | REPLY |   

あお  

v-278kaze

あー・・・w

ごめんよ^^;
ここ、タイトル表示されないんだよねぇ(>_<)
管理画面から確認しましたw

そうそう、情けは人のためならず

成人過ぎるまで、情けは人のためにならないという
意味だと思っていた私です・・・w

2009/05/04 (Mon) 13:38 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。